株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

韓国人発狂か?ダグラス・マッカーサー2世の秘密電文が公開《日本海にある竹島は日本の領土である》

2014年03月07日 | 政治

韓国人もいよいよ発狂か? ダグラス・マッカーサー2世の秘密電文が公開
《日本海にある竹島は日本の領土である》《韓国は力ずくで不法占拠している》


2014年3月8日 土曜日

字幕【テキサス親父】竹島は日本の領土・証拠と韓国の無礼

8月21日にテキサス親父日本事務局へ常に有用な情報をご提供いただく秋田県のT.A-.さんよりメッセージを頂き翻訳して欲しいとの依頼を受けた。英語で書かれた1960-年の電報だった。

その電報はダグラス・マッカーサー連合国司令官の甥である当時の駐日米国大使ダグラス-・マッカーサー大使より米国国務省に送った電文だった。
この電文は、「秘密文書扱い」とされていたために公開されていなかったが、時期は定か-では無いが、「機密解除」されたと記されてる。
内容に関しては、http://staff.texas-daddy.com/?eid=375 に訳文と解説を載せてますのでご参照ください。

この文書に関しテキサス親父と話をしていた中で、なぜ、これが今出てきたのか?この文-書が本物であるか?と言う疑問が湧いてきた為テキサス親父にお願いして米国政府の機関-である国立公文書館に確認してもらったところ、間違いなく本物であると言う事が確認で-き、8月23日にテキサス親父日本事務局のスタッフブログ上で公開するに至った。

南朝鮮の李明博大統領は日本国総理大臣からの外交親書の受け取りを拒否した。
これは国交断絶を意味するもので、ともすれば宣戦布告ととらえられても仕方が無い由々-しき事態で一国のトップにあるまじき行為である。
その証拠に在日本韓国大使館へ日本国政府が電話をしても出なかったり「居留守を使う」-事が日本の国会質疑で明らかになり、以前より韓国に不利な問題が発生すると「居留守を-使う」との事。
まさに子供の所業である。

南朝鮮内の左翼分子は、仁川(仁川市)にあるダグラス・マッカーサーの像を倒すための-デモを2005年に行ったが、今年、その運動が激化して警察との衝突があると伝えられ-ている。
テキサス親父は、マッカーサーの像を倒すくらいならば、慰安婦問題に関係ない米国に建-てている慰安婦の碑を倒してしまえ!と言う。

また、動画の中では、「日本海」と何度も言い(東海では無い事の強調)、最後には日本-語で「ありがとうございます」と日本語で書けとまで言っている。

英語で世界に真実を伝え、日本を応援してくれているテキサス親父に感謝。



【痛快!テキサス親父】極秘のマッカーサー電文に明記された「竹島は日本領」「韓国が不法占拠」 3月7日 ZAKZAK

韓国が不法占拠する島根県・竹島が、日本領である決定的証拠が存在する。戦後、駐日米国大使を務めたダグラス・マッカーサー2世が1960年、米国務省などに送った「マッカーサー・テレグラム」と呼ばれる秘密電文だ。「テキサス親父」こと、トニー・マラーノ氏は、機密解除となった同電文のコピーを入手した。竹島に居座り、ウソ情報を吹聴する韓国に向かって、マラーノ氏は「竹島は日本の領土だ!」と断言した。

 ハ~イ! 日本のみなさん。今回は、日本と韓国がともに「自国の領土だ」と主張している、日本海に浮かぶ島について考えてみたい。日本は「竹島」と呼び、韓国は「独島(ドクト)」と呼んでいる。現在は韓国が占拠している。

 2012年8月、こんな出来事があった。

 韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が、同国大統領として初めてこの島に上陸した。これに対し、日本の野田佳彦首相(当時)は上陸に「遺憾の意」を伝えるとともに、「島の領有権問題を、国際司法裁判所に共同提訴(付託)しよう」と提案する親書を出したんだ。

