団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

「71歳ですね、階段上れますか」

2019-03-11 09:36:21 | 健康・病気

カミさんは私と同じ71歳です。自宅近くの総合病院で先日、人間ドックを受けました。指定の時間に行きますと、受付の女性が受診表を見て「71歳ですね、内視鏡の検査は2階なのですが、階段上れますか」と尋ねました。「大丈夫です」とカミさんは答えました。

その日の夜、食事の際、カミさんがこの話をしたあと、「70代になると自分で階段が上れない人がいるし、そう見られても不思議ではないのね。ちょっとショック」とつぶやきました。

「60を超えると、日ごろから運動を続けている人とそうでない人との身体能力の差が大きくなるからなあ。でも、71歳で階段を上れない人はそう多くないと思うが、病院に来る人は病気の治療に来ているのだから、階段を自分で上れない人が多いのかもしれない」と私は答えました。

ちなみに、カミさんは最近、JR大阪駅前のグランフロント北館にあるナレッジキャピタルで、体の筋肉、脂肪、骨量、水分などを測るInBody測定を受けてきました。身体年齢は65歳と算出され、実年齢より「6歳若い」と喜んだばかりでした。

街を歩くと、実年齢よりはるかに身体年齢が衰えている人たちに会うことがよくあります。髪は黒々して量もたっぷりの男性がよちよち歩きをしています。60代後半には行っていないとみましたが、お尻が垂れ下がっていますから、明らかに運動不足です。

「年寄りよ、体を鍛えおけ」ですね。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 天下りポストで年収1550... | トップ | 指1本の痛みで生活の質がこ... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事