株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

二人だけの秘密会談では、トランプと金正恩はがっちりと手を組んで、アメリカの対中包囲網に合意したのだろう

2018年06月15日 | 外交

二人だけの秘密会談では、トランプと金正恩はがっちりと手を組んで、アメリカの対中包囲網
に加わる事を合意したのだろう。その為には大規模な経済援助をしなければならない


2018年6月15日 金曜日

「在韓米軍撤退すれば日本が最前線」 安保パニックに陥った日本 6月14日 朝鮮日報

「ドナルド・トランプ米大統領が在韓米軍の撤退に言及したが、絶対に言ってはならないことだった。在韓米軍が撤退するということは韓国の軍事境界線が対馬海峡になるということで、日本の安全保障にとって計りしれない危機だ」(深谷隆司・元国家公安委員長)

 「(在韓米軍撤退の話を聞いて)目と耳を疑った。米国自ら将棋の駒を捨てたような行動だ」(香田洋二・元自衛艦隊司令官)

 トランプ米大統領が在韓米軍撤退の可能性に言及して以降、日本列島が「安保パニック」に陥っている。首相官邸、外務省、防衛省、それぞれが記者会見するたびに「在韓米軍が撤退すれば日本の安全保障にも影響が出るのではないか」との質問が相次ぎ、官房長官、外相、防衛相が「米国は今すぐ撤退すると言っているわけではない」と火消しに躍起になっている。

 菅義偉官房長官は14日の定例記者会見で「米国は現時点で在韓米軍の撤退・縮小を検討しているわけではない」として「韓米同盟に基づく抑止力が、北東アジアの安全保障に不可欠な役割を果たしている」と述べた。河野太郎外相は「韓米同盟と日米同盟はアジアの平和と安定を維持してきた『公共財』だ」と述べ、小野寺五典防衛相は「在韓米軍の縮小はあってはならない」と強調した。

 政界やメディア、官僚、安全保障専門家の間でも「韓米軍事演習の中止や在韓米軍の撤退はあってはならない」「中国と北朝鮮だけがホクホク顔だ」などという声が噴出している。

 日本経済新聞は「米朝会談の合意には、非核化のプロセスが北朝鮮ペースにはまりかねない三つのわながある」と指摘した。一つ目のわなは、米朝が非核化を段階的に進めるということを明言しなかった点だ。北朝鮮が非核化の措置に一つ着手するごとに、韓米日は「見返り」を支払わなければならない一方、北朝鮮は時間を稼ぐ上にカネももらえるというわけだ。二つ目のわなは、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は米国本土まで到達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射を中止するとは言ったが、韓日を狙った短・中距離ミサイル1000基については一言も言及していない点だ。三つ目のわなは、米国が自国の利益だけを手にしたまま在韓米軍の縮小や撤退を実施した場合、北東アジアの勢力バランスが急激に中国側に傾きかねないという点だ。

 このような「安保パニック」の裏には「トランプ氏を信じすぎた」という自責の念もある。日本政府は今回の米朝首脳会談に合わせ「安倍首相の外交ブレーン」とされる谷内正太郎・国家安全保障局長をシンガポールに派遣した。朝日新聞は「谷内局長が米国の実務チームと接触した際『在韓米軍の話は出ないだろう』という話を聞いたため、日本政府が安心していた」と報じた。トランプ氏の口からどんな言葉が出てくるのか、日本も知らなかったというわけだ。

 これまで安倍首相は日本国民の前で「私とトランプ大統領は『ドナルド』『シンゾー』とファーストネームで呼び合う関係」「いつどんな話でもできる仲」と何度も強調してきた。しかし、いざ米朝首脳会談が近づくと、トランプ大統領は11月に行われる米国の中間選挙を意識してICBMの発射実験を中止させることに集中し、「(非核化の見返りである)北朝鮮への経済支援は韓国と日本がやるだろう」と韓日に請求書を突き付けた。今回の会談で、中国だけが今以上に強くなるとの分析も出ている。米国の軍事力評価機関、グローバル・ファイヤーパワー(GFP)が発表した2018年の世界の軍事力ランキングで、日本は8位、中国は3位だったが、日本は中国に比べ人口は10分の1、兵力は9分の1、防衛予算は3分の1にすぎない。経済も既に中国に抜かれた。慶応大の渡辺靖教授は「今は北朝鮮について議論しているが、中長期的に見れば日本にとって問題の核心となるのは中国の存在」だとして「台湾と南シナ海での中国の振る舞いを考えると、
(今回の米朝首脳会談によって)日本が中国と対峙(たいじ)する最前線の国になるか、日米同盟で今以上の負担を強いられる可能性がある」と指摘した。


