マクロス外伝大本営 新統合軍極東太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

追え!キムタクご飯

2017-11-14 23:47:59 | マクロス短編
長野県塩尻市の小学校に海外は勿論、その地域以外の日本人は知らないご飯がある。
その名はキムタクご飯。
超マイナーな日本地方食文化である。

                     【西暦2010年12月3日.マクロスシティ.官舎】
寒くなったマクロスシティの冬。
アラスカの寒さは尋常ではなく、震えている人が多くいた。
その震えるマクロスシティの新統合軍官舎のベランダに大量の壺が置かれている。

チェヨン「もう完成しているかな、キムチ。」

それはチェヨンが作っていたキムチの壺であった。
もうそろそろ完成する予定らしい。
完成するキムチのツボには名前があり。

本国号
(本場韓国の味)
日本号
(和風キムチの事:本場の辛さやにんにくの風味が合わず日本人独自で改良。)

などとそれぞれの地域出身者になった味わいになっている。
この風習は横須賀の士官学校時代から続いている。

望月千代「チェヨン、日本号ある?」

チェヨン「あるけど、今確認するね。」

千代はチェヨンの作るキムチが好きで、キュウリの漬物と交換する形で冬になるともらいに来る。
無論、他の同期生も・・・・
チェヨンは日本号の壺の蓋を取り完成を確認する。
千代から預かったタッパにキムチを入れ、千代に渡す。

チェヨン「そう言えば買い物したの?」

望月千代「うん、久しぶりにキムタクご飯作ろうとね。」

チェヨン「キムタクご飯?」

チェヨンは千代が買い物し作ろうとしているキムタクご飯の単語に反応する。
日本人より日本の知識に精通しているチェヨンは聞いた事がない。
一体なんだろうか・・・・・・

キムタク・・・・・・・キムチ・・・・・タクワン
=キムチタクワン。

チェヨン「キムチとタクワンの合さったご飯?」

望月千代「おぉぉぉご名答・・・・・」

名前を聞いて何が入っているか分かった。
そうキムチとタクワンが入っている。
それに加えベーコン4枚も入っている。

望月初芽「姉さん、キムチ入手した?」

望月千代「入手したわ、今ね。」

ジープに乗ってきた千代の妹がやってきた。
初芽は仕事中であり、MPの腕章を腕につけベレー帽を被っている。
無論、初芽もこのご飯を心待ちにしている。

望月初芽「ではキム軍曹これで失礼します。」

チェヨン「どうも。」

望月千代「じゃぁ家まで飛ばして。」

望月初芽「了解」

初芽は千代を乗せてそのままジープに乗って何処かへ行ってしまう。
チェヨンはそのまま見送るが・・・・・・

チェヨン「あぁぁキムタクご飯の詳細聞き忘れた!せっかく作ろう考えていたのに!!」

キムタクご飯のレシピを千代に聞くのを忘れた。
なんとかして千代を呼び戻そうとしたが、もう既にジープは遠い所にあった。
チェヨンはどんどん遠くなっていくジープに膝をついて見ているしかなかった。
数分間そうしている、周りにはバイクの走る音が・・・・・

チェヨン「そうだ、自分で検索すればいいんだ。っつ・・・・・なんで最初から考えなかったんだろう。」

そんな状況下でどうしようもない。
だったら最初から調べればよかったと・・・・
さっそく自室のパソコンで調べた。

                         【レシピ】

炊きたてごはん(少し固めがおすすめ)
=2合分

ベーコン(豚肉でも代用できます)
=4枚

キムチ
=90グラム

たくあん
=90グラム

薄口しょうゆ
=小さじ2弱


=少々

チェヨン「おぉぉレシピあるんだ、検索してよかった。」

チェヨンが見つけたのはとある食文化保存プロジェクトのサイトである。
調べてよかったと感激するが、ある事に気がつく。

【編集者名前】
望月千代
【出身】
旧日本国.長野県佐久市
【職業】
軍人

チェヨン「千代!?こんな事をしているの?!」

そのサイトのページの編集者は千代であった。
まさかそんな事をしているとは、チェヨンは思ってもいなかった。
チェヨンは調べたレシピを元に食材を集めた。
食料自給率も回復しているので、必要としている食材の欠品はなかった。

