株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

「驚くべき日本語」 「戦前の植民地化時代、日本語は『世界共通語』になる可能性があった」 

2014年04月19日 | その他
 

ロジャー・パルパバース著 「驚くべき日本語」 「戦前の植民地化時代、日本語は
『世界共通語』になる可能性があった」 22世紀には日本語が世界の公用語になる


2014年4月19日 土曜日

驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書)


◆カスタマーレビュー

本書は「商品の説明」(このページの上の方)にあるように、「全く異なる文化的背景から生まれた4ヶ国語を完璧にマスターした外国人作家」による、日本語論である。本書で言う“日本語論”とは、著者がその履歴の中(「ほぼ半世紀を日本で過ごし」たという経歴:巻末著者略歴より)で抱いてきた日本語の本質、換言すれば母国語を日本語としない外国人が観る日本語の素顔を、積極的な姿勢で展開するものである。著者の右論述の前提には、日本語は日本人だけの暗号でも、曖昧な言語でも、外国人が学ぶに困難でもないという基本姿勢がある(8~9頁)。

著者の右日本語論は、基本的にネイティブである日本人が往々にして抱く“日本語は(外国人にとっては)習熟が難しい”という観念の否定にあり、決して難解ではなくて、むしろ「リンガフランカ」(「世界言語」:62~64頁)に成りうること、語尾の変化(置換)で微妙な相違を表現できること(以上第2章)、宮沢賢治などの作品を引用参照しつつ、語彙が単純でも擬声語・擬態語・擬情語が豊富で微妙な文章表現が可能なこと、オノマトペによる格変化が不要で単純なこと、自由な切り出し・省略が可能なこと(以上第3章)、外国語(特に英語)との対比において積極的評価を与え、加えて日本語学習は決して難しいものでなく、言語としてその視覚的・音響的効果面から「美しい」こと(第3章)などを考察する。第4章には一部歴史認識の問題も感じられるが、「世界言語」としての日本語の可能性、その理由などにも言及する。

かかる日本語論には、著者独自の宮沢賢治作品への傾倒ぶりが窺われ叙情的な筆致も否定できないが、外国人ならではの視点、例えばオノマトペ、擬態語・擬声語・擬情語の豊富さなどに対する詳細な観察が垣間見え、日本語の利点・表現の精緻さの強調には説得力がある。但し著者の言うところの、日本語が「時制や動詞の変化がきわめてシンプル」(71~75頁)とするのは解るのだが、「語彙が少ない」(75~80頁など)と言うのは疑問がある。著者は右論述で動詞の「(結婚)する」の日本語と英語の“表現”例を挙げているが、確かにその点では「する」の日本語表現のバリエーションは単一的と言えるだろう。しかしそれは「語彙」の問題と文脈としての「表現方法」とを混同しているようにも見える。

英語の“私”(代名詞)は“I”しかないが、日本語では“私”、“俺”、“僕”、“朕”、“みども”、“われ”、“手前”、“自分”など枚挙にいとまがない。この辺りは何をもって語彙の多寡を論ずるかであり、相対的な問題かと思う。全体として成る程と思わせる面白い日本語論であるが、著者が「ほぼ半世紀を日本で過ごし」てこれほどの日本語に精通しているのに、本書には「訳者」がいること(原文が日本語でないこと?)の説明がないことが疑問ではある。


