株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

もし、ワナと分かっていて米国側が受け入れたとすると、今回の会談は北朝鮮の完勝です。

2018年06月13日 | 外交

もし、ワナと分かっていて米国側が受け入れたとすると、今回の会談は
北朝鮮の完勝です。北の時間稼ぎに米国が大きく手を貸したことになります


2018年6月13日 水曜日

から騒ぎに終わった米朝首脳会談 北朝鮮が非核化を受け入れれば米韓同盟は廃棄? 6月12日 鈴置高史

米韓同盟解消のテコ、板門店宣言

 注目すべきは非核化に関連する3項目目です。「南北朝鮮が交わした板門店宣言を確認することを通じ、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向け努力することを約束する」というのです。

 これでは非核化は進展しない可能性が極めて高い。なぜなら板門店宣言で約束した非核化とは、北朝鮮から核兵器を除去することだけを意味しません。

 韓国に対する米国の核の傘の提供をやめることを含め半島全体を非核化する、ということなのです(「『民族の祭典』に酔いしれた韓国人」参照)。

 6月12日の会見でトランプ大統領は「早急に非核化する」「来週にも具体的な協議を始める」と語りました。

 しかし、いざこの条項を持ち出して北朝鮮に「早急な非核化」を要求しても、北は「韓国に対する核の傘を廃止するなら受け入れる」と言い返すでしょう。

 ここで米朝協議はこう着し、米国としては1項目目の関係正常化にも、2項目目の体制保証にも進めなくなります。

中間選挙まで時間稼ぎ

トランプ大統領は板門店宣言の非核化の意味を理解しているのでしょうか。

鈴置:もちろん分かっていたと思います。ただ、金正恩委員長との会談で何らかの成果を出して見せる必要に迫られ、北朝鮮のワナと知りながら共同声明に盛り込んだのかもしれません。

 会見でも「会談を急ぎ過ぎたため、北に譲歩し過ぎではないか」との質問が相次ぎました。ことに「CVID」(完全で検証可能、不可逆的な非核化)を受け入れさせると表明していたのに、共同声明には入っていないとの批判は大統領の痛いといころを突きました。

 すると、トランプ大統領は「時間がなかった」「私は長いこと寝ずに交渉した」などと言い訳に終始しました。トランプらしからぬ弱気を思わず見せた感じでした。

 もし、ワナと分かっていて米国側が受け入れたとすると、今回の会談は北朝鮮の完勝です。北の時間稼ぎに米国が大きく手を貸したことになります。

 北朝鮮には成功体験があります。ブッシュ(George・W・Bush)政権は、初めは強気で北朝鮮に対したものの、2006年の中間選挙で負けると弱気に陥り、最後は北朝鮮の言いなりになってしまいました。

 トランプ大統領も2018年の中間選挙で勝てるかは不透明です。とりあえずそこまで時間を稼ぎ、米国の軍事攻撃を避ければ核保有を事実上、認められるはずとの計算があるでしょう。

トランプには奥の手?

トランプの完敗ですね。

鈴置:大統領に好意的に見れば、「奥の手」を残しているのかもしれません。朝鮮半島の非核化に関連、北朝鮮が「米国の核の傘も撤去せよ」と言い出したら、それを飲む手です。

 5月10日の演説でトランプ大統領は「半島全てを非核化する」(denuclearize that entire peninsula)と語りました。(「『米韓同盟破棄』カードを切ったトランプ」参照)

 核の傘を韓国に供与しない、ということは米韓同盟を解消することに等しい。それを交渉材料に北朝鮮に「本気で核を全て手放せ」と迫るつもりかもしれません。というか、もう、それを武器に交渉を始めているのかもしれません。

 6月12日の会見でトランプ大統領は「在韓米軍はいずれ引いて行く」と語りました。米韓合同軍事演習の中止も示唆しました。米韓同盟を堅持するつもりがあるのなら、安易に演習は中止しないはずです。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領はもともと米韓同盟に懐疑的な人ですから、北の完全な非核化の見返りに米韓同盟を解消すると言われても反対しないでしょう。

国連軍化という妙手

在韓米軍がいなくなるとなれば、韓国は大騒ぎになりませんか?

