今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

2022 秋 放浪の旅(12日目)富山県

2022年10月12日 | 旅日記
2022 秋 放浪の旅(12日目)富山県

道の駅「砺波」
天気予報が見事に外れ、今日も朝から雨が降っている。笑うしかない
砺波は何度か訪れているので行く場所がない
「チューリップのまち」とは知らなかった



チューリップ四季彩館(富山県砺波市中村)
てな訳で、道の駅の近くにある「チューリップ四季彩館」へ
屋内の施設なので雨でも大丈夫なのだが、何故か緊張している



老人割引で入館。年をとっていて良かったと思える数少ない瞬間である
花の知識は皆無だがチューリップくらいは分かると思っていたが不安になってきた



花の飾り方が面白い






他の花も美しい



狭い空間なので鏡を上手く使っている(白髪の老人が私だ)



5,000本のチューリップがこの空間にある









通路にも



入館者は私一人だったこともあり、楽しめたかなと思う



常福寺(富山県砺波市大窪)
次に向かったのが初めて訪れる「常福寺」



重要文化財の仏像が口コミによるとかなり良いらしい
拝観を申し込むと、取り込み中ということで諦めた






海洋丸パーク(富山県射水市海王町)
人気スポットで、昨日訪れる予定だった場所である



小雨がぱらついているがカメラを持って外に出た
海上保安庁の巡視船PL04「やひこ」が係留されている



こちらが「海王丸」だ



帆船のはずが帆が見当たらない



何と今日が定休日ということだった(落胆)






「海の貴婦人 帆船 海王丸」全長97m 地球を50周し11,000人の海の若人を育てた



貴婦人は後ろ姿も美しい



「恋人の聖地」



コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2022 秋 放浪の旅(11日目)... | トップ | 2022 秋 放浪の旅(13日目)... »

コメントを投稿

旅日記」カテゴリの最新記事