株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

ウェンディ・デンは、現代中国の「マタハリ」である。希な成功を収めた女スパイだ。

2018年01月17日 | 外交

ウェンディ・デンは、現代中国の「マタハリ」である。希な成功を収めた女スパイだ。
彼女は、当時の社長ルパート・マードックに近付いて、夫人の座を射止めた。


2018年1月17日 水曜日

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成30年(2018)1月17日 

 現代中国のマタハリ、米国の首都でまたも暗躍
  米国の有力筋「ウェンディ・デン(マードックの前妻)は中国のスパイだ」
****************************************

 ウェンディ・デンは、現代中国の「マタハリ」である。希な成功を収めた女スパイだ。
 彼女は山東省済南の貧困家庭に生まれ、苦学して江蘇省に移住した。努力が認められ、保証人となる外国人老人が現れ、海外留学が適った。

 凄まじいほどの野心家である。
その保護者の老人とできて、夫人を押し出して正妻に収まるや、すぐさま当該国籍を取得した。そのための打算的な結婚だったのであり、国籍を取得するや、さっさと夫を捨て、香港にでた。

 香港のスター・テレビでインターだった彼女は、当時の社長ルパート・マードックに近付いて、夫人の座を射止めた。
まずしき中国人女性が世界のマスコミ王の夫人として、セレブ人生。1999年から2013年まで世界を歩いた。


 マードックは途中でデンの不誠実さに気がついた。
離婚を思い立ったのは、彼女の浮気癖というより、ウェンディ・デンは紛れもなく中国のスパイだということだった。デンは英国のブレア首相と浮き名を流し(これは英紙テレグラフがすっぱ抜いた)、マードックと離婚後は、次にロシアのプーチン大統領に近付いて、意図的なゴシップ作りにも精を出した。しかしKGB出身のプーチンが女性に甘いとは考えられないが。。
。。

 米国のメディアが一斉にウェンディ・デンなる女史のスパイ説を流し始める。ウォールストリートジャーナルなどの一流紙である。
 
これらの情報を整理すると、ウェンディはトランプ大統領の女婿ジャレット・クシュナーに巧妙に近づき、ロビィ活動を展開。ワシントンの連邦議会のすぐ側に「「中国庭園」をつくるという未曾有のプロジェクトを推進した。
 
ところが同敷地内に総工費1億ドル、高さ21メートルのタワーを建設することが判明し、ウォールストリートジャーナルは「中国のスパイ基地だ」と疑念を呈した。

この報道をうけて米国連邦議会は、「これは中国の偵察基地に転用される」と反対を唱える。中国は「トンデモナイ誤解だ。両国の友好のシンボルである」と強弁を繰り返す。
 たった一人の中国人女性スパイが米国政治をがたがたに揺らしている。

マードックと中国の美人スパイのウェンディ・デン

 


(私のコメント)

日本の政治家や財界有力者は、中国や韓国やロシアの美人スパイに気をつけたほうがいいだろう。「株式日記」でも橋本龍太郎総理が中国の美人スパイに引っかかったことは何度か書いてきましたが、彼らの国は美人スパイを専門機関が養成して、男をたらしこむ専門家として養成する。だからいっぺんに引っかかってしまう。

アメリカのメディア王のルパート・マードックに近付いて、夫人の座を射止めた。おそらく日本のメディアの要人たちも、中国や韓国の美人スパイの餌食になってしまっているのだろうか。私も是非かの国の美人スパイの餌食になりたいものですが、私は対象になりそうもない。

アメリカもFBIやCIAが対スパイ活動を行なっていますが、マードック夫人の活動までわからなかったのだろうか。フェイスブックのCEOのマーク・ザッカーバーグも中国系の妻をもらったし、アイリス・チャンなども中国系アメリカ人でスパイだった可能性がある。オリバーストーン監督も韓国人妻を持っており、何らかの影響を持っているだろう。

もちろん日本人妻を持つ外国のVIPもたくさんいるが、日本では美人スパイを養成する機関もない。最近では中国などでは、美人の日本女性をスカウトしてスパイに仕上げている可能性がある。東京新聞の女性記者とか、準強姦騒ぎを起こしている女性とか、辻元清美や福島瑞穂などはバレバレだが、中国の代弁者のような若い美人のテレビコメンテーターもいずれ出てくるだろう。

