株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

高橋(洋一)さんは、時計や金銭なんて見てもいないそうだ。防犯カメラが設置されていることも知っていた

2009年07月07日 | 政治


by CyberBuzz

高橋(洋一)さんは、時計や金銭なんて見てもいないそうだ。よく通う
施設であり、防犯カメラが設置されていることも知っていたという。


2009年7月7日 火曜日


『日本国の正体 政治家・官僚・メディア―本当の権力者は誰か』長谷川幸洋著

評者・佐藤優 (作家・起訴休職外務事務官)

 長谷川幸洋氏は、中日新聞(東京新聞)のやり手経済記者だ。政官の内幕を書いた本は、それこそ本屋に山ほど並んでいるが、本書には類書と異なる深さ、鋭さがある。
【官僚は表の姿と裏の姿を使い分ける。表では、あらゆる行動が法に照らしてつじつまが合うようにふるまう。政権をお支えするかのように行動する。だが、ひとたび舞台裏に回れば、なにより自分たちの既得権益が侵されないように全力を挙げる。】(
40頁)
 この実態を、長谷川氏は、異能の財務官僚で、安倍晋三政権下で内閣参事官として活躍し、その後、東洋大学教授に転出した橋洋一氏と親しくすることを通じ、内側から観察している。橋氏は財布と高級時計を盗んだということで、社会的発言権を抹殺された。長谷川氏には、橋窃盗事件、中川昭一財務大臣のもうろう会見による失脚、小沢一郎民主党代表の公設第一秘書が逮捕された事件が「一つの糸」でつながっていると読み解く。それは霞ヶ関官僚の自己保身と利権保全だ。
 近未来に行われる総選挙をにらんで官僚は生き残りに必死になっている。この官僚という不気味な生物の生態を知るために、本書は最良の参考書だ。一人でも多くの人の目に本書が触れることを望む。(
2009年6月22日記)



高橋洋一さんのこと 7月5日 薫日記

なんで、こんなことを考えているかといえば、高橋洋一さんと夕食をともにし、その席で件(くだん)の「事件」の一部始終をご本人の口から聞いたからだ。(私の口からは、その詳細を語ることはできない。高橋さんは、公に語っても信じてもらえまいと、諦めている。)

前にこのブログで、警察発表が「作文」のようで、非論理的なために理解しがたい、と書いた。あまりにも内容が不自然であり、当日の高橋さんの取った行動が説明できないからだ。(どのような点を不自然だと私が感じたのかは過去ログをご覧いただきたい。)

警察発表が不自然だったのは、そもそも善意から出た行為を無理に悪意にねじまげて解釈したからだ、というのが私の結論だ。

世間の人は、「それでも高橋さんは罪を認めたじゃないか」と言われるかもしれないが、認めたというよりは、顧問弁護士の意見にしたがって、きわめて短時間のうちに「司法取引」をせざるをえない状況に追い込まれた、というのが実際に起きたことだと私は感じた。

「認めなければ、逮捕され、拘留され、裁判沙汰になってしまう」
「認めれば、書類送検と(十中八九)起訴猶予で済む」と言われたら、あなたならどうするだろう? 痴漢の冤罪事件にも見られる典型的なパターンだが、これは、誰にでも起きることなのだ。

高橋さんは、時計や金銭なんて見てもいないそうだ。(ご本人はそもそも時計をつけない人だし、お金も充分にもっている。)また、よく通う施設であり、防犯カメラが設置されていることも知っていたという。

警察は人を疑うのが仕事だから、性悪説にしたがって「事件」と解釈するのは仕方がないが、いったん警察に疑われたら、もう逃げ道はない。それが「冤罪」の構図である。それは、政府の中枢にいて、高度な政治判断をしてきた高橋さんのような人物でも例外ではない。

昔の人は、「李下に冠を正さず」と言ったが、誰でも運命の罠に陥る危険と隣り合わせなのかもしれない。(後略)



