株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

日本は厄介な隣国に囲まれて苦労が多いと思っていたが、ドイツも昨今、隣国に悩まされ始めた

2017年04月21日 | 外交

日本は厄介な隣国に囲まれて苦労が多いと思っていたが、ドイツも昨今、
敵意を持つ隣国に悩まされ始めた。現在、その最先鋒がトルコだ。


2017年4月21日 金曜日

トルコの国民投票結果がドイツにもたらした「二重のショック」 4月21日 川口マーン恵美

EUを戸惑わせる投票結果

4月16日、トルコで国民投票があり、トルコの大統領権限の強化が過半数で承認された。エルドアン大統領が精魂傾けていた懸案だ。

ドイツでは、エルドアン大統領は「独裁者」ということで、蛇蝎のごとく憎まれている。最近は、ドイツ?トルコ政府間の関係もよくない。ところが今回の投票では、さしあたってエルドアン大統領の権限強化が決定したわけで、以来、ドイツメディアは上を下への大騒ぎになっている。

国民投票の翌日、ドイツの国営放送第1テレビのメインニュースでは、「皆さん、今晩は」のあと、やおら、「トルコの憲法改正をめぐる国民投票でのエルドアン大統領のギリギリの勝利のあと、国際選挙監視団は、それについて批判的な意見を発しました」と報道した。国営放送第2テレビも同様で、まさに批判一色だ。

ドイツ内相も不正の徹底追及を求めており、トランプ米大統領とプーチン露大統領が、エルドアン大統領に祝辞を送ったのとはえらい違い。ちなみに私は、不正があったなら、これほどギリギリの結果にはならなかったのではないかと思っている。

19日、野党が提出していた投票結果の無効化は却下された。

とはいえ、エルドアン氏が行おうとしている憲法改正が危ういものであることは間違いない。現在のトルコは議院内閣制だが、憲法改正後は大統領に権力が集中し、立法にも司法にも介入できるようになる。つまり、三権分立が骨抜きになる可能性大。そんなトルコとEU加盟交渉を進めているEUは、今、かなり戸惑っている。

一方、今回のトルコの国民投票は、ドイツに違った意味でも大きなショックをたらした。

エルドアン大統領の支持者は、トルコの田舎に多い。つまり今回の改憲案も、伝統を重んじる田舎の「イエス」票で力強く支えられた。イスタンブール、アンカラ、イズミールの3大都市は進歩的であるため、反エルドアン色が強く、軒並み「ノー」票が上回った。

ところが、4番目に大きいトルコ人の票田では、エルドアンの明確な勝利となった。それはどこか? 実は、ドイツなのである。

在独トルコ移民たちの言い分

ドイツには、トルコ系の人が300万人住んでおり、うち145万人がトルコでの参政権を持っている。今回投票したのはその約半分の70万人だったというが、そのうちの63%がエルドアン大統領に「イエス」票を投じた。

トルコでの「イエス」票は51.4%だったから、ドイツでのエルドアン支持率は、トルコ本国以上ということになる。

それがわかった途端、ドイツでは、この明確な「イエス」についての議論が爆発した。

ドイツ人は、自分たちがトルコ移民に民主主義の洗礼を施したと思っている。なのに、その彼らが独裁者エルドアンを支持したのだ。ドイツ人にしてみれば、これほど不愉快な事はない。

しかも「イエス」票を投じたのは、下層階級で失業している人たちばかりでなく、ドイツに何十年も住み、あるいは、ドイツで生まれ、ドイツの教育を受け、ドイツ社会で確固たる地位を獲得しているエリートたちも同様なのだ。おまけに、彼らの多くはドイツ国籍も持っている。つまり、ドイツの選挙でも投票できるのである。

二重国籍の取得が容易になったのは、SPD(ドイツ社民党)と緑の党の連立政権下だった。左派党も二重国籍を支持している。しかし、今回の現象を目の当たりにして、もともと二重国籍に反対だったCDU(キリスト教民主同盟)やCSU(キリスト教社会同盟)からは、当然のことながら疑問の声が上がり始めた。

