株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

日本は「歴史戦」において、中国や北朝鮮や韓国の大虐殺事件を暴露して、信用を失墜させることが出来る

2017年01月28日 | 歴史

日本は「歴史戦」において、中国や北朝鮮や韓国の大虐殺事件
を暴露して、それぞれの政府の信用を失墜させることが出来る。


2017年1月28日 土曜日

チャーズ 中国建国の残火 遠藤誉(著)

「中国に言論の自由はいつ来るのか? 2013年1月9日 遠藤誉

 私が中国の「言論の自由」にこだわるのは、私自身が経験した革命戦争における惨事を、65年経った今も中国政府が認めようとしないからだ。

 1947年晩秋、中国共産党軍(のちの中国人民解放軍)は私が住んでいた吉林省長春の街を都市ごと鉄条網で包囲して食糧封鎖し、数十万の市民を餓死に追い込んだ。私は長春を脱出するために「?子(チャーズ)」という中間地帯に閉じ込められ、餓死体の上で野宿した。恐怖のあまり記憶喪失にまでなったこの経験を1984年に『?子――出口なき大地』(読売出版社)として出版。中国語に翻訳し中国で出版しようとしたが、こんにちに至るも、出版許可は出ていない。

(中略)

 このとき、中国共産党軍は長春に対して「久困長囲」(長く包囲して困らせる)という決定をしている。そして「長春を死城たらしめよ」という指示を出しているのである。

 長春の街はまさしく死の街と化していた。

 餓死体が取り除かれることもなく街路樹の根元に放置され、親に先立たれたのか、その周りで2、3歳の子供が泣き喚いている。幼子の周りをうろついている犬。犬は野生化して、餓死体だけでなく、親に先立たれた幼子を食べるようになっていた。

 旧城内という、中国人だけの居住区では、人肉市場が立ったという噂が流れていた。
 国民党軍は瀋陽から飛んでくる飛行機が無人落下傘で落とす食糧により肥えていた。その落下物に市民が近寄れば銃殺される。しかし飛行機自身も低空飛行をすれば八路軍に撃ち落とされるので、上空から落とすようになり、そのうち飛来してくる回数も少なくなっていた。


 この状況下、国民党政府は軍の籠城を保たせるために、市民に長春から出ていってほしかったのである。そこで国民党軍は市民を一人でも多く長春から追い出す方針を採った。

 長春を包囲する包囲網を「?子(チャーズ)」と称するが、その?子には「?口(チャーコウ)」と呼ばれる出入り口があり、そこからなら脱出して良いということになっていた。

 ところが、私たち一家は国民党政府に「留用」されていたので移動の自由がない。しかしこれ以上長春にい続ければ餓死者が続出して一家全滅となる。

 そこで父は長春市長に会い、国民党政府に「留用の解除」を求めた。市長はあまりに変わり果てた父の姿を見て、すぐに「解除証書」を発行してくれた。

 9月20日、私たちはいよいよ長春脱出を決行することになった。その前夜、末の弟が餓死した。

 「?口」には国民党の兵隊が立ち、一人ひとりの身分を確認しながら「ひとたびこの門をくぐったならば、二度と再び長春市内に戻ることは許されない」と言い渡していた。

 戻るはずがない。餓死体が街路に転がり、人肉市場まで立ったという所には二度と戻りたくない。この門をくぐりさえすれば、「解放区」がある。「解放区」とは八路軍(中国人民解放軍)によって解放された地域のことだ。

 しかし、その門は「出口」ではなかった。
 真の地獄への「入口」だったのである。

 鉄条網は二重に施されていた。内側が長春市内に直接接し国民党が見張っている包囲網。

 外側の包囲網は解放区に接し、八路軍が見張っている。その中間に国共両軍の真空地帯があり、こここそが、まさに?子(挟まれたゾーン)だったのである(?子には(軍の)「関所、検問所」の意味と、「挟むもの」という二つの意味がある)。
 
 足の踏み場もないほどに地面に横たわる餓死体。
 四肢は棒のように骨だけとなっているが、腹部だけは腸(はらわた)があり、それが腐乱して風船のように膨れ上がっている。それが爆発して中から腸が流れ出している餓死体もある。そこに群がる大きな銀蠅。近くを難民が通ると「ブン!」と羽音が唸る。
 
 外側の包囲網である鉄条網が見えた辺りから、八路軍の姿が多くなり、導かれるままに腰を下ろす。死体の少なそうな地面に、持ってきた布団を敷き、野宿。陽は既に沈んでいた。
 
