株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

『日本統治下朝鮮の戦時動員 1937-1945』 その「志願制」だったという客観的事実がある

2014年11月02日 | 歴史

『日本統治下朝鮮の戦時動員 1937-1945』 その「志願制」
だったという客観的事実を見てみないふりをしてきたのが韓国


2014年11月2日 日曜日

『日本統治下朝鮮の戦時動員 1937-1945』(草思社)


『日本統治下朝鮮の戦時動員 1937-1945』(草思社)ブランドン・パーマー著

何故”空白”の研究領域となったのか

 本書に「序文」を寄せたマイケル・ロビンソン氏(米インディアナ大学歴史学部准教授)はそのなかで、四十年前に朝鮮研究のテーマを「李光洙」にすると決めたときの韓国人学者の反応について書いています。李光洙は日本統治時代に活動した優れた文学者・思想家ですが、戦後韓国では〝親日派〟の筆頭として槍玉にあがっている人物です。ロビンソン教授が自身の研究テーマについて複数の韓国の歴史学者に助言を仰いだところ、大半の人から「李光洙の書いたものは読んではいけない」、研究の対象にするだけの価値はないと告げられた由。本書の著者パーマー教授が「はじめに」で、「朝鮮における戦時動員の実態は英語圏の歴史文献からは完全に欠落している」、すなわち〝歴史の空白領域〟になっていると述べているのも宜なるかな。戦時動員を含めた統治史研究の分野が、海外の研究者の純粋な考究を阻む環境でありつづける所以の一端が垣間見られるエピソードです。

研究者の前に立ちはだかる壁

 海外の研究者は言語のハンディキャップだけでなく、こうした頑迷な民族感情のハードルをも乗り越えねばならず、さらにその先には、扱う資料(とくに戦後の文献)が史実に即しているか否かを見極めるセンシティブな作業が待っています。本書巻末の「引用・参考文献」に載っているハングル文献を見ると、「日本帝国主義者による非人道的な朝鮮人動員と賃金搾取」『盗まれた国とさらわれた人々』等々、史実よりも「加害者=日本、被害者=朝鮮」の図式を前提とした内容であることがタイトルから容易に察せられるものが大半です。戦後の日本語文献も同様。しかも朝鮮大学校教員・朴慶植氏が一九六五年に書いた『朝鮮人強制連行の記録』のほか数えるほどしかない。ちなみに徴用・徴兵を言い換えて今や広く流布している造語「強制連行」は朴氏の著作で初めて使われたものです。これらを手掛かりに歴史の空白を埋めていく過程は、まことに困難なものであろうと推察されます。

総督府の弱さ、人々の主体的な選択ーー通説とは異なる実相

 パーマー教授はこのような厳しい研究環境のなか、日中戦争・太平洋戦争下朝鮮の戦時動員(志願兵制度・徴兵制度・労務動員=徴用)の実態を検証するという難題に挑み、英語・ハングル・日本語の膨大な資料を読み込み、ときに韓国系米国人指導教授とのあいだで意見の対立を見つつ博士論文(於ハワイ大学)を執筆、その論文をもとに本書を上梓しました。教授のこの研究は日韓のいずれかに与するためのものでないことは強調しておくべきでしょう。すなわち、あくまでも公正な視点からのアプローチだということです。そうやって得られた研究成果から見えてくる実相は、人的資源の育成や戸籍制度の整備が後れていた朝鮮総督府は動員に気乗り薄だったこと、戦況の悪化により動員やむなしとなると、まずは法律をととのえ、実施に際しては朝鮮の人々に協力と承諾を求めたこと、一方、朝鮮の人々は協力するか否かを自らの意思で積極的に決定できる立場にあったことなど、悲惨一辺倒で語られる「動員体験」とは明らかに異なります。ロビンソン教授は序文で、本書を「植民地研究の新しい潮流の訪れを象徴するもの」と評していますが、これを嚆矢として、事実に立脚した動員研究、統治史研究がいっそう進むことを期待してやみません。

