株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

日本企業はタイを中心としたASEANに集中投資をして来た。32億人の巨大市場に投資して儲ける

2010年08月23日 | 経済


by CyberBuzz

日本企業はタイを中心としたASEANに集中投資をして来た。
ASEANを中心とした32億人の巨大市場に投資して儲ける。


2010年8月23日 月曜日

タイは、アジア地域32億人巨大市場の中心になろうとしている。
(NHKスペシャル 灼熱アジア 第1回タイより)


25カ国から進出、特に日本企業の進出が目立つ。


NHKスペシャル 灼熱アジア 第1回タイ 8月22日 雑食系アラフォーclub 

タイ・バンコクはアジアの一大生産基地となり、人手不足が起きている。
2009技能五輪選手権の旋盤の部は、タイの選手が1位となった。
タイの技術者の確かな技術力を示している。
自動車輸出は去年の86%増加、タイはアジアの製造業の覇権を狙っている。

「脱日入亜 日本企業の苦闘」

タイは昨年、過去最高の輸出額を記録し、経済成長率7.0%をとげた。
その要因は、FTA(自由貿易協定)だ。
原産地証明書があれば関税が免除される。(現在はまだ減額だけの地域もある。)
タイは、アジア地域32億人巨大市場の中心になろうとしている。
タイ アマタ工業団地17万人が就業、ここに外国企業の進出が相次いでいる。

25カ国から進出、特に日本企業の進出が目立つ。
コストダウン目的の生産だけではない。中枢部分の設計も日本からタイにシフトする企業もある。
タイは、インド、中国には人件費は敵わないが、技術力が高い。人材の質が高い。
その結果、年間35兆円の生産額が日本から失われている。

金型部品メーカー 南武

金型部品メーカー(南武)のタイ進出。自動車部品の金型を作っている。
タイ人の技術力は日本人と遜色ない。
FTAの追い風で顧客が広がっている。去年の倍の注文がある。
リーマンショックによる東京本社の損失をタイ工場の利益で支えた。
タイ工場では日々、納期との戦いが行われている。
24時間体制の生産。ミスとの戦い。

デモの影響で検問の強化、トラックが送れることもある。
納期を守るために、タイの仕事を日本で肩代わりしてもらう。
完全な逆転現象である。
日本の部品をタイ人の技術者がチェックする。これまでなかった現象である。
日本人技術者でも困難な溶着(異なる金属を溶接)をタイ人技術者がマスターした。
日本生まれのジャストイン生産がアジア全体で行われている。

アジア需要の膨張

空前の自動車ブーム、消費欲の旺盛な9億人の中間層が生まれた。
タイは自動車生産の拠点となっている。即断即決の予約販売。売上は去年の倍。
関税0の恩恵を目指すのは、日本企業だけではない。中国、インドもタイも進出している。
インド企業の進出。安い部品はインドから、高度な部品はタイで作り、組み立てる。
FTAの恩恵を生かしたビジネスモデルである。

タイ地元企業「タイサミット」

日本の金型メーカー「オギハラ」を買収した。買収額300億円超
自動車のアウターパネルの金型製作を始めた。
技術力だけではなく、芸術性も求められる。

社運がかかる金型開発

「オギハラ」の技術者がアドバイザーとして招聘された。
「一人でも多くのエキスパート技術者を育てていく。」日本人技術者の決意。
日本技術者シミュレーションによる警告を会社から無視される。
タイはシミュレーションを重要視せず、実際作って試行錯誤するスタイル。
タイの技術者は、シミュレーションを信じられない、使いこなす技術がまだなかった。

日本人技術者は、アドバイザーの意見を受け入れる組織改革を求めた。
タイ人技術者は日本人技術者の指導方法にも不満が出た。
日本式「技術は盗め」は評価されず、不満になっていたのだ。
タイサミット副社長の評価「期待はずれ:進歩の加速度」
日本人技術者の決断、プライドはひとまず置いて、一従業員として現場に飛び込むことにした。

日本人技術者は技術講習会を開催することにした。
タイ人技術者が初めて目にする日本人技術者の職人技。
タイ人からこれまで溜まっていた質問が浴びせられる。
そして、金型開発に目途がついた。

タイサミット42年前、バイクシートの工場からスタート

1997年アジア通貨危機。外国企業は現地タイでの部品調達に切り替えた。
日本企業はタイの技術を育てた。
そして、タイは安さと技術を兼ね備えた最高の生産基地となった。

