株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

チャーチルが、大英帝国を救おうとして行った戦いが、ソ連/共産主義の勢力の大伸張を招いてしまうのです

2010年12月21日 | 歴史

チャーチルが、大英帝国を救おうとして行った戦いが、逆説的にその
喪失へと導いて、ソ連/共産主義の勢力の大伸張を招いてしまうのです


2010年12月21日 火曜日

CHURCHILL’S EMPIRE
The World That Made Him and the World He 
Made


落第政治家チャーチル(その4)太田述正コラム#4212(2010.8.24)

(4)意に反して大英帝国を崩壊させたチャーチル

 「・・・エドワード国王の時代の植民地省の若き閣外相(youthful minister)の時、彼の政治的敵対者達は、チャーチルを小イギリス主義者であって大英帝国にとって危険であると描写した。・・・」(C)

→若い頃のチャーチルは「進歩」的だったのでしょうか。(太田)

 「・・・チャーチルは1897年に・・・行った講演で次のように述べている。
 「<大英帝国はもう終わりだとの>これらの不吉の予言者達を信じることなく、彼等の陰鬱なる不吉な予言に対しては、それがウソであることを、我が人種の精力と活力は健在であって、我々の決意は、我々がイギリス人として我々の父親達から相続した大英帝国を支え続けることを、我々の行動でもって示そう」と。・・・」(F)
 「・・・彼は<(いつの時点かは不明だが(太田)>プライベートには余りにも率直であり、「「大英帝国に手を触れるな」というのが我々の確言であって、大英帝国は、国内のお涙頂戴の商人達やいかなる肌色の外国人達を満足させるために、弱体化させたり名声を汚したりしてはならない」と記している。・・・
 チャーチルは、大英帝国は、英国が指導的大国と見なされることを確実にする唯一の物であると信じていた。
 仮に大英帝国が消滅すれば、英国もまた世界舞台における位置を失う」とも。・・・」(H)

→恐らく、チャーチルの本心は一貫してこういった感じであって、英本国内外の人々の物の見方の方が変化(「進歩」)しただけなのでしょう。(太田)

 「・・・チャーチルは、自己満足的な英国のエスタブリッシュメントよりもはるかに早くナチスの脅威を見て取っていたし、彼の並外れたリーダーシップは欧州においてヒットラー主義を打ち負かす決定的要素であったのではなかろうか。
 トイは、ニコルソン・ベーカー(Nicholson Baker)<のように、>・・・チャーチルが大英帝国を救うことだけに関心があって、ヒットラーと取引する可能性がなきにしもあらずだった<とは考えない。>
 チャーチルは、それよりもはるかに深い嫌悪感をナチズムに対して抱いていたというのだ。
 チャーチルはならず者であったかもしれないが、彼は<ヒットラーという、>よりひどいならず者を見出したのであり、我々は歴史における<この彼の>ひらめき(wrinkle)のおかげで今日、自由を享受できているのかもしれない。・・・」(A)

ところが、目の前の欧州でドイツが再び興隆してくるのを見るや、大英帝国が形成される以前からの、イギリスの欧州分割統治本能にチャーチルが目覚めてしまい、大英帝国の力の全てを注ぎ込み、なおかつ「仇敵」たる米国まで引っ張り込んでナチスドイツを打倒するという、チャーチル自身の価値観に照らせば本末転倒の政策を彼は追求します。
 その結果、ナチスこそ打倒できたけれど、大英帝国は崩壊し、しかも、ナチスドイツと同等以上に恐ろしいソ連/共産主義の勢力の大伸張を招いてしまうのです。(太田)

 「チャーチルは、間違いなく、大英帝国を第二次世界大戦において連合国側へと召喚した。
 <既に第二次世界大戦が始まっていた時に>首相になった時、彼は、「我々の国の生涯、そして我々の帝国の生涯における厳粛な時」について語った。
 しかし、第二次世界大戦が戦われた大義(cause)たる人間の自由は、不可避的に大英帝国を構成しているのは誰で、その彼等が自由を全くもって享受していない、という問題を俎上に上らせた。
 チャーチルは、彼が1940年に述べたように、「世界中の国民の間で、我々だけが、帝国と自由とを結合させる手段を発見した」と信じていた<のだが・・>。・・・」(D)
 「・・・<マックス・へースティングスが記したように、>チャーチルの大英帝国並びにその人々に対する見解は、米大統領(フランクリン・ローズベルト)に比べ、いや当時の標準と比較しても非啓蒙的な代物だった・・・。・・・」(D)
 「・・・黄金海岸<(ガーナ)>のナショナリストのクワメ・エンクルマ(Kwame Nkrumah)は、後に記した。
 「地球の四囲に向けて放送されたところの、自由について語られた美しくも勇ましい言葉は、思いもかけない所で、種が蒔かれ芽を出したのだ」と。・・・」(F)

