株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

中国に進出した米国企業が保有する技術や知的財産を中国に移転するために、さまざまな圧力と脅迫を駆使してきた

2018年09月21日 | 経済

報告書は、中国政府や中国共産党が中国に進出した米国企業が保有する技術や知的財産
を中国に移転するために、さまざまな圧力と脅迫を駆使してきた実態を明らかにしている。


2018年9月21日 金曜日

米中貿易戦争を招いた「そもそもの原因」に触れないマスコミの愚 「綺麗ごと」から本質は見えてこない 9月21日 長谷川幸洋

「1974年通商法301条に基づく、技術移転、知的財産、技術革新に関する中国の行動、政策、慣習に関する調査報告」と長いタイトルが付いた報告書は215ページもある分厚いものだ。USTRは1年前の2017年8月18日に調査に着手し、18年3月に公表した。米企業や政府関係者、大学やシンクタンクの研究者らからヒアリングした結果である。

報告書は、中国政府や中国共産党が中国に進出した米国企業が保有する技術や知的財産を中国に移転するために、さまざまな圧力と脅迫を駆使してきた実態を明らかにしている。

圧力と脅迫の中には、不透明で裁量的な政府の取り扱いや出資制限、調達制限、明文化されていない暗黙の規則、中央政府や地方政府の指示、命令はもちろん、サイバー攻撃による不法な知的財産の窃盗も含まれる。

米国は政府間協議で中国に是正を求めた。すると、中国はその都度、是正を約束した。その数は2010年以来、16年までに延べ10回を数える。16年の米中首脳会談では、習近平国家主席自身が当時のオバマ大統領に「中国でビジネスをするのに知的財産や技術移転を求めない」と明言した。だが、中国の行動は変わらなかった。

トランプ政権はそんな中国の態度に業を煮やして、今回の制裁に踏み切ったのだ。

興味深いのは、中国に進出した米企業関係者らの証言だ。彼らは「10年以上も」(報告書)中国でのビジネスと引き換えに技術移転を求められ、拒否できなかった。なぜか。断れば、中国に報復され、中国でのビジネス機会を失う羽目になるからだ。

たとえば、ある関係者はUSTRのヒアリングに対して「米企業はこの問題について脅迫され、黙っているしかなかった。とりわけ、中国にいる限りはそうだ。彼らは中国の強力かつ不透明な規制制度によって、罰を受けることを覚悟せざるを得なかったからだ」と証言した。

別のソーラー企業関係者は「自分たちが直面したのと同じように、多くの会社がサイバー・ハッキングと技術の盗難に直面している。だが、販売の落ち込みと中国による報復を恐れて公にする訳にはいかなかった」と語っている。

報告書は「米中ビジネス協議会(U.S. China Business Council)によれば、会員企業は報復の心配なしに(中国の)権利侵害や決定変更を訴える信頼できるチャネルがなかった」とも記している。

では、なぜ今回、中国の行為を公にできたのか。それは、トランプ政権下でUSTR自身が独自に始めた調査だったからだ。企業側は中国の報復を心配することなく、事業遂行に関わるセンシティブな内部情報をUSTRに提供することができた。その点も報告書が冒頭で明らかにしている。

なぜ中国の悪事は報じられないのか

以上の経過は、マスコミのもう1つの問題点を示している。中国から強制的な技術移転や窃盗の被害を被ってきたのは、米企業だけでなく日本企業も同じはずだ。日本のマスコミはそうした実態をあまり報じていない。時折、週刊誌が名前を伏せて報じるくらいだ。

マスコミが報じない1つの理由は、当の日本企業が報復を恐れて外部に口をつぐんできたからだろう。米企業と同じように「中国政府にひどい目に遭わされる」と分かっているから、マスコミの取材には堂々と応じられなかったのである。

もっと大きな理由は、日本企業に対する圧力や脅迫を報道すると、当のマスコミ自身が中国に報復されるのを恐れたからではないか。取材拒否や最悪の場合、支局閉鎖に発展しかねない事態を心配したのだ。