 これに対し、李氏は「独島は韓国の領土だ」「共同提訴の必要はない」として、親書の受け取りを拒否し、日本に送り返した。

 一国の最高責任者が隣国の最高責任者に出した親書を送り返すなんて、常識では考えられない。日本と日本国民に対する侮辱以外の何ものでもなく、「国交を断絶する」という意味でもある。俺もこんな「非礼」「無礼」は聞いたことがない。「韓国は愚かだ」というしかないぜ。

野田氏は当時、この件が両国間で大問題とならないよう、感情を押し殺し、緊張を和らげる対応をしていたが、大したものだった。

 さて、この島がどの国の領土なのかを明確に示す文書がある。「マッカーサー・テレグラム(電文)」というもので、1960年4月、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官、ダグラス・マッカーサー元帥の甥で、当時、駐日米国大使だったダグラス・マッカーサー2世(任命日56年12月4日~任期終了日61年3月12日)が米国務省などに送った秘密電文だ。

 機密扱いが解除されたために入手可能となり、俺はこの電文のコピーを知人にもらった。本物かどうかを確かめるため、ワシントンの国立公文書館に送り、確認してもらった。同館の責任者は「本物の書類を合法的にコピーしたものだ」と返答してきた。

 さあ、これで堂々とみなさんに公開できる。電文にはこうある。

 《日本海にある竹島は日本の領土である》《韓国は力ずくで不法占拠している》《われわれ米政府は、韓国に圧力をかけて、この島を日本に返さなければならない》《最低限、われわれはこの件を国際司法裁判所に付託し、仲裁を求めることに合意するよう主張すべきである》

 これですべて解決だ。あの島は「竹島」であり、日本の領土だ。

 安倍晋三首相は就任後、竹島の歴史や島民らの写真、外交文書などの証拠を示して、「竹島は日本領である」と説明する動画を、世界各国の言語で外務省の公式HPに掲載し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。慰安婦問題も含めて、もっと国際社会にアピールすべきだ。

 親愛なるみなさんと貴国に神の祝福がありますように。米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう!

 ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、さまざまなニュースについて動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。


(私のコメント)

韓国は独立をアメリカから与えられた国であり、日本と戦わずして独立が与えられた。その事が国家としての正当性に不安を与えている。朝鮮半島が日本と切り離されれば朝鮮半島は自然と中国やロシアの支配下に入って行く事は戦前の歴史を見ても明らかだ。

中国が朝鮮半島を自国の領土としなかったのは不思議ですが、朝鮮半島の先には日本と言う強国があり、朝鮮半島は古代から日本と中国の勢力争いの舞台となった。だから中国は朝鮮半島を属国として置き日本との緩衝地帯にしたのだろう。

古くは5世紀ごろの広開土王碑などにも日本(倭)と中国(高句麗)との戦いが漢江周辺での戦い書きされている。広開土王碑は中国の吉林省にありますが、それ記録として石碑に書かれている。百済や新羅は日本(倭)の勢力下にあり高句麗と争っていた。しかし中国に唐と言う強大な国家が出来ると新羅は唐と結んで百済を滅ぼし高句麗も滅ぼして朝鮮半島を統一した。

百済と新羅は高句麗に朝貢したり、倭の支配下になると倭に朝貢したりしていた。地理的にも韓国とダブりますが、現代と状況はよく似ています。中国の強大な王朝が出来ると朝鮮半島は中国の支配下になり、弱体化すると日本が半島に手を出してきた。16世紀の秀吉の朝鮮征伐も明との戦いで朝鮮が舞台となった。

このように朝鮮半島は日本と中国との戦いの場となり荒れ果てる事が多く、現代の韓国のパククネも新羅のように中国(唐)と手を組んで朝鮮半島の統一を夢見ているようだ。高句麗は満州と北朝鮮にまたがる国であり新羅は唐と手を組んで高句麗を滅ぼした。北朝鮮も南北から挟撃すれば北朝鮮は滅びるでしょう。