ブランドン・パーマー Brandon Palmer

コースタル・カロライナ大学歴史学部准教授。1970年生まれ。97年ブリガム・ヤング大学にて修士号取得(国際関係論)、2005年ハワイ大学マノア校にて博士号取得(朝鮮史)。著書に、ハワイ大学マノア校名誉教授ジョージ・アキタ氏との共著『「日本の朝鮮統治」を検証する 1910-1945』(Japan in Korea:Japan’s Fair and Moderate Colonial Policy(1910-1945)and Its Legacy on South Korea’s Developmental Miracle) 。2014年、同書および本書の研究成果により第1回「寺田真理記念・日本研究賞」(研究奨励賞)を受賞。



「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 10月31日

 韓国近代史の空白領域に挑む少壮のアメリカ人学者の勇気
  強精連行ではなく日本統治下の戦時動員は「志願制」だったという客観的事実

  ♪
ブランドン・パーマー著、塩谷紘訳
『日本統治下朝鮮の戦時動員 1937-1945』(草思社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 いまの韓国は反日一色。真実の研究は「してはいけない」ことになっている。朝日新聞さえ、ついに否定した「強制連行」と「従軍慰安婦」、ついで「性奴隷」をいまも、世界に向かって拡声器のようにがなり立て、大統領は世界を告げ口で行脚している。
 戦時下の動員は、その実態が知らされず、研究文献もなく、つまり「英語圏でも、歴史文献から完全に抹殺されている」と著者のパーマーはいう。
 この韓国近代史の「空白領域」に挑んだ少壮のアメリカ人学者の勇気と努力を称えたい。
 「動員体制」は強制力を伴わない、志願制度であって、戦後の歴史文献がこれら重要なことがらを抹殺し、歴史を改ざんしたことは、いまや明らかであるのだが、その「志願制」だったという客観的事実を見てみないふりをしてきたのが韓国、そして中国も同じ穴の狢ということになる。

 「日本の朝鮮支配は、決して絶対的なものではなかった。まず戦時動員にあたって、朝鮮人民に協力と承諾を求めた」。だから「朝鮮人には協力するか否かを自ら選択する権利があった」という事実が、浮かんでくるのである。
 この真実を韓国は徹底して隠蔽している。
 「植民地朝鮮に関してハングルおよび日本語で発表された研究には、強制動員論に与するものが圧倒的に多い。関連の著作や刊行物は、強制労働、従軍慰安婦、そして朝鮮人搾取にかかわるその外もろもろの問題に焦点を当てることによって、今なお民族史観的パラダイムを流布し続ける。韓国政府は、このパラダイムを広く韓国の大衆に伝えるために博物館や公的記念碑を管理し、「日帝強占下強制動員被害真相究明委員会」や独立記念を含む研究機関、施設を財政面で支援している」ことになる。
 つまりでっち上げの上塗りを韓国は官民挙げて行っているのだ。
 また本書の特色はイギリスやフランスや、列強が植民地で兵隊を強制動員し、戦争では前線で戦わせた事実を対照的にたんたんと検証・比較している。この部分も非常に重要である。


(私のコメント)

日韓の歴史問題になっている従軍慰安婦問題や強制連行の問題など、日韓の食い違いが一向に解決しませんが、事実検証をしても韓国側がそれを認めないから解決しない。韓国人のメンタルとしてはたとえ嘘でも100回言い続ければ本当になるというお国柄だから、パククネ大統領のように世界中に言いふらしている。

日本側は事実検証をして反論して行けばいいのであり、そんなに昔の話ではないから生き証人もいるし物的な証拠もあるでしょう。従軍慰安婦にしても強制連行にしても最近になって問題になったのは、韓国側が学校教育でそのような教育をしてきたからであり、パククネ大統領もその世代だからだ。

