株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

輿石と小澤の話し合いは、金の問題もあるが野田降ろしの手順だという説が濃厚だ。

2012年07月01日 | 政治

輿石と小澤の話し合いは、金の問題もあるが野田降ろしの手順だという説
が濃厚だ。野田を降ろしてから代表選なのか、そこらの話し合いだろうね。


2012年7月1日 日曜日

ここまでは 小沢一郎の勝ち 消費増税法案は廃案 自民谷垣も悶絶 6月30日 日刊ゲンダイ

この1週間、消費税増税法案に反対した小沢グループの追放劇が連日、大きなニュースになっている。カネなし、支持なし、展望なし――大マスコミは、“はぐれガラス”の小沢の劣勢しか伝えようとしないが、ハッキリ言ってこの大一番、ここまでは小沢一郎の勝ちだ。

すでに3回を数えた小沢と輿石幹事長の会談を見ていると、困り果てて狼(ろう)狽(ばい)しているのは、明らかに野田政権の執行部側ではないか。

小沢グループに出ていかれれば、野田政権はグラグラだ。離党規模が40人前後にとどまり、少数与党に転落しなくても、お先真っ暗。小沢に近い「新党きづな」の9人が合流すれば、内閣不信任案の単独提出に必要な51人の衆院議員を小沢に握られる。いつ小沢が不信任案を出してくるかは分からない。小沢にキャスチングボートを奪われ、さらに増税法案では合意にこぎつけた自公両党だって、どう動いてくるかは読めなくなる。

今後の政権運営を考えれば、反増税派の処分を穏便に済ませ、離党者の規模を40人以下に抑えたいが、それは自・公が許さない。「オレたちが増税に協力してやったのに、民主党は弱腰だ」と、ますますツケ上がる。
すでに谷垣総裁は「合意を真剣に推し進めていく力がなくなったと考えたら、お付き合いは難しくなるかもしれない」と合意破棄をチラつかせ、野田に揺さぶりをかけている。今後も反増税派の処分をめぐって、野田政権を追い詰める構えだ。

◆まさに雪隠詰めの野田

「離党者の数にかかわらず、小沢氏たちに出ていかれるだけで野田首相の党内での求心力は地に落ちます。必死で止めれば、今度は増税法案の参院採決が揺らぐ。野田首相に積極的な打開策は見えず、まさに八方ふさがり。小沢氏の捨て身の一手で、完全に雪隠詰めなのです」(政治評論家・山口朝雄氏)
野田は自分でもどうしていいのか分からないのだろう。小沢との交渉は、すべて輿石任せ。もはや手詰まりで、それだけ追い込まれている証拠なのだ。

◆離党直後の不信任案提出が大増税を葬り去る

それでも、野田は増税の道を突き進むしかない。大増税に「命をかける」とまで言い切った手前、もう後には引き下がれない。
自・公との協力関係を最優先し、増税法案の撤回を求める小沢とは絶対に妥協しない。

そうなれば小沢は思う存分、剛腕を振るえばいい。参院で増税法案が審議されている間隙を縫って、衆院に内閣不信任案を叩きつけるのだ。
「これぞ“王手飛車取り”で、大増税を阻止できる会心の一手。野田政権が最も恐れる痛恨の一撃です」と言うのは、政治評論家の森田実氏だ。
「不信任決議は衆参のすべての審議に優先して扱われます。いくら参院本会議で増税法案を採決しようとしても、直ちに打ち切って不信任決議に移らなければいけません。その場合、自公両党はどうするのか。すんなり不信任に回れば、野田内閣は崩壊。増税法案も葬り去られます。逆に大増税を優先して野田内閣を信任すれば、自公両党は大きな自己矛盾を抱えることになります。この3年、民主党政権を解散に追い込むと言ってきたのが大ウソになってしまうというジレンマに陥る。民主党だけじゃなく、自公両党も追い込める起死回生の一刺しなのです」

