新統合軍極東・太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第132話 好奇心旺盛なラウラ/アンサーズ隊員の日常

2017-05-13 15:00:21 | マクロス外伝蒼い髪のメルトラン
                        【好奇心旺盛なラウラ】
ラウラは好奇心旺盛だ・・・・・・・・・・・・・いやゼントラーディ人だからしょうがないが・・・・・
ニューエドワーズ基地に帰還していこう道場で夢華と暴れた後、着替えてハーフパンツとタンクトップと凄く軽めな服装をした後。
自動販売機に向かって行きジュースを買いに行く。

その時・・・・・・・・・

ラウラ「あっ・・・・・どうしてペットボトルが上にあってコーヒーなどの温かい物が下にあるのだろう?」

ラウラは自動販売機の並びに興味を持った。
普通人が考えない事に興味を持つなど変わった癖のラウラだが、流石に自動販売機の配置なんて興味を持つ人はそうそういない。
通常は理解している人は少ないのだが・・・・・・・・・・・

吉野大樹「それって目線に合わせて配置しているからだって。」

ラウラ「め.目線!?」

吉野大樹「知らなかったのか?自販機は目線で最初に行くのはお茶類の方のペットボトルでその脇にジュースのペット、量を減らしたいなと思って目線を下げて缶ジュースで温かい物を飲みたいなとかコ―ヒー飲みたいなと思ったら最後に目線を下げると言う仕組み。」

ラウラ「うへ~物知り。」

大樹は自動販売機の配置の仕方を知っていた。
なんでも軍入隊時の教育隊にて自動車免許やバイクの免許などの専門職種の免許をいろいろと取得しており。
ビジネス能力検定には自販機の事が乗っており大樹は知っていた。

吉野大樹「ていうかお前変な物に興味持つな?病気か?」

ラウラ「いやぁね・・・・・別にいいじゃない・・・・・・・・別に・・・・・・・・・・」

吉野大樹「普通は興味を持たないんだがな・・・・・・・・・」

大樹はなんでも知りたがるラウラに対し苦笑しながらラウラに対し答えを言う。
もっとともメルトランとは言え普通女性は普通自動販売機の配置について知りたがる人はいない。
自動販売機の配置を知りたがるのはラウラぐらいしかいない・・・・・・・

あっ・・・・・・・・・

吉野大樹「ラウラがイレギュラーだからしょうがない。」

ラウラ「なんですって!?」

_________________________【アンサーズ隊員の日常】______________________

夜、ラウラと大樹は珍しく6人同じ席で食事をしていた。
美弥・カゴメ・夢華そして神楽。
なんで神楽がこの席にいるのかと言うと美弥と神楽は付き合っているからだ。
でもなんと言うか・・・・・・・・・・・

目のやり場がない。
目の前にいる美弥と神楽がラブラブすぎる。
美弥と神楽のラブラブな光景を見てラウラと大樹はご飯の食べるスぺースが進まない。
今日はラウラの好きなチキンステーキだが食べずらい。

そんな食べるスペースを見てにやにやと見る者がいる・・・・・・・・

エミリー「やってるやっている

ロザ「中尉何を見ているんですか?」

エミリー「あの二人よ」

ロザ「ラウラと吉野大尉。」

エミリーとロザ。
ラウラと大樹のカップリング支持者のアンサーズ隊員。
いいコンビネーションでいつも一緒にいるラウラと大樹は注目の的である。

本多中尉「ほうほうやっていますな。」
SVF-64アンサーズ隊員本多重輝

李愛羅「やっぱあの二人はいいわ。」
SVF-64アンサーズ隊員李愛羅

エミリー「シゲとアイも来ていたの?」

同じ部隊の戦国武将みたいな姿の本多とショートカットの似合う美人の李である。
この二人もラウラと大樹の様子を気になる面々の一人だが・・・・・
彼らだけじゃないガブラやロバート、曹涼.アリサ.クリス.ヘルベルト.エリック.カレントと桐原以外のアンサーズの隊員が結集した。

李愛羅「それにしても美弥などのオペレーターガールズやるわね。」

エミリー「相手は智将の相沢よやってくれるわ、ボーイフレンドの神楽くんも積極的だし・・あの二人どう動くかしらね。」

李の言葉に対しエミリーは妖しく答える。
事実エミリーの言う通り美弥は士官学校首席卒のエリートでありかなり頭がいいし人を見下さない性格。
人の心理を読めるというか・・・・・・・・いろんな策を打ってくる。

当のラウラと大樹は・・・・・・・・・・・

ーうっ・・・・・・・・なんか変な気分になる・・・・・・・・・これがカップルと言うものか・・・・・

ー何を考えているんだ、見せつけやがって・・・・て神楽・・・・上官である俺に何を見せているんだ!おい別の所にやれ!!

と美弥と神楽のラブラブなシーンを見せつけられてと困惑したり起こったりするラウラと大樹。
これは演技ではなく素である、真面目な美弥もだら~んとしている。

劉夢華「ちょっとカゴメ。」

カゴメ「なぁに?」

劉夢華「ラウラと大尉、動きづらくなってない?」

カゴメ「それでいいのよこれでどんどんあの二人に男女の中を意識させるのよ

劉夢華「上手く行くのかしら?私にはそう見えないけど~」

カゴメ「元憲兵様(新統合軍の憲兵は自衛隊由来の警務官と呼ばれるが憲兵と呼ぶ人間もいる。)は恋の展開には・・・・・」

劉夢華「元憲兵でも分かるわよ!!それに私だってまだ若い女だし。」

夢華とカゴメはラウラの様子を観察し若干喧嘩する。
ラブラブアピールアタックに晒されながらもラウラと大樹はご飯を食べ続け・・・・・・・・

ラウラ「御馳走様でした。」

吉野大樹「俺はゆっくり風呂入りたいんで。」

と早々に席を立ってしまいそれぞれ別々の場所に行く。
それには一同はポカーンとしてしまった。

相沢美弥「おしいあと少しだったのに・・・・・・」

神楽「なんか行ってしまったね。」

と美弥達は悔しがる。

エミリー「おしい。」

李愛羅「あと少しだったのにね~」

と他のアンサーズ隊員も悔しがる。
ラウラと大樹からすればとんでもない目だが、恋愛に敏感なアンサーズの面々からすればいい話題話である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第131話 ワレ・ニューエ... | トップ | 第133話 新たな嵐の予感 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マクロス外伝蒼い髪のメルトラン」カテゴリの最新記事