団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

石けんの泡で洗い、保湿剤は入浴後10分以内に

2019-04-25 09:20:09 | 健康・病気

スキンケアのポイントの第一は清潔を保持する洗い方です。高齢者は皮膚が弱っていますから、擦って洗うことはやめて、石けんをよく泡立てて、泡で優しく洗うようにします。そして、しっかり洗い流します。石けん成分が残っていると、汗に石けんのアルカリ成分が溶け、皮膚を刺激します。

綿・麻・絹のタオルを使用し、ナイロンタオルやボディブラシ、亀の子たわしは厳禁です。石けんはアルカリ性は洗い上がりがさっぱりしますが、皮膚を痛めますから、弱酸性の石けんが推奨されます。

ポイントの第二は、バリア機能を保持する保湿です。バリア機能は皮膚を乾燥から守ります。体を洗ったあとは、皮脂や保湿成分が洗い流され、保湿しないとドライスキンになります。保湿剤は入浴後10分以内が効果的で、1日に2回(入浴後と朝)塗ると、さらに効果が高いとされます。

保湿剤には、天然保湿因子などを含み、年齢に伴って減少した成分を補うモイスチャライザー効果があるもの(キュレルローション、ニベアスキンミルク、HPクリームなど)と、表面に油脂膜をつくり、」体の水分の蒸散を防ぐエモリエント効果があるもの(白色ワセリンなど)の2種類あります。

モイスチャライザー効果のある保湿剤は高い保湿効果があるものの、時間がたつと急激に効果が低下します。一方、エモリエント効果がある保湿剤は徐々に保湿され、その効果は長く続きます。このため、モイスチャライザー効果の保湿剤を塗ったあと、エモリエント効果の保湿剤を塗るのがお勧めです。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 高齢者の皮膚はバリア機能が... | トップ | リノベーションは断捨離のチ... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事