韓国側としては「それは嘘でした」とは言えないから、引くに引けない状況に追い込まれてる。韓国の歴史教育が反日の原因になって来たのですが、日本政府はそれを見て見ぬふりをしてきた。むしろ韓国側が日本の歴史教育にクレームをはさんで来ることが多く、教科書問題として外交問題化した。

韓国では歴史記念館などでも、でっち上げられた展示物を展示して子供たちを反日教育していますが、日本政府がこれに抗議する事は無いようだ。中国でも南京大虐殺記念館が建てられていますが、日本社会党がその資金を出している。日本からの修学旅行などでも韓国や中国の歴史記念館がコースに入っているようですが、何も知らない日本の高校生まで嘘の歴史を教え込まれている。

このようになったのも、自民党内でも左翼勢力がいて中国や韓国の言い分を認めさせようとする議員勢力があったからだ。河野洋平とか加藤紘一とか言った人たちであり、日本でも「なんでも日本が悪かった」と言う教育が行われてきて、事実検証はしたくても出来ないような状況だったのだろう。

戦後になって日本の歴史はアメリカ占領軍によって書き変えられてしまったのであり、アメリカに都合の悪い本は回収されて燃やされてしまった。日本は戦闘に負けただけでなく思想までもが取り締まりの対象になり、従来の歴史学者は戦争協力者として公職追放などで学界から追放された。

だから中国や韓国からデタラメな歴史を突き付けられても反論できる歴史学者がおらず、左翼的な歴史学者は中韓の言う事に迎合した。これに対して反論しようとすれば「反省が足りない」と言った非難が浴びせられて言論が封じられてしまった。

1995年には武藤総務大臣が「植民地時代には日本が韓国にいいこともした」と発言しただけで大臣を首になった。自民党内でもそういった状況だから河野談話が出てもおかしくは無く、当時の自民党は親中親韓の中道左派政党であり元共産党員の野中拡務が仕切っていた。

今の自民党も大してかわりがない事は、麻生内閣の時に田母神空幕長が歴史論文が理由で首になった事からも分かりますが、アメリカ政府の思想統制は今でも続いているのだ。その流れが変わり始めてきたのはネットの登場であり、保守派のブロガーが韓国や中国のプロパガンダに反論し始めてきた事で流れが変わった。

朝日新聞が従軍慰安婦報道の誤りを認めたのもネット言論に押されてきたからであり、中国や韓国の工作機関も日本の政治家やマスコミを取り込む事は出来るがネットのブロガーを買収することは不可能だ。その事で中韓は苛立ってきており、ヘイトスピーチで法案を作って言論を封じ込めようとしている。

『日本統治下朝鮮の戦時動員 1937-1945』と言う本はアメリカの歴史学者が書いた本ですが、従来の「強制連行」と言う事実を覆すものであり、韓国では認められない事実が書いてあるようだ。最近では「動員」や「徴用」を「強制連行」と言い換えていますが、これこそ韓国のプロパガンダの証拠だ。また「従軍慰安婦」を「性奴隷」と言い換えて来ていますが、政治的思惑があるからだ。

このような言い換えはアメリカが得意とするところであり、大東亜戦争を太平洋戦争と言い換えさせられてきた。アメリカの外交の「孤立主義」も「不干渉主義」と言い換えれば意味合いがかなり違ってくる。従軍慰安婦などの「性奴隷」言い換えも反日アメリカ人の入れ知恵だと推察できる証拠ですが、「動員」や「徴用」を「強制連行」と言い換えるのも反日アメリカ人の入れ知恵だろう。

黒人を韓国人に入れ替えればそのまま意味は通用するしアメリカ人に理解しやすい。黒人女性を「性奴隷」にしてきたのもアメリカ人だから理解しやすい。このように言い換えるプロパガンダはアメリカの得意とするところであり、日本のマスコミは正式名称である大東亜戦争と言うべきであり太平洋戦争は大東亜戦争の一部でしかない。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカは昨年あたりから本... | トップ | 中国は工場を建設し、安売り... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-11-02 14:36:29
>韓国人のメンタルとしてはたとえ嘘でも100回言い続ければ本当になるというお国柄だから、パククネ大統領のように世界中に言いふらしている。