一方、左派党はそれに対し、「CDUは自らの移民政策の失敗を二重国籍のせいにしようとしている」と反論。

緑の党の代表ジェム・オズデミア氏は「在独トルコ人は、自分たちが法治国家の利点を得ながら、トルコの同胞に独裁を押し付けているのは残念」としながらも、「ドイツ人は何十年も間違いを犯し、在独トルコ人の心を傷つけてきた。移民政策はさらに改善されなければならない」と反省。

彼の言いたいのは、ドイツ人は移民にもっと寄り添うべきで、移民のドイツ国籍取得の手続きはさらに簡易化しなければならないということだ。

また、SPDの議員で、移民問題を扱う連邦の特使を務めているアイダン・オーズス氏(女性)は、「ドイツでトルコの政治についての非難が渦巻いていた中、在独トルコ人の目に、エルドアン大統領が力強い存在に映った」と分析。

オズデミア氏もオーズス氏も、トルコ系2世の政治家だ。

ドイツでエルドアンが支持される理由

興味深いのは、在独トルコ人会の代表、ソフロー氏のコメント。

「在独トルコ人のエルドアン支持は、彼らのドイツに対しての抗議の表明である」(彼自身は、「ノー」派)。

何に対する抗議か?  在独トルコ系が差別され、疎外され続けてきたことへの抗議だという。もし、これが真実なら、ドイツの50年余にわたる移民政策は、完全に失敗したというしかない。ドイツ人は頭を抱えている。

おそらく多くのトルコ系移民は、必ずしも、エルドアン大統領のしていることが正しいとは思っていない。ただ、ドイツ人がトルコの政治を批判し、エルドアンを独裁者と弾劾するのを見れば、当然、自分たちが攻撃されているように感じる。人間は皆、外国に住むと愛国者になるものだ。

だから、たとえエルドアン政権に疑問を感じていたとしても、ドイツ人のトルコ批判に加わることは感情的に難しい。そうするうちに、ドイツ人に対して、「お前たちに何の関係がある?」という反感が生まれたとしても無理はない。

そんなモヤモヤしたところに、エルドアン大統領が登場し、勢いよくドイツを攻撃し、移民の心のモヤモヤを発散させてくれた。

トルコ人としてのアイデンティティはリフレッシュされ、長年の鬱憤も晴れた。そのうえ、彼らがドイツでは見出すことのできなかった心地よい「故郷」まで感じることができたに違いない。こうなると、エルドアン支持は自然な流れだ。

トルコ人はドイツに溶け込む意思が希薄だとよく非難されるが、ドイツにいるトルコ系の人からは、「私たちが溶け込まないのではなく、ドイツ人が溶け込まさないのだ」という話をよくきく。

確かに、国籍もドイツで、自分ではすっかりドイツ人のつもりなのに、容貌のせいで、ドイツ人からトルコ人扱いされる人は少なくない。ドイツでは、トルコ人に対する差別感情はまだまだ根強い。トルコ人としてのアイデンティティもなく、おまけにドイツ人からも阻害されたら、当然、憂鬱な気分になるはずだ。

今後の展開は日本の参考にもなる

現在ドイツ、およびEUでは、これまで何十年も行ってきたトルコのEU加盟交渉を中止するべきだという声が高くなっている。その大きな理由として挙げられているのが、トルコでの死刑復活の可能性だ。

EUは、加盟の条件として、過去にトルコに様々な条件を出してきたが、その中の一つが死刑廃止。EUにとっては、死刑の有無がいわばEU加盟のレッドラインでもある(アムネスティ・インターナショナルによれば、死刑執行の一番多いのは、ダントツが中国。その次は、数は大きく減るが、イラン、イラク、サウジアラビア、そしてアメリカ合衆国)。

