今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

上野山 誠照寺(福井県鯖江市本町)

2019年04月23日 | 神社・仏閣
上野山 誠照寺(うわのさん じょうしょうじ))
真宗誠照寺派の本山
親鸞が越後へ配流のとき、1208年波多野景之の屋敷で最初に法を説いたのに始まるとされる
その後、如覚のとき現在地に移って真照寺と称した。
永享年間(1429年 - 1441年)になって現在の寺号となった



四足門(福井県指定文化財)
文正元年の創建、現大門は安永8年(1779)の再建、誠照寺最古の建築物






伝 左甚五郎作「駆け出しの龍」



文久2年(1862)の大火の際、この龍が水を吐いて門を守ったと伝えられている



四足門の扉






鐘楼堂
鐘楼・梵鐘は市指定文化財。弘化3年(1846)の建立






手水舎



親鸞聖人尊像



境内の一部が有料駐車場になっていたことには驚いた。もちろん参拝者には無料のスペースがある



御影堂(鯖江市指定文化財)
1862年の火災で焼失してしまったため、現在建っているのは、明治10年の再建されたもの
県内最大の木造建築物



阿弥陀堂
市指定文化財。文久2年(1862)の大火で焼失、明治20年の再建



左から、阿弥陀堂~御影堂と続く。御影堂から堂内に入る



御影堂には、親鸞聖人の木像が安置されている






阿弥陀堂には本尊の阿弥陀如来が安置されている






この豪華さには目を奪われる









忠霊堂



撮影 平成30年10月23日

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鹿苑山 専照寺(福井県福井... | トップ | 山元山 證誠寺(福井県鯖江... »

コメントを投稿

神社・仏閣」カテゴリの最新記事