最近でも、産経新聞が日中高官会談の取材を中国当局に拒否された例がある(https://www.sankei.com/world/news/180829/wor1808290017-n1.html)。中国はそういう国だ。現地の記者たちが、日本企業に対する嫌がらせをまったく耳にしていなかったとは考えにくい。記者の自主規制は、いまも続いている可能性がある。

USTR報告を武器にトランプ政権が始めた対中貿易戦争は、日本企業の長年の鬱憤を晴らす側面がある。もしもトランプ政権が勝って、(たいして期待はできないが)中国が脅迫と窃盗行為を止めるなら、日本企業にもプラスだろう。

貿易戦争の激化をみて、中国に進出した日本企業は生産拠点の移転や日本回帰に動いているようだ。それはそれで合理的な選択だが、中国の振る舞いについて口をつぐんでいる企業とマスコミ、それに政府の対応には、情けない面もある。

保護主義の被害と、日本企業の強制的技術移転や窃盗阻止から得られる利益のどちらが大きいか、は一概に言えない。とはいえ、米中貿易戦争で米国が勝てば、日本は勝者の利益にタダ乗りする結果になるのに、黙っているのはご都合主義とみられても仕方がない。

今回の米中貿易戦争の本質は、ルールを守らない「泥棒の中国」に対する米国のガチンコ対決である。トランプ政権は国益を賭けて本気で戦うだろう。自由貿易の綺麗ごとを唱えているだけでは、事態の本質を見誤る。



(私のコメント)

中国の言葉に、「衣食足りて礼節を知る」という「菅子」の言葉がありますが、現代の中国人は、古代の中国人の子孫ではない。歴史を見れば古代の漢民族は北方からの遊牧民族に侵略されて何度も滅ぼされてしまった。あるいは天災や飢饉に見舞われてほとんど餓死してしまったことも度々ある。

だから現代中国人は、北方遊牧民族の末裔であり、文化も遊牧民族的だ。だから世界各地に進出してチャイナタウンを作るのも遊牧民族だからであり、一ヶ所に定住する農耕民族とは異なる文化を持っている。遊牧民族の文化は強いものだけが生き残る文化であり、農耕民族を略奪して生きてきた。

古代の漢民族の末裔は、DNAからすると雲南省の山間部に末裔がいるようですが、あるいは日本などに移り住んできた。遊牧民族と農耕民族が戦争をすれば遊牧民族の方が圧倒的に有利ですが、遊牧民族は残虐非道でありモンゴル帝国の歴史を見ればそれがわかる。ロシアと中国はそのモンゴル帝国の末裔だ。

農耕民族と遊牧民族以外にも、漁業などで生活する海洋民族がいますが、日本は農耕民族と海洋民族の連合体になる。日本やイギリスなどは島国であり、海洋民族の割合が大きい。アメリカなども七つの海を支配する海洋帝国ですが、大陸では遊牧民族が圧倒的に強く、海では海洋民族が圧倒的に強い。

米中の貿易戦争は、大陸国家と海洋国家の宿命の対決であり、地政学的に文化が異なるから摩擦が起きやすい。中国にも沿岸部には海洋民族がいましたが、内部から押し出されるようにしてアジアの島国に逃れていった。日本に米を伝えたのも中国南部から移住してきた海洋民族なのだろう。

このように大陸国家の中国・ロシアと海洋国家の日本・アメリカとでは、基本的な文化が異なり、大陸国家では野蛮で強いほうが生き残るが、海洋国家では有能なものだけが生き残れる。海洋国家では船を操らなければならないし無能な船長では難破してしまう。

「1974年通商法301条に基づく、技術移転、知的財産、技術革新に関する中国の行動、政策、慣習に関する調査報告」では、中国の不法な行為が報告されていますが、野蛮で圧力をかけてくる遊牧民族の特質が現れている。それに対して船を操る海洋民族は、技術力や組織力がうまく働かないと船が難破して負けてしまう。

そこの法律を守る民族と、法律よりも力だと信ずる民族の違いが表れわてくる。もちろんアメリカも大陸でもあるから、力こそ正義という面がある。だから中国人とアメリカ人は性格は似ているから最初は上手く行く。しかしアメリカは海洋国家であるので基本的には法を重んする。

