マクロス外伝大本営 新統合軍極東太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

マクロス⊿外伝カナメ2072の夢 白熱の終幕

2017-11-27 15:43:47 | マクロス各種作品派生外伝
カロットとの戦闘で多くの人間が死んだ
爆発とそれに伴う炎上の中で多くの人の亡骸と攻撃で破壊されたVFとデストロイド.バトルロイドの残骸が転がる。
戦術音楽ユニットヴァルハラはナナとメネを残し壊滅した・・・・
もう手段はない・・・・一度絶望しかけた・・・・・

でも希望は消えない
今は亡き愛したメッサーの声・・・

それに自身の歌声を大切に思う人がいることを知った事・・・・・
美雲やフレイアにも負けないくらいに強く歌い続けることを誓った事を思い出す。
絶望しかけたけど、このままではいかない・・・
声が潰れようが、戦いを終わらすために私は歌う・・・

カナメは瓦礫の中、一人前へ出る・・・・・

カロット「こいつ・・・追い詰めたぞ・・・・」

アメリア「くっ・・・・」

アメリアはカロットに追い詰められていた。
バトロイド形態だが、頭部は若干へこみショートで火花を散らし左腕は破壊されている。
既にアメリアは疲労が限界を迎えている・・・・

カロット「いい気味だな、ジーナス一族であり多くの同胞を殺して女がここで無残に死ぬとはな・・・」

アメリア「あらそうかしら・・・・まだ戦いはこれからよ。」

カロット「強がりを言う・・・・・お前が疲労の限界を迎えているのは俺は知っている・・・・」

疲労の限界を強いられているが、アメリアから闘志が失われたわけじゃない。
何処かに勝機はあるはず、それに他で対処している仲間の戦況が有利になれば自身を援護してくれるかもしれない。
アメリアはそう思っているが、その気配はまだない・・・

カロット「いい加減に死んでもらうぞ・・・・・・・・アメリア・・・キザキ中尉殿・・・・」

カロットが駆るSVF-12はアサルトナイフを取り出す・・・

アメリア「これで終わるんだね・・・・」

アメリアはカロットがアサルトナイフを持ち自分に迫る光景を見て誘った。
あっけない最期・・・・・・・・アメリアは武人らしく死のうと死を覚悟する・・・・・

カロット「これで死ねぇぇぇぇぇアメリア・キザキィィィィィィィィィィィ!!」

カロットはアメリアのVF-31にナイフを突き刺そうとする・・・
アメリアは目を閉じながら自身の最期を悟りながら、突き刺さり死ぬ事を素直に受け入れる・・・

アメリア「あれ・・・・・・・・・・動いてない・・・・それにこれは・・・・」

突然、カロットの動きが止まる。
一体何が起きたのかとあたりを見渡すと歌が聞こえる・・・・・
どこから流れているのかと・・・・・・・

アメリア「カナメさん・・・・・・・・・」



カナメがメッサーが気に入っていたAXIAを歌う。
AXIAはかけがえのない大切なものと意味している。
その動きに同調しメネとナナも同じように歌っている。
その歌声にカロットの動きが揺らいでしまった・・・・・・・・

カロット「くそ不愉快な歌か・・・・・折角すっきり殺せるはずだったのに・・・・・・・・地球人が・・・・」

カロットはカナメが歌っている方向に視線を変える・・・・
この時アメリアはカナメが歌っているのは自ら囮になってカロットから逃げてくれと言うメッセージだと悟った。
そうはさせない・・・・・・・・殺させはしない・・・・・・・・・

アメリアは最後のスタミナを使い、アサルトナイフでカロットを討ち取る事を決意する。

カロット「よくも手こずらせたな・・・・・・・・・ぶっ殺してやる。」

カロットはカナメ達の前に立つ。
だけど、カナメはカロットを恐れずずっと前を見続けている・・・・
それを見てカロットはこざかしいと思ったのかアサルトナイフの刃をカナメ達に突き刺す・・・・

が・・・・・・・・・・

                    ガスッ

カロット「がぁ・・・・・・・・・」

アメリア「これで終わりね・・・」

カロット「お前・・・・・・・・」

先に突き刺したのはアメリアであった。
カロットのSVF-12のバトロイド形態の首元にアメリアが突き刺したアサルトナイフが刺さっている・・・

アメリア「ここで爆発させない・・・・・・・・」

カロット「なに・・・」

アメリア「お前の最期は・・・・・・・・ここだ!!」

アメリアはカロットを持ち上げ、広間に投げ飛ばす。
倒れたカロットにアメリアはガンポッドを向ける・・・・・・・そしてトリガーを引いた。

                              ズドドドドドドドドドドドドドドドドド
                                    ズゴォォン

アメリア「やった・・・・」

カロットはアメリアにより撃墜され死んだ・・・・

「カロット同志が死んだ・・・・・」

「我々はここまでなのか・・・・」

カロットで戦死した事で将兵は戦意を損失し武器を置き始める。
これによりこの短くも長い悲劇的な事件の終息を終える事になる・・・・

カナメ「これで終わった・・・・戦いが・・・・・」

カナメはアメリアのVF-31を見て呟く・・・・
だけど、声は若干違和感を感じる・・・・

アメリア「カナメさん・・・」

カナメ「アメリアさん・・・」

アメリアはVF-31から降りてカナメと直に会う。
二人は抱き合い無事に戦闘を終わった事を喜んだ・・・・・

だが・・・

アメリア「カナメさん口から血が・・・・」

カナメ「えっ・・・・」

カナメの口から血が流れていた・・・・
まるでザクロの汁のような赤い血が口から・・・・
カナメはこの後、衛生兵に連れられ診察室に向かった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 源義光 | トップ | 第39話 ヌージャデル・ヴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マクロス各種作品派生外伝」カテゴリの最新記事