プリンシパル-エージェント理論で読み解く日本政治  2009/7/6 By japanhandlers2005

ほかの方が本書の内容について説明しているので、私は本書の思想的背景について論じる。その昔、90年代に日本の政治学会で「合理的選択革命」というものがあった。アメリカの公共選択学会から、加藤寛とか黒川和美といった、ジェイムズ・ブキャナンの弟子たちが持ち込んだ理論だ。合理的選択論とは、人間行動の背後には合理的説明を可能にするインセンティブがあるという理論だ。アメリカ人のマーク・ラムザイヤーなどは、この理論を「日本では官僚の影響力がない」というウソのプロパガンダを行うことで、日本株式会社の心臓部であった通産省をたたきつぶすための戦略を立案し、実行した。問題は、本当に日本で権力を握っていたのは律令制度以来の官僚機構だったということである。これを制御できたのは、小室直樹氏のいうように、田中角栄などのポピュリスト(大衆政治家)だけだった。

 ここで悲劇が起きる。アメリカは官僚バッシングをやって、日本の政治家に主導権を取り戻させようとした。しかし、それはアメリカのグローバリズム推進の一環としての戦略にすぎず、マスコミを使った官僚批判は、日本国弱体化を生み出した。政治家もアメリカにコントロールされていたし、マスメディアもこの本の著者である長谷川氏がそうであるようにアメリカの有名大学に留学させられ、「洗脳」される仕組みができあがっていた。合理的選択としてアメリカの国益を推進する政策が日本国民のためだと信じ込まされるわけである。

 国内では、アメリカからバッシングを受けた官僚は、自分たちの権力を温存するためにアメリカには逆らわないことを選択する。90年代官僚バッシングの教訓を官僚は学んだわけだ。この負のインセンティブをちらつかせて脅すのもラショナル・チョイスの戦術としては存在する。

 そして、うまい具合にメディアは政治家のスキャンダルを報道することで、国民の間に政治不信を巻き起こすことに成功した。一方で、メディアは官僚制度から情報をもらっている「お役所の出入り業者」なので、官僚批判をしなくなった。その結果、官僚は権力を肥大化させていく。しかし、アメリカとしては90年代末に官僚制度を操る手段を手に入れている。もっとも具体的なのは、年次改革要望書などの一連の政策文書での取り決めである。だから、この官僚権力の抑制がアメリカの優先課題にはならなくなった。アメリカは日本財界を取り込んで、構造改革の旗を振らせた。官僚としては、自分たちの方にメディアの注目が集まらないので好都合であった。

 さて、長谷川幸洋氏は本書の43ページでプリンシパルーエージェントモデルについて説明している。この理論を分析の枠組みに持ってくるとは長谷川氏はかなり優秀なジャーナリストだが、やはり国内対立だけの構図でしか物事を見れていない限界がある。(このモデルについては、拙著「ジャパン・ハンドラーズ」参照)

 長谷川氏が評価している竹中平蔵や中川秀直などの「上げ潮」派の改革派は、国内の改革を行うために、外圧を利用してしまったという問題がある。また、彼ら自身が、アメリカのエージェントになっており、田中角栄や吉田茂のようには、国民の利益を選択しているわけではない。だから、長谷川氏が、官僚批判の文脈で、竹中・中川を推奨するのは部分的な真実にすぎない。しかし、権力闘争のまっただ中で意見を述べるのと、外から傍観者的に批判するのは位相の違う問題かもしれない。この本は、マスコミの権力とのなれ合い、官僚制度の恐ろしさを身をもって体験したジャーナリストの告発の書であり、以上の限界はあるが十分に読むに値する一冊である。


(私のコメント)
高橋洋一氏の事は5月20日にも書きましたが、マスコミも詳細な取材はせず後追い報道もない。本人が沈黙を守っているからですが、最近会った人によればまたしても冤罪らしい。それは「薫日記」に書かれているとおりですが、不可解な事だらけだ。最近ではマスコミと警察や検察権力と一体化しているために、「国策捜査」が横行してしまう。

政府権力に対して反対する目障りな連中を次々罪に陥れて行く事件が相次いでいる。スキャンダルを通報する事でマスコミが書き立てて、自分たちにとって都合の悪い人たちを抹殺していくのはCIAのやり方だ。CIAが直接手を下す事はなく、彼らの下部機構である警察や検察にやらせる。

小沢秘書逮捕も東京地検がやったことですが、背後には小沢民主党政権が出来るのはまずいと言うアメリカ政府の指図があったからだ。「日本国の正体」」という本の書評を書いている佐藤優氏も、ロシアのスパイと言う疑いを持たれて鈴木宗男氏と共に検察に起訴されて有罪が確定した。

