品質測定ワークショップ

ISO9001と10012及び5Sを利用して測定力をシステム的に発揮する方法

プリウス65カ月と逸品研究会

2018-02-13 15:01:26 | 品質計量管理
今月もプリウス65カ月の状態は良好である。

今年は寒波が厳しいので、当然燃費もよくない。

度々3Dプリンターと比較するが、最近の3Dプリンターは安定して稼働している。

使い方に慣れてきたためであろう。それに、ヘッドを高精度ように取り換えた。

19800円の3Dプリンターを購入した友人が作品を送ってくれた。

まずまずの作品である。サンプルデータであるから当然である。

しかし、19800円でとにかく形ができるので3D生産方式は従来とは異なるもの作りの可能性がある。

西尾の逸品研究会に5年参加させていただいて、すこし成果が出たので2月の研究会で発表させていただいので、当日参加できなかった方もあるのでアップする。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« データ不正とデータの品質 | トップ | データの不正使用を防止する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

品質計量管理」カテゴリの最新記事