 翌朝目を覚まして驚いた。布団の下が嫌にゴロゴロすると思っていたら、ふとんの下から餓死体の足がニョッキリ出ている。

 新たな難民が入ってくると、それまで死んだように横になっていた難民たちが一斉に起きあがり、ウワァーッと新入りの難民を取り囲んで食料を奪う。八路の兵隊は、それを特に止めるでもなく、黙って見ている。そしてその八路軍が守る解放区側に接する包囲網の門は、閉ざされたままだった。

 私たちは、この真空地帯に閉じ込められたということになる。
 ここで死ねというのか――。
 赤旗の下で戦っている八路軍は、苦しむ人民の味方ではなかったのか――。

 夜になると、前の夜には聞こえなかった地鳴りのようなうめき声が暗闇を震わせた。父が「ちょっと行ってくる」と立ち上がった。父にしがみつくことによって何とか恐怖に耐えていた私は、そのまましがみついて父のあとを追った。

 そこには死体の山があった。うめき声はここから出ていた。

「死に切れぬ御霊(みたま)の声じゃ・・・」

 父はそういうなり地面にひれ伏して、御霊を弔う神道の祈りの詞を唱え始めた。
 するとどうだろう。死んだはずの死体の手が動いたのだ――。
 鉄条網の向こう側の電柱についている裸電球に照らされて、青白い手が動いた――!
 その瞬間、私の精神をギリギリまで支えていた糸が、プツリと切れてしまった。

 死体の前で祈っている父の姿が、どんどん小さくなっていく。
 うめき声は消えたが、私は正常な精神を、この瞬間失っていた。記憶を喪失してしまったのである。

 四日目の朝、父に?子出門の許可が出た。アヘン中毒患者を治癒する薬の特許証を持っていたからだ。解放区は新中国建設のために技術者を必要としていた。しかし、いざ門を出ようとすると、敗戦後父を頼って私たちの家に居候をしていた元満州国政府の技術者の遺族が出門を禁止された。技術者の遺族は技術者ではないので、解放区に入ることは許さないというのだ。

 このとき私には二人の姉と妹および弟がいたが、弟は既に脳症を起こして人事不省だ。
 私は全身結核菌に侵されて化膿した複数の傷口から膿が噴出し、しかも恐怖のあまり記憶を喪失している。このまま、あと二日も?子内に留まれば、死は確実だろう。長春を脱出する前夜に息子を一人失っている母としては、申し訳ないが、我が子の命を助けたいと思うのが人情というものだろう。このまま技術者たちのご遺族とともに?子に留まるという父を母は捨て身で説得し、私たち一家は?子をあとにした。

 「共産党にとって有用な者だけを放出せよ」という指令が毛沢東から出ていた。私たちはまさにその方針により出門できたのである。1948年9月24日のことだった。

 だからいま私はここに生き残っている。

 ?子の門を出るとすぐにお粥が配られた。
 解放区で飢え死にする者は一人もいないようにしろ、というのが、毛沢東の指示であった。毛沢東は「誰が民を食わせるかを民に知らせるのだ。そうすれば民は自分たちを食わせてくれる側につく」という戦略に基づく指令だった。すなわち、民は毛沢東率いる共産党を選ぶか、それとも蒋介石率いる国民党を選ぶかと、という意味だ。


 この論理は現在の中国においてもなお、変わっていない。
 だから、私は命を賭して経験に根差した中国分析を試みるのである。

 中国共産党は「中国を経済的に豊かにしているのは中国共産党だ」として、統治の正当性を主張している。

 たしかに中国は豊かになった。
 しかしその分だけ貧富の差が開いている。
 そして人は腹が満ちればそれでいいという生き物ではない。
 尊厳を求めている。
 経済的に豊かになれば権利意識も芽生える。

 これからの5年間、まず第一期目の習近平政権の覚悟のほどが問われている。」



(私のコメント)

中国は「超限戦」戦略に則って日本に対して「歴史戦」を仕掛けていますが、ならば日本も「歴史戦」に則って反論しなければなりません。しかし中国には言論の自由が認められておらず、ネットすら遮断された状態になっている。

韓国も一緒になって日本に対して「歴史戦」を仕掛けていますが、日本政府の対応のまずさで外交問題化して失敗している。このような「歴史戦」は政治家によって決着がつくものではなく、言論人が戦いの主体にならなければなりません。しかし日本のジャーナリストや新聞記者には中国の言いなりになっているものがいる。

