団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

「すずききよしの米寿を祝う集い」に参加して

2018-07-31 09:36:14 | 健康・病気

すずききよしさんといっても、知らない人が多いかもしれません。日本最高齢(数え88歳の米寿ですから)のシンガーソングライターです。地下鉄工事現場で働く人たちの心意気を歌った「俺らの空は鉄板だ」や残留中国孤児の歌「はぐれつばめ」を作詞作曲するなど2000曲以上の歌をつくり、「うたごえ運動」の普及に力を入れ、CMソングもたくさん作曲しました。「ダンシングオールナイト」を歌ったもんたよしのりさんをはじめ、多くの歌手を育てました。

「すずききよしの米寿を祝う集い」が7月29日、大阪市中央区であり、参加してきました。「紙ふうせん」の後藤悦治郎さん、平山泰代さんら音楽仲間、指導を受けた歌手の小野真智子さんらのお弟子さんたち、うたごえ運動をしてきた関東から九州までの約100人が集まりました。

すずきさんは3年前、頸椎の手術を受け、リハビリを続けましたが、歩行は困難となり、今では車いすの生活をしています。両手の動きも悪かったのですが、集いに向けて機能訓練を重ねた結果、箸が使えるようになり、ギターやキーボードも演奏できるようになりました。

180センチを超える大柄な体のすずきさんは車いすで登場し、大きな拍手に迎えられ、ステージに。「俺らの空は鉄板だ」「てのうた」「明日は変えよう 力を協(あわ)せて」をすずきさんの声に合わせて、全員で合唱しました。

ユーモアを交えたトークは相変わらず絶好調で、石原裕次郎さんと脚の長さ比べをして「1センチ長かった」と話したり(本当かな)、「憲法を守ろう」と力強く呼びかけたりしました。

「百歳まで歌い続けたい」と語って、集いを終えたすずきさんは、入り口に戻り、参加者ひとり一人と握手しました。私の手を力強く握ったすずきさんは「いつまでもお元気で」と言いましたので、私は「そちらこそ」と返しました。

海釣りの師匠でもあったすずきさんとの出会いは次回に。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「誰も看てくれへんから」 | トップ | 「はぐれつばめ」の取材が始まり »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事