日本やイギリスのように小さな島国では、悪さをして力で押し通すことは難しく逃げきれない。ロシアや中国では物を盗んでも人を殺しても、大陸は広いから逃げきれる。法を守らぬ民族をまとめるには独裁的な権力が必要であり、民主的な方法では国家が成り立たない。

だからころ中国は、国家ぐるみで「圧力と脅迫の中には、不透明で裁量的な政府の取り扱いや出資制限、調達制限、明文化されていない暗黙の規則、中央政府や地方政府の指示、命令はもちろん、サイバー攻撃による不法な知的財産の窃盗も含まれる。」という事になってしまう。

ジャンル:
経済
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 中国は、「中国製造2025... | トップ | 米中貿易戦争において、米同... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (中国恐産党)
2018-09-21 13:27:55
「虎ノ門ニュース」で、日本ウイグル連盟代表が言語禁止、拷問虐殺、臓器売買など語った、しかし、
          ↑ ↑  ↑
    ↓  ↓ ↓
同日、YouTubeは突如、虎ノ門ニュースが「ガイドラインに違反している」として、ライブ配信予定のページを削除!!!(理由は不明)

支那共産党は、2016年の9月にウイグルの言葉を使用禁止にした。

支那共産党の教育省が通達を出して、人口3000万人超のウイグル自治区ではウイグル語の使用が禁止となった。

現在、家や職場でさえウイグル語を話したら犯罪とされて逮捕される!

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7220.html
Unknown (「虎ノ門ニュース」)
2018-09-21 13:30:36
しかし、よりによって、こようなタイミングでYouTubeが「虎ノ門ニュース」に対してライブ配信停止の通告をしたので、ネット上では様々な憶測が出ている。
――――――――――
346: 名無しさん@1周年 2018/09/20(木) 09:21:15.74 ID:ZUalyfW40
9/19の虎ノ門ニュースみたけどさ、
日本ウイグル連盟会長がゲストに出てた

これが中国が問題視してグーグルに圧力かけたんだろうな

それか中国工作員の社員が動いたんだろうな

こういうのは絶対に許したら駄目だよ

85: 名無しさん@1周年 2018/09/20(木) 08:58:20.94 ID:Ros/RmGg0
ウイグルの真実を世界に配信したから厨国がブチ切れたようだな
完全に言論弾圧

408: 名無しさん@1周年 2018/09/20(木) 09:27:00.08 ID:b+Is9m3L0
まぁでも怪我の功名だな youtubeのシステムの不備がより明るみになったし 何より虎ノ門ニュースが更に有名になった 3日後の登録者数がどうなるか楽しみだな

422: 名無しさん@1周年 2018/09/20(木) 09:28:10.64
>>408
昨日のウイグル回もたくさんの人に拡散されるな あとは見た人が判断すればいい

454: 名無しさん@1周年 2018/09/20(木) 09:32:09.98 ID:b+Is9m3L0
>>422
ウイグル放送は現時点で23万回視聴されてる 虎ノ門ニュースの目的もそうだけど、 埋もれてるであろう問題を明るみにすることが最大の目的だからね
これでいいんだと思うよ

469: 名無しさん@1周年 2018/09/20(木) 09:33:46.87
>>454
だね。
材料を提供して、あとは視聴者に考えさせて判断を委ねる姿勢は健全だと思う

348: 名無しさん@1周年 2018/09/20(木) 09:21:22.71 ID:lQh2TsHt0
いい宣伝になったなw
――――――――――
●関連記事
ウイグルの空港に人体器官輸送通路!ウイグル人の10%が強制収容され臓器を摘出され死者が続出!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7213.html
目先の金に目がくらんだグローバル企業の責任です。 (noname)
2018-09-21 13:42:08
メディアへの圧力を含めて中国の不公正な行為は相当昔から報道されています。それでもグローバル企業が中国から撤退しなかったのは米国から中国に清算を移せば中国が大きな市場であり、人件費が安い中国で生産して完成品を輸入した方が儲かるからと判断して進出を止めなかっただけです。進出当時の中国は今よりももっと共産主義国家だったので、アメリカ政府関係者が今まで中国の不公正なルールを知らなかったとは思えません。