買収した「オギワラ」のリストラも進んでいる。

「オギワラ」の群馬の工場を中国の新興メーカーに売り渡した。
日本からタイへの進出した企業2010年で60数社に昇る。
日本で売上が1/3に落ちた企業。タイへ進出生き残りを図る

年間35兆円の生産額が日本から失われている。


「オギワラ」の群馬の工場を中国の新興メーカーに売り渡した。



タイ進出の日本企業印象記 2007年12月3日 安岡襄のブログ

タイ経済における日本と日系企業の位置付け
タイには世界最大規模の日系企業の集積があり、在外日本人商工会議所会加盟企業数から見て上海についで上位第2位であるとのことであった。但し中国については北京が第6位の位置を占めているため、中国の5割強の企業進出と見られる。
 次ぎにバンコックに於ける各国企業の進出に於いてバンコック商業会議所会員数は日本が第一位であり、続いて台湾、米国、英国という順位になっていた。
また日本商工会議所の調査では、在タイ日系企業が少なくとも6,226社存在しているという結果が出ている。
また、タイの製造業における就業者数505万2,400人に対し、日本企業の雇用数は30万8,300人 と約6%に及んでいる。
 タイの最大貿易相手国は日本で輸出の14%、輸入の23%を占めている。(2005年)
 タイは東洋のデトロイトと言われているが、主力産業である自動車の生産・販売輸出の9割が日系企業で占められている。
タイの国内自動車販売台数は70万3432台で、トヨタの37%を筆頭にいすず、ホンダ、日産、三菱、マツダ、その他とほとんどの自動車メーカーが顔を揃えている。
そして各社とも今後の生産拡大を目指して投資を強化している。
ジェトロは中国と比較してのASEAN投資のメリットについて次の様な見解を表明している。
① 膨大な投資ストック(多くは減価償却終了)、長年のパートナー、「日本式」が比較的通用する安定的な投資先(中国は「ハイリスク・ハイリターン」)
②日本ブランドが浸透した5.3億人市場(AFTAによる市場統合の完成した場合)人口は中国に比べて少ないが、購買力は高い。
③ 中国一極集中リスクのヘッジ(チャイナ・プラス・ワン戦略)
④ インド・中東などへの供給・進出拠点(ASEAN・インドFTAを活用した日系家電の対インド輸出など)
⑤ コストは中国に比べて見劣りせず、場所によってはむしろ安い



(私のコメント)
昨日のNHKスペシャルで「灼熱アジア タイ」を放送していましたが、タイの工業団地には日本の主な輸出企業が進出している。歴史的にも40年以上の歴史があり技術の集積が進んでいる。特に自動車産業は広い裾野を持つ産業だから一ヶ所に集中した方がやりやすくタイのバンコク周辺は東洋のデトロイト言われるほど自動車関連産業が集中している。

先日の株式日記でもタイから輸入される日産マーチについて書きましたが、タイはASEANの中心国家として中国やインドともFTAを通じて東南アジアの拠点として投資されてきた。日本企業の海外進出先は中国が一番大きいのですが中国はカントリーリスクがあり、中国とASEANとの投資バランスを取っている所が多い。

さらにNHKの番組でも言っていましたが、中国に工場進出しても中国から輸出するには関税がかかるのに対して、タイならばFTAによって中国にもインドにも関税ゼロで輸出する事ができる。アジア・オセアニア全部合わせれば32億人の巨大市場がそこに出現する訳でありEUやアメリカよりも大きな市場が出来上がる事になる。

新興国においては韓国企業や中国企業ばかりが目立つとよく言われますが、タイは最大規模の日系企業の集積地であり日系企業はタイに集中的に進出している事が昨日のNHKの番組を見ていると分かる。その原因としてはカントリーリスクが他の国より低くて従業員の質も手先が器用で質が高い事が上げられる。

タイに拠点を置けばASEAN諸国はもとよりインドから中東への輸出拠点とすることが出来る。コスト的にも中国と太刀打ちできるし日本的な経営も生かせ易いことがあるからだろう。テレビで見てもタイは左側通行であり仏教国であり反日感情も低い。そこが中国や韓国と違う所だ。

しかしタイは人口が7000万人ほどなので、景気が良くなると人手不足になり賃金も上がりやすくなります。中国は水不足で工業用水の心配がありますがタイは水田の国であり水不足の心配が無い。二毛作で米の輸出国であり一年中夏だからフルーツなどの作物も豊富だ。