この”韓国人のメンタル”だが、日本人には理解できない感覚がある。
一例として、下記リンクにある銅像など。

■これ、韓国内の銅像
https://twitter.com/reppivni/status/476334137792425984
Unknown (Unknown)
2014-11-02 14:47:22
>黒人女性を「性奴隷」にしてきたのもアメリカ人だから理解しやすい。

ジェファーソン大統領は、自ら奴隷の黒人女性に子供を産ませていた。
生まれたのはハーフだが、自分の子供としてでなく、殖産すなわち労働資源を増やすため。
訪朝団は大失敗…思惑外れた安倍首相は「拉致」で完全墓穴 (リサ)
2014-11-02 14:48:36
今回の日朝協議は拉致被害者の安否情報が何一つ得られず、完全な肩透かしに終わった。安倍首相は「北朝鮮側から新しい角度から調査を深めていくとの方針が示された」と弁明しているが、これは強がり。内心は、焦りと怒りで気も狂わんばかりだそうだ。

「実質ゼロ回答だった今回の訪朝に、安倍首相も愕然としていると聞きました。かといって、それは絶対に表に出すわけにはいかない。慎重姿勢の外務省にハッパをかけ、希望的観測だけで訪朝団を送り込んだのは安倍官邸だからです。具体的な根拠もなく、官邸が前のめりになったのは、相次ぐ閣僚たちの『政治とカネ』不祥事の目くらましにする思惑だったとみています」(政治評論家の野上忠興氏)

ところが、そんな魂胆は北朝鮮だって、とっくにお見通しなのだ。だから、伊原純一アジア大洋州局長が「(拉致のことは調べなくても)全部わかっているのではないか」と突っ込んでも、「いや、全然わかっていないから、もう1回調べ直す」とあっさりかわされたという。

「大失敗の訪朝に官邸が気をもんでいるのが家族会の動向です。家族会は北朝鮮の術中にはまるような訪朝には慎重姿勢を示してきたし、案の定の結末に飯塚繁雄代表は『もう少し強く出て欲しかった』と不満を漏らした。家族会が安倍批判を始めたら、本当に安倍官邸は持たなくなる。それで、慌てて家族会と連絡を取って『これからを見てほしい』と懐柔を始めたと聞きました」(自民党事情通)

 なんとも締まらない話だが、それもこれも安倍官邸の自業自得だ。

「交渉を始めるなら、今年1月にやるべきだったのです。昨年12月、金正恩第1書記は中国と関係が深い北朝鮮のナンバー2、張成沢を処刑した。習近平国家主席が激怒し、中国はエネルギー支援を制限した。窮地の北朝鮮は日本に接近しようと試みていたんです。このタイミングで安倍首相が北朝鮮に乗り込み、金正恩と直談判していたら、拉致問題は急展開していたかもしれません」(外交事情通)

 安倍首相は得意の「拉致」で、完全に墓穴を掘った。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154628/2

>安倍はもう終わっています。日本も今年までで来年に破綻します。
「イラクの真実」の米著名ジャーナリスト【マイケル・ヨン】慰安婦問題は作り話だ。特定政治勢力の日本叩きだ。米メディアで公表予定  2014年11月01日 (Unknown)
2014-11-02 14:57:29
テキサス親父の親日活動⇒米著名ジャーナリスト【マイケル・ヨン】の韓国戦時売春婦のねつ造暴くレポート近い

>本国回帰を推し進め始めた米
 
テキサス親父の声が目を向けさせた(一役買った)のかね?
http://blog.livedoor.jp/kiriritto/archives/1012741157.html
(抜粋) 「現在の日本ほど人道主義、民主主義、平和主義に徹した国は全世界でも珍しい。米国にとっても貴重な同盟国だ。であるのに米側が慰安婦問題で日本を叩くのは敵性勢力を強め、友邦を弱めることに等しい」