◆日本語とは、曖昧で非明確、「省略」が多く、非論理的で直感的な言語であり、外国人にはしょせん理解不可能な言葉。
 おそらく日本人の多くは、日本語をなかば、意識的無意識的に、こんな風に感じているのではないだろうか。
 しかし、著者は「非日本人」の視点から、ある意味、優越感と劣等感がまじりあった、この日本人の日本語に対する複雑でお決まりの「先入観」を見事にくつがえしてみせる。
 思えば、これまで、日本人による非アカデミック、あるいは、外国人言語学者をふくめたアカデミックな立場からの日本語論は無数にあった。
 でも、不思議なことに、日本語を、一般的な「非日本人」の立場=世界という「外側」から捉えた日本語論は、おそらく本書が初めてではないだろうか。
 タイトルはもちろんだが、帯に謳われている「日本語はなぜ『世界共通語(リンガ・フランカ)』にふさわしいのか。」というキャッチは、そんな日本人にとってはきわめて刺激的で、読む前からワクワクさせられる。
 事実、その期待を裏切らず、本書で著者が主張する「日本語のすばらしさ」の数々については、まさに「目からウロコ」なことが多い。
 著者の経歴や本書の主な内容は他のレビューに書かれているので詳述はさけるが、個人的に特に秀逸だったのは、第一章の「言葉とはなにか」で語られる、「言葉とは『コミュニケーション』の道具であると同時に(というより、むしろ)、自己の集団とよそ者の集団とを区別するための『暗号』として発達した」という視点。
 そして、後半で語られる、「戦前の植民地化時代、日本語は『世界共通語』になる可能性があった」という視点と、「それがもし現実になっていたとしていたら、日本語はどうなっていたか」という仮定をもとに、日本語の「世界共通語」としての可能性と妥当性を論じていくくだりである。
 これまでのアニメや和食はもちろん、いまや「AKB48」や「パーフューム」「きゃりーぱみゅぱみゅ」など、日本人にはきわめて「日本的」であると思われながら、でも、だからこそ世界からは自分たちの文化からは生まれえない、きわめてユニークな文化として、彼らが世界で高く評価されつつある。そして、おもしろく、かつ驚くべきことに、アジアやヨーロッパの彼らのファンたちにとって、日本語が、「同じ価値観を共有する仲間」であることを示すために必須の「共通言語」として広まりつつある。
 つまり、日本語こそが、彼らにとって、強力な「共通のアイデンティ」となりつつあるのだ。
 そんな、現在進行している新しい日本文化と日本語の、世界への影響を想定しながら本書を読むと、著者の主張はいよいよ説得力を増してくる。
 この本は従来の「日本語論」本とは一線を画し、疑いなく、わたしたち日本人にとって、非常に貴重な多くの発見と新たな気づきを与えてくれる、画期的な本である。


(私のコメント)

ウクライナ問題を考えるうえで、ロシア人とウクライナ人の違いは何なのかが問題だ。元もとはロシア人もウクライナ人も同じ民族であり同じ言語を話していた。ウクライナに住む人も自分がロシア系かウクライナ系かを分けるのは言葉だけで、ロシア系かウクライナ系かを分ける事はナンセンスだ。

ロシア語とウクライナ語の違いも、ウクライナがヨーロッパに近いので言葉も影響を受けて違ってきた。だからロシア系住民かウクライナ系住民かは言葉の違いだけで、ウクライナ政府はロシア語を公用語から外そうとした。つまり言葉の違いが民族を分ける目安になっている。

民族の違いは、人種よりも言語や文化の違いの方が問題であり、ヨーロッパでも人種は同じでも言語の違いで国が分かれている。東アジアでも日本人も韓国人も中国人も人種的には同じでも、話す言葉の違いで国が分かれている。中国は多民族国家であり、言葉も全く違うが北京語で統一しようとしているが、ロシアもロシア語で統一しようとした。

世界には主な言語だけで6500種類もあるという事ですが、グローバル化の流れで言語は次第に統一されていくのでしょう。しかし何語で統一されて行くのかは分かりませんが英語が有力候補出る事に間違いはない。国際会議などはヨーロッパでも英語が使われるようになり、ドイツ語もフランス語もかつての勢いはない。

ドイツもフランスも世界から留学生を集めるのに苦労しているのはドイツ語やフランス語が世界的でなくなって来たからであり、学術論文などは英語で書かれないと学会で認められなくなってきている。医学や化学なども英語が分からないと最先端の技術が学べなくなってきている。

だから日本でも英語を公用語にしようという政治家が後を絶たない。企業でも社内の公用語を英語にしようという企業も出てきましたが、はたして成功するだろうか? 日本人と中国人と話をするのに英語で話をして意味が十分に伝わるのだろうか? 日常レベルの話なら問題はないだろうが、高度な専門分野の話はどちらも専門家でなければならない。英語が出来れば専門レベルの話が出来るようになる訳ではない。

問題はこれからの日本語がどうなるかですが、アイルランドや南アフリカのように民族語が廃れて英語が母国語になるのだろうか? 英語がはたしてそれだけの実用性に優れた言語なのだろうか? 日本人は中学生から大学生まで10年間にわたって英語を学びますが、英会話一つできない程難しい。

戦前は、日本に中国や韓国やアジアから多くの留学生が集まり、現代では中国語も韓国語も専門用語は日本語が使われている。戦後はアメリカから英語がどっと入ってきましたが、カタカナ英語として定着している。しかしカタカナ英語は日本語でありアメリカ人に話しても通じない。