新羅は唐と手を組んで百済と日本(倭)の連合軍を打ち破りましたが、パククネはその再現を夢見ているのかもしれません。韓国は中国と手を組むことで日本と北朝鮮を打ち破り新羅の再興を願っているのでしょう。このように中国に強大な王朝が出来ると朝鮮半島も属国として安定した時代が来る。李氏朝鮮も500年の歴史は明や清の王朝の庇護を受けたからだ。

このように見れば日韓併合も清の衰退と共に起きた事であり、中国共産党の超大国化が進めば朝鮮半島は自然と中国の支配下に入る事は歴史的必然だ。北朝鮮は高句麗の末裔とも言えますが高句麗は中国王朝とは戦いの歴史であり、中国(唐)が新羅や韓国と手を組んで北朝鮮(高句麗)を滅ぼす事は前例がある。

はたして中韓連合軍と日本が戦争する事はあるのだろうか。中国と韓国が反日で手を組んでいることは明らかだ。昔とは違って韓国と日本には米軍が駐留していますが、アメリカはいずれ極東から手を引くだろう。そうなれば中韓連合軍と日本は対峙する事になるだろう。竹島占領はその先駆けであり、次は対馬や沖縄が中韓連合軍の目標になる。

竹島が法的には日本のものだとしても、中国と手を組めば韓国は日本に勝てると思っている。古代からの歴史的観点から竹島問題を語りましたが、いずれ対馬問題や尖閣沖縄問題へとエスカレートして行くだろう。アメリカが極東にいつまで留まるのか分かりませんが、オバマのアメリカは戦争できない国となり、今回もロシアのプーチンにしてやられた。

クリミア半島と同じように、朝鮮半島も電撃的に中韓連合軍が全土を支配して住民投票で統一国家が出来て、朝鮮半島には人口8000万人の国家が出来るかもしれない。これには日本もアメリカも傍観するしかなく、最近の韓国軍は陸上兵力を減らして海空軍を強化している。日本との戦争を想定しているからだろう。

アメリカはもともとアチソンラインからも分かるように朝鮮半島はアチソンラインの外側だった。歴史からわかるように中国が大国化すれば自動的に朝鮮半島は中国の属国となる。そうなれば竹島と尖閣は中韓連合軍との最前線となりますが、竹島や尖閣が中韓連合軍の手に落ちればアチソンラインは危機に陥る。

西ではロシアがクリミア半島に手を出してきましたが、東では朝鮮半島が風前の灯だ。クリミアのウクライナ軍がロシア軍に抵抗できなかったように、朝鮮半島も電撃的に中韓連合軍に統一されるだろう。パククネはすでに中国に寝返っておりアメリカは韓国から出て行くだろう。日本としては竹島尖閣の次は対馬や沖縄になる事を覚悟すべきなのだ。

テキサス親父の動画にもあるように、アメリカ政府は竹島が日本の領土であることを示す秘密電文があるのですが、アメリカ政府はあえて中立を保っている。尖閣においても尖閣が日本の領土である秘密電文などがあるのでしょうが、これも中立を保つだろう。戦後の混乱時期に竹島は占領され、尖閣も中国が狙っている。従軍慰安婦問題もアメリカが実態を一番知っているのですが、日本を非難する決議がなされた。

テキサス親父の動画では、韓国にあるマッカーサーの銅像を倒す動きがある事に怒っていますが、韓国がアメリカに建てるべき銅像は従軍慰安婦の像ではなくマッカーサーの銅像であるべきだと言っています。しかしマッカーサーをもってしても朝鮮半島では勝つことが出来なかった。中国と北朝鮮の連合軍では軍事大国アメリカでも勝てないのだ。それは古代の昔から同じであり、韓国のパククネは中国と組めば日本やアメリカも恐れるに足らないと思っている。




『政治』 ジャンルのランキング
コメント (57)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 日本にしてもアメリカ軍と言... | トップ | 中国がロシアを支持するなら... »
最近の画像もっと見る

57 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-03-07 21:25:20
<丶`Д´> これは「米駐日大使の認識」に過ぎないニダ!