だから、トルコはすでに死刑を廃止しているのだが、エルドアン大統領はその復活を目指しており、いずれ国民投票に問うという。

いずれにしても、トルコにはもうEUに加盟する意思はないようだ。EU側が何十年も交渉だけして、結局はトルコを加盟させるつもりがなかったことは、いまや誰の目にも明らかなので、当然のリアクションと言えるだろう。

ただ、ドイツ政府はこの点についてはEUと歩調を合わせておらず、トルコの加盟交渉の存続を望んでいる。現実問題として、トルコとドイツが共有している利害があまりにも複合的で、トルコと事を構えるわけにはいかないからだ。

私はこれまで、日本は厄介な隣国に囲まれて苦労が多いと思っていたが、気がつくと、ドイツも昨今、敵意を持つ隣国に悩まされ始めた。現在、その最先鋒がトルコだ。

ドイツと日本は、軍事力を行使せず話し合いや技術・経済援助で他国との問題の解決を図ろうとするところがよく似ている。だからこそ、今後、ドイツがトルコにどう対応していくかは、まことに興味深い。

日本はそれをよく観察し、自らの隣国との問題解決に積極的に役立てるべきではないか。



(私のコメント)

ドイツとトルコとの関係は、日本と韓国との関係によく似ている。しかしドイツへのトルコ系移住民は300万人にも達し、在日韓国人の5倍の規模だ。在日韓国人の場合は、外見が日本人と変わらないから目立たないが、ドイツ人とトルコ人とでは人種も異なるから余計に目立つ。

しかしドイツとトルコは、ヨーロッパと中東では地続きであり、戦乱の度に多くの住民がヨーロッパと中東とで移動してきた。大陸国家では、はっきりと国境で分けられているわけではないから、シリアの避難民などヨーロッパに大量に押しかけている。イギリスをはじめとするEUからの離脱は、このような大量の移民が原因になっている。

しかもドイツでは、二重国籍を認めているからドイツでもトルコでも投票ができて、今回のトルコでの国民投票では、ドイツ国内の145万人のトルコ人も両国の参政権を持っている。在独トルコ人の63%がエルドアン大統領に賛成票を投じたそうですが、ドイツで民主主義の恩恵を受けながら、独裁体制を強める投票に賛成するのは矛盾している。

在日韓国人たちも、日本政府に対して参政権を認めろという主張をしているが、韓国もみならず日本での参政権を認めれば、彼らの政治権力は倍増することになり、60万票の票を獲得しようと日本の政党も動き出す。二重国籍は日本と韓国を自由に行き来することができて、テロリストや犯罪者にとっては都合がいい。

今日も、空港で3億7千万円もの現金を持ち出そうとした韓国人が捕まりましたが、飛行機だから手荷物検査でつかまりましたが、船便だったら見つからなかったかもしれない。かつては北朝鮮のマンビョン号が船便であらゆるものを運んでいましたが、フリーパスだったようだ。

このように60万人の在日韓国人朝鮮人でも、苦慮しているのにドイツの在独トルコ人問題ははるかに大きな問題だ。人種のみならず宗教や言葉や文化までもが異なる。融和するにもはるかに壁が高い。ヨーロッパ国間の移民でも摩擦があり、あまり自己主張が強ければ問題も起きるだろう。

ドイツにいるトルコ人はドイツ社会に溶け込む気はなく、それはドイツが悪いからだという。2世3世になれば、心はドイツ人なのにいつまでもトルコ人扱いされる。在日韓国人でも2世3世でも日本に帰化しないのは、韓国に対する愛国心だからというが、韓国に帰るつもりはないようだ。

トルコがEU加盟を希望して何十年にもなりますが、EUが加盟を認めないのは何故なのだろうか。NATOには加盟しているのだから政治的な理由ではなく、感情的なものだろう。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (39)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短期売買をするということは... | トップ | 羅津の商業港を軍港化し、こ... »
最近の画像もっと見る

