株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

約束違反としてトランプは北朝鮮にミサイル攻撃をすることができる。その機会をトランプはまっています

2018年07月14日 | 外交

こういうことが顕在化すればなんの遠慮もなく約束違反としてトランプは北
朝鮮にミサイル攻撃をすることができる。その機会をトランプはまっています。


2018年7月14日 土曜日

金王朝は消えてなくなる 7月11日 中韓を知りすぎた男

6月12日にシンガポールで開かれた米朝首脳会談は「トランプの敗北」
「金正恩の勝利」と総括する評論家が圧倒的に多い。

会談における主要な課題は「北朝鮮の非核化」と「北朝鮮に対する体制の保証」
でした。日米が主張してきた「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)
が具体的な道筋などについては触れられていない上に、合意内容が文章化さ
れていない事をさして多くの評論家は「金正恩」の勝利と位置づけています。

それでは何故、トランプはこのような曖昧な内容の文書に合意したか?

トランプ氏は過去の大統領とは全く異なる人物です。思考が政治家ではなく
ビジネスマンの感覚で思考しています。つまり契約内容がCVIDの具体的な
道筋まで踏み込めば、シンガポールでの米朝首脳会談が不調に終わる。そう
なれば首脳会談の結果を世界は「失敗」と受け止めてしまいます。

だから金正恩が喜んで一発でサインをするようにCVIDの具体的な道筋など
について契約書にはあえて載せなかった。「北朝鮮が朝鮮半島の完全なる非
化に向けて取り組む」とするのみにした。

これで喜んだ金正恩は「体制の保証」を約束させ、非核化の中身は懐に秘め
たまま文在寅と示し合わせて、米国の軍事力まで封印することに成功しました。

しかし金正恩の体制の保証や米軍の軍事力の不行使は、完全なる非核化を
実現した時に彼の希望通りになりますが、過去のように北朝鮮が約束を内緒
で、反故にすれば米軍のミサイルが雨あられと北朝鮮の本土に降り注ぐことに
なります。実はトランプの狙いはそこにあります。


トランプは記者会見で、CVIDについて「話をしたが書いてないだけ。これ
は完全な非核化ということであり、検証されることになる」とのべています。
個人と個人の契約なら文章が全てであり「言った言わない」はなんの効力も
ないが、しかし記者会見で喋ったことは、契約書に載っていなくても各国の
新聞に乗れば、国と国との場合、軍事行動を行っても批判されることはない。

トランプの目的は金王朝をこの地球上からなくしてしまうことです。
だからボルトン大統領補佐官とポンペオ国務長官というタカ派を外交の柱に
据えたのです。

北朝鮮がこれまで再三に渡って約束を反故にしてきた。今回も段階的非核化
によって北朝鮮が時間稼ぎをし、その間に体制を立て直して核ミサイルを開
発するつもりです。そのことは安倍首相の助言でトランプは百も承知です


今回の米朝合意により中国やロシア、そして韓国が制裁の手を緩めはじめて
います。すでに、中朝国境沿いの貿易は以前より活発になっています、韓国も
開城に連絡事務所を設け、開城工業団地の再開準備の動きを示し始めてい
ます。経済制裁が緩和されれば、北朝鮮が非核化を進めなければならない
動機はなくなってしまいます。

こういうことが顕在化すればなんの遠慮もなく約束違反としてトランプは北
朝鮮にミサイル攻撃をすることができる。その機会をトランプはまっています。
在韓米軍の撤退も人質になりえることを避けるためです


日本の評論家は、もし在韓米軍が撤退するなら朝鮮半島の勢力と日本を分
かつ緩衝材は日本海しかなくなってしまう。そうなると38度線から、対馬海峡
が防衛ラインになってしまう。日本にとっては由々しきことだ、日本の安全
保障環境が激変してしまう、といっていますが、

アメリカからすると極東の防衛ラインにおいて韓国は視野に入れていません。
むしろ在韓米軍がいないことで安心して北朝鮮を空爆出来ます。(後略)


(私のコメント)

ポンぺオ国務長官が訪朝して手ぶらで帰ってきましたが、結局米朝のトップ会談は何だったのだろうか。その思惑はトランプ大統領にしか分かりませんが、様々な観測が様々な人によって流されています。金正恩がみすみす核を手放すとは思えず、最初からわかっていたことですが、トランプはそこまで計算していたのだろうか。