アメリカなどでは世界中から移民が集まり、スパイも潜り込みやすく、ルーズベルトなどもソ連スパイにしてやられてしまった。クリントンなども中国に買収されて最高軍事機密すら中国に渡しているが、大統領がスパイに囲まれてしまえばFBIもCIAも手の出しようがなくなってしまう。

トランプもロシア疑惑が弾劾騒ぎになっているが、トランプにロシアのスパイとの関係ができれば、ルーズベルトやクリントンのようになりかねない。特にトランプはかなり前にロシアでロシア女性と乱痴気パーティーを開いており、その時の動画があるという噂もある。しかしトランプなら女性とのスキャンダルは日常茶飯であり、動画が公開されてもダメージになることはないかもしれない。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
« 「中途半端な二ヵ国語使用者... | トップ | 日本では企業間取引の場合、... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それ無理 (Unknown)
2018-01-17 13:59:23
TORAは生粋の奴隷ポチだから一生アメリカ様のスパイとして事大主義を深化するだろう。
kの法則 (Unknown)
2018-01-17 14:34:51
3:名無しさん@13周年:2012/06/20(水)
>>1
伊良部秀輝 あらゆる事業失敗、帰国もできず最後のウドンチェーンも韓国人のデタラメで破綻真夏に首吊り自殺、腐乱死体で発見される実家家族は火葬場にも入れず、宮古でも香川でもない成田の無縁仏寺に遺骨捨てられる
http://livedoor.blogimg.jp/log_2ch/imgs/0/1/01796d04.jpg
ニコラス・ケイジ 自称日本人(婚約時にも言わず)の朝鮮人女に騙され結婚後に韓国人と判明、財産、浪費されまくり一族などに家まで買うハメに、アル中、逮捕 事業、映画ことごとく大外れ破産同然に
http://livedoor.blogimg.jp/log_2ch/imgs/e/a/ea538b40.jpg
ウェズリー・スナイプス  日本人を詐称していた韓国女と結婚映画界から消滅、刑務所行き
ウディ・アレン 韓国人養女と近親・不倫肉体関係の上結婚を迫られ妻と離婚して再婚妻や行政から訴えられ公的な世界から消滅、授賞式になどにも出席できず
http://livedoor.blogimg.jp/log_2ch/imgs/3/6/365778d0.jpg
ネット検索すると彼女の10歳代頃の写真も出て来ますが、個人的には好みのタイプでは無いですねぇ… (ponpon)
2018-01-17 15:28:37
> 女性スパイ

『ルパン三世』に登場する峰不二子みたいですねぇ…。

↓峰不二子(Youtube)
https://youtu.be/poXdXtYthRo

↑こういうシチュエーションって好きですねぇ…。昔のアニメクリエイターの世界観は素晴らしい…。

> たった一人の中国人女性スパイが米国政治をがたがたに揺らし

仰向けになったエロ爺さんの上で腰を激しく揺らしまくっているんでしょうねぇ…。

> 美人スパイの餌食になりたいものですが、私は対象になりそうもない

資産額が少ないと不細工女スパイが近寄って来そうですし…。(オェ~)

> 中国の代弁者のような若い美人のテレビコメンテーターもいずれ出てくる

どうですかねぇ…。日本は少子化で美女がどんどん減っていますからねぇ…。1980年代は10歳代の人口が多かったのでアイドルも選び抜かれた人材が多かったですが、最近のアイドルは不細工比率が高いですし…。仮に美人が出て来るとしても在日帰化人でしょうねぇ…。

> トランプもロシア疑惑

増田俊男さんのサイトによると、アメリカやロシアは北朝鮮の地下鉱物資源(ウラン等)を欲しがっているそうですし…。

http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h29/jiji171006_1199.html
Unknown (sankei)
2018-01-17 16:19:51
ビットコイン100万円割れ

実習中の事故で高校生指切断

北朝鮮に不正輸出疑い 酒、シャンプーなど2400万円分 中国人2人書類送検 大阪

「韓国で泥棒やりすぎ日本へ遠征」東京の高級住宅街で空き巣 容疑で韓国籍の男 無職、李成男容疑者(40)逮捕 

ロシア極東で-65℃記録 凍死
Unknown (Unknown)
2018-01-17 16:25:43
旅行会社「てるみ」女社長(67)3度目逮捕 金融資産隠し