(私のコメント)

今回の米朝会談ではっきりと分かったのは、アメリカが韓国を見捨てることであり、米韓合同演習も中止されて、在韓米軍も近いうちに撤退する見込みが出てきた。韓国政府や国民の反応が気になりますが、朝鮮日報では自国のことよりも日本を心配をしている朝鮮日報の記事がある。

このように、米韓同盟が危機的状態にあるのに韓国のマスコミの動きは意外に小さな反応しか出てきていない。米韓合同演習の中止は米朝会談よりも大きなニュースだと思うのですが、米韓同盟は空洞化して、トランプ大統領は韓国を見捨てて、北朝鮮と手を組むつもりなのだろう。

北朝鮮の外交は、二つの大国をうまく操ってバランスをとる外交ですが、ソ連崩壊とともに中国一国に頼らざるを得なくなった。それとともに北朝鮮は核とミサイル開発に全力を注いで、アメリカを挑発し続けてきた。アメリカ向けに核とミサイルを開発していると見せかけて、中国に対抗できる軍事力を身につけた。

アメリカとしては、北朝鮮が核とミサイルをほぼ手にした段階で、トランプが手を伸ばしてきたわけですが、中国にはバレないように金正恩とトランプは派手なプロレスを中国の前で演じてきた。北朝鮮は中国の鉄砲玉として振舞ってきたわけですが、このままではアメリカにボコボコにされる。

金正恩は、アメリカに「どうか攻撃しないでください」とお願いするように会談を呼びかけた。これはトランプと金正恩の猿芝居であり、中国を騙すためのプロレスショーなのだ。今でもそれが続いていますが、中国の習近平は今回の米朝会談で「よくやった」と喜んでいるだろう。金正恩はなんの約束もアメリカと結ばなかったからだ。

しかし二人だけの秘密会談では、トランプと金正恩はがっちりと手を組んで、アメリカの対中包囲網に加わる事を合意したのだろう。その為にはアメリカは対北朝鮮への経済制裁を解除して、大規模な経済援助をしなければならないが、そのカネは韓国と日本に出させるつもりのようだ。

中国の習近平はそのような動きを察知して見抜いているだろうか。中国は今頃になってその動きに気がついても、トランプと金正恩はがっちりと手を組んでしまった。中国が金正恩をなんとかしようと思っても、彼を殺してしまえば北朝鮮は大混乱して大量の難民が中国に押し寄せる。

金正恩は、まさに中国とアメリカのとの間を綱渡りしているのですが、中国に対抗できるのはアメリカだけであり、米中との綱渡り外交で行くことを金正恩は決断したのだろう。このような北朝鮮では状況次第では何度も寝返るのでしょうが、米中冷戦体制を見て、金正恩はトランプに対中包囲網で協力を約束したのだろう。

今回の米朝会談は、中国の一人勝ちと言う人もいますが、北朝鮮がアメリカに寝返ったと見れば、今回の会談の結果は筋が通る。韓国は韓国でアメリカから中国に寝返ったとも言える状況であり、アメリカよりも中国の言いなりになっている。このような状況では北朝鮮を対中包囲網に加えるかわりに、日本からのカネを出させることを約束したのだろう。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もし北京の戦略的な狙いが「... | トップ | “It’s my country !” という... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トランプ氏がロシアのクリミア併合を正当化? (sankei)
2018-06-15 12:56:24
トランプ氏がロシアのクリミア併合を正当化? G7で発言と米報道 ホワイトハウスはコメントせず

 【ワシントン=加納宏幸】米ニュースサイト「バズフィード」は14日、トランプ大統領がカナダで今月開かれた先進7カ国(G7…【続きを読む】

知的財産侵害、米が対中制裁承認

米朝会談でパワーゲーム号砲 中国、米主導の非核化警戒、マネー武器に南北に影響力 産経

なぜアメリカはここまで北朝鮮に“譲歩”したのか--北「大勝利」の首脳会談
BUSINESS INSIDER JAPAN
Unknown (前コメ 近現代史)
2018-06-15 13:02:01
>引用、