◆大連立? やれるものならやってみろ

自・公が「信任」に回れば、「大連立」の道を選ぶしかない。だが、小選挙区制での大連立は自殺行為。政党としての存在意義を失うことになる。果たして自・公はそこまでハラをくくって、ボロボロの野田内閣を支えるのか。やれるものなら、やってみろだ。
「民主と自民が増税路線で一致しても、社会保障に関する考え方は水と油です。いずれギクシャクするのは間違いありません。とはいえ、野田首相のことですから、ベダれの連続で自民にスリ寄り続けるでしょう。それでも小選挙区制のジレンマで民主と自民、どちらが選挙区を譲るのか、必ず候補者調整は難航します。双方、譲らず選挙区にとどまり、小沢新党のような反増税勢力の候補が立てば、両党ともに埋没していく。今の自民党に大連立のメリットはないのです」(法大教授・五十嵐仁氏=政治学)

つまり自民党議員にとって大連立は、次の選挙の敗北を意味する。それを承知で野田を信任するバカは少ない。谷垣総裁が増税法案への協力を呼びかけても、クシの歯が欠けるように離脱者が出ていく。谷垣が野田に手を貸せば貸すほど、党内から突き上げられる展開に変わるのだ。

小沢新党が不信任決議を突きつければ、野田は総辞職に追い込まれて野垂れ死に。谷垣も党分裂で悶絶――これが小沢サイドの完全勝利シナリオである。(後略)

不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から 避難所20

闇の声:2012/07/01(日) 09:29:52

昨夜は殆ど寝ないで、神社のゴミ掃除とどぶさらいをした。
そうでもしないと、生きて行けないからね・・・
それをしながら世間話もする。

民主党内なのだが、前原の野郎と言う声が日に日に高まっている。
野田は逃げてしまい、頬かむり状態。
このままで行けば選挙で討ち死には間違いなしなので、じゃあどうするか・・・
まだぎりぎり統制は取れているが、この統制も七月いっぱいだろうね。
鳩山由紀夫と言う人間の正体を知らぬまま、再び鳩山に近寄ろうとする議員が出始めている。
一つの救いは消費税増税で固まっている自民党と異なり、民主党内部には明らかに消費税増税には反対する議員がいて
小澤や橋下との連携で増税案を撤回させられるのではとかすかな期待が残っている事だ。
鳩山の頭の中は自分が再び首相になる事しか無いのだが、それに気が付かない当選一回の議員が余りにも多い。
つまり、どう転んでも他人の面倒をみる人物ではないのに、すり寄って実は自分も消費税増税は反対ですと言いたいのが山ほどいる。
野田が分派分党を認めないと言うのは、認めれば本家はこっちだと言い出すのが目に見えているからであり、且つ党内の隠れた声は
マニフェスト死守である・・・だから、野田があっという間に少数派になるのも時間の問題なのだ。

輿石はそんな二派を上手く手懐けて自分の立ち位置を有利に運ぶ事しか考えていない。
元々消費税増税には反対であるし、自民党との連携も野田が言い出した事で済ませられると踏んでいる。
つまり、野田ー前原のライン以外で真剣に消費税増税を考えているのはいないんじゃないかとの情勢になりつつある。
輿石と小澤の話し合いは、金の問題もあるが野田降ろしの手順だという説が濃厚だ。
野田を降ろしてから代表選なのか、代表選前に野田を降ろしてしまって野田抜きの代表選にするか・・・
そこらの話し合いだろうね。
同時に、隠れ小澤派の取り扱いについてと野田が鳩山らを処分する事への警告もあるだろう。
国民の、野田執行部に対する不信感は相当根強いモノがあるので、それをどう追い風にするかが小澤の手腕に掛かっている。
その動き如何では民主党は中間派も反野田に回る可能性があると見る。



(私のコメント)

政局の流れは奇奇怪怪な流れになっていますが、要するに野田、前原一派と小沢一派の主導権争いであり、中間派は党議拘束に則った行動で動いていますが、本音は闇の声が言うように消費税増税反対のほうが多いだろう。自民党はもともとから消費税増税派が多いから政権から転落したのですが、民主党が消費税増税派が主導権を取った事で三党合意で法案は中央突破しようとしている。

