団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

一か月の断酒の効果もありあり、でした

2019-03-22 10:40:27 | 健康・病気

人間ドックに向けて1か月間、断酒した成果は随所で現れました。ここ数年、必ず引っかかっていた血圧が135/85で上も下も基準値以内になりました。腹囲は81.2センチと昨年より0.3センチ減りました。

脂質検査では、昨年はいずれも基準値オーバーだった総コレストロールが192mg/dl、悪玉コレストロールは107mg/dで、基準値を下回りました。動脈硬化を促進する超悪玉コレストロールのsdLDL-CHOは基準値(30mg/dl未満)を超えている43mg/dlでしたが、前年より8.4mg/dl下がりました。

胆汁の主成分で、赤血球のヘモグロビンが変化してできる色素、総ビリルビンが前年は基準値を上回る1.5mg/dlでしたが、今年は1.3mg/dlと基準値以内に収まりました。黄疸の指標となり、肝臓障害や胆道系の疾患で上昇します。

2年前に脂肪肝と書かれましたが、今回もこの症状は指摘されませんでした。お酒を飲まないと、脂質面で大きな成果があることを実感しました。

これに対し、やや悪化したものもありました。腎機能の尿素窒素が基準値の10~20mg/dlをやや上回る21mg/dl、腎臓がどれくらいの老廃物を排泄する能力があるかを示すeGFRは56.5ml/minで3年連続で基準値の60ml/min以上を下回りました。

お酒を控えることが健康維持につながることがわかりましたので、休刊日2日は守るよう心掛けたいと思っていますが‥。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人間ドックで新たに三つの症... | トップ | 国税局幹部になると退職後も... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事