敗戦時国民の平均給与は7ー800円。日給は30円。この時にGHQの検閲バイトは日給7000円、しかも日本政府に出させている。やったのは主に大学生で、彼等は卒業して教員・官吏・財界・大学に散らばったが、今・・

Unknown (Unknown)2018-06-14

トランプ降ろしも安倍降ろしも中国です。メディアは中国から金が入っているはず。その裏はアメリカ奥の院というかロスチャイルド、シフといったユダヤ巨大財閥の方針だと思います。あえて方針と言います。

書いたかどうか、
ご存じの通りですが、FRBは彼等の私立銀行です。米国政府はお金を発行することが出来ない。国債を発行してFRBに買って貰ってお金に変わる。国債だから金利手数料がつく。つまり、ユダヤ巨大財閥は濡れ手に粟の商売をしている。リーマンショックの時ですらお金をジャブジャブにするため国債をめちゃくちゃ発行した。その分ユダヤ巨大財閥は大儲けした。

リンカーン大統領を暗殺したのもケネディを暗殺したのも米国政府が直接通貨を発行しようとしたためである。WW1はほんの偶然から世界大戦に発展したが、レーニンがロシア革命を起こして成功したのもユダヤのおかげ。ロシア革命は欧米ではユダヤ革命と呼ばれている。

スターリンはロスチャイルドが別荘の下女に産ませた私生児。ユダヤ人の願いは世界から国境が無くなること。共産革命やグローバリズムは彼等の願いである。いま欧州に起こっている反グローバリズムはユダヤにとってはとんでもなく厭なこと。トランプの「アメリカ・ファースト」も受け容れられない。トランプはユダヤに妥協してエルサレムに大使館を移すそうだが敵対したくないだろうね。

安倍総理が移民を受け容れるについてもユダヤの国境を消す方針に妥協して見せたところじゃないかな。

佐高信は新潟で県知事選の応援演説で「北朝鮮に行って帰ってくるな」と言い放ったらしいが、売国サヨクは民主主義もへったくれもない野蛮人だとよく解る。人権も民主主義も政府を攻撃するための道具に過ぎない。攻撃主体は自分自身でも定義出来ない野蛮人だと思う。逃亡中国共産党員は一人頭、最高何兆円もってアメリカに逃亡したのやら。中国共産党が倒れたら次の政権から指名手配されて金も没収されるだろうに。これらがユダヤのロスチャイルドやシフ一派と連絡を取っていても驚かない。

シフと言えば、日本が日露戦争するときに金がないし、欧米で日本国債を売りあぐねていた時に、ユダヤ財閥のシフが日本国債を買ってくれたのでした。日露戦争が大勝利に終わったのですが、この時シフは豹変し俺が金を出したんだ、満州をアメリカに渡せと執拗に日本に迫った。歴史で我々が知っているのは、米国鉄道王のハリマンが満鉄を共同経営しようと 提案したこと位でしたが、さにあらず。アメリカは満州を引き渡せと喧嘩腰だった。

日本が拒否したことが大東亜戦争の遠因ですが、直接の原因でもある。
もし日本が満鉄の共同経営を承諾していたとしてもハワイ併合やフィリピン植民地化の遣り口をみても結果は恐ろしいことになっていたと思う。満州がアメリカの植民地になっていたら、中国全域アメリカの植民地だっただろうしシベリアも米国領になっていた可能性がある。

ユダヤ巨大財閥としては満州は喉から手が出るほど欲しかったでしょう。
世界征服が成功仕掛けていたわけですからね。ごく普通の愛国心を持つ人士を極右と罵り、愛国心はナチズムと同一視さえする風潮がトランプが大統領に当選する頃迄あったのでした。
ポリティカル・コレクトネス(ポリコレ)にうんざりした米国国民がトランプに票を入れたのでした。ロスチャイルドやシフの資産はどれくらいのモノか想像を絶しています。
フランスがスエズ運河を売りに出したとき、英国の総理ディズレイリはロスチャイルドに掛け合います。担保は何かとロスチャイルドが問いかけたときディズレイリはすかさず「イギリス」といいましたところ翌日には耳を揃えて金を貸してくれたと言います。ディズレイリ(デ・イスラエル)もまたユダヤ人でした。彼等の資産は兆では納まらず京単位に昇るでしょうね。世界の金持ち番付には決して載りません。

