お二人さまの老後

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

早春の江の島と富士山

2018-02-19 13:33:46 | 日記・エッセイ・コラム

 多くの方が訪れてくださっているのに2月に入ってブログを更新していないことに気づきましたので、少し前のことになりますが表記の内容で報告します。

 この冬は厳しい寒さで早朝トレーニングはおろか昼間も家に閉じこもっていることが多かったのですが、運動不足を感じ4日(日)に亡き母の7回忌を済ませてほっとしたので、6日(火)午後1時過ぎに夫を誘って江の島に出かけました。

 弁天橋からの雪をかぶって神々しい富士山。手前は片瀬漁港です。海は荒れ模様でした。

            

 夫は人と会う約束があると言って富士山を見てから引き返しました。

 富士山や海の表情を写真に収めながら江の島神社を目指します。丹沢も雪化粧しているようです。

              

                 富士山の隣に小さく尖っている山は矢倉岳、その左は金時山です。

               

 参道の中頃左手にある蛸せんべい屋はいつも行列です。辺津宮も観光客や参拝客でにぎわっています。

 中津宮下の展望台はヨットハーバーが見渡せる人気スポットです。

             

 さらに石段を登りコッキングエンを過ぎて石段を下ると「山二つ」です。

すっきり晴れていると水平線の向こうに大島が見えるのですが今日は見えませんね。

             

  石段をさらに下り、再び登って歩いていくと突き当りが奥津宮です。今日は通り過ぎて稚児が淵まで急な石段を下ります。

  稚児が淵と富士山。右に目を転ずると大山と丹沢の山々。

              

  さらに下ると岩屋に通じているのですが、昨年秋の高潮で欄干や岩屋が破壊されてしまい、いまだに通行止めになっています。

  春から秋までの早朝には多くの釣り人のいる磯。向こうは箱根連山と富士山です。ここで同じ道を戻りました。

                

 中津宮展望台のベンチに座って富士山の写真を山酔会のラインにアップすると、いつもコメントを寄せてくださるSさんから「今日は柏でも富士山がちびっと見えました!感動」とコメントをくださいました。富士山はだれにも特別な山なのですね。

  帰り道、辺津宮の手前の広場にある河津桜を見上げるとほころんでいましたが、昨年より開花が遅れているようです。

                     

 帰宅は3時半近く。トレーニング不足を痛感した江の島ウオークでした。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大田区文化財ウオークで川端... | トップ | 水戸偕楽園・弘道館と袋田の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事