アメリカ大統領がグローバリストでは無いトランプ氏に変わって重視する視点が変わっただけです。

もっともアメリカも対日貿易赤字に関しては自由貿易とは言えない不当な売り込みを続けています。
1990年頃までの中国は完全に発展途上国のイメージだったので、彼らが精神的・文化的に成長するにはまだまだ時間が掛かりそう… (ponpon)
2018-09-21 14:22:14
今の中国は物質的に豊かになっただけで、まだ中国人の多くは“エコノミック・アニマル”の段階ですし…。色んな餌(車、家電、家など)を貰って喜んでいるだけの状態…。

> 綺麗ごとを唱えているだけでは、事態の本質を見誤る

昔から日本でも「正直者は馬鹿を見る」とよく言われますからねぇ…。原始的な社会や組織ほど、そういう傾向が強いですが…。
アメリカで先進的なモノやサービスが多く生まれるのは、「綺麗事」や「正論」を言う人達が才能を発揮し易い社会システムに進化して来たからでしょう…。いくら優れたアイデアがあっても、それを潰そうとする(足を引っ張る)勢力が存在すれば、お蔵入りになってしまいますからねぇ…。日本もまだまだ進化の途上ですが…。(※中国以上アメリカ未満)

> 現代中国人は、北方遊牧民族の末裔であり、文化も遊牧民族的

世界三大商人である「アラビア商人」「ユダヤ商人」「中国商人」は全て遊牧民的(流浪の民)ですよねぇ…。華僑も有名ですし…。

> 大陸国家では野蛮で強いほうが生き残るが、海洋国家では有能なものだけが生き残れる

昔から日本でも「東日本は馬の文化」「西日本は船の文化」と言われますが…。安倍政権には西日本が地盤の代議士も多いですが…。

> 中国の不法な行為
> 野蛮で圧力をかけてくる遊牧民族の特質

日本国内でも、メーカーや生産者に圧力をかける商人=流通業者(小売、卸売)のトラブルがよく起こりますよねぇ…。

> ロシアや中国では物を盗んでも人を殺しても、大陸は広いから逃げきれる

だから、最近の中国国内には監視カメラ(CCTV)が溢れ返っているワケですねぇ…。ハイテク技術によって彼らの民度を上げられるかどうか…。
Unknown (sankei)
2018-09-21 15:39:57
探査機はやぶさ2、小惑星リュウグウに小型ロボット投下した 史上初の移動に挑む

先進国に「債務爆弾」 日本236%と最悪水準

太陽光発電問題で経産政務官「違反あれば厳正対処」

巡査(和歌山県警和歌山北署の20代の男)が知人事故見逃し 処分 読売

不妊治療患者の凍結胚を病院が紛失
日本への外国人移住 (Unknown)
2018-09-21 15:56:55
>だから現代中国人は、北方遊牧民族の末裔であり、文化も遊牧民族的だ。だから世界各地に進出してチャイナタウンを作るのも遊牧民族だからであり、一ヶ所に定住する農耕民族とは異なる文化を持っている。

↓東京都新宿区の一住民の感想。
■何故アジアの若者どもが気楽に暮らせるのかな:前田正晶
 ------------------------------------------
 大久保通りの風景をあらためて紹介しよう。19日には大久保通りを2丁目まで往復してきた。JR山手線の新大久保駅の北側では圧倒的に多い中国人と思しき若者を中心にして、イスラム教徒を含むアジア人の通りと化して いる。

 私の持論では「イスラム教圏の諸国がアジアに割り振られているのかおかしいのであって、彼らは立派に独立した文化圏を形成している」のだ。そ のイスラム教徒も順調に?その数を増やしている。要するに、話が本筋か ら逸れるが、私は各種のスポーツの地区予選で中近東のイスラム教国をアジアに入れるなと言いたいのだ。

 私がずっと述べてきたように「彼ら異国の若者たちが何の心配もない様子で伸び伸びとスマートフォンで喚きながら大久保通り等を闊歩している様を見るにつけ、一体彼らは昼間から街を彷徨っていながらどうやって彼らよりも遙かに物価水準が高い日本の東京で生活の糧を稼いでいるのか」と不思議に思えてならないのだ。昼間から街を歩いているということは、まさか夜の仕事をしている訳でもあるまい。何処にそれほど遊んでいられる資金源があるのかと理解不能なのだ。

