株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

衆議院本会議・代表質問 稲田朋美議員の「大演説」を、全文テキストで再現。(2)

2010年10月10日 | 政治


by CyberBuzz

(続き)

 

さて、国内の安全を内閣で司るのは国家公安委員長です。

そして任命権者は総理、あなたです。

今回、そおの国民の安全を守るポストに『韓国で、所謂従軍慰安婦問題で、日本の政府を糾弾するためにソウルの日本大使館に向けて反日デモをし、我が国の国旗を貶めた』岡崎氏を任命されました。
信じられない愚挙です。


総理にお伺いします、総理は岡崎氏の愚かな反日行為をどのように理解されていますか?

今回何故岡崎氏を我が国の治安の最高責任者に任命したのですか?

不適格者を任命した責任についてどのように考えておられますか?

 次ぎに所信に、国を思い切って開くというフレーズがありますが意味が分かりません。

この事に関連して二つのことを連想しました。

一つが外国人参政権であり、もう一つが農業の自由化の問題です。

鳩山前総理は『日本列島は日本人だけの物じゃない』『日本を開かなければならない』というおかしな信念の持ち主でした。

国を思い切って開くと言う中に、鳩山さん的な地球市民的発想が含まれているのですか?

この延長線上に外国人地方参政権をおくと、まさしく自国のことは自国で決めるという主権国家の中核が失われてしまいます。

また、外国人地方参政権付与については、地方議会から反対の意見書が県議会だけでも35と、多数出されています。

総理は今まで一貫して『外国人に地方参政権を与えるべきである』。
しかも『特別永住者だけでなく一般永住者にも与えるべきだ』と発言をされています。

私は国であれ、地方であれ、外国人に参政権を与えることは、日本が主権国家を止める事になると考えています。

憲法15条に『公務員の選定罷免権は国民固有の権利である』と書かれていますが。
その意味するところは、国家の行く末を決めるのは日本人だけであるという国民主権。
そして日本が主権国家である事の当然のようせいなのです。


改めて外国人に地方参政権を与えることについての総理の見解、特に憲法に違反しないか?

主権国家として外国人に地方参政権を与えることが対馬や国境の島の存在を考えていても・・考えてみても安全保障上問題ではないかについて見解を伺います。

さらに、民主党は党員サポーターの資格に国籍を問いません。

今回の代表選においても外国籍の党員サポーターも投票権を持っていました。

野党時代ならともかく、与党になっての代表選は実質上この国の総理大臣を決める選挙です。

と言うことは、この国の総理大臣を決める選挙に外国人が投票権を持つことになり、明らかに憲法違反だと断ぜざるを得ませんが、その点についての総理のご見解を伺います。

総理はEPA(経済連携協定)・FTA(自由貿易協定)を推進する立場であり、所信の中にもTPP(環太平洋パートナーシップ協定)への参加を検討とのべ、全く農業への言及がありませんでした。

昨年の衆議院選の民主党マニフェストでも『米国との間で自由貿易協定(FTA)を締結する』と書かれており。
その事に農業者が猛反発をしてかきぶりを変更したということがありました。

ようするに民主党は農業を犠牲にしてでも貿易自由化を進めるということなのです。

しかし、農業は単なる産業ではありません。

地域を守る、文化を守る、伝統を守る、極めて重要な役割を担っています。

お米は日本の主食であり、米作りは日本の文化であり、水田は日本の美の象徴です。
農業を守ることはすなわち日本を守る事なのです。

(この頃からヤジの声が大きくなる)

彼に我が国が全ての国境処置、関税を撤廃すれば農産物の生産額が3,6兆円、GDPが9兆円、雇用が375万人減少し、食糧自給率は12%まで落ち込むと試算されています。

民主党は平成19年の参議院選挙の時、『米の生産調整を止めて戸別補償をする』というまやかしを言って農村の票を取り勝利しましたが、結局生産調整は止めていません。

戸別補償は自由貿易推進のために実施するのでしょうか?

