団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

パートナーが要介護者になると

2020-07-27 10:39:17 | 健康・病気

70代後半の女性は、夫が80歳になるころから急激に心身が衰えていくのを感じました。歩く速度が遅くなり、杖が必要になりました。「ここはどこか」「この家はだれの家か」などと繰り返し言うようになりました。

仕事はきちんとしていましたが、家事はまったくしたことがありません。買い物もしたことがありません。女性がかつて「スーパーで洗剤を買ってきて」と頼んだとき、夫は「どこのスーパーに行って、洗剤はどの棚にあるのか。なんという洗剤を買ってくるのか」と詳しく尋ねるので、女性は自分で行った方が早いと依頼するのをあきらめたそうです。

80歳になる半年ほど前、自営の仕事をやめました。年齢を考え、続けることができなくなったからです。そのころから仕事ロスからか、うつ症状が起こってきたといいます。同時に認知症状も発症してきました。要介護2と判定されました。

「家では何もできないお父さんがパーになって」。夫は週2日のデーサービスを除くと、終日家におります。家事に夫の世話が加わり、女性の負担が増すばかりです。「しんどい、しんどい」が女性の口癖になりました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 支局長が書いた120回の連... | トップ | 夫婦のかたちはそれぞれ »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事