虎バカ グルメ日誌

毎年30試合前後阪神タイガースを
観戦応援する虎バカです。
観戦前に立ち寄った飲食店の
グルメ日記です。

2018#25《いろはーず》

2018-09-17 12:00:00 | 兵庫県加古川市
虎バカ日誌【09月17日】

先週のタイガース
*対中日D 戦 1勝2敗
*対東京ヤ 戦 0勝2敗
*対横浜De戦 1勝0敗

9/11 対中日D⑲回戦
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
中 ③⓪⓪①①⓪⓪⓪② || ⑦⑨①
神 ⓪⓪①③①⓪①⓪⓪ || ⑥⑩⓪
【投手成績】
     投回 被安 奪三 与四 与死 失点
  メ ッ セ ③/1 ⑤  ③  ①  ①  ④
  岩崎 ①/2 ①  ①  ①  ①  ①
Ⓗ 桑原 ①/   ⓪  ②  ⓪  ⓪  ⓪
Ⓗ 能見 ①/   ⓪  ①  ⓪  ①  ⓪
Ⓗ 藤川 ①/   ⓪  ③  ⓪  ⓪  ⓪
● ドリス ①/   ③  ①  ①  ⓪  ②

9/12 対中日D⑳回戦
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
中 ②⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪③ || ⑤⑨②
神 ②⓪①⑤⓪⓪⓪⓪Ⓧ || ⑧⑫①
【投手成績】
     投回 被安 奪三 与四 与死 失点
○ 岩貞 ⑦/   ⑤  ⑤  ③  ⓪  ②
  望月 ①/   ⓪  ⓪  ②  ⓪  ⓪
  岡本 ⓪/2 ④  ⓪  ⓪  ⓪  ③
Ⓢ 藤川 ⓪/1 ⓪  ①  ①  ⓪  ⓪

先発の岩貞は初回 2死から
突如崩れて2点先制されるも
その後は立ち直り 7回まで投げて
被安打5 奪三振5 与四球3で2失点と
好投しました。
打線の方は 1番と 2番を入れ換える
新たな試みが成功し
クリーンナップの3人が それぞれ打点を稼ぎ
下位打線も好調で12安打 8得点と
ここにきて上向き加減
少し 希望の光が見えてきました。

9/13 対中日D㉑回戦
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
中 ①⓪③①①⓪⓪⓪⓪ || ⑥⑫⓪
神 ⓪⓪⓪①⓪①⓪⓪⓪ || ②⑨②
【投手成績】
     投回 被安 奪三 与四 与死 失点
● 才木 ③/1 ⑧  ②  ②  ⓪  ⑤
  岩崎 ①/2 ③  ②  ⓪  ⓪  ①
  望月 ①/   ⓪  ①  ⓪  ⓪  ⓪
  伊藤 ③/   ①  ③  ②  ⓪  ⓪

《カード総評》
リーグ最下位ではありますが
前カードの広島C戦を 3連勝して
シーズン勝ち越しも決めた
今 一番勢いのある中日Dとの3連戦
1戦目:
粘りを見せて終盤に勝ち越すが
守護神ドリスが抑えに失敗
2戦目:
投打が噛み合い楽勝の展開も
最後に少しドタバタ
スッキリ勝利ではないが 勝ちは勝ち
3戦目:
良い所が 1つもない敗戦

このカード 1勝2敗と負け越して
対戦成績も 9勝12敗となり
あと1敗するとシーズンの
負け越しが確定します。

9/14 対東京ヤ⑳回戦
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
ヤ ①⓪⓪⓪⓪③⓪⓪⓪ || ④⑩⓪
神 ⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪⓪ || ⓪②⓪
【投手成績】
     投回 被安 奪三 与四 与死 失点
● 小野 ⑤/2 ⑧  ⑤  ⑤  ⓪  ④
  能見 ⓪/1 ①  ⓪  ①  ⓪  ⓪
  望月 ②/   ①  ①  ⓪  ①  ⓪
  伊藤 ①/   ⓪  ⓪  ⓪  ⓪  ⓪