 18日も、暫く振りに昼食に入って見たこの街では珍しくかなり長続きしている人気が高いタイ・ヴェトナム料理店では、90%以上の客は日本語を話していなかった。しかも、この店のランチの価格は相当に高めの設定に なっているのだ。我々の隣の席に来た若い女性の2人組はタイでもヴェト ナムでもないようで、注文は日本語でしていた。何処の国の連中かと思っ ていると、会話の中で「リューベン」と言っていたので中国人と解った。 着ている服もチャンとしているので、生活に余裕があるのかと解釈した。 だが、余裕があるのは不思議に思えてならない。

 午後3時過ぎに大久保通り2丁目から新大久保駅前まで歩いて帰ってきた。 通りの北側は韓国の「アリランドッグ」とか言うアメリカカンドッグにも似たジャンクフード店に行列を作っている我が国の若い女子どもで、歩行もままならない盛況ぶりだった。

 私は真っ昼間から何とかドッグを食べに来て列を作っているあの女性たちは、高校生の集団か社会人なのか見当もつかないが、兎に角大賑わいなのだ平日の昼間に。後は韓国製化粧品の店にも彼女らは群がっている。あの有様では徒に文在寅を喜ばせるだけではないか。

 新大久保駅から北というか総武線の大久保駅との間はがらりと趣が変わって、韓国系の店はチラホラとあるだけでハラルフードの店やネパール料理屋が増えて目立ってきた。大久保通りのこの辺りを歩けば恐らく10ヵ国やその近辺の外国語が聞けるのかも知れない。だが、残念ながら私には韓国語と中国語くらいしか聞き分けられない。それほど多く国の連中が我が国を食い物にして我が物顔で闊歩しているのだと言えば、言い過ぎかな。

 今日も10組近くのトローリーケース(これが本当の英語で、カタカナ語で は「キャリーバッグ」となる)を音を立てて引き摺っていく異国の若者たちを見た。彼らが短期の旅行者なのか不法滞在を目指してここ百人町を訪れたのかなどは解る訳がない。

 だが、彼らの服装を見れば、それほど金銭的な余裕があって我が国にやって来たとも思えないし、我が国が彼らの雇用が約束している訳ではあるまい。そこで何時も理解不能に陥るのだが「彼らはどうやって生活の糧を稼ぎ出しているのか」が解らないのだ。まさか母国から仕送りがある訳があるまい。

 以前にハラルフードを商っているバングラデシュ人に「この国で暮らすのと、自分の国と何れが良いのか」と(英語でだが)尋ねたことがあったが、答えは「物価は多少高いが、日本の方が過ごしやすい」だった。彼らイスラム教徒はハラルフード店で働いているのだから幾ばくかの収入があるのだと解釈するが、昼間からタイ料理を食べに来ていた中国人の若い女性は何処でどうやって収入を得ているのだろう。

 他に奇異に感じていることがもう一つある。それはここ1年ほどの間に 「海外への送金」を業とする事務所(店か?)が増えてきたことだ。彼ら は合法的存在なのだろうか。中には“Remit”を登録商標にしているところ まである。この手の送金の事務所が「送金」だけの業務なのか「海外からの送金を受け付けている」のか私には不明だが、送金だけならば彼ら異邦人は祖国に仕送りなり何なりをするだけの稼ぎがあるのかと思ってしまう。