「龍角散」復活、左遷された女性開発者が原動力に 役員の強烈なパワハラ乗り越え NIKKEI STYLE 1/17(水)

長野の「侵入」梅毒33年ぶりの多さ
スパイ (Unknown)
2018-01-17 17:30:21
私も20代後半から30代初めにかけて、「産業スパイ」の仕事に就いたことがある。ライバル企業の出店予定などを探る目的で、ライバル企業にアルバイトとして潜り込み、情報収集に当たった。

社員の飲み会などにも積極的に参加し、彼らから情報を得ることもあった。そうした場合、会社内部の「反主流派」や「窓際族」と呼ばれるような、不満分子を見つけて近寄ることも多かったが、半年もしないうちに、会社の情報が某所を必ず通って流れることに気づき、そこに狙いを定めることにした。

週1回、会社の上層部からの指令書がファックスを通して全国の店舗に送られてくる。そして、その指令書をファックスに一番近い事務員が受け取って、支店長まで持参するのが常だった。私は、その女性事務員に近づいて何とか指令書を手に入れることが出来ないか、考えた末、某女性事務員とコンタクトすることに成功した。

今ならメールであろうが、当時は最新の連絡手段はファックスであり、そこに送られてくる指令書は、事務員ならばいとも簡単に入手できたわけである。某女性事務員は、50歳ぐらいのバツイチ女性で、非常にお喋りで快活ではあったが、周囲の若い女性達とは年齢のハンディもあり、何かと会社には不満を持っていた。私の食事の誘いにすぐ乗ってきた。

それからおよそ1年間、かなり重要度の高い会社情報が、その指令書からもたらされることになる。こうした「スパイ」行為は露見したら最後で、私の雇い主からもシラを切られ、最悪の場合、窃盗罪に問われて社会的に抹殺される危険もある。それでも、危ない仕事に手を染めたのは、どうしてもまとまったお金が欲しかったからだった。

こういう仕事は危険と裏腹というだけでなく、面が割れたらそれで終わりであると思った方がいい。人生、一度だけの仕事だったと思っている。
Unknown (Unknown)
2018-01-17 17:36:38
美人スパイとは程遠い、韓国の出稼ぎ売春婦の末路。
■アメリカで逮捕された韓国人売春婦15人が、皆高齢者過ぎると海外で話題に!
 http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51924110.html
Unknown (Unknown)
2018-01-17 20:00:24
>ウェンディ・デンは、現代中国の「マタハリ」である。希な成功を収めた女スパイだ。

 このウェンディ・デンという女性、初めからスパイ目的でマードックに近づいたわけではないと思う。むしろ、背後にもう一人の大物スパイが居て、ウェンディ・デンに近づいていったのだろう。そして、何か弱みを握って、スパイ行為を彼女に促したと考えるのが正しいだろう。

 デンが、やがてイギリスのブレア首相や、ロシアのプーチン大統領にまで手を広げていったのは、背後のスパイに弱み握られ、そそのかされたからだろうと思う。

 スパイの雇い主は「必要経費」として、工作資金を出すことはやぶさかではない。彼らが欲しいのは情報である。そして、裏のスパイは実業界、政界の内側をよく知る人物にお金を渡すわけである。このダークマニーを握らせてしまえば、後はそれをタテにずるずると関係を深めることになる。

 ウェンディ・デンの現在を知るわけではないが、結局は背後の大物スパイに使い潰されたのだろう。

 
Unknown (Unknown)
2018-01-17 22:19:57
東京メトロ落書き組織的テロ 千代田線も破壊!

インフルエンザ予防や花粉症対策に 医師が開発した新発想マスク 4枚入りでいずれも4320円
http://www.sankei.com/economy/news/180117/ecn1801170013-n1.html
どこが美人なんだ??? (う~ん、、、)
2018-01-17 23:11:15
世界の要人って女を観る目がないねぇ???

たいしたことねぇ~~~よなぁ、、、

一体全体、どこが美人なんだよ???

金や地位を持て余していると、獣女みたいなのが美人に観得てしまうのだろうか???

俺は、女で不自由した覚えないから、こんなブスには絶対に引っかからないねぇ、、、

案外、世界の要人って可愛い坊や達ばっかりなんじゃあ???ねぇ~~の!!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事