9/15 対東京ヤ㉑回戦
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
ヤ ⓪①②⓪⓪⓪③⓪⓪ || ⑥⑬①
神 ①⓪⓪⓪⓪⓪②①⓪ || ④⑩⓪
【投手成績】
     投回 被安 奪三 与四 与死 失点
● 青柳 ⑤/2 ⑧  ⑤  ②  ⓪  ③
  岩崎 ①/1 ④  ②  ①  ⓪  ③
  桑原 ①/   ⓪  ①  ①  ⓪  ⓪
  藤川 ①/   ①  ②  ⓪  ⓪  ⓪

《カード総評》
Aクラス入りを目指すには
現在2位の東京ヤとの直接対決は
落とす訳にはいきません。
1戦目:
先発の小野は相変わらずの
投球内容で失点4
打線は2安打 無得点と沈黙
おまけに好調の北條が故障離脱
2戦目:
先発の青柳はそこそこ頑張るも
打線の反撃がなく力尽きる
その後 ようやく打線が反撃するも
一歩届かず敗戦

今季中盤までお得意様状態だった
東京ヤ戦も最近では立場が逆転
今カードも連敗して現在6連敗中で
対戦成績も10勝11敗と
ひっくり返されてしまいました。

9/16 対横浜De⑳回戦
  ❶❷❸❹❺❻❼❽❾ || 計安失
神 ②⓪⑨⓪⓪⓪⓪⑨⓪ || ⑳⑲②
横 ②⓪⓪①①⓪⓪⓪⓪ || ④⑧⓪
【投手成績】
     投回 被安 奪三 与四 与死 失点
○ 藤浪 ⑤/   ⑥  ④  ①  ①  ④
  望月 ①/   ②  ①  ⓪  ⓪  ⓪
  桑原 ①/   ⓪  ⓪  ⓪  ⓪  ⓪
  能見 ①/   ⓪  ①  ⓪  ⓪  ⓪
  ドリス ①/   ⓪  ①  ①  ⓪  ⓪

先発は52日ぶりの1軍登板となった
藤浪で5回を投げて
被安打6 奪三振4 与四死球2で 4失点
まだまだの内容ですが
課題の制球は前回よりは
まとまっていました。
ハマスタに来るとタイガース打線は
活発になります。
特に大山が 6打数6安打(3本塁打)で
7打点と大当たり
先発の藤浪にも満塁弾が飛び出し
19安打で20得点と
猛打爆発の圧勝でした。

先週星取表 ( 9/10 ~ 9/16 )
     ㊊ ㊋ ㊌ ㊍ ㊎ ㊏ ㊐ 勝敗 順位
①.広島 - ● ○ ○ - ● ○ 3-2-0 ➡️
②.ヤクルト - ○ △ ○ ○ ○ ● 4-1-1 ➡️
③.読売 - ● △ ● ● ● ○ 1-4-1 ➡️
④.阪神 - ● ○ ● ● ● ○ 2-4-0 ➡️
⑤.横浜 - ○ ● ● ○ ○ ● 3-3-0 ↘️
⑥.中日 - ○ ● ○ - ○ ● 3-2-0 ↗️

9/16 終日時点の
セ・リーグの順位表です。
順   | 試 | 勝 | 敗 | 分 || 差 ||
①. 広島 |128| 75 | 51 | 02 ||M4||
②. ヤクルト |128| 64 | 62 | 02 ||11.0||
③. 読売 |132| 61 | 67 | 04 ||4.0||
④. 阪神 |122| 56 | 65 | 01 ||1.5||
⑤. 中日 |133| 60 | 71 | 02 ||1.0||
⑥. 横浜 |127| 57 | 68 | 02 ||0.0||

タイガースのチーム成績
打 率:.257 ⑤ 防御率:4.04 ②
得 点:514 ⑤   失 点:538 ①
本塁打: 80⑥  盗 塁:64 ③

特に若手選手が結果を恐れて
戦う姿勢を忘れていると
敗戦後の金本監督が
よく口にするコメントです。
確かにタイガースの若手選手から
がむしゃらな姿勢とか
闘志のようなものは
感じられません。
でも それはミスをしたら
ベンチで不機嫌な顔を露骨に見せて
試合後のコメントで
名指しで非難して敗戦の責任を
全て選手に押しつけるから
結果を気にし過ぎて
思いきりさが無くなるんですよ。