→「世界中の国民の間で、我々だけが、帝国と自由とを結合させる手段を発見した」だけでなく、実践していたのが日本人であり、その日本帝国でした。
 「自由」の米国と手を結び、大西洋憲章で自由を謳ったことが大英帝国の崩壊に寄与した部分もあったかもしれませんが、一番大きいのは、日本による東アジアの大英帝国領の奪取であり、日本軍のインド侵攻でしょう。(太田)

 「・・・チャーチルが、大英帝国を救おうとして行った戦いが逆説的にその喪失へと導いたのだ。・・・」(E)

→そうではなく、チャーチルは、目的であるはずの大英帝国を手段として対ナチスドイツ戦争を遂行したために、必然的に大英帝国を喪失へと導いたのです。(太田)

 (5)痛惜の念にかられるチャーチル

 「・・・若きウィンストンは、彼の生涯を大英帝国の維持のために捧げると誓った。
 軍閥として、ヒットラーとの抗争の間、彼は、彼が同様に擁護したところの英米同盟を危うくすることを意味したにもかかわらず、大英帝国を維持しようとした。
 <だからこそ、>一人の老人として、彼は自分の生涯が無に帰したことを嘆いた。
 「私が信奉していた大英帝国はもはや存在しない」と。・・・」(
E)

 「・・・彼は、米国ではファシズムと共産主義への反対によって最もよく知られているかもしれないが、その帝国主義への擁護において悪名高い<人物だ>。
 「我々は、我々のもの<(帝国)>を維持しようと本気で思っていた」と彼は1942年に忘れえぬ発言をしている。
 「私が国王の筆頭大臣になったのは、大英帝国の解体(liquidation)を主幹するためではない」と。・・・
」(E)

 「・・・彼の生涯の終わり近くになって、チャーチルは、彼の私的秘書のアンソニー・モンターギュ=ブラウン(Anthony Montague-Brown)に、「私は、生涯全てを通じて懸命に働き、大変多くのことを成し遂げたけれど、結局のところ、何も成し遂げなかった」と伝えた。・・・」(F)

→このチャーチルの痛切な悔恨は、意に反して吉田ドクトリンが成立し、それを日本人が墨守し始めたことについての吉田茂の痛切な悔恨を思い起こさせますね。
 決定的な時期に英国がチャーチルを、そして日本が吉田をそれぞれ首相として持ったことは、それぞれの国民にとって何という不幸であったことでしょうか。
 その結果、大英帝国は余りにも過早に崩壊してしまったわけですが、日本もまたひょっとすると崩壊すべく運命付けられてしまったのかもしれません。(太田)


(私のコメント)
戦争の勝敗を何をもって判断するかは見解は分かれますが、歴史家が見る勝敗の目安は戦争目的が達成されたかが目安になる。人的物的な被害が大きいほうが負けとするとソ連や中国は敗戦国となってしまう。だから人的物的な被害が大きくても戦争目的を達成した国が戦勝国となる。

大英帝国は戦争には勝ちましたが、大英帝国は多くの植民地を失い通貨のポンドも暴落して基軸通貨としての地位を失ってしまった。チャーチルはナチスドイツと戦う決断をしましたが、大英帝国にとって正しい決断だったのだろうか? ヒトラーはバトルオブブリテンの戦いでイギリス本土占領を諦めた。副総統のヘスはイギリス本土に単独飛行して講和を求めましたが、チャーチルはそれを蹴った。

大英帝国にとってナチスドイツ以上に手強い相手はソ連でしたが、ヘスの講和に応じてナチスとソ連とをぶつけさせれば、チャーチルは大戦略家としての目的は達成されたのではないだろうか? しかしチャーチルはナチスとの戦いを続行させる為にアメリカとソ連と手を組んだ。

