団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

ベッドガードを外出ししたら、掛け布団が落ちません

2019-04-05 09:36:44 | 健康・病気

朝起きた時、腰に鈍い痛みがあります。どうやら寝返りの回数が足らなくなり、腰が圧迫される時間が増え、痛みが出たようです。寝返りは通常、17回から24回行うことで床ずれなどを防ぐとされます。

私のベッドは片方を壁にぴっちりつけ、もう一方をベッドガードで支えて掛け布団が落ちないようにしています。このため、掛け布団が動かないよう固めると身動きができなくなり、寝返りの回数が減ってしまったようです。

対策をネットで調べたら、壁から30センチ以上離すと、掛け布団を動かすことができるので、寝返りしやすくなるといいます。私の部屋は狭いので30センチも離すと中央にせり出すので、20センチにしました。ベッドガードはそのままでした。寝返りができるようになり、起床時の腰の痛みは減りました。

ところが、掛け布団や毛布が壁との間に滑り落ち、寒さで目覚めるようになりました。夏場は気にならないのですが、冬場になると、夜中に目覚める回数が増えました。

ある日、何の気なしにベッドガードを外出ししました。掛け布団は敷布団より大きいのですから、ベッドガードを外に出すと、掛け布団がすつぽり収まります。

すると、掛け布団や毛布が落ちなくなりました。寝返りも十分にしているようで、起床時の腰の痛みもありません。こんなことで長年の悩みが解決するのか、と我ながら、びっくりしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「そんなことも知らないのか... | トップ | 病院の受付で脳こうそくを発... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事