欧米語をはじめとして世界の主要言語のほとんどは表音文字であり、発音が違って来れば意味が通じなくなる。日本語は中国語のように表意文字が使われているから発音が違っても文字にすれば意味が通じる。つまり世界語にしても発音は違っても文章の意味が通じる言語は世界語になる可能性があるという事だ。

中国語は漢字だけだから、表音文字を取り入れる事は難しく、日本語のように表意文字と表音文字が混ざった言語は日本語だけだ。場合によってはアルファベットも日本語に加えれば欧米人にも読める日本語が出来るのではないだろうか? 漢字を覚えるもの英単語を覚えるのも同じだと考えれば、英語も日本語も難しい事に違いはない。その問題はコンピューターを使う事で解決するのではないだろうか。


ジャンル:
その他
コメント (30)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 冷戦体制の復活は、アメリカ... | トップ | 韓国の独立の指導者たちが本... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Re 22世紀には日本語が世界の公用語になる (目的はいかに日本国民自ら金を出させるか。なんです。)
2014-04-19 15:49:45
英語公用語化。移民毎年20万人受け入れ政策。TPP=戦略特区。ウォール街投資家の為の日銀金融緩和。アメリカ本土で飛行できない米製オスプレイを日本全土で飛行できる様にする。郵政民営化株式上場350兆円ユダヤに差出し。。。。。安倍って売国奴じゃん。
TPPで“裏取引” 米国だけが得する「混合診療」の拡大 (Unknown)
2014-04-19 15:53:33
■金持ち優遇病院が生き残る


 医薬情報研究所「エス・アイ・シー」の情報部門責任者で、薬剤師の堀美智子氏が言う。
「混合診療を拡大すると、利益を追求して自由診療をたくさん行う病院ほど儲かり、保険診療を重視する病院は経営が苦しくなります。医療格差が広がり、皆保険制度が崩壊し、カネ持ちを優遇する病院が生き残るのです。極論すれば、貧乏人は治療を受けるなということ。古くからの議論で、混合診療の拡大がことごとく見送られてきたのはそのため。それなのに突然、議論が進んだのは、TPP問題が影響しています」


 TPPで混合診療に関係するのは米国だ。
「混合診療の拡大で自由診療が広がれば、民間保険の重要性がテーマになります。米国の狙いは、そこです。米国は民間保険が中心で、TPPでは保険分野で日本に圧力をかけています。がん保険の規制緩和により、米国企業の進出を許したときと同じで、混合診療の拡大は米国の保険会社を儲けさせるだけです。<海外の効果的な抗がん剤が使える>とPRして混合診療を拡大すれば、表向きTPPの議論で米国に屈したようには見えないし、国の医療費負担は減るかもしれない。しかも、保険で米国に恩を売り、農業分野で米国の譲歩を引き出せれば…。今、混合診療拡大の検討に入るのは、そうした政府の都合があるのです」(堀氏)


 がん保険のシェアは、米資本のアフラックが7割を握る。安倍首相は、国民の命を米国に捧げる愚策を成長戦略なんてぬかす。売国奴もはなはだしい。
韓国では乗客を置いて真っ先に脱出した船長。 (Unknown)
2014-04-19 15:55:30
日本では国民を置いて真っ先に逃げ出した東電の役員。
ガラパゴス化 (海外体験者)
2014-04-19 17:29:14
日刊ゲンダイ|世界の記者ドン引き 安倍首相の“友達”長谷川氏の英語講演
http://gendai.net/articles/view/news/149545

最近の日本は、日本だけしか通じない話しをするので、外国人がドン引きです。
世界の常識を知らないと、外交で大失敗します。
Unknown (Unknown)
2014-04-19 17:32:22
韓国の新聞や雑誌記事にそっくりな論調ですな
李小牧 日本国籍取得へ そして政治家へ (tokyo eye)
2014-04-19 18:34:58
来日26年目で発見した日本人の大きな変化