内向きの米回帰、正直報道も回帰か? 一条の光が米国側から差してきた --- (産経)

マイケル・ヨン、全米で知られたフリーのジャーナリストである。

2003年からの米軍のイラク介入で前線に長期滞在し、迫真の報道と論評で声価をあげた。09年からアフガニスタンでも同様に活動し、米国内での知名度をさらに高めた。名前からアジア系を連想させるが、祖先は欧州系、数世代が米国市民。

ヨンのリポートは米紙ウォールストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズや雑誌多数に掲載され、大手テレビ各局でも放映された。「イラクの真実の時」といった著書なども話題を集めてきた。その著名米国のジャーナリストが日本の慰安婦問題の調査に本格的に取り組み始めた。

米国、日本、韓国、タイ、シンガポールなどでの取材をすでにすませた段階で、ヨン氏は「米欧大手メディアの『日本軍が組織的に女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張は作り話としか思えない」と断言。

ヨンはこの趣旨の調査報告をまもなく米国系のメディアで公表するというが、自分自身のホームページでは「慰安婦問題での日本糾弾は特定の政治勢力の日本叩(たた)きだ」とまで断言する。慰安婦問題での世紀の冤罪(えんざい)を晴らそうとする日本の対外発信の試みにとっても、やっと一条の光が米国側から差してきたのだ。
http://www.sankei.com/column/news/141101/clm1411010007-n1.html
中川酒みたいに謎の死で消されないように望む。

中川 昭一(1953年(昭和28年) ‐ 2009年(平成21年)(56歳没)、元自由民主党衆議院議員。位階勲章は正三位旭日大綬章。称号(学位)は法学士(東京大学)。 北海道5区、小選挙区比例代表 ...
>マイケル・ヨン Michael Yon (born 1964)
http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/6/e/6e4d1c8c.png
http://livedoor.blogimg.jp/susi917_4/imgs/6/4/64e223df.jpg
>Michael Yon - Online Magazine
http://www.michaelyon-online.com/
Unknown (Unknown)
2014-11-02 15:00:22
●「真珠湾攻撃、911の真実!連綿と続く米国自作自演の歴史をイタリア国会議員が議会告発!」 

パオロ・ベルニーニ氏26歳1年生議員の国会弁論!
http://www.youtube.com/watch?v=hVFvcfNrjXI
●1分7秒あたりから、真珠湾の罠

アメリカの犯罪国家は明白。 911も311もケネディ暗殺もアメリカの差し金だ。ウソを隠すためにウソを重ねるのもアメリカ。日本の安倍政権もアメリカ恫喝に屈している危険な状況。日本でも著名人が死んでます、殆どが他殺、米の命令下での権力が口封じのためにやったものだと思います。アメリカ、とても恐ろしい国。
>米国が日本の国益を害し続けるなら、ドル基軸通貨体制を破壊すると脅せば良い。 (過去コメ)
2014-11-02 15:05:16
>操作された円安はドル防衛の為 (Unknown)2014-09-18
ドル基軸通貨体制は、円の服従を失えば崩壊する可能性がある。日本を安売りする消費増税道入派は、ドルの番犬だ。
(前段~略)
沖縄から米軍が居なくなれば、即座に沖縄を独立させれば良い。

ロシアを仲介させれば米国に付け入る隙を与えること無く、表向き独立させる事が出来る。独立国沖縄は、国民皆兵となる。トンネルを掘りまくれば良い。海軍、空軍は日本国と裏で協定を結べば良いので、必要ない。その上で核武装させれば良い。戦略核ミサイル潜水艦を沖縄に供与すれば良い。見えない艦隊なので、憲法の枠組み以外の存在だ。表向きは沖縄に海軍は存在しない。日本にも戦略核ミサイル潜水艦は存在しない。それで良い。日米安保は先ず、独立国沖縄が外れる、この間、ロシアを関与させる。シベリア開発が交換条件だ。SLBM技術はロシアから購入すれば良い。米国が弾道ミサイル再突入技術を中国に売り渡した仕返しだ。気にすることは無い。核武装後、日本も安保破棄を宣言する。必要性はナイ。
憲法改正も不要だ。これで、戦争は回避可能だ。資源も確保可能だ。日本に寄生する寄生虫もゆっくり時間を掛けて抹殺出来る。ロシアからエネルギーも購入可能だ。その上で中東和平を働きかける。中国は手も足も出ない。

