団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

監視社会を示す、毒ガス資料館で見た表彰状

2017-10-14 09:25:26 | 社会・経済

日本陸軍の毒ガス工場がつくられた広島県竹原市忠海町にある大久野島に行ってきました。その極秘性から、地図から消去され「地図にない島」とも呼ばれました。

忠海港からフェリーで約15分。島は今では実験動物のウサギが自然繁殖し、700羽を数えるウサギの島として有名です。若いカップルや女性グループが忠海港で販売しているウサギのえさ(1袋100円)や、キャベツ、ニンジンなどの野菜を手に島に上陸すると、どこともなくウサギが集まってきます。えさをやりながら、カップルらは「かわいいね」「癒される」と話していました。

国民休暇村に無料リムジンバスで到着し、名物のタコ料理を食べました。昭和4年に毒ガス工場が設置され、付帯施設として発電場、毒ガス貯蔵庫などがつくられました。レンタサイクルを借りようと休暇村のスタッフに聞きますと、島内の周回道路約3.3キロは車両は時計回りの一方通行とのこと。「(当時の資料を集めた)毒ガス資料館へは自転車で50分」。でも歩くと3分といいます。そこで、島内ウォークに。毒ガス資料館には、入館料100円を払って見学しました。

工場の写真、防護服、毒ガス製造機の部品、大久野島が消去された地図などを見ている中、一枚の表彰状に目が止まりました。船から大久野島の写真を撮っている男性を見た女性が憲兵に通報し、その男性の逮捕につながったことを表彰するものでした。

でも、他の乗船客がいる中で「極秘の島」にカメラを向けるスパイは考えられません。男性は本当にスパイ行為をしたのか、と疑問に思いました。憲兵隊に連行されたら、当時のことですから、自白するまで拷問が続いたのではないでしょうか。

通報行為を奨励するため、憲兵隊は女性を表彰したのではないか、とも考えました。安倍政権で共謀罪が成立し、監視社会の枠組みが広がりました。何気ない行為で連行され、取り調べを受けるかもしれない怖さを、一枚の表彰状に感じました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 高齢者の三大骨折を防ぐために | トップ | サルコペニアの壁はあるのだ! »

コメントを投稿

社会・経済」カテゴリの最新記事