団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

「長生きできたあかし」か⁈

2020-11-17 11:39:56 | 健康・病気

ヘアーカットに行ったら、こめかみから頭部にかけて老人性疣贅が増えた気がしました。加齢に伴う良性のイボで治療する必要はないとされます。でも、暗褐色の3~5ミリの平らなイボの広がりはいかにも老人になってきた感じがします。

胸や上腕には老人性血管腫が出てきました。赤いイボのようなものができますが、これも良性の腫瘍です。太ももには老人性白斑が目につきます。

歯ももろくなってきたのでしょうか、前歯の内側が少し削れてきました。食事の際、唇の内側を歯で噛んでしまうことが増えました。先日はカキフライを食べたら、下唇の右側の同じところを2回も噛んでしまいました。これも老化の現れです。

「老人性の症状が次々と出てきたよ」とぼやくと、かみさんは「長生きできたあかしでしょう」と返してきました。確かに、老人にならないと出てこない症状ばかりです。

男性の健康寿命は72.14歳。私は73歳を超えても、要介護にはなっておらず、健康寿命を更新中です。「長生きできたあかし」と前向きに受け止めようー、と。

コメント   この記事についてブログを書く
« Go To Eatの食事券を... | トップ | 「趣味は家族」と言ってみよう! »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事