一体何のために戸別補償なのか総理にお伺いを致します。

また、総理は自由貿易によって被る日本の農業の打撃についてどうするつもりなのかお伺い致します。

 さて、昨年我が党が惨敗した総選挙で民主党が掲げたマニフェストは嘘だらけの詐欺とも言うべきマニフェストでした。

詐欺とも言うべきマニフェストで政権をかすめ取ったの民主党です。

そのような民主党に政権をかすめ取られた我が党も情けない。

まず、最も大きな嘘が財源の嘘です。

民主党は子供手当、農家の戸別補償、ガソリン値下げ、高速道路無料化など選挙目当ての不道徳かつ政策的に間違ったバラマキをするための財源16,8兆円について国の予算を組みかえれば20兆、40兆すぐ出せると言っていました。

当時の代表であった鳩山前総理は『財源については心配して頂くに及びません』とまで言われたのです。

選挙後も財務大臣が民間企業でも経営者が変われば一割二割すぐ削減できる、それと同じだと豪語されました。

一体その20兆、40兆の財源はどこへいってしまったんですか?

昨年の事業仕分けで削減できた無駄はわずか7000億。
これぐらいのものは自民党政権下でも毎年削っていました。

消えた年金ならぬ、消えた財源ではありませんか。

20兆、40兆の財源が予算の組み替えでできると仰ったことについて今もその考えに変わりはありませんか?
総理にお伺いを致します。

また、総理は著書『大臣』の中で、『国家予算は例えば総額90兆円になるとしたらマニフェストで国民と約束した7兆1000億を最初に計上する。そして残った額から必要なものを当てていけばよいのである』と、述べられていおりますが真っ赤な嘘じゃありませんか?

それが本当ならマニフェストに従って22年度は予算の最初に7,1兆円を、23年度は12,6兆円を真っ先に計上することにしなければなりませんがそうはなっていません。
結局、財源が無くてできなかったのです。

だから詐欺のようと言われるのではありませんか?

所信では『子供手当は現金給付と、保育所を整備などの現物支給のバランスを取って拡充する方針です』という誤魔化しを述べられていますが。
個々の家庭に配るから子供手当だったのではないですか?

結局政権を取ってみたら財源がないということを認めざるを得ないのでマニフェストを反古にするという事なのです。

消費税については6月の国会を閉じてからいきなり我が党の案を参考に10%と仰いました。

昨年の選挙では4年間は消費税は上げないと約束されていたはずですが、財源が無いとわかりいきなり増税を提案されたのです。

民主党政権になってから民主党内でも、国会でも消費税が議論されたことを私は知りません。

さらに我が党の消費税の議論と、総理の言う消費税とは全く前提が違います。

我が党は長年党内で真剣に議論をし財源については20兆、40兆などといった嘘をつかず、骨太2006などで真面目に歳出削減をし。
所得制限無しの子供手当のようなばかげだバラマキをせず。
使途を・・こうそうかに限定し最小限の増税が必要として昨年の1月に税法不足を明記したのです。

総理の提案された消費税増税は全く議論もなく、しかも昨年の総選挙のマニフェスト違反の増税です。

与野党協議を言う前に、無駄排除で9,1兆円、天下り禁止で12,1兆円、予算組みかえで20兆、40兆の財源の嘘について国民に謝罪をし、バラマキを悔い改める事が先決だと思いますが総理の見解をお伺い致します。

(議場より拍手)

 小沢元幹事長が検察審査会から2度目の起訴相当の議決を受けました。

今度こそ、国内法に則り厳正に対処して頂きたいと思います。

ただこの問題で本当に国民が知りたいのは政治資金収支報告書に虚偽の記載をしたことに小沢氏が関与していたか・・だけでなく。
世田谷の土地を含む10億もの不動産を政治資金管理団体が保有する必要性が何処にあったのか?


