お二人さまの老後

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

梅雨の晴れ間に江の島へ 早朝ウオーク

2018-06-22 21:13:00 | 日記・エッセイ・コラム

 今年の梅雨は雨や曇りが多いのですが、久しぶりに晴れた今朝は5時前に起床し、江の島に出かけました。出発は5時24分。いつもの散歩コースですが、今まで注目していなかった橋の標識や道端の花、そして空の景色に着目して写真を撮ることにしました。

  夏至の翌日で日の出は4時半頃でしたからすっかり明るくなっています。

 夫に促されて見ると境川にかかる山本橋の標識は石に朝顔が刻まれた凝った標識でした。

     

 川べりを歩いて江の島を目指します。珍しい黄色のオシロイバナが咲いています。

     

 青空に雲が浮かんでとてもきれいです。

     

 境川の河口にある「べんてんばし」の標識です。小田急片瀬江ノ島駅から江ノ島に向かう際に渡ります。

     

 霞んでいて富士山は見えません。カラフルな遊漁船がお客を待ってスタンバイしています。

     

 まさに緑の江の島です。こちらも「弁天橋」です。

 並行している車道の「江の島大橋」は東京オリンピックに備えて拡幅工事中です。

       

 夫は写生俳句を作っていてあちこちで足を止めています。私は登山に備えてトレーニングをしているので、一人で岩屋を目指して先を急ぎました。

 辺津宮への急な石段を上ると、辺津宮は七夕飾りで華やかでした。

      

  江ノ島内のあちこちに色々な紫陽花が咲いていました。

  中津宮下の紫陽花は紫色が鮮やかです。

      

 コッキングエンに登る石段の脇に珍しい鯛釣草(タイツリソウ)が沢山咲いていました。

      

 コッキングエン前の広場の紫陽花です。

   「紫陽花や是より先は岩屋道」

      

 奥津宮の脇には色とりどりの紫陽花が咲いています。

      

 稚児が淵を下りていくと岩屋橋があります。昨年10月の台風による高潮で大きく壊れた岩屋は改修し連休前に開業しましたが、完全には復旧していないようです。

      

 引き返そうと夫にケータイで連絡すると近道の下道を通って、N羊羹屋の角を曲がってコッキングエンの前にある海紅豆(かいこうず)を見て帰るというので私も先を急ぎました。

 夫は島内在住の高齢の男性と立ち話をしていました。

 海紅豆は落下に風情があると夫。お気に入りの海紅豆と共に記念撮影。

   「木にありて落ちてまた良し海紅豆」

     

 私は紫陽花のところで写真を撮ってもらいました。

     

  中津宮前の巨木越しに見おろしたヨットハーバーです。

    

  江の島弁天橋の江の島側の標識です。

     

 帰路につき弁天橋を歩いているとランニングをしていた夫の知人の男性が立ち止まり、一緒に話しながら歩きました。先輩ですが大学時代は箱根駅伝を走った人とのこと。「たまに走ると疲れが出るので毎日走ると良い」と男性。夫は毎日5,000歩をめどに散歩していますが、江の島まで行くのは週に1度あるかないかです。

 男性は境川の川べりに達するとランニングに戻り、元気に走っていかれました。

 その後うしろから「〇〇さん」と男性が声をかけてきました。自転車に乗った漁船K丸のご主人でした。今日は漁に出ていないようです。大雨で上流からゴミが沢山流れでているので、漁は休みとのこと。漁に出た日は新鮮なお魚を譲ってくださるのですが残念でした。

 2時間近くかかって7時半頃、帰着できました。

 久しぶりなのでちょっと疲れました。「エネルギーを使い果たした」と夫。

 私は登山に備えてせめて週に3回はウオーキングが必要です。

 

 

 

 

 

 

    

  

     

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 入笠山湿原で可憐なスズラン... | トップ | 北アルプス登山に備えて鍋割山へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事