品質測定ワークショップ

ISO9001と10012及び5Sを利用して測定力をシステム的に発揮する方法

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

データ不正と対策

2018-07-10 16:58:07 | 品質計量管理
まだまだデータの不正利用の記事が新聞似ている。

データの不正利用はすぐには発覚しないので奥の深いことである。

諦めては行けないので、根気強く計量思想を広めることであるとお思う。

計量思想の実施で効果を上げているのに量目商品の立ち入り検査がある。

立入検査は感じの良くない言葉であるので、立ち入り指導と思えば良い。

指導があるので不正をせずにやっていける。

指導にはコストが掛かるが社会の公平性を保つ費用であるから、社会全体で負担する現在の制度は妥当である。

老人のぬいぐるみ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« プリウス69カ月の燃費 | トップ | 自動車の自動運転とデータの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

品質計量管理」カテゴリの最新記事