株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

ブラック企業における非正規社員の集団離職で、大量の一時閉店が相次いでいる。

2014年03月28日 | 経済
 

ブラック企業における非正規社員の集団離職で、大量の一時閉店が相次いでいる。
ユニクロのパート社員の16000名の正社員化は、大量離職を防ぐための防衛策


2014年3月28日 金曜日


ワタミ、居酒屋の1割閉店…離職率の高さ改善へ 3月28日 読売新聞

居酒屋大手のワタミは27日、店舗での労働環境改善のため、2014年度中に運営する約640店舗の約1割にあたる60店舗を閉鎖する、と発表した。

閉鎖する店舗で働く約100人の正社員と約670人のアルバイトを、近隣の他店舗に異動させ、1店舗あたりの人員を増やす。

 離職率の高さなどから設置した外部の有識者委員会が今年1月、改善を求めていた。



ユニクロ、"パート正社員化"へ2度目の挑戦 3月24日 東洋経済

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、国内のユニクロ店舗(2013年11月末856店舗)で勤務をする全パート・アルバイト約3万人の半数以上に当たる1万6000人を正社員化する方針を打ち出した。

?国内ユニクロ店舗で、販売員の主力となっている主婦などの1万6000人を対象に、転勤を伴わず長期にわたって働ける「R社員(地域限定正社員)」にするというもの。女性のワークライフバランスも考慮し、長期的な人材の確保や生産性を向上させるための人事制度改革だという。



(私のコメント)

20年続いた日本のデフレ不況は、正社員を首にして非正規社員に切り替える事によって企業は内部留保を貯めこんで、幹部社員の賞与や株式配当などに振り向ける傾向が高くなってきた。若い労働者の就職難が20年も続いてきたのだから、非正規社員や派遣で安く使っても代わりはいくらでもいるから多くの企業はそうしてきた。

円高で国内製造業は海外に移転して、事務職もOA化で少ない人数で済むようになった。これで若年労働者の職場が減ってきて、派遣労働や非正規社員でしか働けない状況が定着してきました。このような状況で業績を伸ばしてきたのが一連のブラック企業ですが、アベノミクスによる景気の回復で労働環境が激変しているようです。

特に建設業は、仕事があっても建設労働者がおらず仕事が請け負えない建設業者が続出している。私の住んでいる地域を見ても、今まで駐車場だった所がビルを建て始めている所が4か所もありますが、これはバブルの最盛期でもなかったような光景です。これだけビルラッシュが続けば建設業界は人手不足にならない方がおかしい。

人手不足は建設業界のみならず、大手外食チェーンなどに広がっているように、ワタミやすき家などが人手不足で大量の一時閉店が起きている。ユニクロなどもパート社員の正社員化で人手を確保しようとしていますが、明らかに労働環境が変わり始めている。労働者を確保できなければ経営規模を縮小するか賃金を上げて正社員として採用しないと人手は集まってこない。

私の経営するビルでも、袖看板の大規模改修工事が必要になったのですが、工事を依頼しても一か月以上も先になるという状況であり、景気が回復してきたことで看板工事も増えているのだろう。20年に及ぶデフレ不況は賃金の低下をもたらし、正社員から非正規社員への切り替えが進んだことによる影響だ。正社員に比べると非正規社員は賃金が半分以下に出来るし首にも何時でも出来るようになる。

本来ならば、団塊の世代が大量に退職する時期でもあるのですが、その穴を企業は非正規社員で間に合わせている。しかし非正規社員は技術の蓄積もなく会社への忠誠心も無いから状況が変われば、一斉に大量に辞めて行く。その結果すき家やワタミのように大量の店舗を閉店や一時閉店せざるを得なくなっている。建設会社でも熟練技術者が居なくて工事を請け負えない状況になっている。

社員を安易にリストラしてきたつけが回ってきたという事ですが、海外に移転した工場なども円安が続けば、海外で生産するよりも国内で生産したほうが採算に合うようになるだろう。自動車でもタイから逆輸入した国内メーカーがありましたが、国内で生産したほうが品質も良くコストも安くなる時が来るだろう。

90年代から続いた円高は人為的なものであり、アメリカはドルを刷りまくって世界にばら撒いてきた。ドルを安くする為よりも景気対策の為なのでしょうが、アメリカの景気対策とは株高の事であり、株価が下がりそうになるたびにFRBのグリーンスパンは金融を緩めてきた。世界にばら撒かれたドルは値下がりしない円に買いが集中した。