2014年04月14日(月)09時00分

今週のコラムニスト:李小牧

〔4月8日号掲載〕

 前回のこのコラムで、私は日本国籍を取得して政治家への道を目指すと宣言した。想定外の内容に「歌舞伎町案内人の冗談に違いない」と、本気にしなかった読者もいるだろう。

 私は合法と非合法が入り交じる歌舞伎町を、時にハッタリを使いながら26年間生き抜いてきた。だが肝心な場面でウソを言ったことは一度もない。帰化申請書類を提出するため、最近は法務局や行政書士の間を飛び回っている。今のところの見込みでは、日本国籍を取得するまで最低でも1年はかかる。

http://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2014/04/26.php
東アジアでも日本人も韓国人も中国人も人種的には同じでも、話す言葉の違いで国が分かれている。←まったくその通りだよ (Unknown)
2014-04-19 19:28:50
といいたいところだが、
しかし、それを言い出せば、
全人類は、ホモ・サピエンスという同じ種であるというのと等しくなって来る。そういう「極論」がまかり通ってしまうだろう。

「世界一家人類皆兄弟」とでもいうべきか。

そういえば、
宮澤賢治は、「八紘一宇」を掲げる「国柱会」に終生入っていた。
宮澤賢治の解釈によれば、「八紘一宇」とは、「世界一家人類皆兄弟」ということを意味している(らしい)。

しかし、それは「机上の空論」であり、

欧米人が「日本人と韓国人と中国人って、言語や国や習俗が違うだけで、人種は同じなんだよ」というのと全く同じ。

本当に、人種が同じだ!で通ってしまうのなら、

経団連や、その「手先政治家」の移民受け入れ1000万人計画、移民立国計画も、
中国人も韓国人も、「反日」であっても、日本語が出来れば、移民を受け入れるという「狂気」が肯定されてしまう
だろう。

そんな欧米人が考えているような、人種観念では、日本は、亡国の憂き目を見るだろう。
(来年2015年に日本は亡くなっているんだな)

それゆえに、
私は、地球市民などとほざく創価学会こそが、日本及び日本人の「敵」であり、「国体」を破壊する最たるものであると、長年創価学会批判を続けて来たのだ。

創価学会に、宗教税を課すだけで、消費財を上げる必要
はなかっただろう。

Unknown (Unknown)
2014-04-19 19:41:14

ロジャー・パルバース氏は、ご自身がユダヤ人であることを公言されていますね。

Unknown (にこりん)
2014-04-19 19:56:22
22世紀はウェアラブルコンピュータが自動翻訳してくれる世の中となる。
なので、どの言語を選ぶかは個人の趣味の問題。
とは言え、高等教育をカバーできる語彙を持った言語が選択されることになるだろうね。
日本語は、趣味使いにはなかなか良い言語だと思うのだけど、どうかな。
Unknown (shiina)
2014-04-19 20:16:39
やっぱりトラさんこの本を取り上げると思っていました。

日本人が英語を話せるように仕掛けているのは、日本に住みたい奴が大勢いるということ。自分が苦労せずに日本に住み着こうと考えているから、国際語だと煽ってだましているわけ。

しかしなぜ、日本人が英語が話せないかというと、日本語と同じ感覚で話そうとすると、どうやって話したらいいのか途端に分からなくなる。

ところが、日本人が幼稚園児に話そうと思って英語をしゃべると、あーら不思議、英語がそれなりに話せるんですね。要は英語には微妙なニュアンスが単語には全く含まれず、抑揚や強弱でだけで違いをあわらしているんですね。幼稚園児に話す場合は、それほど相手に対して気を使ったりせずに、子供が分かるように簡単な言葉でしゃべりますよね。

英語とはそういう、言語なんです。
日本人からすると幼稚園レベルのコミュニケーションしかとれないんですよね。

日本人からして、よくこれで大人のコミュニケーションがなりたつなと考えさせられてしまうほどです。

なので、ホワイトカラーの生産性が低いというのも全くの嘘、でたらめ。

日本のコミュニケーションレベルが繊細すぎて、その繊細さで相手と協調しようとすると、それなりにプロセスが必要になり、シンプルじゃないということ。

なので、英語はコンピュータになじみやすい。逆に言うと、コンピュータが進化すると人間の代わりになり、人間が必要となくなる。よって英語しか離せない奴は近い将来、コンピュータに取って代わられてしまうと思いますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

NATO軍司令官「ロシアの指示による軍事作戦だ」 (東京の郊外より・・・)
17日、NATO軍最高司令官のBreedlove米空軍大将が自身のブログで、ウクライナ東部での「親ロシア武装勢力」による政府機関等の襲撃・支配について、「ロシアの指示による組織的に計画された軍事作戦だ」と指摘