日本は三権分立のはずですが、官僚機構が全ての権限を握っている。日本を統治しているアメリカにとってもその方が都合がいいからですが、官僚機構がますます強大化して日本の政治機構は機能していない。総理大臣や国務大臣がコロコロと代わるのもお飾りだからであり、麻生総理大臣もサミットで各国首脳と写真に納まるのが仕事だ。

麻生総理や鳩山総務大臣の反対を押し切って日本郵政の社長が西川社長の続投が決まったのも、背後を探ればアメリカの金融資本にたどり着く。総理大臣や担当大臣が西川罷免になっていたのをひっくり返せるのはアメリカ政府ぐらいしかないだろう。小泉純一郎や中川秀直はアメリカの手先でありエージェントだ。

植草一秀氏や佐藤優氏や高橋洋一氏や中川昭一大臣などを次々失脚させていく事が出来るのも背後にはアメリカ政府がいる。それに対して日本政府はそれを止める事が出来ないと言うのが日本国の正体だろう。メディアもそれに乗っている訳ですが、「日本国の正体」の著者の長谷川幸洋氏も、このような構造を書いているのだろう。私はこの本をまだ読んでいない。

民主党政権が出来ても、アメリカ政府が官僚機構を支えている限り官僚主権は崩す事はできない。小沢一郎ですら民主党代表から失脚させる事ができるのは東京地検に出来るわけがない。アメリカ大使館からの指図が東京地検に行ったのだ。麻生総理は何の為にいるのか? 所詮は自民党の看板として選ばれたに過ぎず、支持率を上げられなければ簡単に失脚する。

根本的には日本国内にある100箇所以上のアメリカの軍事基地を無くさなければこの構造はどうする事もできないだろう。サンフランシスコ講和条約で主権を回復しても米軍が日本から立ち去らない限り主権の回復はない。冷戦構造が崩壊して直接的な軍事的脅威が無くなってもどうしてアメリカ軍は日本に駐留しているのだろう? もちろんアメリカ軍事基地は治外法権地帯であり日本の行政権は及ばない。

アメリカ軍の兵士が犯罪を犯しても基地内に逃げ込めば日本の警察は立ち入る事ができない。沖縄では弁軍のヘリコプターが墜落したが米軍が直ちにその一帯を封鎖して日本の警察や消防は立ち入れなかった。日本では恐いものなしの警察ですが米軍には弱い。米軍兵士は軽犯罪では起訴猶予処分ですぐに釈放される。

在日米軍が日本を守る為に駐留しているのならば、北方領土問題もすぐに解決するはずだ。アメリカ軍が北方領土が日本のものだとして上陸した場合ロシア軍は反撃するだろうか? 90年代のロシアはそれだけの国力もなかった。日本の領土がロシアに侵略されていてもアメリカ軍が動かないのは日本を守る為ではないからだ。

日本には1億3000万人の日本人がいるが、ほとんどの日本人が思考能力をなくしてテレビの言うがままになっている。北朝鮮のミサイルが日本所空を通過してもアメリカのゲイツ国防長官は人工衛星だとして我関せずだった。だからいざとなればアメリカ軍は日本から逃げてしまうだろう。韓国のアメリカ軍は次々と撤収していますが、北朝鮮が狂って本気で韓国に攻め入る脅威が強まってきたからだ。


温故知新(古るきをたずねて新しきを知る)6月29日 増田俊男

先ず日本の安全の前に日本の危機とは何でしょうか。難しくいえば、主権が侵され、他国の支配下に置かれることです。武力攻撃を受けるなど具体的危機はありますが、それらは大なり小なり対日支配を目的とするものです。従って簡単に言うと日本の危機とは日本が他国に占領されることです。安全保障とは、「日本が他国に占領されないための保障」です。日米安全保障条約により、日本の憲法の及ぶ地域(行政官区内)に米軍基地が50箇所以上存在しています。米軍基地は治外法権ですから日本国憲法ではなくアメリカ合衆国憲法と行政権下です。また米軍の日本の行政管区内の軍事行動の自由が保障されています。本条約付帯の地位協定で日本は在日米軍の経費を負担し、米軍人と家族に国民が羨むほど多くの特権を与えています。さらに地位協定の義務外の「思いやり予算」で累積約6兆円を米軍に払ってきました。北朝鮮からテポドン2号が何度も北陸上空に飛来しましたが、アメリカは「あれは人工衛星だ」などと言って日本の安全には無関心でした。ある時は中国戦艦が日本の海域を侵犯しました。やはり米軍は無関心でした。北朝鮮の対日挑発、中国戦艦の日本領海侵犯、何故日米安保は機能しなかったのでしょうか。それは「日米安保は対日侵略条約」だからです!