アメリカを戦争に引き込むには日本とアメリカが戦争になることが必要だった。そうすれば日独伊三国同盟によって世界大戦となりアメリカは大英帝国と手を組む事になる。その事は日本と大英帝国が戦争になることになり、大英帝国は香港要塞とシンガポール要塞を失った。二つのアジアの拠点を失う事で大英帝国は崩壊の道をたどった。

おそらくチャーチルは日本軍が攻めてきても香港とシンガポールは落ちないと見ていたのだろう。制海権についてもイギリス海軍は日本海軍に勝てると見ていたのではないだろうか? 大英帝国から見れば日本はアジアの小国であり海軍戦力も見かけだおしと見ていたのだろう。

ここにチャーチルの戦略ミスがあるのであり、ナチスとの講和に応じて独ソ戦に引きずり込んで独ソ戦の行方を見守るべきだっただろう。その方が大英帝国の分割統治支配の伝統にかなう戦略だった。ソ連がもしナチスとの戦争に勝った後はソ連の勢力がヨーロッパを支配する事になるからだ。チャーチルはそこまで計算はできなかったのだろう。

これは結果論であり、チャーチルに責任を負わせることは難しいが、アメリカの助けを請えばアメリカの勢力拡大に手を貸す事になる。しかし当時のアメリカは孤立主義であり、そのままにしておくことが大英帝国にとっては都合が良かったはずだ。しかし日本を対米参戦させる事でアメリカを引きずり込む事に成功した。

その結果、大英帝国はアジアの植民地を失いヨーロッパの小国となった。結果から見れば大英帝国の敗北は明らかであり、第二次世界大戦は大英帝国の滅亡を早めただけだ。イギリスは戦争に勝ったにもかかわらずチャーチルは英雄になる事は出来ずに、戦後行なわれた選挙にも破れた。勝ったのはソ連であり、ナチスが負けたことでヨーロッパの半分がソ連の支配下に入った。

今から考えれば、アメリカとソ連は手を組んでナチスと大英帝国と日本帝国をつぶすことを企んでいたのかもしれない。米ソ冷戦体制はアメリカが仕組んで作り上げた体制であり、アメリカが開発した核兵器の技術もスパイによって素早くソ連に提供された。ソ連が強大化してヨーロッパを米ソで分割支配することでアメリカに世界覇権が渡った。

1991年のソ連の崩壊は、ヨーロッパの復権でもありましたが、EUを結成してユーロ経済圏を作って米ソの分割支配から逃れる事ができるようになった。しかしイギリスはEUには参加できてもユーロには参加できずに爪弾きされている。それだけチャーチルの犯した過ちはヨーロッパの恨みを買っている。

もしチャーチルが日本の軍事力を正当に評価していれば、日本を対米戦に引きずり込む事はしなかっただろう。大英帝国はアジアにおける制海権を失って日本海軍に大敗北を喫した。日本は人的な損失や領土を失って物的な被害も大きく敗戦国となりましたが、歴史的評価からすれば、人種差別戦争に勝利しアジアの植民地戦争でも勝利して目的を達したのだから日本は戦勝国なのである。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (63)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の人々の持ち家志向は、... | トップ | 10万円で始められる本の電... »
最近の画像もっと見る

63 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チャーチル「日本にこれほどの力があったのならもっと早くいってほしかった。日本人は外交を知らない」 (Unknown)
2010-12-21 15:25:45
チャーチルの『第二次世界大戦回顧録』のなかにこんなことが書いてある。

日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。しかし、これでは困る。反論する相手を捩じ伏せてこそ政治家としての点数があがるのに、それができない。それでもう一度無理難題を要求すると、またこれも呑んでくれる。すると議会は、いままで以上の要求をしろという。無理を承知で要求してみると、今度は、笑みを浮かべていた日本人はまったく別の顔になって、「これほどこちらが譲歩しているのに、そんなことをいうとは、あなたは話の分からない人だ。ことここにいたっては、刺し違えるしかない」といって突っかかってくる。