しかし言われた事に対しては反論しなければ認めたと取られかねないから、日本の言論人は反論しなければならない。しかし中国は言論の自由が無く中国人や韓国人との論争は議論にならず、相手は感情的になるだけなので冷静な議論は成り立たない。

アメリカの歴史学者との歴史議論でも、「歴史修正主義者」のレッテルを貼り付けて、日本の歴史学者に反論に答えようとはしていない。そもそも南京大虐殺はアメリカが言い出したものであり、東京裁判で取り上げられて松井大将は絞首刑にされた。

「歴史戦」は究極的にはアメリカが仕掛けて来たものであり、松井大将は南京攻略戦で統率を欠いたという事で絞首刑にされている。しかし東京裁判では多くの女性は強姦されて10万人が殺害されたとされた。しかし直接の目撃証言は無く、単に「平和に対する罪」という事後法で処刑された。

アメリカとしてはこのような事を蒸し返されたくないから、中国や韓国を使って日本を黙らせようとしていますが、東京裁判のデタラメさを徹底的に追求しなければなりません。むしろ当面の「歴史戦」の相手は中国や韓国であり、南京大虐殺や従軍慰安婦の問題を片づけなければなりません。

南京大虐殺の30万人と言う数字は何処から出て来たのだろうか。東京裁判では10万人とか20万人とかいったはっきりしない数字であり、推計の根拠もはっきりしていない。当時は国共内戦の真っ最中であり、1947年当時は長春包囲戦の真っ最中であり長春の市民33万人が餓死した。50万人の市民のうち生き残ったのは17万人であり、長春市内は餓死者で溢れた。

遠藤誉氏は、長春包囲戦の生き残りであり当時は7歳だったそうです。当時の日本軍はほとんど引き揚げていたが、技術者は残されて働いていた。日本軍パイロットなども中国共産党の空軍パイロット養成のために残された。逆に国府軍にはアメリカ軍が連合軍の一員として参加しており、11万人ものアメリカ兵が国共内戦に参加していた。

アメリカ政府は国府軍の大量の軍事援助を行い、最新式のアメリカ製武器で戦っていた。だから国共内戦についてはアメリカ軍は当事者であり、B29まで使って毛沢東の共産党と戦っていた。当時の共産党軍を日本軍残留兵やソ連が支援してまさに中国国土が米ソの代理戦争化しつつあった。

その様な1947年当時の長春包囲戦は前半戦の山場であり、遠藤誉氏はその修羅場を生き延びて来た。中国大陸の戦闘は民族の殲滅戦であり、兵士の犠牲よりも一般市民を巻き込んでの戦闘になり、むごたらしい結果となる。ちょうど東京裁判の真っ最中であり、南京大虐殺は当たり前のように受け取られたのだろう。日本人で毛沢東軍の長春大虐殺を知る人はほとんどいない。

毛沢東が日本に対しては親日的であったのは、共産党軍にも多くの残留日本兵がいたためであり、国府軍にはアメリカ軍が参加していた。アメリカ政府は内戦の調停に何度も乗り出したが失敗して徐々に中国から兵を引いて行った。つまり蒋介石はアメリカに見捨てられて毛沢東の共産党軍に敗れて行った。

アメリカは朝鮮半島でも中国共産党軍と戦っているが、朝鮮戦争は中国内戦の延長であり、国府軍も韓国軍もアメリカ軍の援助なしにはまるで弱かった。アメリカ政府の意図としては、中国から日本軍を追い出した後はアメリカが関与して中国を支配しようとしたが、国府軍は軍が腐敗してアメリカも見捨てざるを得なかった。朝鮮半島では何とか韓国を維持したが、やはり韓国軍はあてにできなかった。

アメリカは海軍国であり、陸上の戦闘では大軍を動員が出来ない。だから中国大陸でも朝鮮半島でもインドシナ半島でも中東でも苦杯をなめた。それらの戦闘では住民を巻き込んだ残虐な戦闘となるが、アメリカ軍はそれに耐えられない。大陸と言う風土が残虐なものであり、住民が犠牲になる事は大陸では当たり前なのだ。