とか言われそうなんだがw
理屈と膏薬はどこへでも引っ付く (Unknown)
2014-03-07 22:39:10
彼らは声の大きいものが勝つと思っているだろうから。
大声で何度でも言えば真実になると思っているだろうからね。
人道主義の日本人将校 (樋口少将)
2014-03-08 06:07:22
■アンネの日記破る人が居てほんとにこまります。杉原さんの本を破られたのは非常にショックでした。日本の軍人だって人道主義は貫いた人もおります。


イスラエルのエルサレムの丘に、ユダヤ民族の幸福のために貢献した人の恩を永久に讃えるための、大きな黄金の碑がたっています。そこにはモーゼ、アインシュタインらに混じって、上から4番目に何と、日本ではあまり知られていない、旧日本軍将校の名が刻まれています。「偉大なる人道主義者、ゼネラル樋口」と。
 ゼネラル樋口とは、兵庫県南淡町生まれの旧日本陸軍少将(後中将)の樋口季一郎氏のことです。樋口少将は、陸軍大学校卒後(ちなみに同期に石原莞爾大将)、順調に出世し、1937年に満州の関東軍に特務機関長として赴任しました。
 当時ナチスドイツはユダヤ人迫害政策を強行し、ドイツ系ユダヤ人の大量難民が発生しました。しかし、難民を受け入れる国は少なく、ユダヤ人に同情的だった英米でさえ、入国を制限していました。39年には、ドイツ系ユダヤ人難民900人を乗せたセントルイス号が、英国、米国での接岸をそれぞれの沿岸警備隊の武力行使によって阻まれ、結局またドイツに戻って、大半が哀れなことに強制収容所送りになるという事件も起きたほどでした。ところが、当時日本政府のユダヤ人対策はドイツと同盟を結んでいるとはいえ、「ユダヤ人排斥は日本が多年主張してきた人種平等の精神と合致しないとして、1、現在居住するユダヤ人は他国人と同様公正に扱い排斥しない、2、新たにくるユダヤ人は入国取締規則の範囲内で公正に対処する」などの「ユダヤ人対策要綱」を決定していました。この方針は現実に適用され、当時の日本軍占領下の上海は、ビザなしの渡航者を受け入れる世界で唯一の上陸可能な都市でした。当時の上海には27,000人を越すユダヤ難民が滞在していました。
 38年3月8日のことでした。当時ハルピン特務機関長樋口少将のもとに重大なニュースがもたらされました。ナチスのユダヤ人狩りから逃れてきた約2万人のユダヤ人難民が、満州との国境近くのソ連領のオトポールで、吹雪の中で立ち往生しているのでした。食料も底をつき、飢餓と寒さのために凍死者が続出していました。ハルピンのユダヤ人協会会長(反ナチ活動家)のカウフマン博士から助けて欲しいと頼まれた、樋口少将は、悩み苦しみました。ここでユダヤ人を助けたら当時友好関係にあったナチスヒトラーを批判することになります。しかし、樋口少将は、「日本人は昔から、義をもって弱きを助ける気質をもっている。五族協和、万民安居楽業、八紘一宇こそが国是である。」として、独断でユダヤ人難民を助けました。カウフマン博士は感謝の涙を流しました。当然、当時のナチスドイツのリッベントロップ外相から猛烈な抗議がありました。関東軍の東条参謀長(当時)から出頭命令をうけた樋口少将は、解任を覚悟しながらも、堂々と「ドイツのユダヤ人迫害は人道上の敵とも言える国策である。日本とドイツの友好親善を望むが、日本はドイツの属国ではない。東条参謀長、ヒトラーのお先棒を担いで、弱いものいじめをすることを正しいとお思いですか?」東条参謀長はぐっと返事につまり「樋口君、よくわかった。ちゃんと筋が通っている。私からも中央に対しこの問題は不問に付すように伝えておこう。」
 樋口少将を待っていたのは、不問どころか参謀本部第二部長への栄転でした。
 その後中将となった樋口少将は北方方面(北海道)守備の責任者となり、停戦後の45年8月19日であるにも拘らず、ドサクサにまぎれて北海道に上陸しようとしたソ連軍を撃破し、北海道は分断されずにすみました。日露戦争の敗戦に続き、当時瀕死の日本の北海道上陸もできなかったことに恨みを抱いたソ連は、戦後札幌にいた樋口少将を戦犯として、連合軍総司令部に引渡しを要求してきました。樋口少将の危機を聞いて動き出したのが、ニューヨークに総本部のある、世界ユダヤ協会でした。「オトポールの恩を返すのは、今をおいてない」と世界各地に散らばっていたユダヤ人に檄がとび、樋口救出運動が始まりました。同協会はアメリカの国防総省を通じて働きかけ、マッカーサー総司令部は、ソ連からの引渡し要求を断固拒否し、逆に擁護することを通告しました。その後樋口少将は天寿を全うし、70年の大阪万国博覧会の年に多くの縁者に囲まれながら静かに息を引き取りました。
こんな証拠は幾らでも出てくるはず (Unknown)
2014-03-08 06:13:41
アメリカは全てを了解しながら、韓国の世論を刺激したくないとの理由で竹島の帰属について曖昧な態度を取り続ける。これは、従軍慰安婦のみならず、中国が領有を主張する尖閣諸島の帰属についても同じ。日本も、公開された資料を元に、これら不当な中韓の言いがかりについて、アメリカの公文書資料を元に反撃して行くべきだろう。