これは、昭和十六(一九四一)年十二月十日、マレー半島クァンタンの沖合いで、イギリスが誇る戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの二隻が日本軍によって撃沈されたときの日記だが、チャーチルは、これによってイギリスはシンガポールを失い、インドでも大英帝国の威信を失うのではないかと心配しながら書いている。

チャーチルは、「日本にこれほどの力があったのならもっと早くいってほしかった。日本人は外交を知らない」と書いている。つまり、日本は相手に礼儀を尽くしているだけで外交をしていない、外交はかけひきのゲームであって誠心誠意では困る、ということらしい。

Unknown (Unknown)
2010-12-21 15:44:13
後だしジャンケンのような、卑怯な論説は読まない。
Unknown (Unknown)
2010-12-21 16:01:13
この三年間で今日のエントリーほどくだらないものはない

言うに事欠いてニッポンが戦勝国だって?
TORA殿、、、貴様!!同胞が300万人死んだのに、勝った勝ったいうのかよ!
中国の支配層のようなことを言うものではありません。

日本は負けたのです。国民の一人一人が負けを認めたから、今の経済発展があるのです。
自己正当化は中国人に任せておけばよい。
「釣魚島が中国である決定的証拠」1.7億円 中国で競売 (愛信)
2010-12-21 16:31:21
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/267289/
海国記」は清代の文学者、沈複氏の自叙伝作品
「浮生六記」に収められており、1808年、沈氏が釣魚島
を経由して琉球に渡った際の様子が記されている。
この時の描写が釣魚島が中国領内にあることを示して
おり、日本人が同島の調査を行って清国に属さないこ
とを確認したと主張する時期より約80年早いとされる。

支那の共産主義社会で一冊の古本に1.7億円を出す
個人はいない、支那共産党が得意の捏造報道。

詳細は
【その他の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt.cgi
【その他のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
仮想戦記もとい火葬戦記の読み過ぎだ (現実逃避にもほどがあるぞ)
2010-12-21 16:40:33
えと…
これ、その4ですけど
その前のシリーズ記事みました?

どこをどう読んだら、こないな拡大解釈すなわち

妄想

がでてくるのか理解不能
大英帝国がドイツと戦う必然性があったのか? (Unknown)
2010-12-21 16:51:11
ドイツがポーランドに侵攻した時、独と英仏との全面対立を起こさなければ、ドイツはフランス支配をあきらめていただろうか。欧州大陸をほぼ制圧するドイツ帝国=ヒットラーの野心がチャーチルの想像の中にあったのなら、チャーチルの判断はさらに正しかったが、そんなことよりも現実はドイツと英国は戦う運命にあったと言える。

ドイツの属国にならないためにはアメリカに参戦を促したのも正しいというか、それしか道はなかった。そのために日本と全面的に戦うことになってもその判断は正しい。

戦後の植民地と切り離された英国本国の衰退はこの戦とどれほど関係づけられるのだろうか?
砕氷船方式 (Unknown)
2010-12-21 16:57:30
日本とアメリカを戦わせて両方弱った後へ進出するのが、ソ連のやり方。 日本とシナ国民政府を戦わせて、お互いつぶしあった後を支配するのが八路共産党のやり方。 ドイツとソ連を戦わせて、両国を弱らせれば、イギリスはヨーロッパで有利な立場になれたわけです。 チャーチルはナチスへの対抗心が強すぎて、もう一段高いところからの戦略が描けませんでした。日中戦うときは戦わなければいけませんが、第三国の策略にはまらないように気をつけましょう。 先の大戦の勝敗、目的達成は別にして四百年にわたる白人の有色人種支配が崩れたことは確かです。 日本は四百年に一回しか起こらない世界史の大転換に寄与したのです。 
帝国の盛衰 (こってり)
2010-12-21 17:07:13

>もしチャーチルが日本の軍事力を正当に評価していれば、日本を対米戦に引きずり込む事はしなかっただろう。

チャーチルはたぐいまれな軍事的知識を持ち、戦略家としても名声を得ていたが、敵の力を探る諜報能力が欠けていたので、現実の戦闘で苦杯を舐めたのでしょう。

しかし、満ちれば欠ける月の如く、永遠に繁栄する帝国は無いのです。
チャーチルは、その衰亡する帝国の宰相として、彼なりに最善を尽くしたが、欠け行く月を満月に戻すことは出来ませんでした。

