株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

谷垣が第1党復活と総理目指して不信任案を出せば、全野党と小沢新党は乗っかる。

2012年07月19日 | 政治

小沢新党が率先して不信任案を提出しても、自民・公明は乗らない。しかし、谷垣
が第1党復活と総理目指して不信任案を出せば、全野党と小沢新党は乗っかる。


2012年7月19日 木曜日

カギ握る2人の計算 「8月解散」はあるのか 7月17日 週刊現代

<鳩山新党はできるのか>

 行く先々で「新党結成」を否定している鳩山元首相。あくまで民主党に残って改革をしていくようだが、党員資格は3カ月停止中。消費増税法案もすでに参議院での審議がスタートしており、党内でいくら騒いだところで野田首相の暴走は止められない。
 母親からの42億円の贈与を元に、一日も早く「新党結成」し、民主党の増税反対派議員を吸収して野田にプレッシャーをかけるべきなのだが、何をグズグズしているのか。
「どうも選挙が気になっているようです。鳩山さん(北海道9区)の相手はスピードスケート五輪銅メダリストの堀井学道議。強敵で、勝つには労組の支援が必要です。連合が野田首相を支持する以上、離党できないのです」(民主党関係者)
 増税法案に反対しながら自分の選挙事情で離党に踏み切れないなんて、相変わらずの口先ボンボンだが、一方で鳩山に近い関係者は「来月に新党を結成する計画が水面下で練られている」と言う。
「3党合意があるので、8月中旬には参院で増税法案が成立するでしょう。でも、民主党衆院には法案に反対・棄権した議員が約30人残っているし、『成立前に増税反対を掲げて党を出たい』と訴える議員も多い。これに応えるかたちで、鳩山さんが新党を結成するという計画です。鳩山さんにとっても『反増税で離党』は筋を通したことになるし、労組は逃げていきますが、無党派層からは評価される。同じ反増税を掲げる鈴木宗男さんからの支援も受けられるので、プラスも多いのです」
 民主党から14人以上を鳩山新党に引き込めば、野田民主党は少数与党に転落。総辞職か破れかぶれ解散に踏み切るしかなくなる。

<谷垣は不信任案を出すのか>

「補正予算を組みたい」「集団的自衛権の議論も詰めていきたい」と、あれこれ理由をつけて首相の座に居座ろうとする野田を引きずり降ろせるもうひとりは、自民党の谷垣総裁だ。
 どうも早期解散の戦略が見えないが、覚悟はあるのか。
7月9日の予算委員会で持ち時間15分を残して質問を切り上げたことで、党内の谷垣さんへの不満はピークに達しています。また、森元首相や古賀誠元幹事長らが9月末の総裁選に谷垣さんを出馬させず、石原幹事長を担ぎ上げようと画策している。そのことには本人も気づいています。何としても、自分が総裁の8月中に解散させたいでしょう。3党合意があるので増税法案の成立までは協力し、その後は一気に内閣不信任案を提出することも十分にあり得ます」(政治評論家・浅川博忠氏)
 小沢新党が率先して不信任案を提出しても、自民・公明は乗らない。しかし、谷垣が第1党復活と総理目指して不信任案を出せば、全野党と小沢新党は乗っかる。民主党内でも再分裂が始まる。いずれにしても、谷垣次第だ。
 自民党内の長老を抑え込んで腹をくくることができれば、今回も夏の選挙戦が繰り広げられることになる。


(私のコメント)

NHKで国会中継をやっていますが、三党合意で事実上の大連立状態で、総与党化してしまって緊張感のない質疑が行なわれている。党首と幹事長だけでの密約だから民主党も自民党も党の総意を得たものではない。事実民主党は小沢一派が党を割ってしまった。自民党も総務会に当日急遽出されて、十分な議論がなされたものではない。
 