「テキサス親父」のような善意の篤志家に任せていないで、外務省が特別チームを組んで中韓に反撃して行かねばならない。そして、アーミテージのようなJAPANハンドラーも、事を荒立てまいと日中、日韓の領土問題や南京大虐殺、従軍慰安婦について、偽善的態度を取り続けるのを辞めるよう、要求して行くべきだろう。

日本をデタラメで不利に導くような立ち位置を、「知日派」ならば取るべきではないと、強く申し入れなければならない。
イギリス人の親日度? (英国最大の日本語教育機関に変身)
2014-03-08 07:25:57
1996年に教え始めた当初、「難しい日本語をごく普通の一般校で教えても無理」と言われた。それが今や、13~18歳の約1200人の生徒が学ぶ英国最大の日本語教育機関に変身。毎年50~60人の生徒が義務教育修了試験で優秀な成績を収めている。http://sankei.jp.msn.com/life/news/131117/trd13111708020005-n1.htm
日本語スピーチ・コンテストへの参加や書道教室の開催、日本の中高生との相互交流など多くの人を巻き込み、教室の外に出かけることで生徒たちのやる気を起こさせた。その経験に学ぼうと、別の学校からもノウハウ伝授の依頼が舞い込む。大学卒業後に英語補助教員として訪れた兵庫県淡路島で「日本が大好き」になり、「学ぶ喜び」の大切さを再発見。日本研究、日本語教師への道が開かれた。



世界大戦Ⅱ後の世界秩序を支えていた、連合国による秩序の崩壊! (前ページから~)
2014-03-08 07:30:31
今回のウクライナ問題に関しては、米、英、仏などが、こぞってロシアを非難しはじめました。安全保障理事国の軍事行為が、他の安全保障理事国によって非難されているということは、これまでなかった。

これは世界大戦Ⅱ後の世界秩序を支えていた、連合国秩序の崩壊を意味します。

その連合国から、「敵国」とされている。「敵国」に対しては、何を言っても許されます。日本や日本人に対しては、何を言っても、なにをしても許される。それが、戦後作られた連合国体制であった。
http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2014/03/post-0982.html
>>台湾国の親日度 (Unknown)
2014-03-08 07:42:32
トヨタの感動広告「台湾精神を断固支持する!」
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2321.html
Unknown (時事通信 3月7日(金)10時28分配信 )
2014-03-08 07:45:08
サムスンに960億円賠償命令=販売差し止め認めず―米地裁判決