 でも、彼らは何処でどうやって稼ぎ出すのだろう。何処に3割負担の日本の病院やクリニックに通える金があるのだろう。不思議に思えてならない。

 要するに、私は「こんな新宿区百人町/大久保に誰がしたのだ」、「誰が ここまでになってしまったのを黙認したのだ」と言いたいのだ。何方でも 良いから一度ここ街に来られて現状を見て貰いたいと思う。これほど外国 人が数多くのさばっている街が他に東京にあるかを見て貰いたいのだ。私は決して好ましいとは思っていないのだ。
 ------------------------------------------
Unknown (Unknown)
2018-09-21 18:50:36
日本が海洋国家とか
欧米地政学を丸呑み洗脳されてたらアカンで
欧米の言う海洋国家というのは海賊バイキング奴隷文明なのだ
東インド会社とか植民地政策がその原型
法律ルールなんて自国の為の方便であり、原住民を絶滅させてきた
日本が血迷ってのぼせ上がって欧米海洋国家の真似なんかしてたら
日本という国を失なう
『国防の要憲法9条を破壊する亡国の下僕公務員テロリストども』 (豊岳正彦)
2018-09-21 19:05:38
『国防の要憲法9条を破壊する亡国の下僕公務員テロリストども』
投稿http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-803.html


前文と第9条が日本国憲法であり、日本国の国防を完璧に達成するのが憲法9条である。

国防の要である憲法9条変改を主張する安倍も石破も日本国憲法99条違反の亡国非倭人テロリストであり、
亡国非人総裁を総理にした国会議員全員もまた同じ日本国憲法違反非倭人亡国テロリストである。*脚注

今年度大雨洪水台風地震300兆円被害はすぐ手を打たねば雪崩式に拡大する亡国の国家緊急事態であるのに、
国防のかなめの憲法9条を変改するくだらん亡国テロ組織うちわの総裁選などやっている場合ですか(大笑い)
日本国下僕政府はただちに超法規にして合憲『民のかまど3年間』を政府の総力を挙げて一言一句漏らさず書いてある通りそのままに実行せよ。
http://hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-e4fb.html

私が言いたいのは、そういうことです。

____________________
*脚注(のほうが長い)

「安倍石破他憲法15条憲法最高法規99条公務員全員が憲法99条違反内乱罪憲法99条違反外患罪現行犯」

森バカIT総理いらい日本国の総理は全員日本国憲法前文の正当な選挙無しで総理の座を盗んでいるので、
こんどの茶番亡国自民総裁選で安倍が勝とうが石破が負けようが、
どっちも憲法99条違反内乱罪憲法9条違反外患罪(笑)亡国テロリストだから、
日本国憲法最高法規98条によって違憲無効公選法無効選挙で当選無効かつ当選後公職国会議員地位無効総理選出無効だね(笑い)

長周新聞9月20日記事https://www.chosyu-journal.jp/shakai/9347
「おじい、おばあが見た沖縄戦 「無抵抗の民の皆殺しだった」 占領目的の明確な意図」

にあるとおり、国防の要日本国憲法9条に違反する沖縄の米軍基地を、ますます憲法違反の罪を重ねて国会決議して亡国拡大する一辺倒の政府公務員及び国会議員全員が、
憲法9条違反外患罪の共謀共同正犯亡国テロリストである。

すなわち、憲法99条公務員で憲法9条改正を国会で審議議決できると考えているものは全員日本人の資格がない。

憲法は国会決議で改正できないと憲法96条で決められているからね。

ゆえに憲法99条公務員は憲法擁護遵守義務を負うので公務在職中は誰も憲法改変を口にしてはならないのだよ。

憲法擁護遵守義務を負う憲法99条公務員が職責上口にしてよいのは、翁長知事が口にした日米地位協定破棄など外交条約改正だけであり、沖縄に米軍基地を作らせない発言だけである。

政府が憲法を守らず日本国の国土内に米軍基地を作ったり拡大したり米軍に国民が納めた税金で作った予算から金を無償で与える事は、憲法99条政府公務員の政府内汚職という重大刑事犯罪そのものである。

長周新聞記事にあるとおり、米軍基地には国際法上も日本国憲法上もまったく日本国土に対して存在理由も法的根拠も、かけらも無いのだからね。

石破も9条改悪を公言している内乱罪亡国テロリストだし安倍も同じだが、あべはすでに世界中のフリーメーソンに9条違反戦争軍資金を渡した9条違反外患罪現行犯テロリストだから、罪が重いぜ(笑い)

石破については2,3年前の阿修羅で内乱罪現行犯事実を詳細に明らかにしてやったから、見てね(笑い)

___________________
少し改変W______________

「石破さんが戦争に行かないひとは死刑にするいうてます。自民党支持は大変危険です。」
www.asyura2.com/13/senkyo150/msg/859.html#c404

