団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

百歳まで元気に生きる9つのルール

2018-07-10 09:21:05 | 健康・病気

世界の長寿地域はブルーゾーンと呼ばれ、日本の沖縄、イタリアのサルディーニャ島、コスタリカのニコヤ半島、米国カルフォルニアのロマリンダ、ギリシャのイカリア島が代表的なところです。

沖縄を除いて、いずれも山間部にあり、日々の生活の中で、坂の上り下りがあり、足腰が鍛えられます。他国の文明が入ってきにくいため、伝統的な食生活が守られている地域です。

そうした長寿地域の特性を研究した結果、百歳まで元気に生きる9つのルールがあることがわかりました。予防医学研究者の石川善樹さんがNHKラジオの健康ライフ「100歳まで元気に生きるには」の中で話していました。

9つのルールは①適度な運動を続ける②腹八分で摂食カロリーを抑える③植物性の食品を食べる④適度の赤ワインを飲む⑤はっきりした目的意識を持つ(生きがいを持つ)

⑥人生をスローダウンする⑦信仰心を持つ⑧家族を最優先にする⑨人とつながる

こうした9つのルールを参考にした街づくりに、米国ミネソタ州のアルバートリー市が取り組みました。車をなるべく使わないで済むよう歩きやすい歩道を整備し、レストランに依頼して皿を小さくして腹八分にし、人生の目的や生きがいを考えるセミナーを開きました。

アルバートリー市が半年間、集中的に実践したところ、市民の平均余命が2.9年延びたそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平衡感覚の衰えは転倒を招き... | トップ | 人とのつながりがない、孤立... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事