その状況を知るには、遠藤誉氏の『?子――出口なき大地』と言う本を読めばわかりますが、中国では住民が犠牲になる大虐殺が歴史上頻?にあり、だから南京大虐殺もあったと平気で主張が出来るのだ。シリアでは国共内戦のような住民を巻き込んだ戦闘が行われて多くの市民が死んだ。アメリカ軍は最初は参戦していても途中で手を抜いて行くのは、中国内戦でも同じだ。だから日米安保もいつまでも信用が出来ないのだ。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (24)   この記事についてブログを書く
« 終身雇用そのものにメスを入... | トップ | 簡単に言えば、原子炉を止め... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (笑氏)
2017-01-28 16:09:09
この本もアパホテルに寄贈しましょう。

>つまり蒋介石はアメリカに見捨てられて毛沢東の共産党軍に敗れて行った。<
日本もアメリカの様に適当なところで撤兵すれば良かった。アメリカは日本の轍を踏まなかったということ。
松井石根は、陸軍参謀本部の命令を無視して南京まで占領してしまい、和平交渉を御破算にして泥沼の戦争に突入するダメ押しの原因になったので、東京裁判云々以前に責任があると考えている。

>アメリカは海軍国であり、…<
日本軍は、大陸でもインドシナでも負けなかったが、海洋国家だけど陸軍国だったのか?
アメリカが勝てなかったのは、本国から遠すぎたから。
朝鮮戦争でアメリカが負けなかったのは、日本が銃後を支えたから。
戦力は、本拠地からの距離に反比例して減少するとかなんとかの法則が有ったような。
だから、ナポレオンにしろヒトラーにしろバルチック艦隊にしろ秀吉にしろ、ミッドウェーにしろ、遠征した方が敗れることになっている。
そもそも論 (八坂)
2017-01-28 16:19:50
そもそもアメリカに言論の自由があれば一番効果的だろ、米帝が戦争犯罪国家だと認めれば全てにカタがつくのであり、日本を貶める理由も必要性も失せる。
「●APA●本」人類のバイブル! 死に物狂いで消し捲る米匪、中韓匪 ← は人類に非ず, 暗殺、不審死も執行 ( 再)
2017-01-28 16:24:59
ジャパンハンドラーズ:「日本のトップはバカしかやらせない!」

アパホテル 書籍20万部増刷へ
全世界から注文殺到?中国買占め?
    ↑     ↑
✖安倍チョンゾーこの本にドタマ叩かれろバカヤロー!

>チョンゾー「この国をとりもとします!」 ← 我が国と言え ・・ 安倍の外患罪連発

安倍は政策「云々」の前に政治家失格!何故暗殺されぬ米ロボット!

今、ホテル業界は外国人観光客の増加でウハウハなハズですが、アパホテル元谷代表の発言には、南京事件や慰安婦捏造に対する強固な意志を感じました。一カ国の外国人観光客の比率を10%以下に抑える措置作戦を取っていたそうで、過度な外国依存を警戒する姿勢は経営者として正しい選択です。安倍とは違います。

大統領に就任したら選挙中の過激発言は控えるだろうな、と予測していたトランプ大統領ですが全くブレがありません。TPPからの永久離脱を初日に発表し、大統領令にも署名しました。既にUSTRではTPP関連サイトの閲覧が出来なくなっている。選挙中と真逆に動きをした安倍とは全く違う。アパ代表の元谷氏は日本は圧力を掛ければ妥協すると思っているがそうはいかないと決意表明し歴史の真実について徹底抗戦を示した。

後援会の副会長の元谷氏の心意気を少しでも安倍が理解していたら尖閣諸島の実行支配の後退や日韓合意での朝鮮人売春婦への謝罪や賠償も避けられたのだ、

トランプ大統領の本気度を示す実例は多数あります。

・ホワイトハウスのスペイン語のサイトを閉鎖し、

・移民難民の受入れの制限、

・メキシコ国境の壁の建設を指示したりしています。

大統領令に署名後「国境が無い国家は国家では無い」と語りましが、「国境と国籍に拘る時代は終わった」云々と語った安倍と真逆だ。

安倍は逆に特亜3族の入国、居住就業を無警戒に全面開放を始めています

元谷アパ代表やトランプ大統領や加えて英国のメイ首相などメディアから猛バッシングを受けていますが、これはグローバリズムを推進して来た黒幕が誰かを各国民に教えています。安倍はナショナリストとして首相に再登板したハズが徹底的にグローバリストにゴマスリの現行犯でした。日本は幸いにもグローバル化が遅れて、国民生活がまだ何とかなっています。ところが移民を入れ中韓両国に我が国を差し出そうと、手段選ばず国を売っているのが安倍です。実は多くの国民はマスゴミに騙されコレに気づいていません。