404. 2013年7月31日 10:29:13 : rWn9PLlcps (←これが私です。それは私です、みたいな笑い)
>>381
>自民党の改憲草案には審判所(軍法会議)が明記されている。で、それが憲法違反であるなら、
>改憲論議をすること自体が不可能になるじゃないですか。
>『発議』の意味を知ってるの?
>衆参両院で全体の2/3で議決し、国民投票に付すこと、それが『発議』ですよ?
>発議するまで改憲論議許されない

自民党は公人ではない。政党はすべて私人の集まりである。
憲法99条を読め。
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」これが公人であり、
公人は憲法を遵守して破ってはならない責務がある。
国会議員職とは日本国憲法最高法規99条と憲法15条に規定された公職であり、
国会議員とは日本国憲法前文に「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、」とある如く、
主権者国民によって「正当に選挙された国会における代表者」である。
すなわちすべて国会議員は国民主権憲法にのみ従って職務遂行する責務がある。
自民党でも公明党でも他の政党でも国会議員以外の政治家にはこの憲法遵守擁護責務は科されないので、
憲法99条の公人以外の私人党員が現行憲法に違反する軍法会議設置を党内で議論することは
憲法に保障された言論の自由政治信条の自由である。
しかし憲法99条で憲法遵守擁護責務を科された国会議員は国会議員である限り、
地球上のいかなる場所であっても改憲後のいかなる予定政策についても一言でも発言すれば憲法99条違反である。
最高法規99条公務員国会議員が改憲について発言できる機会と内容は国会議員である限り国会における改憲の発議のときのみである。
これが{正当に選挙された国会における代表者}国会議員が天皇象徴国民主権日本国憲法に刑法最高刑内乱罪をもって厳命された公職職務責任である。
「H30年9月21日追加:
それゆえに、憲法99条公務員は全員、奉職中は一言も憲法改変を発言してはならないね。
いいたけりゃ公務員職辞めてから言うんだな(笑)」

わかったかね義務教育落第私人日本病法匪病火病担病者HN患者くん。
この程度は健常者なら日本人小学生でも知っている常識だw>>47を暗記して養生せいよw

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまってない長文が多いので全部処理
(まあ阿修羅は政権に都合が悪い本当のコメントは非表示にする習性だからね笑)
_________________

_________________

長くなったけど、私が言いたいのは(笑い)、

国防の要の憲法9条をそのまま守れという玉城デニーさん以外に、
日本国憲法主権者国民が「正当な選挙」で選ぶ国民の代表と呼べる人は、
今の日本国には居りません。

とまあ、そう言う意味です(大笑い)
Unknown (原理主義宗教の急増)
2018-09-21 20:14:11
原理主義宗教 自爆 多神教の信仰をを弾圧破壊

一神教 絶対教 ・・・ 中古アパートで、郊外の中古住宅の利用法として、以下の例がある。
「中古住宅、プレハブの今」 ・・・ 日本の「モスク」とイスラム社会の侵入 
https://news.yahoo.co.jp/feature/773
2017/10/16(月)
シンクタンク (Unknown)
2018-09-21 21:15:39
 覇権国家であるためには、最低でも50年先ぐらいは見通していかないと難しいでしょう。アメリカは世界の軍事力の約半分を占める超大国ですから、それなり先を見通した上で国家戦略を練っていると考えるのが普通でしょう。

 中国に資本を投下して経済成長を促してきたのは、ほかならぬアメリカですよ。当然、中国が発展して軍事的膨張を遂げ、アメリカの脅威となる直前で中国潰しにかかってきたというだけの話。

 世界最大の軍事大国でもあり、ドルという基軸通貨を握るアメリカが、ただ指をくわえて中国の大国化を座視しているわけがない。中国が脅威になるのはいつ頃で、そのためにはどのような戦略を描いて脅威を取り除くべきか。

 米シンクタンクはとっくに答えを出している。だから、対中貿易戦争となると、国民一丸となる。民主党も共和党も無い。トランプが大統領を辞めても対中強硬姿勢は同じでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済」カテゴリの最新記事