不可解なのはなぜ谷垣自民党は、民主党の内紛を見ているだけでもよかったのに三党合意まで踏み込んだのだろうか? 公債特例法案だけでも野田総理を追い込むことが出来るのに消費税まで賛成しては勝てる選挙も勝てなくなる。消費税は景気回復してインフレ気味になったような時にブレーキを掛けるように増税すれば摩擦も少なくてすむ。

現在はゼロ金利状態でありデフレ経済で増税したら最悪のタイミングになってしまう。自民党と財務省の癒着した体制が批判を浴びて民主党政権が誕生しましたが、政権を取った途端に財務省の罠にはまって官僚任せの自民党と同じスタンスを取るようになった。菅政権から野田政権と変わるにつれてそれが酷くなり、官僚主導で政策が決定してしまっている。

三党合意は民主と自民と公明の密室の談合政治そのものであり、予算委員会で幾ら追求しようが政策が変わるわけが無く単なるセレモニーに過ぎなくなってしまった。三党合意は実質的には大連立になりますが、小選挙区制では大連立は成り立たない事を野田総理も谷垣総裁も知らないのだろうか? 小沢一派が民主党を離脱して新党を作って内閣不信任案を出してきたら、自民や公明は賛成するのか反対するのか、どうするつもりだろう。

政局の読みとしては、日刊ゲンダイに書かれているとおりですが、輿石、小沢会談ではポスト野田を話し合っているのだろう。自民党は三党合意の密約によって小沢一派や造反議員の除名を迫っているのでしょうが、野田総理は57名を除名すれば衆議院でも過半数割れしてしまう。穏便に済ませたくても自民党が黙ってはいない。除名議員は43名でも十分なのですが、そうなると小沢新党が内閣不信任を出してきて、自民と公明が賛成しても反対してもおかしなことになる。

日刊ゲンダイにも書かれているように、野田政権に連携して不信任を否決に回れば大連立状態になりますが選挙が近いからづするのだろうか? 逆に不信任案に賛成して野田政権を不信任すれば増税法案はご破算になり何のための三党合意だったのかと言う事になる。自民党政権になっても増税が変わらない事がはっきりしてしまって選挙で逆風が吹いて、橋下大阪市長の「維新の会」や「小沢新党」に票が流れるだろう。そうなると民主や自民からも離脱者が相次いで新党に合流するかもしれない。

このままでは野田総理も谷垣総裁も進退が窮まり、共倒れが予想されます。双方に思惑と計算があったのでしょうが、小沢一派は少数で孤立しており離党するのは20人程度と見ていたのだろう。しかし57人の反対と棄権の15名を含めれば70人を超える造反であり、党議拘束で賛成はしたけれども本音では反対の議員も多数だから民主党は分裂状態であり、だから谷垣総裁は野田総理に強い処分を求めている。

谷垣総裁や自民党の思惑としては、小沢一郎を追い出せば民主党との大連立で主導権を取れると見たのでしょうが、解散総選挙になれば小選挙区では一人しか当選できないから大連立は直ぐに壊れる。選挙制度の改正も思惑としてあったのでしょうが、政策協定もなしに大連立は成り立たない。国民に対しても密室談合政治と見られて、大連立になれば政策の暴走が止められないから「新党」に票が流れるだろう。

明日の小沢一郎がどのような行動を取るかで、先行きが見えてきますが、野田総理の退陣と民主党の代表選挙が前倒しで行なわれるかもしれない。その間は夏休みと代表選挙で国会は休会状態になる。あるいは小沢一郎は新党結成と共に内閣不信に案を出して自民党も同調して一気に解散総選挙になるかもしれない。衆院で過半数割れすれば野田総理の退陣では済まず解散総選挙になる。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共同債ではPIIGS債に連帯保証... | トップ | 「よくぞ増税をしてくれた」... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Re 野田、前原一派と小沢一派の主導権争い (Unknown)
2012-07-01 14:37:12
小沢一派でない増税反対議員で新党を立てよう。西田昌司は自民党の公認で出馬しなくても総選挙で勝てるよ。中村喜四郎がいい例だろう、何かで捕まって自民党を追放されても、地元がしっかりしているから、議員としてサハイバルできているだろ。
Re 野田総理の退陣と民主党の代表選挙が前倒しで行なわれるかもしれない。 (Unknown)
2012-07-01 14:42:20
いい事だろ。
カス野朗、勝栄次郎の功績の為の消費税増税なんか、やる必要なし。 (Unknown)
2012-07-01 14:45:47
同調している議員は政治生命を終わらせるから、覚悟しとけよ。
Re 増税に賛成しているチャンネル桜の三輪和雄(産経信者おもいっきりB層) (Unknown)
2012-07-01 14:54:10
国民は消費増税に反対していない。って言っていたが、反対してるだろ、近視眼、盲目すぎ、産経産経言ってるからこんな事になるんだよ、TPPも賛成してたし。おもいっきりB層
●消費税廃止が最適解 (Unknown)
2012-07-01 14:54:36
>消費税は景気回復してインフレ気味になったような時に
>ブレーキを掛けるように増税すれば摩擦も少なくてすむ。