39 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-04-21 13:27:39
少子化なんとかしたほうがいいぞ。
自衛隊の幹部から要請きてるので俺のところにも

戦闘機が市内をガンガン飛んでる。
マジで戦争やる気だな

Unknown (Unknown)
2017-04-21 13:30:01
 人口・少子化問題の解決にあたっては、将来の社会を担う未成年者にも注意を払っていく必要がある。具体的にはアルコールや麻薬への依存を断ち切り、スポーツに親しみ、健康な食生活を促すような生活だ。大統領は家族問題に取り組む慈善組織との連携も欠かせないとの認識を示した。
 ゴリコワ保健社会発展相によれば、産婦人科支援策や新生児へのハイテク医療導入については既に枠組みを省庁レベルで承認。母子を対象にした集中医療の改善や総合センター建設も継続している。今後は中等教育の高学年全員を対象にした保健管理を進めていく。
 ロシアでは昨年夏に始めて人口の自然増(出生数が死亡数を上回ること)が確認され(ロシア 15年ぶりに人口自然増)、通年でも移民流入を含めて14年ぶりに人口が増加した。一方でソ連崩壊後の混乱により出産可能な女性は2025年までに400万人減る見込みで、緊急に手を打たなければ大幅な人口減につながる。同じ新興国とよばれながら、ロシアが中国やインドほどには今後の経済成長を期待されていないのはこのためだ。
 少子化対策で医療以外に重視されているのは、住宅問題の解決である。首都圏では平均給与に比して住宅価格が非常に高く、ソ連時代に国から支給されたアパートを持たないカップルは子供など作れる状況ではない。このため政府は2人以上の子供がいる世帯に対し、住宅ローンの支払いや教育資金などに用途を限定した「母親資金」制度を始動した。インフレを考慮して支給額は上がっており、今年は34万ルーブル(102万円)に達する。
 国家プロジェクトはメドヴェージェフ大統領が副首相時代に担当を命じられた事業で、一時は枠組みの改編も噂されたものの今回の会議では継続について言及があった。国家戦略評議会のヨシフ・ディスキン共同議長は背景をこう語る。
「国家プロジェクトはメドヴェージェフ氏にとって秘蔵っ子のようなもので、国民の中で彼のイメージが作り上げられていく上で、随分大きな役割を果たした。そして実際、緊急に対策が必要な社会問題、人口問題の新たな解決法になったといえるだろう。我が国の救急医療がどれだけ変貌したかを振り返るだけでも成果は十分に理解できる。」
V.ロマネンコ
続きを読む: https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2010/01/24/4596370/



ロシアでもこのざまだよ。トマメチ少子化対策反対をして妨害してるそうだが、ロシアには
いわないなあいつら。どうせ終末思想で
頭やられてんだろ。こういう右派や左派の屑は。

Unknown (Unknown)
2017-04-21 13:33:29
ひろゆきが、キム将軍がAiに洗脳されて
開戦するといってるな。そんなネットジャンキーなのか奴はwww


ISのほとんどがAIの誘導テロだといわれてるからな。その通りだ。よく理解してる。

Unknown (Unknown)
2017-04-21 13:36:13
徴兵もない、国家に忠誠帰属意識もない奴が
全国の不動産の7割をクリスチャンと所持している。これが在日の方々だ。

そろそろ土地規制しないとね。外人の。
少子化だよ今。何いいたいか理解してくれたかね?