また、その不動産の原資は何処からきたのかという点にあります。

いずれにしても全く説明責任を果たさず強制起訴となった小沢氏は議員辞職すべきだし民主党に議会制民主主義を語る資格はありません。

(議場より「そうだ」「そうだその通り」の声)

さらに鳩山前総理の政治と金について鳩山氏は今年参議院の予算委員会で西田昌司議員に裁判資料の提出を約束しておきながら未だに出しておりません。

これは、国会で当時の総理大臣がお約束になったことを未だに履行していないと言うことです。

このような不道徳な嘘が厳正な国会で横行するようでは国民のモラルも民主主義も地に落ちてしまいます。

(議場より拍手)

早急に裁判資料の提出をされるよう求めますが総理のご見解をお伺い致します。

尚、私の質問は全て総理に答弁を求めています。

官僚の用意した原稿を読まず総理自身の政治家としての執権ある御自身のお言葉でお応え下さい。

 最後に今回の尖閣問題は日本国民と政治家に様々な教訓を残しました。

政治の究極の目的は国家国民の安全保障にあると言うこと。
そして領土を守るためには国民の覚悟が必要ということです。

その意味で総理が6月の所信表明演説で
『相手国に受動的に対応するだけでは外交は築かれない、時には自国のために代償を払う覚悟ができるか国民1人1人がこうした責任を自覚し、それを背景に行われるのが外交である』
と、言われたのはまさしく言葉としては正しいと思われます。

しかし、総理は行動は伴っていません。

有言不実行なのです。

我が国の尖閣諸島の領有権を守るためには国民が自国のために代償を払わなければならないこともある、その覚悟無くして領土は守れません。

例え尖閣は日米安保の対象でも自主防衛の気概なくして日米安保は意味が無いと言うことです。

(議場より拍手)

今年の8月15日、菅総理および菅内閣の閣僚はただ1人も靖国神社参拝をしませんでしたが、いかなる歴史観に立とうとも国のために命を捧げた人々に感謝と敬意を表することができない国にモラルも安全保障もありません。

(議場より拍手)

ようは言葉ではなく、守る意志と覚悟の問題です。

その意志も覚悟も無い菅内閣にこの国の主権も領土も国民の生活も国家の名誉も守ることができないことが明らかになった今、総理がなすべき事は内閣を総辞職するか、一刻も早く衆議院を解散し国民に信を問う事であるとことを申し上げ私の質問を終わります。」

(議場より拍手)


(私のコメント)
NHKの国会中継を見ていたら、自民党の稲田朋美議員が代表質問をしていた。菅総理から見ればずいぶん手厳しい質問でしたが、総理は官僚が書いた答弁書を棒読みしておしまいです。国会中継はほとんどの国民は見ない。質問をするほうも答弁する方も型どおりであり、すれ違い問答で終わってしまう。

たとえ原稿を読むにしても自分で書いたものを読むのと、官僚が書いたものを読むのとでは使う言葉も違ってくるからすぐに分かります。問題はこの国会中継を見ていた国民がどのように受け取るかですが、国会中継を見ていた人は数パーセントでしょう。多くが民放のワイドショーか韓流ドラマを見ている。

稲田朋美議員の代表質問を聞き逃した人のために、全文をテキスト起こししていただいたブログがありましたので転載させてもらいました。演説の文章を見てもリズムがあり、手厳しい単語も使って、菅総理も仙石官房長官もムカッとした表情を浮かべて、自民党席からは拍手や応援のヤジが出るほどでした。

しかしマスコミ報道では、テレビではワンカットでおしまいだし、新聞では汚い言葉だという菅総理の談話が記事になった程度だ。しかしテキストを見てもらえば分かるように手厳しい言葉だがきたないと言うほどではない。それだけ質問が手厳しかったからですが、民主党も守勢に回るとボロがあちこちから出てきます。