円高ドル安は当時のアメリカの通貨政策であり、日本からの輸入を抑圧してアメリカの競争力を高める事でもあったのですが、円高でも日本からの輸入は少なくならなかった。日本も対米黒字を減らすために韓国や中国へ工場を移して輸出するようになり、それが20年も続いてGDPは停滞してデフレ不況を招いてしまった。

日本の異次元の金融緩和に踏み切る事で円は1ドル=75円から105円まで30円も安くなりましたが、日本からの輸出は増えずに20ヶ月も貿易赤字が続いている。家電製品すら完成品を中国から輸入して流れが変わらない。中国に工場を建設したら投資額を回収するまで十数年もかかるからすぐには工場を戻せない。

だから多くの若い労働力を吸収してきた製造業は空洞化して、若い労働力は余り、ブラック企業は若い労働者を非正規社員や派遣やパートとして使ってきた。しかし円安は徐々に国内産業を活性化させてきて建設業やサービス業などは若い労働力不足を招いている。円安は海外との労働力単価を引き下げて国際競争力がつくからであり、だからアメリカも中国もドル安や人民元安政策をしてきた。

円が安くなる事は輸入品が高くなる事であり、国産品の方が価格競争力が付き利益も出るようになる。しかし多くの輸出産業は工場を海外に移転させてしまったから、なかなか流れは変えられない。しかしパソコンなどは国内に工場を移転させて作られるようになり、携帯電話やスマートフォンなども国産品が優位になって行くだろう。今までの円高が異常だったのだ。

ジャンル:
経済
コメント (36)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 若者たちをつき動かしている... | トップ | もう一段の円安が、輸出や設... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Nevadaブログについて (Nevada鷺)
2014-03-28 14:05:49
以前にもあったがNevadaからの引用は止めた方がいいかと思われます。自分で勝手に金貨の鑑定をして、将来は必ず上がる、あるいは不安を煽りまくって金貨を買わそうとしている鷺さんの仲間のような商売をしています。株式日記様におかれては片棒担ぎになるような行為は止められることをお勧めします。2654
Unknown (Unknown)
2014-03-28 14:09:38
>しかし円安は徐々に国内産業を活性化させてきて建設業やサービス業などは若い労働力不足を招いている。

それなら増税する必要はない。
消費税だけでなく、以下のように盛り沢山。

■消費税
 → 現在の5%が、2014年4月から8%に。
   2015年10月にはさらに10%まで増税予定。

■公的年金支給額
 → 2014年4月分(6月支給)から0.7%減。

■高速道路料金
 → 2014年4月、料金制度変更に伴い、割引制度が大幅縮小。

■地球温暖化対策税
 → 2014年4月、ガソリン1リットルあたり0.25円増税。

■個人住民税
 → 2014年6月から10年間、年1000円を上乗せ。

■厚生年金保険料
 → 現在の17.12%が2014年10月から17.474%に。
   その後、2015年10月には17.828%、2016年10月には18.182%に。

■所得税の最高税率
 → 現在の40%が、2015年から45%に。

■相続税
 → 現在の最高税率50%が、2015年1月から55%にアップ。
   基礎控除額も大幅減(法定相続人の数により額は異なるが、
   1人の場合は6000万円→3600万円に減)

■贈与税
 → 現在の最高税率50%が、2015年1月から55%にアップ。

■軽自動車税
 → 現在の年7200円が、2015年4月以降の新車から10800円に。
Re 今までの円高が異常だったのだ。 (ヒソカ)
2014-03-28 14:31:15
今、ガソリンが高いんだけど、円安で高いんじゃなくて、ガソリン税に問題があるんだね。
原発ゼロでも全原発稼働でも将来の電気料金に大差はない (Unknown)
2014-03-28 14:33:51
政府や経済・産業界は、「原発をゼロにすれば電気料金が2倍になる」と言って危機感をあおっています。しかし、この主張にはごまかしがあるのです。



その主張の根拠となっているのが、政府が2012年6月に示したエネルギー・環境会議の資料です。



そこでは、2030年に原発依存度を「ゼロ%」、「15%」、「20~25%」の3つのパターンに分け、「ゼロシナリオ」、「15シナリオ」、「20~25シナリオ」を描いています。福島第一原発事故前の2010年の原発依存度は約26%ですから、「20~25シナリオ」というのは、全原発稼働とほぼ同じ状態と言えます。その中で、2010年の家庭の電気代1万円/月に対して2030年にはいくらになるかを4つの機関が試算した結果を載せています。その試算結果をまとめたものが下のグラフです。http://www.qool-shop.com/genpatu_denkidai.html
「アベノミクス日銀の異次元金融緩和を始めたときが、日本が崖から飛び降りたとき」  ジム・ロジャーズ (Unknown)
2014-03-28 14:38:06
「安倍氏は、大惨事を起こした人物として歴史に名を残すでしょう。