鈴置:妙手があります。米韓同盟をやめても在韓米軍は存在しうるのです。同盟国の軍隊としてではなく、国連の平和維持軍として韓国に駐留し続ける手があるのです。

 国連軍として存在すれば北朝鮮の南進を防ぐことは可能ですから、韓国人に一定の安心感を与えられます。一方、国連軍ですから核の傘は韓国に提供しない。

 1998年ごろから北朝鮮はこれを言い出しています。韓国の保守派の指導者、趙甲済(チョ・カプチェ)氏も「在韓米軍の国連軍化」を前から懸念しています。

 趙甲済氏は会談を10時間ほど先立つ6月12日午前零時に「北の非核化は手遅れ、韓米同盟はいじられるという不吉な予感」(韓国語)という記事を自身のサイトに載せました。ポイントは以下です。

在韓米軍の地位変更は北朝鮮、文在寅政権、中国が同意する可能性がある。トランプだけが同意すれば日本が反対しても討議の対象にはならない。

 要は非核化を目がけ交渉する過程で、米韓同盟の存続が怪しくなると訴えたのです。

「米朝」の前日の日米電話協議

そんな奇手があるのですね。

鈴置:専門家――ことに古手の間では常識です。もちろん、在韓米軍の国連軍化を交渉カードとして切る時は、韓国はもちろん、日本にも通告があるでしょう。

 6月11日、シンガポールからトランプ大統領は文在寅大統領と安倍晋三首相に電話しています。その直後、安倍首相がぶら下がり会見で見せた固い表情が気になります。



(私のコメント)

米朝会談は終わりましたが、どうやら総論的な合意がなされただけで、具体的な合意は遺骨の返還とかの合意だけで、あとは「CVID」(完全で検証可能、不可逆的な非核化)は盛り込まれなかった。それならばトランプは椅子を蹴って退席するはずなのですが、金正恩の泣き落とし戦術で騙されたようだ。

日本から見ればこのような結果になるのなら米朝会談などないほうがよかった。そして核の撤去費用などのツケは日本に回されるようだ。CVIDが合意できなかったのだから、総論の核の撤去には合意しても、具体的な核の撤去方法は何も決められていないから、中国やロシア対しても金正恩は「何も約束していませんよ」と言い逃れることができる。

このような会談はいつもの北朝鮮のやり方であり、制裁解除や経済援助だけ引き出して、北朝鮮の核とミサイル開発は地下で着々と進んできた。トランプとしては総論的な合意がなされたから大成功と言いたいのでしょうが、トランプが中間選挙で負ければ会談の成果など吹き飛んでしまってしまう。

おそらくトランプがアメリカに帰って、CVIDが合意できなかったことで非難されるでしょう。「席を蹴ってくる」というのは単なるブラフであることは最初の1分で金正恩はわかったのでしょう。ともあれ金正恩にとっては中国に対して言い逃れができる程度の合意しかしてこなかったのだから大成功だ。

トランプの詰がこれほど甘いとは全くの予想外ですが、安倍総理が何度も頼んだ拉致問題の解決も何にも決まらなかった。会談では出たようですが話し合っただけで、具体的な回答はゼロ回答だ。安倍総理の記者会見の硬い表情でそれは分かる。今回の会談でアメリカの軍事オプションを封じられたことは確かだ。

あとは北朝鮮のペースで事態が進むのでしょうが、トランプはもっとタフな交渉ができる大統領と見てきましたが、トランプはG7でも孤立してしまって、北朝鮮には寛容な態度で接している。ならば安倍総理も写真のメルケルのように「話が違うじゃないか」と責め立てるべきなのでしょうができるわけがない。