野党の時は言いたい放題のことが言えますが、与党になると官僚のサポートがないと何も出来ない事がはじめて分かる。分かっていたのは小沢一郎と亀井静香ぐらいでしょうが、政権与党になったら官僚をどのように使いこなせるかが政治家としての腕の見せ所ですが、失敗すると長妻大臣のように自爆してしまう事になります。

政治主導は民主党の政権公約ですが、尖閣の問題にしても、外交問題を地方の検察に丸投げしてしまった。検察も行政組織の一部だから、丸投げされた検察はたまったものではないでしょう。失敗すれば菅政権は検察に責任をおっ被せるつもりだ。

戦前にも、近衛文麿総理大臣は政治を東條英機陸軍大将に丸投げしてしまった。軍人に当時の複雑な外交問題を解決できる訳が無く、東條政権は戦争に突っ走ってしまった。つまり当時も現代も日本の政治家は、困難にぶち当たると官僚に責任をおっ被せてしまう。何の為に議院内閣制があるのか分かりませんが、政治化の責任感の低さと能力の低下とモラルの低下は今も昔も変わりがない。

だからこそ国民は、政治に関心を持ってNHKの国会中継も見て欲しいものですが、国民の資質以上の政治家はいるはずがない。「株式日記」の読者でも見た人は僅かだろう。見逃した人のためにニコニコ動画と全文テキストを紹介しますが、稲田議員に日本始めての女性総理大臣になって欲しいものだ。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (97)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆議院本会議・代表質問 稲... | トップ | 通貨安戦争が悪いと思い込ん... »
最近の画像もっと見る

97 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-10-10 13:54:06
稲田朋美の歌♪♪~
http://www.inada-tomomi.com/song/inadatomomi.wma
国会議員の給料を500万円にしょう。 (Unknown)
2010-10-10 14:00:56
いろいろ手当てが付いてるからそれでもまだ高いが。
小泉進二郎と稲川会大幹部の蜜月関係(転載) (Unknown)
2010-10-10 14:01:55
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201004/article_24.html
Unknown (Unknown)
2010-10-10 14:19:54
「稲田朋美の歌」はこの曲にセンスが似てる。聴いていて気がついた。http://www.youtube.com/watch?v=iMXto47StV8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=Q59BD6tfFok&NR=1
Unknown (Unknown)
2010-10-10 14:24:28
http://www.amakiblog.com/archives/2010/10/06/#001694
Unknown (稲田朋美総理大臣)
2010-10-10 14:27:57
最高の記事ですね。
このような日本の国益を
左翼で反日思想の日本の民主党から
守れる女性を日本の総理大臣にしたいです。
いつまで民主党は政権に居座り続ける気か。
個人の利益と中国、朝鮮の利益のために
日本の国益を損ない続ける素人市民運動家集団の民主政治家は全員日本から出て行くか、日本を反日国家の朝鮮と中国に売った罪で逮捕されてほしいです。
Unknown (Unknown)
2010-10-10 14:40:37
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1010&f=national_1010_046.shtml
稲田朋美議員がんばれ! (shufu)
2010-10-10 14:55:21
 私が思っていること、言いたいこと、怒っていること、政府がやるべきこと、すべて稲田議員が言ってくれています。読んでいて興奮しました。
テレビは「龍馬伝」と「相棒」と「坂の上の雲」くらいしか見ないので、国会中継も見ていません。
稲田議員を全面的に支持します。
Unknown (Unknown)
2010-10-10 15:06:51
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40606&media_type=wb&lang=j&spkid=19575&time=01:02:20.6
Unknown (破壊屋)
2010-10-10 15:13:01
http://kmynhkiy.blog14.fc2.com/blog-entry-358.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

軍と社会の遊離を憂う (東京の郊外より・・・)
先日ゲーツ長官によるデューク大学(Duke)での講演の一部をご紹介しましたが、Podcastで講演の音源が公開され講演の中心命題である「徴兵制によらない軍制度の課題」についてのゲーツ長官の問題意識が聞き取れるようになりましたので、概要をご紹介・・・