団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

動かない人は動けなくなります

2018-04-30 09:38:25 | 健康・病気

70代後半の女性は体を動かすことが得意ではありません。家事も苦手で、食器を洗っても、濡れたふきんでふくので、濡れたままになります。すると、娘さんから「きちんとふけないのだから、食器洗いはしないで」といわれます。

握力も弱くなり、右手は14キロほど。左手は転んだ時、手首をついた際、骨にひびが入り、一か月間ギブスをはめたことから、4キロ程度に落ちてしまいました。雑巾を絞るには18キロ以上の握力が必要ですから、ふきん絞りができなかったようです。カレー皿のような大皿は両手で持つようにしていますが、手からこぼれ落ちて割れたりします。娘さんから「食器運びもやめて」と求められます。

75歳は「サルコペニア(筋肉減弱症)の壁」といわれ、筋力を維持してこの壁を乗り越えられると、これまでのように自立した生活を送ることができるとされます。

ところが、この女性は加齢に伴う筋力の低下に加えて、運動の不足がたたり、20センチの高さの台から両脚で立つことができません。ロコモ度2と判定され、このままでは寝たきりになる恐れが高いとされます。動かない人は動けなくなるのです。

女性には、ロコモ体操のスクワットと片脚立ちを指導しています。片脚立ちは10秒、スクワットは2、3回できるようになったといいます。片脚立ちが60秒、スクワット5回を目標にし、それができるようになったら、一日2セットを続けるよう伝えています。

女性の頑張りを期待しているのですが、もともと「動くのが嫌いな人」ですから、どこまで実行できるか、見守っています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1ヶ月分で年会費3000円... | トップ | サルコペニアになると痛い痛... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事