トランプは交渉の達人というキャッチフレーズが売り物ですが、交渉の達人は北朝鮮の方であり何も具合的な核放棄方法は決まらなかった。ボルトンが同席していたのにリビア方式の「リ」の字も出てこなかった。中国は今回は表に出てきませんが、かなり裏ではアメリカなどに手を回しているのだろうか。

驚いたのは米韓軍事演習を止めると発言したことであり、事実上北朝鮮への軍事オプションはなくなったに等しい。あとは北朝鮮ペースで時間の引き伸ばしと、制裁の解除を要求してくるのが目に見えている。トランプの方は北朝鮮の開発利権の方に関心が行ってしまって、核とミサイルは一時停止されるだけだろう。

在韓米軍も米韓軍事演習が無いということは、在韓米軍の撤退も視野に入っているのだろう。おそらくトランプのディールでそうなったのでしょうが、トランプは譲歩しただけで見返りらしいものは遺骨の返還だけだ。トランプは合意文書の締結が最優先されて、具体策を詰めることができなかった。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月12日の米朝首脳会談やそれ... | トップ | もし北京の戦略的な狙いが「... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もし、ワナと分かっていて米国側が受け入れたとすると、今回の会談は北朝鮮の完勝です。 (adatinoao)
2018-06-13 10:29:26
米国トランプ大統領・大チョンボ、非核化は文書に書かず・口頭のみ 朝鮮の体制維持は保障、何も決まらず・ただ日本が金を出すのが決定 安倍氏は日本の保証はせずにトランプにお金を出す約束、拉致問題はあいまい・はっきりせず、世紀の米朝会談は大失敗に・日本が取り残された。
Unknown (sankei)
2018-06-13 11:07:16
「壮大な無駄遣いの政治ショー」「在韓米軍の撤退言及、耳疑った」元自衛艦隊司令官・香田洋二氏

「トランプ氏の外交交渉は稚拙」「北非核化の進展望めず」立命館大客員教授・宮家邦彦氏

幕末・明治の写真一堂に 「発祥の地」長崎で
http://www.sankei.com/photo/daily/news/180613/dly1806130003-n1.html
Unknown (Unknown)
2018-06-13 11:08:21
・・・・ 更に、日本にとって一番重要な
【北朝鮮による拉致凶悪犯罪】に関しては、
一言の文言もありません!!!。

ただ金正恩に伝えるだけなら、
そこら辺のオッチャンでも言えるんじゃないですかね?

全く役に立たなかったトランプですが、
ド厚かましくも日本に【莫大なお金】だけは要求してます。

それって、大事な大事な国民の血税なんですけどね!!
2018/06/13(水) 10:59:45 | URL | 椿
セキュリティギャランティー (Unknown)
2018-06-13 11:09:09
<要点を言うと、トランプの軽薄な怪談?成果で判ったのは次のことだろうね?

北朝鮮サイドはまんまと美味しいところと今後の経済援助支援を勝ち取ったようなものさ

日本の安倍総理は蚊帳の外どころか・・・泣きっ面に蜂の、今後北朝鮮への、経済援助補償金額(とある試算で約240兆円)を韓国と折半で120兆円ほどは払わされることもトランプが共同声明に合意されてたり、安全保障の面でも日本にとっては安保同盟の意味もまったくなさない内容になってるということだ

ということで、安倍総理の今後はとても国益の為に無力そのものになるだろうから・・・やっぱり1回目の健康上の理由から突然辞任の可能性が高いような気がするね

政界の水面下ではやっぱり政界再編の動きがより活発になるしかないと思うな

闇将軍の小沢一郎軍団が影の軍団として跋扈暗躍するという皮肉な国防傾向が予想される

安倍総理の失敗はトランプに近づきすぎたというかコバンザメすぎる為の所謂都合の良い使い捨ての子分扱いだったってことになると思う

ま、歴史の流れや時の流れはそんな自然淘汰の流れで動いていくものだから・・・ある意味正解かもしれませんね?