チェヨン「やったなんとかキムタクご飯ができた。」

なんとか集めた食品でキムタクご飯ができた。
実際に食べてみると案外美味しくね、チェヨンの表情は明るくなった。
あまりの美味さにどんどん作ってしまう・・・・・

美味さにはまるのもいいのだが・・・・・・・・・・・・
その結果の翌日・・・・・・・基地にて・・・・・・

望月千代「であまりの美味さに作り過ぎて飽きて、残りは・・・・」

スレイド「お裾分けと?」
新統合陸軍.スレイド・オーケン軍曹

チェヨン「そうです。」

望月千代「昨日、作って食べたばかりなんだけどな。」

作り過ぎて途中で飽きてしまい、大量に残ってしまい周りにお裾分けする事になる。
千代やスレイド.信一郎.セヨン.宮村雪などの面々にキムタクご飯を渡す事になる。
昨日食べたばかりの千代はその日のうちに全部食べきる。

理由は勿論。

望月初芽「姉さん、またキムタクご飯?飽きた県民だよ。」

と初芽に文句言われるから。
初芽は飽きっぽい、2日連続のカレーでも文句言うから。

チェヨンは作り過ぎて周りに配る事になるが、このおかげでキムタクご飯は新統合軍内部で有名になり。
口コミによりどんどん広まり、一般国民にキムタクご飯が浸透する事になる。
コメント

第58話 ヴァリアブル・ファイター・パイロット

2017-11-14 15:12:38 | マクロス外伝 ダブルフェイク
未沙の独断行動は重大な軍規違反である。
下手すれば軍から追放されるだけじゃすまない事になってしまう可能性がある。
マイストロフ大佐から派遣された部隊により未沙や考えに同調した一同は包囲される。

「早瀬大尉、覚悟はよろしいですかな?」

早瀬未沙「私は自分のした事を後悔していません。覚悟はできています。」

「よろしい、各員.拘束せよ!」

『ハッ』

既に覚悟を決めている。
未沙達は大人しく兵士達に拘束されていく。
もうやる事は済んだのだから・・・・

エマ「とうとうこうなりましたね、早瀬大尉。」

早瀬未沙「しょうがないわ、これは正規の軍事行動じゃないから。」

エマ「そうですね。」

このまま未沙達は裁かれるのみだが・・・・
歴史のいたずらかそうはさせない・・・・

一条輝「未沙!未沙!」

早瀬未沙「一条くん!」

輝を始めとしたバルキリーパイロット達を始め多くの兵士たちが集まった。
かなりの数であり、未沙達を連行する兵士を囲んだ。

ジョニー「君、早瀬大尉が何をしたのか?」

「無断で弾道ミサイルを......だから軍法会議を・・・・・」

一条輝「大尉がミサイルを使用したのは、ここを狙ってくる敵に対しミサイルを撃つためなんだ・・・・もし命令がなくても対処するのは軍人の役目なんじゃないのか?その役目を果たした未沙達を拘束するのは間違っている。」

「何を根拠に・・・・・・」

一条輝「これを見ろ・・・・」

「これは・・・・・」

輝やジョニーは指揮官になぜ未沙を拘束したのか、何をしたのかを質問。
無断でミサイルを発射したから拘束したと・・・・
そういわれると輝は反論する。
そして密かにエマが配布した兵器Xのデータとともに・・・・・・

「貴様も拘束を....」

滝田英史「その話は黙ってられないなぁ。」

カール「我々マクロス飛行隊全隊員が相手しますよ。」

「何?」

指揮官は輝の反論に面目をつぶされてしまった事で怒り拘束しようとするが・・・
パイロット達や兵士達に反撃される。
圧倒的な数であり指揮官やその部下たちは押される。
出てくる気迫の量が違う・・・・

それが元で先ほどまで強気であった指揮官が弱気に陥っている。

マックス「どうしますか僕たちとやりますか?」

ミリア「私たちに挑んでそちらも免職になるぞ。」

「ぐぅ・・・・撤退だ・・・・早瀬大尉を拘束しない・・・・下がるぞ・・・・」

『ハッ』

結局、指揮官は未沙の拘束を諦め撤退する。
これ以上やりあっても負けるだけで意味のない結果になってしまう。
指揮官はしぶしぶ撤退していき、その後ろに部下たちが続いた。