NHKの番組でもやっていましたが、進出した日系企業は日本式のカンバン方式で時間の厳守で生産に追われていた。リーマンショックをものともしない景気の良さは新興国ならではですが、タイは自動車の輸出国になり7%の経済成長で将来性も高い。日本が円高で直接の輸出が難しくタイなどを通じて輸出して行くしかないのだろう。

日本企業のこのような海外進出で2008年だけでも35兆円の生産額と100万人の雇用が失われていますが、これでは日本の景気が良くなるわけがないのであり、円高を何とかしなければなりません。しかしアジア諸国から見れば日本が円安になれば日本の輸出がどっと増えるから円高で無いと困る。

中国は13億人の巨大市場といわれますが購買力はさほど多くは無い。工場を進出させても利益が出始めれば合弁先に追い出される心配もある。それよりかはタイに進出してタイから関税のかからないFTAで中国に輸出した方がいい。いずれは日本とASEANとで東アジア共同体を作り中国やアメリカと対峙して行けば面白い。

つまりASEANプラス1で行けば面白い。分かりやすくいえば大東亜共円圏をつくり、やがては東アジア共通通貨を作って円の独歩高を回避する戦略をとるべきだ。問題は中国ですが中国を東アジア共同体に含めるとバランスが取れなくなりインドやオーストラリアなども入れなければならなくなる。場合によっては拡大東アジア共同体を作って重層構造にしたらどうだろうか?

NHKの番組を見ていて感じるのはタイの実業家たちはタイ語でビジネスをしているし、日本人の経営者たちとも日タイ通訳を介して話していることだ。決して英語でビジネスをしてるわけではない。英語が世界の公用語というのはプロパガンダであり、ごく一部のエリートたちが英語で会話しているに過ぎない。むしろ中国にしてもアジアにしても現地語が出来なければ現地のスタッフと意思疎通が出来ない。

さらにタイがコスト高になればベトナムが有望になりますが、日本がベトナムとタイとを結ぶ高速道路を建設している。そうなればタイの部品産業とベトナムの安い労働力とベトナムの港湾施設が利用できるようになる。このようにタイはアジアの交差点であり、中国人やインド人も多い。

アメリカは中国に集中的に投資をしてタイへの投資は日本、台湾よりも少ない。ベトナム戦争の後遺症のせいもありますが、アメリカ人は中国人を良く知らないからそうなるのですが、仏教国のタイ人のほうが性格も温厚で労働力の質も高く民主国家でもありビジネスもやりやすい。鳩山首相のアメリカを除外した東アジア共同体を敵視したのはアメリカが中国と手を組んだ事を密かに後悔しているからだろう。

ジャンル:
経済
コメント (84)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 景気回復の期間中も賃金は上... | トップ | 建玉の84%が円買いという空... »
最近の画像もっと見る

84 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Re英語が世界の公用語というのはプロパガンダであり、ごく一部のエリートたちが英語で会話しているに過ぎない。 (Unknown)
2010-08-23 15:46:28
英語公用語化と言ってる奴は、自分の今までの生き方が通用しなくなったから、言ってんだろ。
英語公用語化と言ってる奴は、自分の今までの生き方が通用しなくなったから、言ってんだろ。 (デイダラ)
2010-08-23 15:49:42
そうだな。うん。
Unknown (Unknown)
2010-08-23 16:21:48
どこぞのチンピラ国家が南シナ海は俺様の海などと妄言を垂れているようだし
日本が東南アジア諸国と安全保障の分野でも戦略的に連携するのは重要だろう

将来の東アジアの中心地は、地理的にも中近東、インド、オセアニア、日本から
ほぼ等距離にある東南アジアのベトナムやタイになるのではないでしょうか
中国に肩入れしているブサヨには残念なことですが(笑)
ミャンマーを除いて民主国家ばかりですし、カントリーリスクも中国より小さい
国家のライフサイクルでも、日本は成熟期、中国は成長後期なのに対して
東南アジア諸国は成長期を迎えたばかりで、今後の成長地域として有望です
Unknown (Unknown)
2010-08-23 16:29:57
中国は東南アジアへの影響を強めています。
華僑のうち、中国政府に協力的なグループに資金を供給し、政権を動かすというパワープレイを行っています。
タイもその例です。