>6月12日、シンガポールで開いた史上初の米朝首脳会談は実質的な進展なしに終わった。
■4項目で合意           
――米朝首脳会談が終わりました。
鈴置:6月12日午後1時40分過ぎ(現地時間)、トランプ(Donald Trump)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長は共同声明に署名しました。

声明では、米国が北朝鮮の安全を保証する一方、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けた約束を改めて確認しました。
・President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK, and Chairman Kim Jong Un reaffirmed his firm and unwavering commitment to complete denuclearization of the Korean Peninsula.

そしてトランプ大統領と金正恩委員長はともに以下の4つの条項で合意しました。
1.The United States and the DPRK commit to establish new U.S.─DPRK relations in accordance with the desire of the peoples of the two countries for peace and prosperity.
2.The United States and the DPRK will join their efforts to build a lasting and stable peace regime on the Korean Peninsula.
3.Reaffirming the April 27, 2018 Panmunjom Declaration, the DPRK commits to work toward complete denuclearization of the Korean Peninsula.
4.The United States and the DPRK commit to recovering POW/MIA remains, including the immediate repatriation of those already identified.

■米韓同盟解消のテコ、板門店宣言   
 注目すべきは非核化に関連する3項目目です。
「南北朝鮮が交わした板門店宣言を確認することを通じ、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向け努力することを約束する」というのです。

これでは非核化は進展しない可能性が極めて高い。なぜなら板門店宣言で約束した非核化とは、北朝鮮から核兵器を除去することだけを意味しません。

韓国に対する米国の核の傘の提供をやめることを含め半島全体を非核化する、ということなのです(「『民族の祭典』に酔いしれた韓国人」参照)。

6月12日の会見でトランプ大統領は「早急に非核化する」「来週にも具体的な協議を始める」と語りました。

しかし、いざこの条項を持ち出して北朝鮮に「早急な非核化」を要求しても、北は「韓国に対する核の傘を廃止するなら受け入れる」と言い返すでしょう。

ここで米朝協議はこう着し、米国としては1項目目の関係正常化にも、2項目目の体制保証にも進めなくなります。

●米朝、3つのシナリオ
  米国、リビア方式での非核化を要求 


北朝鮮が受諾
北朝鮮が拒否



①米国などによる核施設への査察開始
②米朝対話が継続
③米国、軍事行動ないし経済・軍事的圧迫強化
日本はふんだりけったりぼったくられただけかよ! (Unknown)
2018-06-13 11:26:56
<非核化の費用は韓国と日本が負担」だってのも・・・日本にとっては出鱈目な話で、それもトランプが勝手に合意文書に署名しちゃってるってさ・・・

安倍総理よ!国益を守る政党の政治家なら、トランプに激しくそんな事は認められないって徹底的に抗議すべきだ!(できないだろうけどな)

日本は安全保障上アメリカをたよりにしない独自防衛戦略のネットワークを構築できたら良いが・・・アメリカの横田基地なりアメリカスパイがうようよいる政官財界では、なんともならんかもね?

とにかく、事の成り行きを見守るしかないか・・・。

>米朝両首脳が合意文書に署名、トランプ氏「拉致問題について提起したが文書に含めていない」「非核化の費用は韓国と日本が負担」

12日の日本時間午前10時過ぎより、シンガポールのセントーサ島にある「カペラ・ホテル」で史上初となる米朝首脳会談が行われた。1対1の首脳会談は、10時52分に約45分ほどで終了。

このあと、各国の高官を交えた拡大会談が始まり、同12時30分頃にワーキングランチに入って、食事をしながら協議を行った。

ランチ後の14時30分頃、両首脳により合意文書への署名が行われた。

トランプ大統領は「重要で包括的な文書だ。偉大な関係を築くことができた、署名ができて光栄だ」と述べた。

合意文書に書かれていた内容は以下の通り。
1 米朝関係の正常化
2 朝鮮半島の平和体制保障
3 朝鮮半島の完全非核化に向け努力する
4 朝鮮戦争における戦没米兵の遺骸送還、および捕虜となった米兵の帰還
また、トランプ大統領は金正恩委員長を近く、米ホワイトハウスに招待する意向を示した。

