宇宙・生命・日本 1000年後のあなたに語りかけたい

巨大ブラックホールの衝突が新宇宙を形成⇒循環宇宙論、有機物質から人間への進化メカニズム(循環論理の評価)⇒戦略的進化論

浮気している社長や大学の教授は何故か相手の女性を見せたがった

2018-01-14 12:57:46 | 恋愛
 その印刷会社の社長は、家に伺った事もあり、立派な奥さんも学生の娘さんもおられる事は知っていた。ある日、飲みに誘われ特に目的も告げられなかったが、出向くと、何と初めてお会いする奥様ではない女性同伴でやってきた。家族でも親類でもなさそうで、すぐに察しはつく。

 要は彼女が浮気相手だ、見てくれという意味に感じた。僕としては何を話して良いか分からない。何かのだしに使われたような印象は受けた。また社長は自分の娘を誘え見たいなこと仰る。これも驚いたが、僕自身に関しては浮気という概念が無いので(僕は本気しかない)無視した。

 その大学教授は、大学では道徳倫理関連の委員をしており、僕が研究室の女子学生に冗談を言うと下ネタでもないのに即座に「それはセクハラだ」と言う。何が基準か分からない。そんな教授が彼の研究室の助手と僕の3人で懇親を開いた際、2次会でお開きになると教授はスナックのママと手を繋ぎ、二人だけにしてくれと夜の通りに消えた。

 助手と僕が取り残された。助手ははっきり言わなかったが、浮気らしかった。その教授のお宅には2回ぐらいお尋ねして、上品でしっかりした奥様、二人のお嬢さん(コーヒーを出していただいた)も存じ上げていた。それにしても多数の大学の教授と接する機会が有ったので、教授が怖いもの無しっていうのも印象に残った。

 話は飛ぶが、大学ではセクハラが相当あるんじゃないだろうか。対象は女子学生。単位取得や卒業がかかってくると、相手は力を持つ教授だ、なかなか表ざたに出来ない。表ざたにしても大学のガードは固い。

 今もって、何故浮気、および相手をわざわざ見せるのかはわからないが、自分がモテるんだというところを知らせたいのか。この二人に限らず、あからさまに浮気を話すトップや要人は結構いる。男の甲斐性として話すのか、浮気が実力であるかのように認識しているのか。
『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 司馬遼太郎氏がかつて週刊現... | トップ | 42本目のホームランを打っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

恋愛」カテゴリの最新記事