 自国に他国の軍隊が大挙駐屯し、自国内の他国の基地に自国の憲法、行政権が及ばず、他国は軍事行動の自由を持っている。そして自国は他国の駐屯軍の自国内の経費を払う。この状態を定義すると、「自国は他国に占領されている」ことになります。米国は日本を軍事占領してきたので日本には戦後も今後も真の安全はありません。大変皮肉な表現になりますが、日本の安全は「米軍占領下の安全」ということになります。実際に在日米軍が安全を保障しているのは在日米軍基地だけです。これが「日米安保の真実」です。


(私のコメント)
「日本国の正体」はアメリカの植民地だと言う事です。民主党政権ははたして日米安保を解消して在日米軍を撤収させるだけの心構えがあるのだろうか? もっとも在日米軍がいなくなれば官僚組織の権力の源泉が無くなるわけであり、新米ポチ保守の政治家や学者達の利権もなくなるだろう。竹中平蔵はアメリカに亡命するかもしれない。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (82)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党は、静岡知事選挙で負... | トップ | 政界には「世襲」+「年功序... »
最近の画像もっと見る

82 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (e)
2009-07-07 14:39:31
自民党から衆院選への出馬要請を受けている宮崎県の東国原英夫知事は1日、同県高千穂町で開かれた「県民フォーラム」で「今を逃すと、またチャンスが来ると確約できない」と述べ、国政転身への強い意欲を改めて示した。

東国原知事は「1期(最後まで)務めてから国政に行けばいいとも言われる。行くだけなら行けるが、改革できる自信がない」とも説明。自民党に地方分権改革の提案を受け入れさせるのは今しかないという考えをにじませた。

内閣支持率低迷に苦しむ自民党からの立候補に、出席者から疑問の声が上がったが、「僕が行く党は負けない、負けさせない。負けたら分権ができない」と、自信たっぷりに答えた。

自民党の一部で取りざたされた自身の入閣についても「法律上、(知事職と)大臣は両方(兼任)できる。総理大臣はできないが……」と関心を見せた。





東国原知事にしても橋下知事にしても、世間の関心が高いのはテレビメディアが両氏を頻繁に画面に登場させるからだ。メディアが両氏に関する報道を最小限にとどめるなら、両氏の動向が世間の強い関心を呼ぶことはない。

つまり、東国原氏と橋下氏の行動がクローズアップされる背景に、マスメディアの「意図」が存在し、その裏側にメディアを支配する巨大権力の「意図」が存在すると考えられる。

「アホらしい」との感想を述べた笹川尭自民党総務会長、「東国原君、顔を洗ってくれたまえ」と発言した松浪健四郎議員の映像は、守旧派勢力として描かれ、悪いイメージを被せられている。

自民党清和会、とりわけ小泉竹中一派に連なる人々が、知事グループに好意的な対応を示している。
ロジカルである (太郎)
2009-07-07 14:54:20
>在日米軍が日本を守る為に駐留しているのならば、北方領土問題もすぐに解決するはずだ。アメリカ軍が北方領土が日本のものだとして上陸した場合ロシア軍は反撃するだろうか? 90年代のロシアはそれだけの国力もなかった。日本の領土がロシアに侵略されていてもアメリカ軍が動かないのは日本を守る為ではないからだ。

日本には1億3000万人の日本人がいるが、ほとんどの日本人が思考能力をなくしてテレビの言うがままになっている。北朝鮮のミサイルが日本所空を通過してもアメリカのゲイツ国防長官は人工衛星だとして我関せずだった。だからいざとなればアメリカ軍は日本から逃げてしまうだろう。韓国のアメリカ軍は次々と撤収していますが、北朝鮮が狂って本気で韓国に攻め入る脅威が強まってきたからだ。