厳しさも 勿論大切ですが
それだけでは人は成長しません。
監督に就任して 3シーズン
年々 監督と選手との距離が
広まっているような気がします。

また 今季は特に本拠地で
勝てないタイガース
しかし 1試合の平均観客動員数は
12球団でトップのようです。
ただ 前年比では
勝てないからでしょうか
やはりマイナスとの事
育成の停滞に
チーム成績も低迷
そこにファン離れが顕著になれば
金本タイガースも
ここらが潮時と云う事でしょう。

そろそろ 話題をグルメの方に
移したいと思います。

本日は加古川市エリアにある
お店を紹介します。
JR加古川駅の南口を出て正面方向
ヤマトヤシキ加古川店の西側の
ベルデモール商店街を進み
じけまち商店街との交差地点の
角地に店を構える
加古川市のソウルフード
かつめしの専門店
《いろはーず》です。

*住所*
 加古川市加古川町寺家町 142-1

こちらのお店は
加古川名物 かつめしの発祥店
《いろは食堂》の店主の弟さんが
開業した精肉店が直営していて
元祖いろは食堂の味を
引き継いでいると言われている
かつめしの有名店です。

店の前に置かれている
メニュー看板です。

また これまでにテレビで何度も
取り上げられているようで
その取材時のスナップ写真が
たくさん飾られています。

あまり広くはありませんが
明るくて清潔感のあるお店です。

客席は カウンター席 4席
移動可能で組み合わせ自由な
2人掛けのテーブル席 11卓
サイン色紙で 少しごちゃごちゃと
している所もありますが
全体的には嫌みなガヤ感のない
木の温もりを感じる
落ちつき感のあるお店です。

各卓上に置かれている調味料は
ヒマラヤピンクソルト
ホールブラックペッパー の
2種類のみです。

この店のメニューの一部です。

こちらの店のかつめしは
掛かるタレによって
大きく 3種類に分けられています。

*赤いかつめし
 牛すじと香味野菜に赤ワイン
 デミグラスソース風の甘口タレ
*白いかつめし
 じゃがいもをすりつぶし
 白ワインをたっぷりの加えた
 ホワイトソースがベースのタレ
*グリーンかつめし
 ほうれん草とバジルに
 15種類の香辛料でスパイシーなタレ

この 3色だとイタリアを
連想しますが
カツレツとかデミグラスソースは
フランスだよなぁ••••。
なんて どうでも良い事を考えながら
メニューに挟まれていた
かつめし誕生話を読みました。

それでは かつめし発祥店の味を
頂いてみましょう。

赤,白,緑と3色ありましたが
もちろん 一番オーソドックスな
赤を頂きます。

赤いかつめし
 ビーフかつめし 972円

デミグラス風の甘口タレ
昔ながらの加古川かつめしの味 と
メニューに書かれていました。
見た目はカツカレーライス
いやカツハヤシライスですね。
セットのみそ汁を見た時に
みそ汁よりもスープの方がと
思いましたが
これはカツライスではなく
かつめしだから " 和 " なんですね。
和には やはりみそ汁が合いますね。

ビフカツは縦横にカットされた
箸で食べやすいサイズ
甘みと酸味が効いている
粘度が高いデミグラスソース風のタレ
付け合わせの茹でキャベツは
濃いめの味わいを和らいでくれます。

最後になりましたが
かつめしを頂く時の六ヵ条を
お読み下さい。

うーん 箸では食べにくいですよ。
それと 名古屋の味噌カツに
匹敵するほどの味の濃さ加減が
正直 食べ進めていくと
若干の胃もたれを感じました。
とても勝負事の前には頂けません。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018#24《スシロー》 | トップ | 2018#26《ピッコロ》 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。