団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

シニアパスはありがたい。高齢者よ、街に出よう

2018-09-10 09:27:20 | 健康・病気

東京の実家に戻った際、JR錦糸町駅改札口で、高校時代の友人ら3人と待ち合わせをしました。私は最寄りのJRの駅から錦糸町駅に向かい、待ち合わせの午後5時前に着きました。午後5時を回ったころ、友人の一人から携帯電話に連絡があり、「都バスで向かっているが、渋滞で少し遅れる」といいます。

バスで駅前の停留所に着いた友人に聞くと、70歳になると、都バス、都営地下鉄が乗り放題の東京都のシルバーパスを購入できるので、交通機関は都バス優先にしているといいます。

友人は元歯科医で、現在は年金生活者。資産は十分あるのですが、キャッシュフローは年金だけなので、月約6万円。住民税非課税ですので、パスの購入費は1000円。住民税課税の高齢者は2万510円です。これで、1年間、都バス、都営地下鉄は無料で乗れます。

シルバーパスは、大都市では発行しているところがあります。名古屋市の敬老パスは所得に応じて購入費が1000円、3000円、5000円に分かれています。名古屋大医学部名誉教授の友人は医療センターに非常勤で勤めていますが、週3日の通勤は5000円で購入した敬老パスを使っています。

大阪市在住の私の敬老パスは、大阪メトロの地下鉄・ニュートラム、大阪シティバスが1区間50円で乗車できます。去年までは年会費3000円が必要でしたが、今年7月から年会費は無料になりました。往復で100円ですから、気軽に乗車できます。

その昔、劇作家で歌人の寺山修司は若者に向かって「書を捨てよ、町に出よう」と呼びかけましたが、私は「高齢者よ、シルバーパスで街に出よう」を実践しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ひとり死に備えて | トップ | 朝起きた時、腰に張りと痛み... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事