消費税は景気が過熱し国内の需要が供給力を上回った場合に導入し
過熱した景気を冷ますために利用するべきであり
現在のように需要が供給力を下回っている場合は
むしろ廃止した方が合理的でしょう
消費税の存在が経済成長を阻害し、結果的に税収低下の元凶になっているのは明らかですから
可及的速やかに廃止するのが望ましいのです

消費税増税工作員がよく分からない妄言で消費税増税を正当化しているけど
全く説得力がありません
消費税増税で財政基盤がどうたら言っているけど逆です
消費税を導入すると却って財政基盤が脆弱化し
財政破綻に一直線に向かっているのである
●借金増加の元凶は消費税 (Unknown)
2012-07-01 14:56:09
周知のように国債は、ほぼ2種類に分けられます
公共投資の財源になる建設国債と、税収の不足分を補填する特例国債
別名、赤字国債です
消費税が3%から5%に引き上げられた1997年を境に
赤字国債の残高が急速に増加しています

○1991年以降の国債残高推移
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-10938963721-11321256192.html

世間一般の認識としては、日本では公共投資が行われ続け
建設国債の残高が増加し、総体としての国債残高が増加している印象があるかもしれないが
97年以降、建設国債残高はほぼ横ばいです
日本の国内総生産GDPの約55パーセントは個人消費であり
消費税の存在が個人消費を冷やし、同様に住宅投資や設備投資も冷やし
経済成長を阻害した結果、税収が落ち込み
赤字国債の残高が増えて行ったのは異論の余地はないでしょう
日本の債務残高が増えたのは消費税の存在が大きいのです
よって財政再建には消費税を廃止し累進課税を強化し
経済成長して増収を図るのが最善だと考えられるでしょう
日刊ゲンダイは万年反与党で売っているタブロイド紙だからね (Unknown)
2012-07-01 15:48:03
いかにも日刊ゲンダイらしいヨミだねw いわゆる時の与党を敵に回して「反体制」「反権力」姿勢の記事を書いて売っているB級紙、つまりイエローペーパーが日刊ゲンダイだからね。元々政治とは衆愚と隣り合わせなものだから、決して悪いわけではないが。ただ、いくら時の政権をボロクソに叩いたところ、これっぽっちも弾圧されるわけでもない、お気楽日本での「反体制」「反権力」なのであって、詰まりはポーズに過ぎない。その方が衆愚にとっては面白おかしくて日刊ゲンダイが売れると、ただそれだけのことなんだけどね。

前置きが長かったが。野田は消費増税に「政治生命」、つまり命を掛けると言ったのだから、増税法案が三党合意で圧倒的多数で通ったので安心して気を抜いてしまったのではないか? まだまだどんでん返しがあるかも知れないと身を引き締めるべきだろう。まだ、参院通過もあるのだし、油断は出来ないはず。油断と言ったのは、命を掛けた消費増税法案に反対した民主党議員には。命を掛けて処分も厳正に行うべきであったのに、妖怪・輿石などに小沢一派の処遇を委ねてしまっていること。これはどう見てもおかしいだろう。