こいつの日本破壊の凶暴性、異常性、狂気に気づいた国民の安倍猛批判の本気度が問われる。  2017/01/27(金)
日本を「新・悪の枢軸」にするトランプの手口 (爆発シナ製チャリ)
2017-01-28 16:36:46
メイ英首相、トランプ密談/写真
http://www.sankei.com/world/photos/170128/wor1701280006-p1.html
  ↑      ↑
✖韓国人民1万人調査 韓国に一番必要で無い国はどこか? (引用)
 
■2016年、韓国人調査 韓国に最も必要で重要な国はどこか?
調査 2016/07/20

1、中国 47%
2、米国 39%
3、EU   2%
   ・
   ・
6、日本  1%

■2016年、韓国民1万人調査 韓国に一番必要でない国はどこか?

1、日本   87%
2、朝鮮    3%
3、台湾    2%
4、ASEAN   1%
5、ロシア   0.7%
6、EU    0.6%

>なんで日本は逆に、竹島軍事占拠を
韓国に対し「謝罪賠償の要求」をしないのか?

かって、「中韓からの圧力冤罪」で辞めた多くの大臣など、どれだけ日本がひどかったか、ネットが無い時代はマスゴミどもがやり放題の異常だった。

✖日本の歴代政権が中韓をつけあがらせて来たのです。「少女像」も「APA事件」も、その延長線上にあります。

>AP通信は、なんと1992年から「性奴隷」を連呼!連呼!連呼!

✖欧米メディアが「日本人慰安婦」を無視するのは何故か?

朝鮮人より多かったハズだ。彼女らが「強制連行」を否定したり性奴隷ではなく売春婦だと正直に告白するので、反日攻撃の利用価値が無いと踏んだのだ。

✖重症事故多発中! 新種テロ!✖爆発シナ製チャリ!中国で同犯罪は無し!

✖輸入自転車の9割中国テロ!!!

✖「マジ死にかけた」突然壊れる〝自爆自転車〟の恐怖 輸入が9割、国内メーカー製品へも侵入 ✖メイド・イン・チャイナ・テロ?
✖突然ペダルが空回り…路上に投げ出され、重態!!
✖ひざ下マヒ、サッカー選手の夢絶たれ… 
✖「走行中にフレームが突然折れて転倒し、歯を8本折った」
✖「電動アシスト自転車のフレームが真っ二つに折れけがをした」
✖突然前輪が外れて転倒し、首から下がマヒ障害。男性は輸入元に計約2億4千万円の損害賠償提訴。東京地裁は25年「恐るべき悪意の欠陥」と、1億8900万円支払い命じた
http://www.sankei.com/west/news/170127/wst1701270003-n1.html
↑     ↑
 だから、Bridgestone/ブリヂストンにしろと何度も言ってる!
Unknown (Unknown)
2017-01-28 16:46:55
必死の中韓=パヨク脳反日左翼、反日在日テロ集団

ネットで中韓を土人と揶揄している記事を見ます。確かに土人と言える。

しかし、ここ最近中韓のアパホテルへの対応を見ると明らかに必死な様子が伺えます。中国はますます言論弾圧が進み、韓国に至っては札幌組織委に文書で撤去しろと言ったらしいがアパ側が反論。その後削除逃亡

中韓が、タッグを組んで言論弾圧し、「右翼関係者」云々・・・。 あいつら、やたら日本の右翼と言うが、偏った歴史観でゆすりたかりしているのはお前らだろうが・・・。軍国主義、右翼全開はお前らの事だと言いたい。

中韓と日本の左翼は、所詮、土人です 事実無根の話に基ずいて事実確認せず騒ぎ、事実をねじまげ、たかる事しか考えない低能で卑しく無知で恥を知らぬ特亜族ども。

もっと騒げば良い騒げば騒ぐ程、我々は距離を置き相手にしないだけの事だ。ここは、日本!どこぞの一党独裁国家の中国や、法律や国際条約も守れない人知国家の韓国と違う。いままで、中国や韓国の言いなりになっていた 親中、親韓派の国会議員などいつでも選挙で追い落とす事が出来る。


