団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

動脈硬化の対策をまたしなければ

2018-04-05 11:28:32 | 健康・病気

3月初旬に受けた人間ドックの結果が郵送されてきました。血液検査でコレストロール系が基準値を超える赤字の数字が並んでいました。とりわけ問題なのが、超悪玉コレストロールとされるsdLDLが1dlあたり51.4mgと昨年の48.5mgより悪化していたことです。

悪玉コレストロール(LDL)より微細で動脈硬化を促進するというsdLDLの基準値は30mg未満です。それが50mgよりオーバーしてしまいました。50mg以上の異常値は、薬物療法を含めた低下療法とともに、動脈硬化性疾患の精査が必要とされるレベルです。総コレストロールもLDLも少しですが、基準値を超えていました。

てんぷらや空揚げなどの脂ものを控え、ギョーザやラーメンなどの中華料理をできるだけ食べない食生活を続けていたのですが、2015年の頸動脈の超音波検査で径狭窄率が改善したことから、そうした規制を緩めたことが響いたようです。

動脈硬化の増悪で循環器系に黄色信号が出ました。上室性期外収縮が発症しました。心臓の心房が不整脈を起こしたのです。不整脈は睡眠不足、深酒、ストレスなどが誘因になって発症するので、あまり気にすることはありませんが、注意をしなければならないシグナルです。

1か月の禁酒で体重も3キロ減になり、メタボを改善したのに、基準値オーバーが並んだのはちょっとショックでした。標準体重58.3キロには4キロ近く減らさなければなりません。トホホ、です。でも、うれしい結果も一つありました。去年、脂肪肝と診断されましたが、きれいに治っていました。禁酒の成果です。

コメント