消費税増税と言う法案を民主党も自民党も十分な議論がなされず、党首同士の密約で進められた。自民党内にも消費税増税に反対する人も多いのですが、1日も早く解散させて衆院選挙で政権を奪還する事が最優先されて三党合意が成り立っている。自民党には前回の衆院選挙で落選して浪人暮らしの議員が170人もいる。
 
しかし密約は密約であり、野田総理はロンドンオリンピックに見物に行くらしい。場合によっては消費税増税だけが食い逃げされて、野田政権の長期化に手を貸してしまうかもしれない。そうなれば谷垣自民党総裁の再選の芽はなくなる。三党合意は双方の異なる思惑で成立しましたが、谷垣総裁がいつ内閣不信任を出すか出さないか注目されている。
 
しかし、三党合意で消費税増税法案に賛成したと言う実績が残るから、自民党も選挙で第一党は取れるかも知れまいが大勝して過半数を取る事は難しいだろう。民主党は大敗して以前の100議席そこそこまで議員を減らすかもしれない。三党合意は大連立状態だから批判勢力の受け皿がない。みんなの党や共産党や社民党は小政党であり政権政党にはなれない。
 
台風の目として期待されていた橋下大阪市長に、女性をめぐるスキャンダルが週刊文春に出るそうですが、これで出鼻をくじかれてしまった。小沢新党の「国民の生活が第一」も、民主党が刺客を出すと言う話もありますが、小沢新党が逆刺客を出す可能性もある。民主党が二つに割れて泥仕合となって三党合意のそれが狙いなのでしょうが、鳩山新党の話も週刊現代に記事では囁かれている。
 
鳩山グループも消費税法案に反対か棄権をした議員も沢山いるのに、除籍処分や党籍剥奪処分が出ないのに自民党の谷垣総裁はイライラしている事だろう。党議拘束をかけた法案に反対したのに資格停止が3ヶ月だけでは密約違反と言う事なのでしょうが、谷垣総裁はちゃぶ台返しをするつもりが無いようだ。質問時間も15分も余して引き下がってしまった。
 
三党合意は国会審議を空洞化させるものであり、特に税制は国政の根幹の政策だから与野党の合意は理解に苦しむ事であり、自民党は消費税増税法案を掲げては選挙で大敗して政権を失ってしまった。ならば民主党政権のうちに消費税を成立させてしまえばいいと考えたのかもしれませんが、自民党も協力する事は選挙にとってはプラスではない。
 
一番いいのは法案成立前に野田政権不信任が通って廃案になる事ですが、谷垣総裁は法案だけは通すつもりのようだ。野田総理も谷垣総裁も財務省のリモコンロボットだから今のうちに法案を成立させてしまえと言う事なのでしょうが、衆院選挙で民主も自民も大敗して増税に反対する「新党」政権が法案を廃案にすることも可能だ。その「新党」を潰すには橋下徹を潰す事であり、財務省が動いてスキャンダルを週刊文春に書かせたのだろう。
 
「みんなの党」の渡辺代表にも、財務省の手は伸びておりスキャンダルを探し回られたそうですが、邪魔になりそうな人物はスキャンダルがでっち上げられて政治家や評論家が潰される。橋下徹市長の高級クラブのホステスに手を出した話も、金や女のスキャンダルは政治家を洗えば幾らでも出てくるだろう。小沢一郎にも石原慎太郎にもその類の話が週刊誌に書かれた。
 
日本の政治家の程度がその程度だと言う話ですが、簡単に金や女の罠に引っかかる。谷垣総裁にも中国でハニートラップにかけられたことが以前の週刊誌に書かれたことがありますが、これで橋下徹市長も潰されるのだろうか? 週刊誌によればホステスのほうから誘って関係が出来たようですが数回の交際で別れている。
 