早瀬未沙「皆......」

エマ「(ある程度根回しが功を奏す結果になりましたか。)」

未沙は輝を始め多くの仲間が擁護してくれた事に感動する。
仲間はいい者だと実感する。
ヴァネッサはその隙に情報の収集を開始する。
数分後、別の方にいた女性兵士がヴァネッサの所に来て報告をする。
それを聞いたヴァネッサの表情はぱぁっと明るくなり、未沙の元へ走る。

ヴァネッサ「大尉、地球統合軍欧州方面軍司令部モントゴメリー司令のおかげで不問になりました。」

早瀬未沙「えっ.....」

ヴァネッサ「なんとか時間に間に合って.....」

地球統合軍欧州方面軍司令モントゴメリーはアラスカとの交信が可能になり。
今回あった事を不問にせよと要請した。
その通信を聞いていたのは未沙を拘束しようとしていたマイストロフであり。
それを聞いてだっと腰が抜けてしまい、上に報告し不問とした。

エマ「まぁアニタも関与しているんだろうね~」

事実、このように通信を行えるようにしたのはアニタである。
あの手この手を使って欧州方面軍などと通信可能にした。
どんな手を使ったのかは正直不明である。

                  【地球統合軍欧州方面軍司令部】
ブランドンの乱が収まりつつある地球統合軍欧州方面軍司令部。
施設機能も回復し司令部も以前と同じように動いている。

アリス「終わりましたね、我々の役目。」

モントゴメリー「やっとな。」

ジョルジュ「なんとか終戦締結ギリギリ間に合いましたな。」

マチェッティ撃墜、終戦交渉は無事に進んでいる。
これも未沙とアニタの支援のおかげ・・・
それをモントゴメリー達に報告したのもエマであり、未沙の罪は不問とされる。
もっともの話だが・・・・・・・・・

モントゴメリー「アニタ・ジュリアか、中々いい後輩を持ったな早瀬未沙大尉は....流石は・・・・あの男の娘だな。」

ブラウン「戦死された早瀬隆司提督ですか?」

モントゴメリー「あぁ統合戦争では借りがある、それを返したまでのことだ。」

モントゴメリーは未沙の父である早瀬隆司に統合戦争時代に助けられた経験がある。
その事もあってか、エマの報告を聞いたモントゴメリーは未沙達の罪が不問になるように働きかけた。
見事それがかない未沙達の罪は不問とされ、お咎めなしとなる。

だけど・・・・・・・・・

ブラウン「しかし問題は残ってますね。」

モントゴメリー「マスター・ピースファング大尉の行方だ。」

マスターである。
特攻して以来生存報告が届いていない。
今だに生死不明なのである。
多くの人々は英雄マスター・ピースファングの帰還を待ち望む。

一方のアスチュート級潜水艦にいる。
その報告はまだ欧州方面軍司令部に届いていない。

「お前さんよまだ連絡しなくていいのか?」

マスター「あぁまだ連絡できるような状態じゃないからな。ある程度したら連絡するつもりさ。」

「そうかい、だけど早めに連絡してやれよ。」

マスター「分かっていますよ。」

マスターは潜水艦でのんびり過ごす。
理由は疲れたから。
コメント

新統合軍.警務官.望月初芽 女を辱める恥さらしな軍人を制圧します!

2017-11-14 13:23:44 | マクロス短編
               【西暦2013年.北米軍管区.ハワイ統合運用基地】
北米行政区並びに新統合軍北米軍管区.ハワイ統合運用基地。
統合政府・新統合政府が出来る前、アメリカ軍時代からの重要軍事拠点であり。
第2次世界大戦における太平洋戦争の開戦となった真珠湾攻撃が行われている。
アメリカ軍がそのまま地球統合軍の中枢になっても引き続き重要拠点として存続し。

第1次星間大戦で多大な損害を被るが、新統合海軍地球本国洋上艦隊総司令部として再建される。

望月初芽「どうも今年から配属になりました、望月初芽です。」

「そうか、桐原大尉から聞いているよ。しっかり、我が軍人が国民に迷惑をかけたり人道から外れた行為を取り締まってくれ。後、無論だけど一般犯罪者を捕まえても、警察局に引き渡すように。」

望月初芽「ハッ了解であります。」

そんなハワイ基地に望月初芽が配属された。
今まで首都勤務であったが、たまには別の所で勤務したい志望したいと言う理由である。
さっそく勤務する事になるのだが、別の場所で知り合いのいない事もあり。
転入兵病にかかると思われたが、案外あっさりハワイ基地の現場に慣れた。

