マクロス外伝大本営 新統合軍極東太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

長田忠致

2017-10-14 14:15:55 | 長田義家の武士名鑑
長田忠致
【諱】
忠致
【苗字】
長田
【朝臣】

【生没】
不明ー1190年
【父親】
長田致俊
【母親】
不明
【兄弟】
長田親致
【正室】
不明
【子息】
長田景致
長田忠久
長田義致(長田義家の先祖される人物:庶子)
鎌田政清室
【解説】
桓武平氏平良兼の一族で、道長四天王.平致頼の5世孫である。
尾張国野間を本拠地にし源氏に従っていた。
平治の乱で敗走した源義朝は家臣である鎌田政清の正室の父である忠致を頼った。
しかし、忠致と嫡男景致は恩賞目当てで風呂場に入った所を騙し打ちにした。
これを野間の変と言われる。
首は平清盛に差し出され、忠致の娘は悲しみ自殺。
兄である親致も乳母の故郷へ移り住んでしまい、後に永井直勝や三島由紀夫を輩出する事になる。
功績により隠岐守に任じられるが、不満に持ち尾張・美濃の国司と清盛に申し立てられるが怒りを買い処罰されかけた。
源頼朝が兵をあげると源氏軍に加わる。
父殺しの重罪人である忠致だが、源頼朝は寛大にも・・・・・・・・・

懸命に働いたのならば美濃尾張をやると言われる

懸命通りに働くが、平氏滅亡後。
源頼朝から褒美を与えられる事になった。
その言葉が・・・・・

約束通り身の終わりをやる

と言う言葉であった。
結局その言葉の通り追討され美濃国にて景致と共に滅亡する。
直系は甲斐国いや山梨県にて存続している。

【自身の先祖】
自身の先祖は忠致であり、庶子義致の子孫である。
現在は違う苗字と名前を名乗っているが、一応先祖なので長田と尊敬する武将源義家の名を名乗り。
長田義家と名乗っている。

しかし、信憑性は疑わしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 徳川頼房 | トップ | 第10話 インド行軍訓練 5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

長田義家の武士名鑑」カテゴリの最新記事