小泉内閣では郵政法案に反対した自民党議員に対して、除名の上、選挙区に対抗馬を擁立すると言ったシビアな手段に出たものだったが、あの記憶がある国民にとって、今回の野田総理の態度はいかにも甘い。命を掛けるとまで言ったものに反対したものは、命を掛けて叩き潰すぐらいの気迫が必要なはずだが、それが輿石一任でボヤけてしまった。もう輿石・小沢会談は三回目というのでは、日刊ゲンダイならずちも、野田下ろしでも話し合っているのではないかと勘ぐられても仕方あるまい。

月曜日、つまり明日までに期限を切って後は全て自分が決断するくらいの最後通牒が出せないと、輿石・小沢のペースになりかねない。野田は三党合意で「圧勝」したように誤解していると、その油断が命取りになるかも知れない。全ては明日決まるだろう。
Unknown (Unknown)
2012-07-01 15:58:33
まあ、今日引用されたゲンダイの記事はともかく、
ゲンダイというメディアがかなり偏向していることは否定しようのない事実なので、
『 3~4割程度は差し引いて 』理解すると、ちょうどいいと思われます。




①ゲンダイは小沢機関紙である。

【ゲンダイ】小沢一郎が「総理にふさわしい政治家」の1位に選ばれるのは当たり前のこと 民主政権は代表替えろと日刊ゲンダイ
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1290844938/
【ゲンダイ】ネットを通じた草の根で小沢支持が息を吹き返し一気に広まりつつあるので、菅は気が気じゃないだろうと日刊ゲンダイ
http://gendai.net/articles/view/syakai/127270
【ゲンダイ】検察審査会法、なぜ11人のシロウト集団にここまでの権限が与えられてしまったのか?と日刊ゲンダイ
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/23gendainet000128468/
【ゲンダイ】民主党と小沢一郎は運命共同体での政治生命をそぐことイコール民主党の消滅を意味すると日刊ゲンダイ
http://gendai.net/articles/view/syakai/127049
【ゲンダイ】「『小沢首相を!』と国民の多くが思ってたのに…民主党員・サポーターの大バカ野郎。低脳首相で日本終了」
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1284520081/
【ゲンダイ】小沢の大きさを生かせない子ども軍団の民主党は衰退の一途だと日刊ゲンダイ
http://gendai.net/articles/view/syakai/126462
【ゲンダイ】今度の選挙でハッキリしたのは、「脱小沢路線」が大失敗だったということ
http://gendai.net/articles/view/syakai/125231
【ゲンダイ】小沢の剛腕なしに政権交代は絶対に実現しなかったので民主党はその原点を忘れてはダメだと日刊ゲンダイ
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/11gendainet000112414/
【ゲンダイ】 米国の闇勢力が小沢スキャンダル報道で民主党政権を潰そうとしている
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259414548/
【ゲンダイ】小沢批判を繰り返す「ヤクザな麻生」「下劣な細田」 薄汚い政治屋のせいで国会の権威は地に落ちていると日刊ゲンダイ
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/06gendainet02038625/
【ゲンダイ】麻生首相、総理大臣としての品位がまったく感じられなかった 自民党に勝ち目がないのは歴然と日刊ゲンダイ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1223169028/

★小沢に心酔し、なりふり構わず小沢を信奉するゲンダイの見出し。
http://livedoor.2.blogimg.jp/hanagenuki-jet/imgs/2/2/224082a5.jpg
http://2r.ldblog.jp/archives/3583762.html

②ゲンダイの記者は感情的で願望を記事にしている。

【ゲンダイ】「迷わずに民主党へ投票しよう」「そうすれば国政は安定し景気も回復へ向かうだろうと専門筋」
http://blog-imgs-38-origin.fc2.com/s/p/e/specialnotes/gendai20100703issutop.jpg
【マスコミ】日刊ゲンダイが7月1日号の一面トップで「もう一度民主党へ投票を」特定政党への投票呼びかけ
http://megalodon.jp/2010-0630-2045-36/gendai.net/shimens/view/T.gif