橋下徹大阪市長の元愛人が告白 「裸の総理候補」 7月18日 週刊文春

いまや「総理にしたい男ナンバー1」として注目される橋下徹大阪市長(43)。

 そんな橋下市長の愛人だった女性が、週刊文春編集部の取材に応じた。

 橋下氏と不倫関係にあったのは、元クラブホステス・華原礼子さん(仮名・30代前半)。華原さんは身長160センチ、松下奈緒似の色白で清楚な美女である。現在は夜の世界から引退しているが、橋下氏と出会ったのは2006年、ホステスとして大阪・北新地の高級クラブ「A」に勤めていた頃だった。

 本誌は独自取材によって、華原さんが橋下氏と一時期深い関係にあったとの情報をキャッチし、接触に成功。橋下氏との関係を聞くと、当初はかなり狼狽しながらも、事実関係を認めた。そして交渉の末、彼女は本誌にすべてを告白する決意を固めた。

 華原さんによれば、橋下氏は彼女との関係が発覚することを警戒し、自分の携帯電話からは連絡せず、マネージャーの携帯や、法律事務所のPCメールから連絡してきたという。

「スケジュールは事務所と奥さんに完全に管理されていたみたいでしたね。私と一緒にいる時は、一切メールも見ないし、携帯も見ませんでした。マネージャーの目もあるし、奥さんの目もあるし、板挟みでたぶんしんどかったんじゃないかな」(華原さん)

 初めて男女の関係になったのは、4回目ぐらいのデートだったという。

「その日も二人で待ち合わせをして食事に行き、かなり飲んだんですよ。それでその流れで、っていうか……(笑)。食事をしてお酒飲んで、それからタクシーに乗って伊丹空港近くのラブホテルに行ったんです。チェックインした時、『ラブホテルに行くのは何年ぶりかな~』みたいなことを言ってましたね」

 また、デート中に意外な本音を吐露することもあった。

「お茶を飲んで二人で街を歩いている時、『普通に手をつないで歩きたいけど、手まではつなげないよね。普通にデートがしたい。こんな仕事早くやめて、弁護士業に戻りたい』って言っていたのが印象に残っています」

 だが、その直後に大阪府知事選に立候補。

「そんなそぶりは微塵も見せなかったんで、『え~っ! 言ってることとやってることが違う!』ってビックリしましたよ」

 本誌編集部は橋下氏に事実関係の確認を求めるため、締め切り4日前に法律事務所を通じて直接取材を申し込んだ。しかし一向に返事がなかったため、あらためて事務局長を通じて直接取材を申込んだところ、

「ご指摘のお店や旅館には顧問先とも一緒に行ったことはありますが、(女性については)何のことを言っているのかわからないとのことです。06年から07年にかけてそうした女性とお付き合いしていた事実はないとのことです」

 という回答が事務局長を通じて返ってきた。



(私のコメント)

日本の政治家はみんなこのような金や女の罠にはまってしまって、リストが作られて都合の悪い政治家はみんな潰されていくのは情けない。水商売の女とはいえ、その女が宗教団体や外国のスパイと言う事も考えられる。確かに奥さんも子供もいるのに女と遊ぶのは非常に危険だ。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『日米開戦の人種的側面、ア... | トップ | 大津市の越直美市長は、一番... »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Re 第1党復活と総理目指して不信任案を出せば、 (Unknown)
2012-07-19 16:00:05
国民の事を考えてないな。当然、被災民の事なんか全く考えてないな。
Re 「裸の総理候補」  橋下徹 「  (Unknown)
2012-07-19 16:04:55
入れ墨よりダメだな。大体テレビで名前を売ってる奴は考え方が浮いている、だからTPPとか平気で賛成する。40代勝間系、気をつけろ。
Re 鳩山新党 (Unknown)
2012-07-19 16:12:30
小沢新党の方がいい。西田昌司、小坂英二、山田宏などの、第三勢力保守を創設せよ。
民主党は丹羽駐日大使を召還しながら。何をしているのか (Unknown)
2012-07-19 16:52:44
ここまで来れば、日中での領土戦争勃発以外、民主党を救う道は無い。民主党政府が尖閣諸島を調査目的で日本人の上陸を許可するだけで、日中は緊張状態に陥る。そうした中で、「自国領土を調査するのは固有の権利」と国際社会に向かって言い放つだけの度胸があれば、一気に盛り上がった愛国心を背景に民主党の支持率は急上昇することだろう。