金正恩が約束を破ったことが明らかになれば、トランプはどう出るのだろうか。トランプとしてはしばらく大人しくしていればいいと考えているのかもしれない。金正恩は3度も訪中して中国との連携をアピールしていますが、これでトランプは手が出せないと計算しているのだろう。

トランプ大統領は、全くのトップダウン型の大統領であり、気に入らないスタッフをどんどん入れ替えている。傍から見れば大丈夫かと心配になるほどですが、ヨーロッパ訪問でも、かなりの反トランプデモが起きている。それほどトランプ大統領の個性は強烈であり、交渉のやり方は独特だ。

以前にはトランプは弾劾されて失脚するような記事も出たことがあるくらいですが、落ち込んでいた支持率も今では徐々に回復している。トランプはもっぱら中国との貿易戦争に対応しなければなりませんが、ドイツが裏では中国と手を組んでいる。中国はアメリカやドイツのハイテク産業を買収していますが、アメリカは危機感を強めている。

ハイテク産業の中には国防産業も含まれており、アメリカがいかに油断していたかがわかります。アメリカ企業の中にも技術者として入り込んで技術を盗みまくっていますが、それらに対するこれといった手を打ってこなかった。オバマ大統領までは中国は戦略的パートナーであり、それらの動きは容認されてきたのだろう。

今ではアメリカに変わってドイツが技術供与の中心となってきている。今やドイツにとっては自動車産業の生命線であり、高速鉄道もドイツの技術だ。ドイツのロボット産業も買収した。中国をこれだけのモンスターにしたのはアメリカですが、北朝鮮もモンスターにしてしまった。中国を抑えないと北朝鮮も抑えられない。

記事では、「トランプの目的は金王朝をこの地球上からなくしてしまうことです。だからボルトン大統領補佐官とポンペオ国務長官というタカ派を外交の柱に据えたのです。」という事ですが、約束が守らなければトランプは切れてミサイル攻撃をはじめるかもしれない。

北朝鮮は、いつもの通りに合意してそれを破ってもアメリカは経済制裁以上のことはしてこないと見ている。しかし経済制裁してもセドリで抜け穴はいくらでもある。中国がバックについている限りはアメリカは何もできないと見ている。しかしトランプは本丸の中国と経済戦争を始めた。北朝鮮は所詮脇役に過ぎない。

トランプの狙いは、中国の共産主義政権を潰すことであり、ソ連を潰したレーガン大統領を尊敬している。中国が崩壊すれば北朝鮮も崩壊する。ソ連が崩壊して東欧諸国の政権も崩壊したのと同じだ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« いまやドイツでは、中国との... | トップ | 「貿易戦争」が開始されると... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカは韓国企業を乗っとる (satoshi ogma)
2018-07-14 14:49:47
在韓米軍の撤退と米軍による北朝鮮の空爆。米朝戦争により、朝鮮半島は景気が悪化し、これによって韓国企業は、株の支配だけでなく、経営も支配されるのではないでしょうか。
サムスンなどを米企業が手に入れることで、アメリカの生産の復活の一手になります。
そのために (noname)
2018-07-14 15:08:44
>中国がバックについている限りはアメリカは何もできないと見ている。しかしトランプは本丸の中国と経済戦争を始めた。北朝鮮は所詮脇役に過ぎない。

中国に後ろ盾になって貰うために何度か訪中したのでは?
Unknown (八坂)
2018-07-14 21:40:55
>「トランプの目的は金王朝をこの地球上からなくしてしまうことです。だからボルトン大統領補佐官とポンペオ国務長官というタカ派を外交の柱に据えたのです。」という事ですが、約束が守らなければトランプは切れてミサイル攻撃をはじめるかもしれない。

と、思うバカがいるからトランプはボルトンを起用したんだよ。計算されたパフォーマンスだ。感情的なポチには通用するハッタリだが金正恩には効き目がない。

日本の感情的なネトウヨ、奴隷ポチ、アベ信者とは異なりトランプは良く考えている。北の行動も最初から折込済みだ。

事大主義の李氏朝鮮のようなアベ日本は、北より更に格下の脇役だが、お花畑の奴隷ポチは現実が見えない。
Unknown (日本軍も、仏革命記念日パレードに)
2018-07-15 05:34:35
中国「15年間で24兆ドル商品輸入」 米牽制も市場拡大効果は不明