✖社殿に侵入、神鏡を破壊 ✖チョンを再逮捕!! 福島

✖社殿に侵入、神鏡を破壊 韓国人チョンを再逮捕!! 福島

住所不定、韓国籍の無職チョン・スンホ(35)=同罪で起訴=再逮捕した。
 同県内では昨年12月上旬、寺や神社などから仏像や地蔵像が壊されたとの被害届が相次ぎ、損壊数は130体以上に上っている。
Unknown (Unknown)
2017-01-28 16:50:25
トランプ政権の新任米国連大使「わが国を支持しない者はその名を書き留め、相応の処罰対応を取る」

~ネット国民「日本に無理難題ふっかけてくんぞ、ハルノートみたいなのを」「結局協調なんて有り得んのや」
利敵行為してきたのは経団連&官僚&パチンコ屋 (う~ん、、、)
2017-01-28 17:22:27
もう、はっきりしとるやろう!!!

経団連や商工会は、こうなるのが判ってて、、、

中国投資や不法外国人労働者を日本に連れてきた。

その数、すでに100万人越え、、、

パチンコ屋とグルの官僚も同じ穴のムジナに過ぎず!

安倍が、名ばかりの似非保守=日本会議という、、

ただの金儲け集団にバックアップされて国民に保守イメージを植え付けておいて、、、

やってることは、日本国内を外国人だらけにしといて、

知らん顔!!!

日本会議に乗っかってる神社本庁も、所詮は金、金、金の亡者に過ぎず、、、

文化伝統を破棄しているのは、自称、この国の文化伝統の正当な後継者と言うことになる。。。

20年も前から、日本売りは、止まるどころか、加速度的かつ不可逆的にこの国日本を堕落せしめ崩壊に向かわしめている。。。

国家神道を懐かしむあまりに、また、おいなる文化破壊が行われようとしている。。。

明治とは、この国日本における中国共産党と同じ文化大革命に過ぎず。。。

戦後すなわち、中国共産党は、ただ、日本から、この大いなる野蛮な手法を真似たに過ぎない。。。
【拡散!】◆少女像の基礎知識◆ (Unknown)
2017-01-28 18:14:45
●慰安婦少女像はそもそも慰安婦像ではなかった
●2002年の「米軍装甲車女子中学生轢死事件」で犠牲となった学生のモニュメント像だった
●在韓米軍による被害者は二人だったので、隣に空席がある
●元々、在韓米軍の前に設置したがダメになった
●作った芸術家夫婦は最初使い方が違うと反対していた
●大量に発注されることで芸術家夫婦に2億円くらいのお金が入った
●すると芸術家夫婦は慰安婦像だとして活動しだし講演までするようになった
日本人もパクリ民族だなぁ、山崎豊子は日本人だし (安部晋三は売国奴)
2017-01-28 18:55:53
「不毛地帯」騒動では作家の故・松本清張氏が、

「引用の頻度からいって、これは無断借用じゃなく盗用だ」

 と批判。瀬戸内寂聴氏も、

「山崎さんの盗作は一種の病気だと思うの」

 と断じた。これだけでも十分すぎるほどの“前科”だが、96年にNHKでドラマ化され、大ヒットした「大地の子」でも、筑波大名誉教授・遠藤誉氏の著書「〓子(チャーズ/〓は[上/ト])」からの数十カ所に及ぶ盗用疑惑が発覚。遠藤氏が提訴する事態となる。

「山崎氏が『〓子』を参照していたのは間違いありません。ただし裁判は山崎側の勝訴。裁判所の判断は『2冊の本はおおまかな筋では共通するが、それは歴史的事実であり、総合的に考慮すると盗用とは見なされない』というものでした。山崎さんが、再三にわたって盗用騒ぎを起こし続けた理由の一つは、日本における盗用の線引きがハッキリしていなかったことがあげられます」(社会部記者)

裁判所の判断は『2冊の本はおおまかな筋では共通するが、それは歴史的事実であり←ここ重要、試験に出ます。

引用ここまで、

日本の、文化勲章を貰った森繁の「知床旅情」の曲が
早春賦のパクリであることは有名だが、
早春賦もモーツァルトの「春の訪れ」だったかなのパクリ
と一部ではいわれているよね。
Unknown (Unknown)
2017-01-28 19:07:00
韓国人の公務員採用は止めるべきです。

韓国人には韓国人固有の利益があります。
韓国人を日本の公務員にすると、
日本人のために仕事をせずに、
韓国人のために仕事をします。
韓国人の公務員採用は当然に
禁止すべきです。 日本名を使わせてはいけません、憲法違反です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事