破れかぶれ解散をするくらいなら、破れかぶれになって中国と対峙してみる方がよほどお国のためだろう。
その前に不信任→廃案 (Unknown)
2012-07-19 17:36:35
■ 消費税増税、参院で未審議→60日で衆院議決→その前に不信任→廃案
↑こういう絵もあると思うんだがね。ていうか、小沢が狙うのはそこしかないだろう。選挙日はここ。↓
http://www.nikaidou.com/archives/27162
評価基準の転換も近いのはないか (Unknown)
2012-07-19 17:58:52
欧州は公務や権力と無関係での私生活における女性問題はほとんど問題にならない。

米国はかなりのダメージになるが、クリントンで飛んでしまった。

日本はまだ感情が支配している。
これは平和だったから。

これからは日本周辺の地政学リスクが高まり、国民としての覚悟が要求される普通の時代になっていくだろうから、変わっていくのではないか。

一番重要と判断する項目に、スパイであるか否かの判断が入っていくだろう。
Unknown (Unknown)
2012-07-19 18:47:17
検察が小沢一郎氏をターゲットとして、いわゆる国策捜査を本格化させた時、岡田克也氏は「検察は正義だ」との主旨の発言を示したが、その直後にイオンは、元検事総長「但木敬一」氏をイオン株式会社取締役へ受け入れた。こうした「官民癒着」が「天下り問題」の本質。
Unknown (Unknown)
2012-07-19 19:04:53
橋下には、不倫してなにが問題か、戦前の法律じゃともかく今は姦通罪なんて無いでしょう。そうじゃないですか、記者の皆さんと、これ位のことを言ってほしかったな。
ハニトラ効果を減殺する為にね。

自公は、政権奪取後の公共事業の大規模実施の
財源が欲しいから、野田政権の間に消費税増税を決めておきたいから、それが決まるまで内閣不信任案は、絶対に出しませんよ。
増税に積極的に関わって、次回総選挙で勝てると思っているところが、自民党のアホさ加減が
わかりますね。
Unknown (Unknown)
2012-07-19 20:18:43
>自民党内にも消費税増税に反対する人も多いの>ですが、1日も早く解散させて衆院選挙で政権>を奪還する事が最優先されて三党合意が成り立>っている。

>消費税増税だけが食い逃げされて、野田政権の>長期化に手を貸してしまうかもしれない。

自民党は分裂するかな?しかし、消費税法案採決で造反(中川秀直etc.)が出ても何も処分しないのを見ていると、この党の自分に厳しく他人に甘い面は以前と何も変わっていない。国民は今の民主党執行部と同様にこれには嫌悪感を持つはずだ。結局は元自民党の小沢や鳩山と阿吽の呼吸で野田政権を追い込む可能性が高いのではないか?妥協点としてはその辺が妥当か?
Unknown (八坂)
2012-07-19 20:36:57
いや、そうではなくて、女とかどうでもイイ事で政治家が失脚するのが異常なんだよ。
女や金のことは政治家の器とは無関係だからな。
メデイアと国民性と世論が幼稚だとその類のスキャンダルが政局に影響を与えることになる。
本来の日本の文化には無かった事だ。アメリカのようなキリスト教の国にはあるみたいだがね。
バカな官僚がマスコミを操って、アメリカ社会の真似でもしてるのだろう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

強制削減Sequestrationを再整理 (東京の郊外より・・・)
これまで度々、強制削減を巡る動向を取り上げてきましたが、予算を巡る法律や関係部署の名称を「いい加減に訳して」お伝えしてきた反省もあり、本日は専門家の説明に謙虚に耳を傾けたいと思います。