伊達阿南「今日は外回りです、他の処と同じです。」
新統合軍警務官.伊達阿南.准尉

望月初芽「確かに問題は土地勘だね。」

伊達阿南「そうです。」

初芽は1週間後には外での警戒のため同僚の阿南と共にハワイの街に出た。
民間犯罪者の取り締まりではなく、外で法律違反する軍人や風紀を乱す軍人がいないかを確認するためである。
もしいたらその場で拘束、一般犯罪者がいたら捕まえたら警察に引き出す・・・
それが今の警務官の役目である。

「おい姉ちゃん俺たちと遊ぼうぜ、楽しませてやるからさ。」

「いいです。」

「そんな事言わずによ・・・なぁ・・・いいだろ?」

「やめてください。」

初芽と阿南の前に3人の統合陸軍兵士が一人の若い女性を追い詰めている。
あれはよくある、女を3人で封じ込め圧倒的な力で逆らえないようにしその後如何わしい行為をするあのパターンである。
それを見た初芽は阿南に合図してどんどん3人の男性と1人の女性の方に迫る。

「おぉぉいい尻しているんじゃないの。」

「いや・・・」

「でへへへへへへへ、可愛がってやるぜ姉ちゃん」

ガス

「ごぁ!?」

望月初芽「女を辱めるのいい加減にしてくれます?」

「なんだテメェは!?」

尻を触りいよいよ危ないゾーンに入りかかっていた処を初芽が突入する。
普段は陽気な初芽からは光が消え、仕事モードに入る。
初芽が最初に狙ったのはアフリカ系の兵士、溝を狙い気絶させる。

「テメェ!ふざけんなよ!」

「この女と一緒に慰み者にしてやる!!」

東欧系とラテン系の兵士が初芽を襲う。
仲間であるアフリカ系の気絶させて激怒したのだろうか・・・・

伊達阿南「望月さん!?」

阿南は体格のいい男性2名に襲われる初芽を心配する。
だけど、初芽は笑っている。
長い髪を風で揺らしながら、何かを待っている。

                          ガシッ

「でへへへへへへへ髪はつかんでやったぜ。」

望月初芽「へ~」

ラテン系の兵士が初芽の髪を掴み、被っていたベレー帽を落とす。
これで一気に初芽を抑えようとする気だが、初芽の表情を変えていない。
むしろ・・・・・・・・・・・・待っていた・・・・・

「さぁ・・・・俺の女・・・・」

望月初芽「待っていたわ・・・・」

「へ・・・・」

                           ザシュ
                            グブ

「ぐあぁぁぁぁぁぁ俺の股間が・・・・・」

望月初芽「とどめ・・・・」

                             ガン

「がぁぁぁぁぁ」

初芽はナイフで掴んでいる髪を切り、そこの隙をついてラテン系の兵士の股間を蹴った。
股間は人間の急所の一つであり、特に男性がかなりの激痛を味わう事になり有名である。
そしてダメ押しに急所であるモモを蹴り上げる。

女の命である髪を平然と切り捨て戦術に利用、急所を2ヶ所を狙う・・・・
初芽の姿に阿南は震える・・・・

「なんだこの女は・・・・・・」

望月初芽「私は警務官望月初芽・・・・これでも将校よ・・・・」

「将校・・・・・上官で・・・・・MPだと・・・・」

望月初芽「あなた方は査問委員会に出頭してもらいます・・・・・新統合軍の恥さらし・・・・きっちり裁かれなさい!!」

                               ガシッ

「痛てぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」

望月初芽「言っておきますけど、女はね怒らせると恐ろしいの?いい?」

                               ガシッ

「ぐぎゃぁぁぁぁぁぁぁ」

その後初芽は散々、周囲に破廉恥な軍人を散々痛めつける姿を見せつける。
阿南をはじめ辱められかけた女性も初芽の恐ろしさにドン引きする。
警務官望月初芽はハワイにおいて恐怖の対象として印象付けられる。

劉紅花「へぇあの子・・・・やらかしたわね。」

桐原茂義「いややらかし過ぎだ・・・・ハワイの警務隊司令官から抗議の電話・・・・・まったくあの娘は・・・・・」

初芽の過激すぎる行動に、推薦した桐原大尉はハワイ警務隊司令官から抗議の電話が来て3時間ぐらいお説教されたと言う。
コメント