これから20年後に振り返ったとき、彼が日本を崩壊させた人物だと、みなが気づくことになるでしょう。

アベノミクスには三本の矢がありますが、三本目の矢(民間需要を喚起する成長戦略)は、日本の背中にやってくるでしょう。そして、日本を崩壊させることになるでしょう。

紙幣を刷ることと、通貨価値を下げることで経済を回復させることなど絶対にできない。長期的にも中期的にでさえも無理です。
ただ、ひたすら借金だけを積み重ねる手法は過去に機能したことはありません。
安倍が日本を終わらせるような壊国政策を展開しても (安部内閣=ただの拝金選民思想既得権益なだけなんです。)
2014-03-28 14:42:17
安倍さんがまし」
「安倍さんを信じよう」
「安倍さん以外に誰がいるの」
「安倍さんの真意は他にある」

ばかじゃねーの。キチガイども。
年間20万人の移民を入れるなどというニュースが流れたあとも、安倍を支持しつづけているあんたたちの正体は一体何なんだよ。 (Unknown)
2014-03-28 14:43:43
公安監視組織統一教会の信者です。日本に50万人います。
アジア競争力ランク:韓国2位、日本7位、中国9位 (リサ)
2014-03-28 14:46:07
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140328-00010003-cnpress-nb
2014年3月27日、ボアオ・アジア・フォーラム研究院が、2013年のアジア競争力報告を発表した。

 最新報告では、シンガポールが、現在アジアで最も高い経済的競争力を持っていると評価されている。
 経済競争力第2位となったのは韓国。第3位は香港。4位は台湾。今回ランキングではアジア四小龍が上位4席を占める結果になった。
 5位はニュージーランド、6位がオーストラリア。日本は第7位であった。
 以下10位まで、イスラエル、中国、バーレーンの順番となっている。

>日本は韓国に負けています。このままでは将来日本はフィリピン、ベトナム、インドネシアにも負けるでしょう。
Unknown (Unknown)
2014-03-28 16:07:39
社長とか経営者になったら、ゼンショーでもワタミでもその他ほぼ、そういう方向で経営するんじゃないでしょうか。社員の福利厚生メインで経営する会社って、その分の経費が商品価格に反映されて高くなりますし、客はそんな高いもの買わないし、つぶれていきますよね、そういういい会社から。

小売と飲食業が覇権を狙うというのはあまりオススメできない
家族経営でない飲食・小売ってその時点で人件費的に大変

本来飯屋なんてこれだから経営できるわけですよ。

「渡鬼 こうらく」
pic.twitter.com/EgJWl8o3No



Re 年間20万人の移民を入れるなどというニュースが流れたあとも、安倍を支持しつづけているあんたたちの正体は一体何なんだよ。 (ビルマの竪琴=ワタナベ 統一教会右翼に騙されるな。)
2014-03-28 16:09:41
金もらってるの。 安部支持のネットブロガーなんて信用するな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

腐敗した司法制度を放置し続けなければならない無念さ (異常な日々の異常な雑記)
袴田事件の再審開始決定、釈放へ 証拠「捏造の疑い」 朝日新聞 日本の司法制度は中世並み、ということは何度でも確認しておかなければならないことだな、と更に確認させられるようなニュースですね。 最近だと遠隔操作ウイルス事件の片山祐輔氏が記憶に新しいとこ...
韓国は救い難い国である (インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ)
 ハングル語で挨拶といったパフォーマンスする安倍首相と、取り繕ったような”作り笑い”でそれに対する韓国・朴槿恵(パク・クネ)大統領。その背後でまるで彼らの”背後霊”のように突っ立っているアメリカ・オバマ大統領は間抜けそのものだ。  最近のアメリカは米...
Googleが国防予算での開発を回避 (東京の郊外より・・・)
最近Googleでは、元Android責任者であり現在「Google X」所属のアンディ・ルービン氏率いる「Robotics Projects」が、次々とロボット関連企業を買収して話題。でもGoogleが国防予算での開発を回避