話は逸れましたが、日露戦争後の執拗な満州権益を渡せというアメリカの要求を断ってからというもの、日本に対する蔑視と排斥はとうとうハル・ノートという最後通牒になりました。大東亜戦争です。この戦争ははっきり言って自衛戦争であり、植民地解放戦争でした。

植民地解放は上手く行きましたが、反面日本が植民地になるのを阻止することに繋がりました。世界の白人の植民地が独立してしまったのに日本を植民地にしても意味がない。白人諸国はWW2が終わってみると植民地が独立してしまい、貧乏な弱小国に転落してしまいました。リーマンショックで植民地銀行も倒産しました。王侯貴族で金持ちはユダヤ・ロスチャイルドの縁続きしか残っていないでしょう。未だに反日が栄えているのは白人諸国、特にアメリカの使嗾に違いない。植民地を奪われた怨念ですよ。反日サヨクは白人の犬イヌいぬです。昭和21年から23年までの平均給与は7ー800円。日給は30円。この時にGHQの検閲バイトは日給7000円、しかも日本政府に出させている。やったのは主に大学生で、彼等は卒業して教員・官吏・財界・大学に散らばったが、日本を裏切った良心の呵責から親米反日へと流れていった。今に残る反日の傷口から未だに血潮がしたたり落ちている。これで、近現代史の真実が解ったと思う。日本に戻ろう!
Unknown (Unknown)
2018-06-15 14:28:07
>韓日を狙った短・中距離ミサイル1000基については一言も言及していない点だ。

北京・上海を射程に入れているから、言及するわけがない。

>北朝鮮がアメリカに寝返ったと見れば、今回の会談の結果は筋が通る。

もともと、北朝鮮は親米・反中で、金王朝の悲願は米朝国交樹立にある。
Unknown (Unknown)
2018-06-15 14:56:33
①韓国はあまり当てにならない
②周辺国で北朝鮮に領土的野心を持ってるのは中国だけである
以上を考慮すると、
日本は、日米同盟をベースに、右手で北朝鮮、左手で台湾と連携すべきでは?
在韓米軍撤退を憂う必要は無い。 (赤い山田)
2018-06-15 15:52:03
>今回の米朝会談は、中国の一人勝ちと言う人もいますが、北朝鮮がアメリカに寝返ったと見れば、今回の会談の結果は筋が通る。

私も今回の米朝会談は失敗だったと決め付けるのは早計だと考えている。特に、事務面においては、高橋洋一氏の見立てであるように、今後行われる実務者会議をスムーズにさせるように、共同声明にて「朝鮮半島の完全非核化」をトップダウン指示したのであろう。

軍事面では、米軍が北朝鮮軍に後れを取ることはまず有り得ないため、トランプ大統領が金正恩に譲歩する理由は全く無い。開戦した場合、米軍関係者、韓国民間人、日本民間人にそれなりの死傷者が出るというリスクがあるが、これに対し北朝鮮は国が滅ぶというリスクである。常人であれば、天秤に掛けられるものではないことが判る。

以上のことから、北朝鮮が明確に米国陣営に寝返ったかどうかは不明だが、少なくとも、金正恩と北朝鮮政府は、米国に逆らうことはできないし、逆らっても国が滅びるだけだ。もうチェックメイト済みなのである。そして、金正恩が軍を完全に掌握できていないことと、留学経験があることを鑑みれば、金正恩は、北朝鮮を先軍政治から改革開放路線にレジームチェンジさせる可能性がある。

そうなることと、朝鮮戦争終結、平和条約締結と進めば、在韓米軍撤退は現実的な話となる。ただし、そうなると対馬海峡が中共に対する防衛ラインになるため、在日米軍はまだ撤退できないであろう。中国が民主化した暁には、在日米軍がグアムまで撤退する可能性がある。その日のために、憲法改正し、敵基地攻撃能力を備えた日本国軍の創設が必須である。
「米朝会談は金一族のため」「北は常識とは違う国」 脱北女性2人が前橋で証言 (sankei)
2018-06-15 16:14:29
韓国文の支持率79%に 会談実現の言動影響か