先祖の意思を無駄にするな (Unknown)
2017-04-21 13:58:07
トルコ人とドイツのゲルマン人はユダヤ人とドイツゲルマン人の違いと同じだろう。

なぜ、ドイツゲルマン人は反省できないんだ。悲劇を繰り返さないためには、対立の起こらない環境が何よりも重要だ。、異教徒の労働に頼らないことだ。
Unknown (Unknown)
2017-04-21 15:43:33
>トルコがEU加盟を希望して何十年にもなりますが、EUが加盟を認めないのは何故なのだろうか。

イスラム系オスマン帝国の流れか。

■3分でわかる!?トルコのEU加盟問題
 http://chiba-chiba.com/turkey-eu/
憲法改正 (Unknown)
2017-04-21 15:51:41
それにしても、どこの国も憲法改正の国民投票を気軽にやるね。

日本もやればいい。
ただし、自民党の改正案ではダメ。

現行憲法を聖徳太子の17条の憲法に置き換えればよい。
「和を以て貴しとすべき」だから、左右どちらにも異論はないだろう。
なかなか難しい問題ですよねぇ… (ponpon)
2017-04-21 15:57:33
人類の進化のためには、各民族のエリート層が寄り集まるのがベストでしょうし…。(←アメリカのシリコンバレーのように)民族対立を煽ってしまうと、エリート層が世界各地にバラバラに分散してしまって、人類の進化が遅れるような気もするしなぁ…。日本では在日朝鮮人が長者番付上位にズラリと並んでいたりしますが、在独トルコ人の懐具合や頭の中身ってどんな感じなんでしょうかねぇ…。

> 伝統を重んじる田舎の「イエス」票
> 3大都市は進歩的であるため、反エルドアン色が強く、軒並み「ノー」票

日本でもそうですが、大都会には国内外から多くの人間や組織が集まっているので(外資系金融機関等)、伝統的な風習や考え方がかなり薄まっていますよねぇ…。逆に、田舎には外部の人間=エイリアン(侵入者)がほとんど集まらないので、伝統文化がずっと残っていますが…。

> ドイツ人は移民にもっと寄り添うべき
> ドイツでは見出すことのできなかった心地よい「故郷」まで感じることができた
> ドイツで民主主義の恩恵を受けながら、独裁体制を強める投票に賛成するのは矛盾
> あまり自己主張が強ければ問題も起きる

要するに、トルコ移民というのは“自分さえ良ければいい”と思っている“ご都合主義”の幼稚なアホが多いということでしょう…。昔から日本には「郷に入りては郷に従え」という言葉がありますが、ワガママなトルコ移民連中は郷に従わず、我を押し通そうとする…。オモチャ売り場で「これ買って~!!これ買って~!!」とわめき続けている幼稚な餓鬼と同じレベル…。そもそも、本当に故郷を愛しているのであれば、故郷に帰って、故郷の発展拡大に努めるのが本来の姿…。ドイツにぶら下がって恩恵を受けておきながら、ドイツ人を批判するのは明らかに本末転倒…。会社にぶら下がって給料を貰っておきながら、会社の悪口を言って批判し続けている連中と同じ…。会社に不満があるなら、とっとと退職届を出して、自分で起業するなり、自分の店を開くなり、実家の稼業(農業、漁業、商店等)を継ぐなりすれば良いだけ…。TORAさんのように…。

> 在日韓国人の場合は、外見が日本人と変わらないから目立たない

朝鮮人も中国人も日本人とは結構違いますよ…。日本人には南方系の血が入っているのでコッテリ系の顔が結構多いですが(中東チックな顔つきの人も居る)、朝鮮人や中国人は顔面の凹凸が殆ど無いアッサリ系の薄い顔が多いですし…。オデコがゆで卵みたいにツルンとしてたり…。最近の20代-30代にはこの手の顔が結構増えていますが、恐らく朝鮮系や中国系の在日帰化人の子供や孫でしょう…。1990年代の日本の土建現場には、既に中国人労働者が結構混じっていたそうですからねぇ…。(←名前は日本名を使用)1990年代に生まれた子供は現在いくつでしょう…。