かたや日本は民間企業のビジネスであり、勝ち目はありません。

ベトナムの高速鉄道がおじゃんになったのは、色々と言われていますが、本当は中国が日本の影響力増大を嫌い、華僑を通じて強力に議員に働きかけたことがあるそうです。
中国は東南アジア一帯の高速鉄道を中国が手掛け、中国と接続することで、支配を強めることを計画しています。

ミャンマーは既に中国が高速鉄道を計画中。

日本はいずれ東南アジアでもダメになっていく可能性が出てきています。


次の鍵はインドネシアです。
Unknown (Unknown)
2010-08-23 16:35:32
>日本企業のこのような海外進出で2008年だけでも35兆円の生産額と100万人の雇用が失われていますが、これでは日本の景気が良くなるわけがないのであり、円高を何とかしなければなりません。しかしアジア諸国から見れば日本が円安になれば日本の輸出がどっと増えるから円高で無いと困る。


円高がいかに雇用を奪っているか、普通の人もやっとわかったのではないか。
ここにきての円高は米欧中へのマネー敗戦と言ってよい。

能天気に円高国益をのたまうものはスパイか無知なんだろう。

円高がある程度進むのは仕方がないにしても、限度というものがあるはず。

マネー戦争の勝敗 (Unknown)
2010-08-23 16:41:14
日本国内でも、勝ち組と負け組に別れて来た。

http://renzan.org/akitsuki/post-629.html

少子高齢化の2020年、2030年には年金や生活保護も破綻して、それらの格差は固定化しているのでしょうね。
中国? (Unknown)
2010-08-23 17:03:56
>>カントリーリスクも中国より小さい

国家体をなしていない、に尽きる。、--1949年にならず者集団のペテン国の設立以来、57年間の間1度すら支那国民に選挙権を与えた事も無いような共産党一味をどうして対等に相手ができるか?支那人群盲20億など先進国中が凶暴シロアリ視している。
タイは微笑の国 (Unknown)
2010-08-23 17:12:57
タイ王国はアジアで唯一、日本の皇室に並ぶ由緒を持つ王室を擁する親日国であり、
敬虔な仏教国であります。

日本は東亜の悪友たちと縁を切り、タイ王国との結束を固めなければなりません。
タイ王室と皇室との婚姻も積極的に推進したほうが良いと思われます。
愛子さまにタイ王室から男子を迎え、悠仁さまには妃を迎える。
そのくらいのことをしなければ、特亜と縁を切れないのが現状です。
昔の夢 (太郎)
2010-08-23 17:21:29
 其の昔、大東亜共栄圏というものを我国が打ち上げたが、それが実現するということか?
 亜米利加がそれにどのように対応するかによって決まる。
 今後仮にアメリカ市場がマイナス30パーセントになったとしたら、何が起きるんだろうか?

 結局大東亜共栄圏をかかげた、戦争は終戦で終わった。
 今回はどのような形で終わるのだろうかと、思う。
 甘くはない。
Unknown (Unknown)
2010-08-23 17:31:56
タイは親日国でもありますが、中国とも深い関係があります。

タイ王室は華僑の流れです。
現在、華僑を取り込んでいるのは中国です。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E5%83%91
華僑はマイノリティながら、同郷者で形成されるコミュニティーと、これをもとにした同業者の集団ができあがり、現地の経済・政治に大きな影響力を持つことが多い。同業者の集団ができあがるのは、先行して商売を始めた経営者が、同郷の人を雇い、やがては独立して同業を行うことが繰り返されやすいことによる。経済的に実力をつけると政治面でも力をもつようになるのは資本主義社会の常である。政治面での例では、タイの王室、コラソン・アキノ元フィリピン大統領は華僑の血を引いている。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

秩序が維持される国々(東南アジア・インド・イスラムや南米)とどのような関係を作るか? (日本を守るのに右も左もない)
「本格的なロスチャイルド政権の確立で日本はどうなるのか?」では、ドル・米国債の暴落→世界中大恐慌→大衆暴動VS軍の闘いによって、米中欧は秩序崩壊していくと予想された。 しかし、全世界の秩序が崩壊するわけではない。 米中欧は崩壊したとしても、イスラムも東南...
ベトナム投資信託にチャレンジ! (ベトナム投資信託にチャレンジ!)
こちらはベトナム投資信託についての情報サイトです。よろしければご覧ください。