米アップルが韓国サムスン電子を訴えた特許侵害訴訟、米カリフォルニア州地裁は先の陪審評決に基づき、サムスンに約9億3000万ドル(約960億円)の損害賠償の判決。アップルによるサムスン製携帯端末の販売差し止め請求は退けた。
行動原理 (イルボン)
2014-03-08 09:12:21
嘘をついて、「騙されたほうが悪い」 という国
嘘をついて、「騙したほうが悪い」   という国

後進国の発展阻害要因
先進国にどうしてもなれない

道徳観のの上に道徳観の上に道徳観で社会が構成されている、何層も重ねなければならない
高度な社会運営の最重要項目
竹島新資料 (22)
2014-03-08 11:13:39
 島根県は21日、竹島を日本の領土として記した江戸時代後期の地図5点を確認したと発表した。

 このうち「蝦夷えぞ風俗人情之沙汰付図 全図」と「蝦夷草紙全図」の2点は、幕府の蝦夷地調査隊で測量助手を務めた探検家の最上徳内とくないが1790年に作製しており、同県は「竹島が日本領であるとの認識が、幕府をはじめ広く浸透していたことを示す貴重な資料」としている。

 ほかの3点は、「日本並ならび北方図」と「寛政亜細亜あじあ地図」(いずれも1796年)、「華夷かい一覧図」(1806年)。同県の竹島問題研究会が各地の博物館などを調査して確認した。
http://bpo.blog.so-net.ne.jp/2014-01-22


竹島資料室
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima03/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

北朝鮮のミサイル発射に伴う各国の動き (東京の郊外より・・・)
2月27日と3月3日、北朝鮮がどさくさ紛れに「短距離ミサイル」を北東方向に発射しており、不穏な動きを示しています。北朝鮮内部のことを推察しても判らないので、日米韓と中国の微妙な対応の違いをご紹介しておきます
本当は怖い日本国憲法の話-30年前の予言書が指摘する日本の危機 (本当は怖い日本国憲法の話)
 1980年に刊行された「ソビエト帝国の崩壊」は、ソ連の崩壊から20年経った今日の日本においても、依然として日本の児童生徒学生が必ず読まなければならない警世の書である。  レーニンの「国家と革命」がマルクスの詐術を指摘しているのに、日教組に代表される反日左...
クリスタル・ナハト ~水晶の夜~ 【前編】 (インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ)
〔炎上するシナゴーク(出典:http://goo.gl/o7g2ou)〕  ナチスが行ったホロコースト(ユダヤ人などに対する大量虐殺)は誰もが知っているが、では、その前兆とも言える「クリスタル・ナハト(水晶の夜)」について知る方は以外に少ないのではないだろうか?  と言い...
朝鮮戦争の緒戦で北朝鮮軍が韓国領の9割以上を制圧できたのはなぜか (しばやんの日々)
1950年6月25日の午前4時に朝鮮半島の38度線で、突如北朝鮮による砲撃が開始され、10万を超える北朝鮮軍が38度線を突破した。 米駐韓国大使のジョン・ムチオは、ワシントンの国務省に宛てて次のような報告をしている。 「1950年6月25日ソウル発 韓国軍事顧問団...
朝鮮戦争で、国連軍を勝たせないようにしたのは誰なのか (しばやんの日々)
仁川上陸作戦で北朝鮮軍の補給路を断ち攻勢に出た国連軍を指揮するマッカーサーに対し、米統合参謀本部は北進攻撃の許可と詳細な指令を1950年9月28日に出し、いよいよ38度線を超える北進攻撃が開始された。 しばらくウィロビーの回顧録を引用する。 「連合国軍による...
動画で説明:東シナ海での中国軍機活動 (東京の郊外より・・・)
防衛省webサイトが、「中国航空戦力等の我が国周辺空域における活動について」との特別解説ページを設置し、東シナ海の尖閣諸島やガス田周辺での中国軍機の活動をこれまでになく詳細に説明しています。英語版も同時公開で・・・