2018.7.14
仏革命記念日パレードに自衛隊も参加 日仏交流160年、河野太郎(55)も観覧
http://www.sankei.com/world/photos/180714/wor1807140030-p1.html

ホンダで1番カッコいいのはNSXよりHondaJetだ!――日本でも受注開始! 最新モデル“Elite”
http://www.sankei.com/gqjapan/photos/180711/gqj1807110001-p1.html
Unknown (Unknown)
2018-07-15 06:09:31
偽アカウント オバマ240万人減

【風情が損なわれないように】優先
城崎温泉、案内板表記は日本語・英語のみ。中・韓語など徹底追放→客激増!!
http://japan1700.blog.jp/archives/10497078.html
韓国副大統領アベ (引用「国民血税3,000億円提供する日露経済協力」)
2018-07-15 09:25:21
>北海道が消滅する策、売国奴の安倍晋三が侵略皇帝・偽プーチンと企むロシアに国民血税3,000億円提供する日露経済協力を批判する声は皆無。マスコミも沈黙する。本当にお馬鹿な日本国民だらけになってしまっている。心配だ。

日露協力は対中囲い込み政策の一部ではないのか?ちなみに北海道が消滅するシナリオは外からではなく内部から外国系企業に土地を買われるのです。

【衝撃】中国が北海道の土地を買い漁る理由を暴露!一帯一路構想に組み込まれた北海道がヤバすぎ!【竹田恒泰×有本香】
https://www.youtube.com/watch?v=3fzWpfrzWLU

中国の一帯一路政策の末端に北海道が位置し中国から北極海へと延びる航路の一部となります。日本を滅ぼすのはロシアではなく中国です。お間違いなきように。
2018/07/15(日) 08:46:53| URL| bou
Unknown (「偽Twitter社」)
2018-07-15 10:01:18
Twitterが偽フォロワー削除 7月13日(金)

Twitterがロックされたアカウントをフォロワー数に含めないようにする仕様変更を行った。これにより、芸能人では柏木由紀のフォロワーが5万人減る、多くのフォロワー数が減少。Twitter予告どおり、13日には多くのアカウントのフォロワー数が減少。

確認できた範囲では、仮面女子の神谷えりなの減少数が最も多く、前日の116.5万人から約45万人減り、38%のフォロワーを失っている。

一方、政党フォロワーは、
自民党で約1300人(減少率0.8%)
公明党で約900人(減少率1.1%)
日本共産党で約200人(減少率0.5%)
立憲民主党で約120人(減少率0.07%)の減少。
フォロワー数の水増しを噂される政党もあったが、各党わずかな減少に留まっている。

企業ではシャープが公式Twitterで「後学のために、『どれくらいフォロワー数が減ったか』を公開しませんか」と他企業アカウントへ呼びかけ。シャープは2289人減ったと報告している。
https://news.biglobe.ne.jp/it/0713/blnews_180713_4603051196.html
米国の中の人は極東に望んでいるのは何か (WIND)
2018-07-15 10:46:55
あまりローカルアジア人にはハッピーな絵は描いていない。

白人社会の中で暮らした人たちなら分かるだろうが、彼らは有色人種を同じ人類とは思っていない。
あるいは脅威と考えている。

この理由は主にイスラム文化圏との壮絶な戦いの歴史が下地にある。クロアチアやオーストリアの歴史を検索してみるがいい。華やかで勇壮で悲惨な戦いの歴史を見ることができる。ただし日本語のは余り無い。ついにはウィーンが包囲されるという憂き目にあっているがこのときは自分達の世界が失われるという危機感はあぅったようだ。

さらに植民地時代に入るとイスラムの脅威は減じた。これは欧州半島がトータルで見てイスラムに対し大西洋へのアクセスで圧倒的に有利だったことが挙げられる。彼らはそして世界には戦争が少ないせいで技術的に文化的に相対的に低いレベルのまま暮らしている人達が大勢いることを知った。連中が選んだのは支配と搾取だった。