そして、大日本帝国が崩壊し、ソヴィエト帝国も崩壊し、アメリカ帝国の最盛期も過ぎ去り、かのオバマ大統領が如何に頑張っても、歴史の歯車を戻すことは出来ないのです。

そもそも、帝国とは他者を支配することによって繁栄するシステムであり、帝国の周辺には、虐げられた人々の怨嗟が渦巻いているのです。
「もし、核兵器が手に入り、それをアメリカ国内に持ち込めたら、自爆テロも辞さない」と思っているイスラム教徒は大勢いる筈です。
更に、支那帝国も東トルキスタンやチベットなどを抑圧し、被抑圧民族の怨嗟を受けています。

しかし、我が日本民族は、他民族を搾取して繁栄しようなどいう帝国主義の悪夢から目覚め、敗戦後は一貫して物作りや交易に励み、他国への援助も続けています。

すなわち、帝国にならなければ「帝国の衰亡」も無いのです。
アメリカも、ロシアも、中国も、帝国であるが故に、必ず「帝国の衰亡」という運命から逃れることは出来ないのです。

Unknown (Unknown)
2010-12-21 17:23:20
http://257.teacup.com/newsda/bbs/3829
一体何を言いたいのだ (Unknown)
2010-12-21 17:26:50
>イギリスはEUには参加できてもユーロには参加できずに爪弾きされている。

そうではないだろう。
イギリスがユーロに参加しなかったのは、イギリス国民とイングランド銀行の意志によるもので、別に爪弾きにされた訳ではない。

>歴史的評価からすれば、人種差別戦争に勝利しアジアの植民地戦争でも勝利して目的を達したのだから日本は戦勝国なのである。

べつに日本はアジアの植民地を解放しようなどといった、戦略的哲学を以て戦争に望んだ訳ではない。
追い込まれ、止むに止まれず資源獲得のための南方作戦であった。
戦争に勝利すればヨーロッパ諸国に成り代わって植民支配しようと思っていただろう。
世界大戦によるヨーロッパ諸国の疲弊が結果的に、アジア植民国家の独立を可能ならしめたのであって、それは歴史の結果に過ぎない。

歴史に対する評価は、現時点における価値観の反映に過ぎない。
状況が変われば評価も変わろうが、TORA氏のように日本を戦勝国とする見方は偏屈そのものである。
イギリスの歴史家E・Hカーはその著『歴史とは何か』の中で、歴史とは現在と過去との対話であると述べているが、TORA氏の価値観はどう見ても少し曲がっている。
あたり屋ではなく、曲がり屋だから株でも勝てないんだろう。  失礼。。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

国際共産主義の亡霊を祓う大東亜戦争のたった一つの真実 (森羅万象の歴史家)
 さいきん近衛文麿を美化する歴史書の出版が相次ぐ中、PHPが中川八洋教授の「近衛文麿とルーズベルト」を大東亜戦争のたった一つの真実―近衛文麿の戦争責任として復刻した。   所長は、現代史資料ゾルゲ事件、尾崎秀実著作集、大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と...
ギリシャは結局、救済される? 「英米は支援せざるをえない」 (青革の手帖)
  スイス・ダボスで開催中の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、財政悪化に苦しむギリシャのパパンドレウ首相が、必死の火消しに躍起になっているようだ。財政悪化の限界により、同国の国債へ信用不安が起こっているからである。まあ、放漫政治のツケなんだか...
真珠湾攻撃~本当に必要な作戦だったのか? (ロベルト・ジーコ・ロッシのブログ)
皆様、こんばんは。 ロベルト・ジーコ・ロッシです。 政治の本質 第68回です。 12/8は、真珠湾攻撃の日です。 ロベルトは、この日が来る度に思います。 真珠湾攻撃は、本当に当時の日本にとって必要な作戦だったのか? ロベルトの意見では、Noです。 大日本帝...
円高で日本は瀕死らしい。笑 (ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ)
Tweet 日本はものすごい不景気なんだ。円高で瀕死の状態だ。対策が必要だ。リフレ政策だ。財政出動だ。大企業による搾取を許すな。 となんとなく何も調べずに言っている人たちがいる。 暦年ベースで2010年の実質成長率4.3%。 どこの国の成長率と思われるだ...