今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

笠松競馬場(岐阜県羽島郡笠松町)

2022年06月10日 | 競馬場・競輪場・競艇場
訪問日 令和4年5月12日

笠松競馬場
競馬を始めた頃に、この笠松競馬場からオグリキャップが中央競馬(1988年)に移籍
移籍直後は重賞6連勝と怪物ぶりを発揮した
天皇賞でタマモクロスに敗れたが、競馬界の盛り上がりは売り上げを含め最高潮に達した



ところが、馬主に脱税容疑がかかり、総額5億5000万円で売却
獲得のために動いた高額なトレードマネーを回収するためか、3ヵ月半の間に6つのレースに出走した
その後、不調が続いたが、引退レースとして武豊が騎乗して有馬記念へ出走
「奇跡の復活」「感動のラストラン」と呼ばれ有馬記念を制覇した
引退後、札幌競馬場でその姿を間近でみた。愛らしい仕草とそれを見守る観客の様子は、今でも記憶に残っている



40年近い競馬歴を持つ私にとってオグリキャップがデビューした笠松競馬場は訪れてみたい場所だった
何とか駐車場に車を駐め5分ほど歩き場内に向かう
途中、地元の男性から競馬場の歴史や闇の部分などの説明も受ける



場内に入った印象だが、これまで訪れたなかでは一番歴史を感じさせる建物だった
前のレースが終了したばかりで、パドックを探したが見当たらない
最初は信じられなかったが、コース内側にパドックがあった



旅行中は競馬新聞を購入せず、パドックでの馬の様子や返し馬を見て馬券を購入するのだが
今回は大型ビジョンからの情報になる



マイクロバスの乗って騎手がパドックに現れる
これも初めて見る光景だ



観客に一礼してから騎乗馬に跨がり返し馬に入る



この日は雨が降っていたので屋外で観戦する人は少なかった



それでも発走時間が近づくと、ちらほら観客の姿が目に入ってくる



このレースは普段はあまり購入しない2頭の単勝馬券を購入した



購入した4番・8番の馬は、良い位置でレースを進めていたが



結果は残念ながら2着3着だった



屋内の様子だが老人の姿が多い
少ない年金で日々の生活を少しでも豊かにしようと夢を買っている漢たちである



コースは木曽川の畔に位置していて、電車も通過していく
全国では珍しく競馬場のほとんどが私有地で、コース内側は畑や水田に加え墓地まである



2020年(令和2年)6月、関係者が勝馬投票券を購入した競馬法違反容疑で家宅捜索
2021年(令和3年)1月、所属する騎手、調教師などが競馬法で禁止される勝馬投票券を購入
このような事もあり、しばらく開催することができなかった
現在、所属騎手9名(女性1名)と少ない



不祥事に揺れていた笠松競馬だが4月末には
時代を超えて輝き続ける「永遠のヒーロー」オグリキャップと、ゲームや漫画で人気の「ウマ娘」とのコラボ企画が実現
競馬場内は雨の中、全国から集まった聖地巡礼のファン(5000人近くが来場)らの熱視線と温かい拍手に包まれた



「ウマ娘シンデレラグレイ賞」に出走した、深沢杏花騎手騎乗の芦毛馬ヤマニンカホンが逃げ切りV 初代女王に輝いた
笠松のレースでは聞いたことがない大きな温かい拍手に包まれ、長く鳴り響いたという



全国の競馬場巡りも「放浪の旅」の目的の一つである
マスク無しで大きな声で応援できる日が来ることを願う
さて、本日の収支であるが嫌な予感だけが的中した(涙)



撮影日 令和4年5月12日
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2022春 放浪の旅(25日目)... | トップ | 池鏡山 圓鏡寺(岐阜県本巣郡... »

コメントを投稿

競馬場・競輪場・競艇場」カテゴリの最新記事