ここでブログテーマに辿りつくのだが、欧州白人はチャイナに同じことをした訳だ。自分達の理屈が通じないチャイニーズを力と薬物で支配し植民地化した。ただこれは時間の経過と共に上手く行きそうもないと気が付いた。北京の各国の大使達をチャイナのナショナリストが襲い、日本兵の勇敢な防戦が顕著な戦いなどがあった。辛くも連合軍で切り抜けたがこんなことが繰り返されると利益にならない。ー引いては対話の窓口である相手政府が無い状態というのも非合理的なわけだ。

対話をしていう事を聞く窓口が欲しいー。
これが白人、引いては米国の中の人の思惑なのだ。

いかせんせん。チャイナは自分に都合が悪いと王朝を内外の要因を駆使していともたやすく滅ぼす悪癖文化がある。これはその後の混乱も国内のリソースを使えば元通りに戻るだろう、とう発想による。

しかし現代は科学の時代である。
周辺国は寄り海に接し工業を維持し得る。

米国は自由貿易経済をやめようとしている。

自分達は工業化して自由貿易の様な物流動線が無いと今の状態を維持できない。

失うものが大きくて、かつてのようにガラガラポンができない。と、ようやくここに至っている。

チャイニーズはどう感情が望もうと、もはや対外窓口をコロコロ変えることは許されぬ。ましてや一党独裁の共産党ではなおさらである。

共産党政体のままだと如何に都合が悪いとお判りになるだろう。

つまり米国が望んでいるのは極東騒乱の果てにチャイナが新しい政治体制に移行し、対話ができる社会になることなのだ。

そのために自由貿易を止め、チャイナという要素がない経済社会を組み立てなおし、大陸全体主義と対峙し意を唱えるのである。

ワシントンが東京に求めているのはこの意図をだいなしにするな、ということ。
その以外のことは日本は自国維持のためにする選択肢は色々自由だ、と。
日本の国内でチャイナ討伐のナショナリズムをマスゴミを筆頭にシュプレヒコールを上げ始めたらそれはアンチワシントンの勢力の動きと見て間違いない。あるいは米国の欲するようなかたはめを望まぬとくあの思惑である。

日本はチャイナに併合されぬし、チャイナを滅ぼしもしない。ただ自国の経済を自衛に有効なレベルに維持できるようにリソースを揃えるのが良いだろう。

では米国が欲するような対話可能なチャイナは極東アジア人にしわわせなことだろうか。

これはおそらくそうでもないだろう。食人文化を持っていたり所謂人権など存在しない社会に生きる者達にとっては自分達を否定されるようなものだからだ。

例えば日本は近代化の結果人口を減らした。
良くも悪くも地方の独特の人口維持の仕方などが
非人道的だと人々が選択して非合理的な生き方は
淘汰されてきたのだ。その中で次の世代を残せない
人達は居た。生き方を問われ改めたら、今生きている世代が次の時代を生きる世代を残せない判定が下ってしまった。

日本の言論はこの負の一面をとらえない。
何十年もたってから研究費が欲しい学者が
扱うネタだろう。

チャイナも対話可能になる路線で進むなら
同じことが起きる。西欧的な文化的な人種に
なろうとするなら、淘汰するタイプの個人種を
大勢淘汰せねばならぬ。都市生活を維持しながら
静かに、抑圧的に。

そしていわゆる西欧の求めるその文化的な異人種とはその次に自分達の男達をその社会にばらまき人種を上書きするための前準備に過ぎないのだ。

じつにえげつないのである。
人間が生物でありつづける限りはこんなものだろう。

もっとも生物止めて情報としての存在に移行しようものなら上書きやバグはもっと早く主導権の無い人種を淘汰してしまうだろうけれど。

白人のやることを鵜呑みにしてはいけないのである。
Unknown (Unknown)
2018-07-15 11:56:07
>と、思うバカがいるからトランプはボルトンを起用したんだよ。計算されたパフォーマンスだ。感情的なポチには通用するハッタリだが金正恩には効き目がない。

つまり、金正恩には効き目が無いのに日本人を意識してボルトンを起用したのか。
トランプは日本を最重要視してるんだね。
Unknown (ワラ)
2018-07-15 13:16:12
>日本の感情的なネトウヨ、奴隷ポチ、アベ信者とは異なりトランプは良く考えている。北の行動も最初から折込済みだ。

>事大主義の李氏朝鮮のようなアベ日本は、北より更に格下の脇役だが、お花畑の奴隷ポチは現実が見えない。

現実社会では指差されて嘲笑されているから、ネットでは威張り散らすんだろうねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事