先に見たとおり、欧州はエネルギーを握られた状態だ。米国の覇権は既に失墜している。但し、ハートランド独裁は良い面ばかりでも無い。米国を生かさず殺さずが良い結果を招くだろう。あくまでパワーバランスを取って中立的に動くことが肝要となろう。グアムに引くなら日米同盟は不要だと断言出来る。ジョセフ・ナイは、逆手に取れば役に立つ人物だ。愚かではないが馬鹿故に。インドと同盟すれば、ディエゴガルシア島の防衛もままならなくなるだろう。無論、シンガポールもオーストラリアも同様だ。ロシアの存在故にG2も維持できないだろう。日米同盟を失えば全てを失う。それが米国の現実だ。日本を安売りするにも程がある
「敵が墓穴を掘っている時には、その邪魔をしてはならない」---ナポレオン? (協賛親日朝青龍)
2014-11-02 15:22:17
無実の他国に虚偽の容疑をでっち上げ、脅迫・告訴する誣告(ぶこく)罪、は「日本10人」が、「半島族2171頭」 ← 217倍のDNA風土病!

・古代百済人=現韓国人では、全く無い!
・古代中国人=現中国人では、全く無い!
・漢字は中国人の発明では無い! 
▼不治の風土病 毎日の如く他人に不正を仕掛けてくる! ⇒ 世界が指定した今年の「世界非難語」 =Don't Korea! = 不正をするな このキムチ・ヤロー!  勝手にパンツに大麻が入る野蛮国?がある 

>知らないのは貴方だけ ⇒ 無実の者に虚偽の容疑をでっち上げ、脅迫、誣告(ぶこく)して来る特亜族とは
 
十数年前、理事や役員が左巻きや朝鮮人の生協に、商品を卸していました。或る時その生協の役員に呼ばれ、お前は内の従業員と結託して商品を横流ししていると、全く見に覚えのないことを言われた。認めれば今まで通り取引してやるが、認めなければ停止だと言われた。認めれば許してやると言うが、認めれば必ず何らかの見返りを要求してくることは、みえみえだった。韓国のパク大統領が、慰安婦問題を認めて謝罪すれば、会談に応じると言っているが、これが朝鮮人の思考回路なのだと改めて納得した。1年後、生協の朝鮮人役員は、市内の水産会社に多額の賄賂を要求したのがバレて退任した。生協は東北地方の県○生協です。 2014/10/29(水) 年金生活者
「竹島の日 2/22」 筑波大学院教授 ⇒ 非韓三原則を提唱 『助けない、教えない、関わらない』 (Unknown)
2014-11-02 15:34:28
悲しき韓国今後もずっと崩壊して行く!
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-968.html

1、(犯カン) ←助けない
2、(犯カン)←教えない
3、(犯カン)←関わらない
4、(犯カン病)←靖国除鮮
>K法則とは 自分たちにはオリジナリティーが一切無い。シナ日本から盗んだものばかり
  ↓      ↓
1.何かをコピーし、
2.若干の変更を加え、
3.名称を変え、
4.自分たちが開発したと暴れる
1)盗む
2)落書きする
3)壊す
4)火をつける
5)対象物の前で写真「これは姦国のものだ」と発症、暴れる!
・・・死刑囚8割 キムチ系
世界中に拡散しましょう! (Unknown)
2014-11-02 15:34:54
米軍慰安婦問題 韓国政府とメディア黙殺も海外メディア動く
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140814/frn1408141641007-n1.htm
韓国で朝鮮戦争後に駐留米軍を相手にした米軍慰安婦の存在がクロー ズアップされつつある。彼女たちは米軍基地の周辺に作られた売春街 「基地村」で米兵の相手をさせられた。こうした基地村での売春は国家によって厳格に管理されており、週に1回、政府直轄の「性病管理所」 で検査を受けることを義務づけられていたという。

