団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

三日遅れの筋肉痛って、年を取ったから

2018-05-31 10:00:57 | 健康・病気

70代前半の男性の趣味は海釣りです。釣り仲間と一緒に釣り船に乗り、日本海や瀬戸内海で釣りを楽しんでいます。

5月中旬、福井県の若狭湾沖で、アコウを狙いました。その日は朝から雨で、時間を追うごとに雨脚が強くなりました。上下の雨合羽を着けていましたが、横殴りの雨が雨合羽のすきまから容赦なく入り込み、下着までぐっしょりとなりました。船が大きく揺れるため、両脚を踏ん張って立ち、竿をふり続けました。アコウは7匹ほどゲットし、釣果はまずまずでした。

その夜はぐっすり眠りました。翌朝、体の張りや痛みはほとんど感じなかったといいます。ところが、三日ほどたつと、足腰、肩や背中、腕に筋肉痛が出てきました。とりわけ、足腰がひどく、太ももの痛みが強く、立ち上がるのにも一苦労です。

「年を取ったら、二日遅れ、三日遅れの筋肉痛が出るって、本当ですね。しかも、なかなか痛みが引きません」と男性は言います。

こうした遅発性筋肉痛は、筋肉が引き伸ばされながら大きな力を出す伸張性収縮を繰り返したとき、発症するとされています。例えば、下り坂を下りる際の太ももの前の大腿四頭筋、ふくらはぎの下腿三頭筋、スクワットで膝を伸ばしていくときの太ももの裏のハムストリングスです。筋肉が収縮する方向と反対の方向に引き伸ばされながら、ブレーキをかけるための大きな張力を受けます。

すると、筋繊維や周辺の結合組織が断裂して、多数の微細な傷がつきます。筋肉が破壊されると炎症が起こり、痛みや腫れをひき起こす発痛物質が産生されます。これが筋膜にある受容体に作用して、神経成長因子の産生を高めます。神経成長因子が痛みを感じる受容器に働き、痛みを感じます。

遅発性筋肉痛は、こうした過程を経て痛みを発症するので、数日遅れの痛みになるというのです。加齢とは直接関係ないというものの、加齢が痛みを遅らせる要因にもなっているのです。そのメカニズムは次回に。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「おしっこの出し方って、あ... | トップ | 毛細血管の劣化が筋肉痛を長... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事