大阪・西成に1号店、激安「玉出」スーパー事業売却へ 埼玉の鶏卵大手「イセ食品」系列企業に 

世界興収2200億円突破 「アベンジャーズ」公開48日目で大台
繰り返しですが (noname)
2018-06-15 16:28:00
アメリカは昔から中国と本気で敵対する意志はないです。少なくとも戦後の日本は

資本主義
民主主義
自由貿易

を実現しており、中国は資本主義を除いてこれらから縁遠い存在でしたが、日本のバブル崩壊以降アメリカは日本の弱体化と中国の競争力向上に多大な貢献をしています。もっともその流れで大多数のアメリカ人も今の日本人の様に貧しくなっています。

一連の流れでアメリカの対日包囲網が完成しないことを祈ります。
何でも偽証偽造、偽札も増産する特亜族だぞ (Unknown)
2018-06-15 16:36:00
【国民健康保険】「国民皆保険制度を食い物にしている訪日外国人観光客の再入国拒否へ政府、厚生労働省、法務局が動き始めた。」 来年ではなく、 今年やれよ。

ここまで入国規制緩和して来たくせに!、これでいいのか日本? イカンだろう。

別人のパスポートなんか幾らでも偽造転売、公認の特殊民族だぞ。
北鮮の勝利? (Unknown)
2018-06-15 16:56:07
在韓米軍「早く撤退させたい」 トランプ氏、対北取引材料へ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201806/CK2018061502000149.html
 【ワシントン=後藤孝好】

レイシストしばき隊しかり、本事件のデモしかり、やることなすこと脅迫暴力を煽情した国民恫喝。まさにテロリスト。やはり棍棒で、「テロには直ちに撲滅」に限ります
      ↑       ↑
>朝鮮族 密航難民これ以上入れるな!

今後、この程度では済まない。

安倍の言う通りに移民を受け入れたらもっと酷くなりますよ。youtubeでヨーロッパでの中東・アフリカ移民の実態を見れば誰もが恐ろしくなるはずです。まるで映画やドラマのように大勢が暴走し暴虐の限りを尽くしています。被害を泣きながら訴えても警察の手に負えないのです。

絶対にこれ以上増やしてはいけません。"よその国の出来事"ではない、日本で起こる。移民の扱いに慣れているはずのヨーロッパで手に負えず惨劇を招いているのだ、平和ボケで外国人からすれば刑務所も天国の日本だとどうなるか分からないのか?中国のウイグル弾圧でウイグル人の男の子が中国軍兵士たちに取り囲まれて虐待されたりチベットで弾圧に反発した青年が無残に処刑されたことが報道された?政府とマスコミは絶対に自国民に知らせない。外国人への被害を防ぐためでもありますが、移民を入れたいからです。国民皆で反対しないと私たちの家族友人の財産奪われたりひどい暴行を受けたり、あるいは殺されます。今現在も国内で外国人や帰化人による犯罪がマスコミが報道するほど増えているのです。犯罪のレベルが上がっても警察のレベルが上がらず人手不足もあって被害を食い止められません。気づいたら自分の住む地域は外国人ばかりになっていたという人もいます。移民一人呼べば倍に増えます。
2018/06/15(金) 13:11:01 | URL | 名前を書いてください
日本の注目論者は米朝会談をどう見たか (日本の心)
2018-06-15 17:09:24
ここ一週間のUチューブの動画、「チャンネル桜」「虎ノ門ニュース」「 飯田浩司のOk! Cozy up」「チャンネルくらら」などを見たとき、小生の評価は概ね次のようなものとなった。
評価AA)西岡力 藤井厳喜 高橋洋一
評価A)馬渕睦夫 水島総
評価B)青山繁晴 宮崎正弘 高山正之 内藤陽介
評価C)加藤清隆 宮家邦彦 副島隆彦 奥山真司
◯西岡力、藤井厳喜、高橋洋一は事実情報を背景に堅実な考察をしている
◯馬渕睦夫は歴史的な流れの中から現状を考察している。水島総は多くの論者の見解を取り入れて、大味だが良くまとめている
◯青山繁晴、宮崎正弘は情報収集のプロだが、情報が多すぎるためか考察のポイントがブレることがある
◯加藤清隆は平凡な政治評論家。宮家邦彦も平凡な外交官。
◯副島隆彦は鬼才の論者だが、売れれば良いと思っているのか売文業者に脱している
◯奥山真司も英国の地政学をよく勉強している勉強家だが、センスが悪いと思う

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事