 まったくそのとうりだぜ。しかしうまく立ち回ろう。徳川家康の家臣団のように。

亜米利加は南ベトナムを軍事的に保持できなかった。国内は内戦になる。現状維持派既得権益層、外国人共生派 と 改革貧乏派反共生派である。逆の意味で北朝鮮を見習おう。

 御伽噺の花坂爺さんのように、ポチがいうところを掘ろう。

国家目標を策定して、3年で海軍を増強して(軍事ケインズ主義)、我々は我々日本人が日本人の常識で生活できる世界を作ろう。

 パチンコの20兆円など捨てて、健全な世界を作ろう。臥薪嘗胆をするぜ。皇室を機軸に。
秀吉 (Unknown)
2009-07-07 15:21:01
>パチンコの20兆円など捨てて、健全な世界を作ろう。臥薪嘗胆をするぜ。皇室を機軸に

皇室の実体は公家集団。本気で当てにしていたら藤原秀康になるよ。いやきっとなるに違いない。

http://shigabiwako.blog41.fc2.com/blog-entry-134.html
東国原と相変異
みなさんの応援もありまして、見事 静岡県知事選挙は 自民・公明を破ることができました。
Unknown (Unknown)
2009-07-07 15:49:40
 東国原のいう”チャンス”とは官僚組織の無謬性を守りながら、日本を55年体制へ引き戻すという意味だろう。

 コイツは知事選出馬の前にもそんなことを言っていた。丁度北朝鮮の核実験が行われた直後だった。

 この時は、当時の宮崎県知事と和歌山県知事が急に逮捕されて一部で「国策捜査」だという声が上がっていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E8%89%AF%E6%A8%B9
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E5%BF%A0%E6%81%95

 とすると、一連の動きはやはり米国が裏で糸を引いている可能性はある。つまり首相になれば小泉とは違った意味での売国政治が行われる危険は極めて高い。
Unknown (Unknown)
2009-07-07 15:49:54
政治家も官僚も外国に事大することによって自分達の利益を得ようとする姿勢を改めない限り、自民党でも民主党でも日本が独立国になるのは不可能だと
思うな。
 
米軍も日本に駐留することによって申し分のない兵站を教授できているのだから、日本はアメリカに思いやり予算なんかをつけてやる必要はない。
反対に地代を払わせるべきなのだ。
 
アメリカの陰謀? (nori)
2009-07-07 16:01:47
 世界中が金融恐慌の「被害者」だったわけだから、何でもユダヤ人の思うままに世界が動いているとする俗説も廃れてしまった。なにしろ、当のユダヤ人が大損して目も当てられない状況なので、結局、損するも得するも、キツネ拳のように持ちつ持たれつ、世界は回っていると言うことが証明されたからだろう。そうなれば、当然、「陰謀論」の類も縮小されるべきなのだが、TORA氏の頭はいかに。

 マリファナをやると、異様に疑い深くなる人種が居るという。これはおそらく、薬によって精神が先祖返りか幼児退行してしまうタイプの人間が襲われる幻覚に起因するものだろう。周囲の大人世界が幼児退行した精神にとっては、不明確な疑わしきものと映るということかもしれない。その意味では日本での「陰謀論」の隆盛は、日本社会の幼児性を映す鏡と言えないことはない。

 アメリカは日本の将来にとって何の「陰謀」も持ってはいない。ただ、自国民の平和と安全が第一というだけである、というふうには考えられないのだろうか。中国も、ロシアも、あの北朝鮮とて、同じように自国民の平和と安全からしか、物を考えたことがなく、それゆえエゴとエゴが衝突するだけなのだと、単純に考えてみてはどうだろう。あのロッキード事件さえ、アメリカ政府は何も関与していなかったことが時事研究家によって明らかにされているのだが。

 誰も見向きもしていないのに、注目されていると勘違いの脳タリン女ではないのだから、それほど我々の一挙手一投足まで関心を注がれているわけではない、と考えるべきなのである。こうした誤った「自意識過剰」が高じてくると、ロスチャイルド家が、ロックフェラー一族が、あーたらこーたらと、限りなくベンジャミンフルフォードか広瀬隆の世界に近づいていく。