午後5時には米トランプ大統領による単独の会見が行われ、合意文書の内容について発表。

トランプ大統領は、今回の米朝首脳会談を「正直で生産的な会合だった」と振り返り、金委員長から「ミサイル関連の実験場を近く破壊する」と、今回の合意文書に署名した後に聞いたとした。

さらに、「金委員長の目の前に大きなチャンスが訪れた。

私は彼と完全なる朝鮮半島の非核化について約束した」と語り、ただし「当面、制裁は続ける」とした。

日本の最大の関心事である拉致問題についていは、

「安倍総理から聞かれていた拉致問題についても提起したが、今回の合意文書には含めていない」と、拉致問題について提起したことを明言したが、今後どのような形に話を進めるよう提言したかについては明言しなかった。

また、記者からの「北の非核化の費用は誰が払うのか?」という質問に対して、トランプ大統領は「それは韓国と日本が払うだろう。アメリカはそれを払う必要がない、それなりの代償をすでに負ってるからだ」と述べ、日本や韓国に費用の負担を促す発言も見られた。>(以下略)
Unknown (Unknown)
2018-06-13 11:28:13
さらに、トランプは、またもや「日韓両国が北朝鮮への経済支援の用意があり、米国が支援する必要はないだろう」と言った!

トランプは6月1日にも「日本や韓国などが北朝鮮を助けてくれるだろう。アメリカは多くの金は使わない!」と言っていた!(関連記事)
    ↓       ↓
       「宣言」

 (1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。

 (2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。

 (3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

 (4)米国と北朝鮮は、すでに身元が判明している者の即時送還を含め、残る戦争捕虜/行方不明者の回復に取り組む。
Unknown (らた)
2018-06-13 11:32:31
今回の合意

・貿易赤字対象国の韓国を弱体化、軍事的には朝鮮半島から撤退、軍事予算の大幅縮小、在韓米軍の余剰人員を経済に振り分ける。
(もし韓国が駐留を懇願するなら120%の駐留経費を要求、その後、日本にも同様の要求)
・統一朝鮮との経済的進出は在日米軍を通じて維持。軍事撤退の代わりに大幅な経済利益を中国と裏約束。
・日本を北側との国境ラインにすることで日本のアメリカへの軍事依存度を高め、軍事部門で大幅な利益を上げる。
北キムチが米朝漫談を戦勝報道 (sankei)
2018-06-13 11:38:59
日本政府懇願 空しく、トランプ氏聞く耳無しに 嘆きの泣き声?

米鮮会談:「屈従つらった」米紙がトランプ脳を分析
日米安保の実質無力化 (Unknown)
2018-06-13 11:39:25
それどころか、経済支援と非核化支援の請求書金額が何百兆円支払い請求されるってことなんだね

トランプの野郎も許せないが、安倍総理もこんな詐欺られたような結果に何も出来ないダルマさん状態なんだな

やっぱり安倍総理の外交・国防戦略の完全失敗はもっと許せないってことだ

おそらく安倍総理は今後立ち位置的に行き詰まりがはっきりしてきて・・・自ら政権の座を去るんじゃないか?

前歴があるものな!
しかし、日本を真に救国する政治家や総理がでてきてくれないものかな~~。
トランプは公約実行が最優先 (Unknown)
2018-06-13 11:42:56
こう考えればすっきりするはず。
在韓米軍撤退は公約みたいなものですので。
韓国が嫌なら駐留費を大幅増額せよといえばいいし。

拉致問題はトランプ大統領が自身の口から発したということで十分と思えばよいでしょう。米国には何のメリットもないですし、すぐに解決する気が北朝鮮に全くないことはわかっているので。

中間選挙に敗れてもトランプ支持のコアが減らなければ十分に再選可能です。
再選が最優先です。

北朝鮮問題は結果が出るまで時間がかかりすぎて、
中間選挙の票にはならないのです。
在韓米軍撤退なら票になるのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事