> 60万人の在日韓国人朝鮮人でも、苦慮している

最近では中国、南米、東南アジア系がガンガン増えていますからねぇ…。自治体のWebサイトなどで外国人人口の統計を見ればよく分かりますが…。

> 在日韓国人でも2世3世でも日本に帰化しないのは、韓国に対する愛国心だからというが、韓国に帰るつもりはない

なんか事情は色々あるみたいですねぇ…。
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
『キリスト教で世界を支配するための戦略があって、日本はこの国に合わせたキリスト教=神道をでっちあげた』
『そして在日をつかっての間接統治』
『日本のキリスト教布教の歴史の中で、一番最初に多人数で入信したのは、地位をあげてほしかった当時の朝鮮人奴隷だった』
『慶尚道系の在日右翼はCIAの指令の元に韓国政権統一教会と連動し危険であるという情報』
『済州島系在日と慶尚道系在日で対立がある』
『半島勢力の在日も右派・左派に分かれるので、嫌韓在日右翼というワケが分からないこともこれでスッキリ』
『左派は半島で弾圧され北朝鮮や日本に渡ってきたのですが、日帝崩壊後、半島独立の際にも帰国許可が得られず半島に帰れなかったのが今の在日の主流』
『だから嫌韓の在日というカテゴリーが出来上がった』
『元左翼が北の指令で似非右翼になる手記がありましたが、必ずしも米国の意(日本と韓国の結びつきを分断)を受けての転向ではなかった』

父親が韓国との貿易に携わっていたという某女性アイドルのフェイスブックには「アーメン」ポーズの写真が載っていたり…。そんな事したら、背後関係がバレバレなんですが…。(笑)まぁ、「アーメン」ポーズは「カネをくれ」ポーズにも見えるワケですが…。
移民が上手くいったためしがない (noname)
2017-04-21 16:04:28
大量の移民が上手くいっている例を見たことが無いです。

帰化にしても帰化さきの国への忠誠心が試されて良いと思います。

少子化を放置どころか推進させて、短期間での永住権を認めるとか亡国の行為です。間違いなく中国人が一番増えて次が韓国でしょう。
ドイツは自業自得日本は被害者 (AAA)
2017-04-21 16:06:34
ドイツは自業自得、日本は被害者です。

確かにドイツに300万人のトルコ系移民がいて困っているようですが、それは自業自得と言うものであり日本とは大きく立場が違います。

ドイツにトルコ人がいるのは、ドイツ人が3Kを嫌い「きつい・汚い・危険」な仕事を彼らにさせる為に呼び寄せたからです。

彼らは妻を呼び子供を沢山作ったので気が付くと300万人にも膨れ上がってしまいました。

一方の日本には多くの朝鮮人が強制労働させられる為に日本に連行されたと嘘をつき続けます。

しかしそのほとんどは日本の国に密入国してきた朝鮮人とその子孫ですから、招かざる客です。

川口マーン恵美さんがこの点を指摘しないのは、彼女がドイツに住んでいるから本当の事が言えないのでしょう。

EUからイギリスが脱退したのは、移民を受け入れるメリットとデメリットで後者を選択したからです。

>>トルコがEU加盟を希望して何十年にもなりますが、EUが加盟を認めないのは何故なのだろうか。NATOには加盟しているのだから政治的な理由ではなく、感情的なものだろう。

トルコがEUに加盟できないのはイスラム国だからですよ、EUはキリスト教国で固められた連合体ですから今後も加入できると信じているトルコ人は哀れです。

まして世俗主義から原理主義に大きく舵を切ったトルコの現状を見ればわずかに残っていた可能性も0%に限りなく近づいたという事です。

これで死刑制度を復活させればEUが断る口実ができるというものです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事

トラックバック

歴史は如何にして認識されるのか――望ましい国際関係構築のための試論 (徳丸無明のブログ)
歴史認識の問題について。 日本と韓国、及び日本と中国は、歴史認識を巡って対立を続けている。何故、歴史認識は一致をみないのか。そもそも、歴史を認識するとは、どういうこと......