団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

高齢者になったら、肉を食べ、筋トレしよう

2018-06-29 10:02:57 | 健康・病気

高齢者になると、若い人と同じ運動をしても、筋肉の合成が悪くなり、筋肉量も減りやすいとされます。このため、高齢者は若い人より、たんぱく質の多い肉や魚、大豆製品などを取る必要があるといいます。

NHKラジオの健康ライフ「エネルギーの出入りを知って健康管理」のテーマで話した慶應大スポーツ医学研究センター院長の勝川史憲教授が訴えていました。

勝川教授によると、高齢者は筋肉量が落ち、たんぱく質の合成も低下すると、基礎代謝量も減ってきます。すると、消費エネルギーも減り、より少ない食事で足りるようになります。こうした状態が続くと、体はフレイル(虚弱症)からサルコペニア(筋肉減弱症)になってしまいます。

そこで、勝川教授は運動量を増やしてお腹をすかせ、たんぱく質の多い食事を良く摂り、筋肉量を維持・向上させる必要があると強調しています。

高齢になっても活動的な人は、お肉大好きな人が多いように思います。高校野球連盟会長だった牧野直隆さん(2006年7月、96歳で死去)は80代後半なのに厚切りのステーキをぺろりと食べたのを見て驚いたことがあります。

 年寄りは筋トレして体を鍛え、たんぱく質をしっかり摂るべきです。私も、そう心がけます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 難病と闘い、逝った友 | トップ | 「パタカ」に「ラ」を加えます! »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事