今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

2017 第68回 さっぽろ雪まつり その1(北海道札幌市中央区大通公園)

2017年02月11日 | 北海道
2017 第68回 さっぽろ雪まつり
昨年は過去最高の260万人を超える来場者数で賑わった雪まつり
天候と相談しながら青空の日を待って会場に足を運んだ。テレビ塔のある大通会場1丁目から12丁目に向かって歩く

大氷像「ホエール・ホーム」
「あったらいいな、こんな家」をテーマに、北海道内の小学生から自分の思い描く「夢の家」を募集
最優秀賞として選出されたのが、「ホエール・ホーム」



競馬好きな私にとっては嬉しい氷像






大雪像「決戦!雪のファイナルファンタジー」
約20年前に発売され、これまでに全世界で売上本数1,100万本を超える大ヒットを記録しているゲームソフト「FINAL FANTASY VII(ファイナルファンタジーセブン)」



ゲームの内容を理解していないので雪像の良さがわからない






大雪像「台湾-台北賓館」
台北賓館は台湾の国家招待所(迎賓館)



現在、政府主催の祝宴、国賓の歓迎レセプション、国際条約の調印式および文化活動の重要な場となっている
1998年に台湾の内政部(省)から国定古蹟に指定された



「トット商店街」
札幌国際芸術祭2017の公式プログラムとして制作



「ようこそ札幌へ! 2017冬季アジア札幌大会」
同大会のマスコットキャラクター「エゾモン」



大雪像「凱旋門」
パリのシャルル・ド・ゴール広場にそびえる凱旋門
ナポレオン1世がアウステルリッツの戦いに勝利したことを記念して1806年に建造を命じ、完成には30年の月日を要した



ステージの右側にはサラブレッドと騎手の雪像
馬産地・北海道から世界最高峰のレース、凱旋門賞を制するサラブレッド誕生を願う想いが込められている



雪像前でイベントが行われていたので横に廻ってみた






大雪像「奈良・興福寺 中金堂」
2018年(平成30)秋の完成を目指し復元工事中の中金堂






 











ピコ太郎
外国人にも大人気の雪像



地元のTVにも紹介されていた。それにしてもよくできている



 


大雪像「スター・ウォーズ」
2017年、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米で公開されてから40周年



2015年のさっぽろ雪まつりで出現した「スター・ウォーズ」大雪像が、“アニバーサリーイヤー”を祝して、『白いスター・ウォーズ』大雪像として再び上陸






国際広場「国際雪像コンクール」
雪まつりの雪像で楽しみにしているのが外国人が制作したもの



各国の文化に少し触れることができる。この雪像はタイのムエタイ






この作品に一番興味を覚えた。日中は背景に色々なものが入り込み撮影は難しい






「雪ミク(初音ミク)」 
「雪ミク」は、北海道を応援するキャラクター



2010年の『さっぽろ雪まつり』で"真っ白い「初音ミク」の雪像"を作ったことをきっかけに誕生



12丁目の折り返し地点。いつものように背後から一枚



ドナルド・トランプ
話題の人物だけに多くの人が集まってくる。独特のジェスチャーを真似て記念撮影をしている外国人を見かけた



「Anipop Club」
海外で大人気のゲームキャラクターたちらしい…



友好国台湾の氷像を最後に帰宅する



撮影 平成29年2月9日

コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 成田山 新勝寺 その3(千... | トップ | 2017 第68回 さっぽろ雪まつ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遅くなりました (OTETSUDAI @)
2017-02-21 13:10:52
今年も素晴らしい雪像を観せて頂きましてありがとうございます。
いずれも素晴らしい雪像と撮影と感心するのみです。
以前に記したかも知れませんが、私が博才がないので何も出来ませんが、競馬場に足を運んで写真を撮りたいと思っています。馬券は買っても寄付金だけになってしまうので雄大な馬場を駆ける競走馬を映したいと思っています。数々の写真ありがとうございます。
いつもありがとうございます (2014kurumatabi)
2017-02-21 18:16:21
 ブログをやっていなければ雪まつりに出かけることはないのですが、今年で3年連続になってしまいました。
 日中は青空に雪像が映えるので天気予報と相談しながら、青空の日に出かけました。観光客の多さは雰囲気で理解していましたが、今年は過去最高の人出だったようです。
 雪像の後援に札幌競馬場のものがあり凱旋門の馬もアクセントとしてウマく使われていました。さて、競走馬の撮影ですが時速60キロで走り抜けていくため、思い通りに撮れないですね。近くに東京・中山・川崎、大井競馬場と恵まれた環境にあると思いますので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。楽しいですよ。
二度目のコメントですが… (OTETSUDAI @)
2017-02-28 13:28:51
何とかと言う使命も終わりホッとする代わりに虚脱感も湧いてきました。もう現場から離れて数年も経過している人間には「どうでもいい」ことだらけです。
改めて雪像を見せて頂きました。台湾の雪像か氷像が見事と感じました。この時世ですので話題の人気キャラも出てきますが、私にはトランプ氏を作成した人達(隊)が彼をどう思ってモデルにしたかは理解出来ません。それとピコ太郎…でしょうか。面白くも何ともないと感じるのは歳のせいかも知れません。
この雪祭りもかつては小樽でやっていたと頭の隅にあるのは私の勘違いでしょうか。
白一色の札幌市内で白い雪像を撮影するのはかなりの技術を要すると思います。
寒い中、いろいろとカメラアングルを考えながら撮影した作品にケチを付けたようで申し訳無いです。私の意中にはそのような気持ちはありません。作文が下手なものですから、作品と写真をけなした描き方になり申し訳ありません。
私のカメラは9月から眠っています。
ありがとうございました。
いつもありがとうございます (2014kurumatabi)
2017-02-28 15:31:44
 いつもありがとうございます。
 話題になった人物と言うことで「トランプ氏とピコ太郎」の雪像が展示されていました。
 台湾の氷像は日中ですと肉眼では細かな所まで確認することは難しいのですが、レンズを通すと見えることがあります。観光客が多いので、その場に止まって撮ることができないのができないため、すべてカメラまかせのオートで撮っています。私が必死に考えたり、勘に頼ったりするよりも確実に撮れます。
 私も普段はカメラに触れることもなく、3か月振りにバックから取り出しました。

コメントを投稿

北海道」カテゴリの最新記事