 古人も「ヘタな考え休むに似たり」と喝破しているではないか。世界はもっと単純明快に出来ていると割り切って物事を考えていく方が、少なくとも日本人の精神の健康にはよろしいような気がするが。
Unknown (idj)
2009-07-07 16:09:15
松下奈緒 過去の全裸映像「美少女映像 妖精奈緒」
を見ちゃえば、このブログを見てる人たちを「児ポ法」によって捕まえられるようになる訳ですね。ワンクリ詐欺同様のトラップと言う訳ですね。
ロジカルである1 (太郎)
2009-07-07 16:11:15
 その昔といっても戦前だが、検察と新聞記者がつるんで、でっち上げたテイジン事件と言うものが在った。
この検察の体質は引き継がれた。もともと検察は体制側の一味だが法律によって、担保されている。
その昔ロッキード事件というわけの分からない事件があり。当時の検事総長 伊藤栄樹総長が<悪い奴は眠らせない>と歌舞伎の見栄のようなことをした。当時は私は若かったから、<いよー、山形屋>と思った、その後分け合って、ある裁判の記録を読んだ。その結果法律を専門ではないが、伊藤氏は100パーセント誤りで、およそ法律と言うものをまったく知らない人だと思った。彼の行動は政治的なものでとてもではないが法律家ではない。何故彼はこんな簡単なことが理解できなかったんだろう。いざと言う時に行動できないと言うことは身についていない事だが、彼はなくなる前に<人間死んだらごみになる>という本を出版した時、そのタイトルを見て、<これではね>と思って、購入しなかった。
 今回鳩山氏の政治献金についても虚偽記載は弟の邦夫氏が指摘することが正しいが、何故検察はこれを捜査して、鳩山氏を逮捕しないのか。よくわが国は法治主義と能書きをたれるが、その適用はとても法下の平等に反している。多くにごく普通の日本人が感じているように同じ法律が適用される人と、適用されない人がある。安二郎氏の好きなお天道様の下で恥ずかしくないのかである。恥ずかしくないのである。国民から信頼を失ってもいいのである。アメリカ軍が日本を守られなくてもいいのである。自分たちだけが安泰なら。亜米利加本土が良ければ。
 政権が交代したらオラの出世がなくなるとでも考えているだろうか。堀田力氏の行動を詳しく調べれば其れは分かるが、そんな暇は俺にはない。しかし検察は国民を一体なんと思っているんだろう。各、検察諸氏は夜、女房と寝る時何を話して寝るんだろう。子供に何を話すんだろう。私の夫は検察庁に努めているわ、と言う程度の女房ばかりだろうか。子供はお父さんは立派な検察官と信じているのだろうか。
 無論俺は子供と女房に馬鹿にされているが、それでもと密かに思っていることはある。

検察諸氏は町の売春婦ほどの気概は持っていないだろうか。
わが国の意ある国民の密かな軽蔑を感じないだろうか。感じないようである。
Unknown (Unknown)
2009-07-07 16:24:20
GHQの初期の占領政策では、日本を米国の脅威とならない極東の貧しい農業国として存続させるというものであった。

しかし、中共政府の成立、朝鮮戦争の勃発を契機として米国は日本を防共の砦にすることに占領政策を変更し、そのために必要な経済力を付けさせるべく工業化を後押しした。

日本人の勤勉さと商品開発力は、キッシンジャーをして米国政策の最大の失敗は、日本を経済大国にしてしまったこと、と言わしめるほどのものになった。

しかし、ソ連が自滅し冷戦が終結した現在において、米国にとって日本を反共の砦として扱う
意味はまだ残っているのだろうか。

CIAは、冷戦終結後その能力を日本との経済戦争に使うと宣言したことがある。
今も、その宣言どおりに作戦(日本の非経済大国化)を展開しているのだろう。

そして、その作戦は成功しつつあるように思える。







Unknown (Unknown)
2009-07-07 16:49:13
>>無論俺は子供と女房に馬鹿にされているが、

やはり身近にいる人はよくわかっていらっしゃる

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

中川秀直 新刊 (ちょいヲタオヤジのニュース速報)
高橋(洋一)さんは、時計や金銭なんて見てもいないそうだ。 ... ... 拙著「ジャパン・ハンドラーズ」参照) 長谷川氏が評価している竹中平蔵や中川秀直などの「上げ潮」派の改革派は、国内の改革を行うために ... 小泉純一郎や中川秀直はアメリカの手先でありエージェン...