検査に引っかかると隔離施設で治療を受けなければならなくなる。治療施設は『白い家』と呼ばれていて周囲には鉄条網が張り巡らされていた。

昨年11月、韓国の国会で野党民主党のユ・スンヒ議員は、 1977年4月作成の「基地村女性浄化対策」と題された政府文書をもとに国の責任を追及した。同文書には朴槿恵(パク・クネ)大統領の父である当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領の署名が入っており、 それによると全国62か所の基地村に9935人の女性が生活していたと記録されている。こうした管理は1996年まで続き、累計すれば10万人規模の女性が国の管理下 で売春を行なっていたとみられている。
>逆に、以下のアンケート/質問は絶対にしません。 (Unknown)
2014-11-02 15:39:49
>「日本は核武装してはいけない」 ← はシナ中共の刷り込み工作の結果の惨状だ ← だからNHKの中に中国のテレビ局が潜入していても不思議はないのだ。

・ウオールストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズ、フィガロの社屋内に新華社通信が存在していますか?

シナ中共は朝日チョンイル新聞、犬HKほか中国シンパのマスゴミ建屋内に新華社通信の事務所を置き、事実上報道検閲し、更にシナ賛美報道を繰り返すことにより日本人洗脳体制を構築しています。例えば、マスコミの手法の一つにアンケート質問の操作があり、世論調査は質問により回答を誘導しています。核武装に関しては以下の質問をします。

・日本の核武装は周辺諸国と無用な軋轢を生むと思いますか?
・平和憲法と核武装が両立すると思いますか?
・唯一の被爆国として、核のない世界を実現すべきと思いますか?
・核兵器を持つと、却って攻撃の対象となり危険だと思いますか?
・原発全廃のコンセンサスが得られつつある現在、核武装は時代に逆行するものだと思いますか?
▼逆に、以下の質問は絶対にしません。
・米国の一部に日本の核武装を支持する人がいることを知っていましたか?
・日本が中国に核攻撃された場合、米国は報復の核攻撃をしないという方針があることを知っていましたか?
・中国の軍事侵略に脅かされるアジア諸国は、日本が中国を抑止してくれることを強く望んでいることを知っていますか? そのためには核兵器は必要だと思いますか?
・日本が核兵器を持った場合、世界は、共産党独裁国家である中国とODAで世界に貢献してきた日本のどちらがより危険だと考えると思いますか? --- 少数民族

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

中国は果たして「国家」なのか? ~習近平「党の軍隊」発言~ (インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ)
 香港学生デモが長期化する中で何かと物議を醸し出している中国であるが、11月2日の東京新聞・国際面に極めて重要な記事が掲載された。とはいえ、当の東京新聞でさえこの事実の重要性に気づいているかは極めて疑問であるが、結果的には記事の展開としては大きな問題提....
F-35:イスラエルが追加購入へ (東京の郊外より・・・)
29日付Defense-Newsによれば、イスラエルがF-35を追加注文する模様です。イスラエルは、F-35共同開発国8ヶ国以外で最初に、FMSでF-35を発注した国です。今回は追加で25機を注文する方向に
安倍政権では拉致問題は絶対に解決しない (インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ)
〔2014年11月1日 東京新聞〕  もうこの際、断言しても構わないだろう。安倍政権では拉致問題は絶対に解決することはできない。安倍首相は拉致被害者家族に対し、土下座して謝罪するべきだ。  私がここまで断言するには三つの理由がある。 ■北朝鮮との交渉は八百長...