RunRunTako

takoの好日日記

敗北を期した

2020年11月16日 09時11分49秒 | ランニング
今朝は曇りの予報だったし東の空に朝焼けが見えてたので練習に出たんですが、
なんだか雨のにおいがするなと思いつつ歩いてたら、
案の定、途中で雨が降り出してあわてて帰りました。
きょうは歩きの練習をしようと普通の服装で歩いていたので、
濡れるのがいやだったんですが、
なんとなくランニングウエアじゃないと走るのがいやで歩いて帰ってたら、
だんだん雨脚が強くなってきて、
走り出したら、なんか右足がおかしくて、
着地のクッションが作れず
びっこのようになってしまいました。
きのうの疲れかなあ?
まあ、とにかくきょうは休足日です。
練習は1.5kmほどでした。

ところで21日からの練習会はキャンセルしました。
きのうの山でロングはまだあぶないかもと感じたので
どうしようか悩みつつ、キャンセルの連絡をしました。
ああ、こういうキャンセルということを
この故障を抱えて以来何度もやってきましたが、
今回も悲しくて悔しくて残念な気持ちになりました。
自分でキャンセルしておきながら、
すごくショックです。凹みます。

予約している宿が1週間前からキャンセル料を取るし、
プランの変更も部屋数も変えられないらしく、
主催者が頭を抱えているらしいというのにも
ショックでした。
なんだか殿様商売なお宿だなと思います。
また、そういう条件なのでキャンセルはしないでほしかったらしい
ということもわかり、
二重にショックを受けました。
怪我や仕事などで急に行けなくなることはあるわけで、
絶対にキャンセルしないということは不可能なのですから。
わたしもぎりぎりまで参加したくて悩み続けていたわけですが、
それがいけないことだった、ということになるわけで、
それは酷というものでしょう。

とはいえ、
わたしも過去に大会もどきを主催して
警察に道路使用許可をとったり、
公園の使用許可をとるのに役場の人と喧嘩腰になったり、
保険屋さんに相談したり・・・
それにPTAの本部役員や育成会の会長などの経験もあり、
あれこれやってきてそれなりに、
なにかを企画する大変さは知っているので、
今回も主催者の大変さはわかります。

なにはともあれ、今回もまた
間に合わせられずに不参加となって、
敗北を期したという無念さで胸がいっぱいです( ̄◆ ̄;)
骨折がなければ、この1ヶ月で多少の走力アップが図れて
ある程度練習会でみんなについていけるくらいにはなれたかもしれないのに
想定外の骨折でこんな状況になったので、
不可抗力ではありますが、とても不甲斐なく思うし、
なーんか不運がついて回ってる感じもして、
自分の預かり知らないところでの負けに、
この故障の13年のあいだたびたび負わされる気がします。
13年間ずっとツイてないという感じ。
これは2012年の橘湾岸でコーセーさんが撮影した
眉山ロードの写真をもとに描いた絵です。
あのとき、故障をかかえていながらもかなりの走力をつけて
故障をなんとかごまかしごまかし、
眉山ロードの大半を走りました。
来年こそ、元気な足でここを駆け上がりたいなぁ。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安全第一四王寺山 | トップ | うろうろジョグ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とし)
2020-11-16 19:59:36
ちょっと逆戻りしちゃった日だったのでしょうか。
きっと疲れですよ。
休んだからまた大丈夫になってますよ。
でも… いろいろあって凹んじゃいましたね。
この敗北を反撃のバネに変換出来るといいですね。
たこさん、頑張れ~(* ̄0 ̄)/ ガンバ!
Unknown (たこ)
2020-11-17 09:13:16
朝練で足の状態が変になったのは大して気にならなかったんですが、
練習会をキャンセルしないといけなかったのがとても悲しいです。
主催者さんをわずらわせることにもなって余計に落ち込みました。
で、振り返ってみたらいつもいつもこんなふうにみんなのところに行けなくなる状況になってしまっていて、
そう思ってさらに落ち込んでました。

ありがとうございます!
気持ちを切り替えて、またがんばっていきます(^^)/

コメントを投稿

ランニング」カテゴリの最新記事