日刊ゲンダイの選挙記事
7/8 http://gendai.net/shimens/view/t.gif  地方の選挙民の低水準が問題
7/7 http://e.gendai.net/data/t20100707.jpg 民主多数は微妙か否か
7/6 http://e.gendai.net/data/t20100706.jpg 民主党の選挙有利が圧倒的印象
7/5 http://e.gendai.net/data/t20100705.jpg 民主党60議席!民主党は大勝し自民は消滅へ
7/3 http://e.gendai.net/data/o20100703.jpg 多士済済民主党に投票しよう
7/2 http://e.gendai.net/data/o20100702.jpg 迷わずに民主党に投票しよう
7/1 http://e.gendai.net/data/o20100701.jpg 民主60議席が焦点
6/30 http://e.gendai.net/data/t20100630.jpg 民主党過半数で政権交代完了
6/29 http://e.gendai.net/data/o20100629.jpg 今更自民に投票は時代遅れだ
6/28 http://e.gendai.net/data/t20100628.jpg 民主党へ投票が最良の選択
 ↓
現実:民主党は参院選で大敗北。

【ゲンダイ】衆院選の目玉候補に与野党が狙う五輪アスリート 頭の中身はどうでもいいのか?と日刊ゲンダイ
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/02gendainet02038181/
 ↓
※のちに小沢が谷亮子を引き抜くと、タレント候補攻撃をやめた。


③ゲンダイは、一般有権者の感覚とかけ離れた偏向した姿勢を持つ。

【ゲンダイ】日本はカヤの外 世界同時金融危機を救えるのは中国なのかと日刊ゲンダイ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1223341960/
【ゲンダイ】朝日新聞編集委員・加藤千洋氏の「報道ステーション」降板を残念がる視聴者は多いと日刊ゲンダイ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1221354819/
【ゲンダイ】無差別殺人や親殺しなどが横行、死刑問題や北朝鮮拉致で異論唱えたら猛反発 戦前と似た世相と日刊ゲンダイ
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/11gendainet02037593/


Unknown (unknown)
2012-07-01 16:31:45
民主党が小沢氏を手放す気がないのでは?
私は民主党を指揮しているのは小沢氏だと思っているから、この状況は不思議でもなんでもない。

野田氏が小沢氏と決別する気が本当にあるのかどうか確認するためのリトマス試験紙として、自民党は野田代表周辺に小沢氏の「証人喚問」を持ちかけてみればいいのだ。

ところが野田氏は、小沢氏に近い城島氏を国対委員長につけている。
野田代表は、分裂を避けるため、小沢氏の造反を抑えるために証人喚問をちらつかせたりは決してしない。
最初からする気がないのである。
小沢氏を脅かす検察を束ねる法務大臣にも、やはり小沢氏を支持する滝実氏をつけている。
小沢氏と決別する気が野田氏にあるのなら、野田氏は幹事長にも輿石氏ではない人物を充てていたはずだ。

覚えているだろうか?
歴代民主党政権は、小沢氏と対決するようなふりをしながらも徹頭徹尾、小沢氏を守り続けてきたのだ。
つい2年ほど前には、「小沢教ではないか?」と思えるほど、民主党議員は小沢氏を崇拝する発言を繰り返してきた。
全体を俯瞰すれば、「消費税を上げさせないヒーロー」として小沢氏を民主党代表に押し上げるためのシナリオにすぎないのかもしれない。
そのシナリオを描いているのは、もちろん小沢氏本人であろう。

ニュースで流布されている情報をまともに信じるほど馬鹿馬鹿しいことは無いな。
幸徳秋水の冤罪「大逆事件」と称してフランス人が介入している。 (労働争議工作員が煽動して冤罪とは、はて?)
2012-07-01 16:45:33
検察のシナリオ通りの冤罪捏造事件の第一号だと、サヨクは言いたいらしい。
まるで、小沢一郎が冤罪であるような言い回しであるが、ちゃんと調べたのか?
ことの真相はどうであれ、小沢一郎には役回りがあるのだろう。

リビアの転覆事件をしかけたフランスの手並みは鮮やかだったが、
おかげで、同類の幸徳秋水の巧言令色鮮なし仁ぶりが浮き彫りにされ、キツネ目が際立つ。
アメリカ渡航後、破壊工作員としてしこまれて、そしてそれを実行した。

まるで、幸徳秋水はオウムのようにみえるのだが、いかがだろう。
オウムの仲間にされた人間には、ポアが必要だと迫られて悩んだ男も居そうだが、
親しくしていたので、一緒に処刑された岡山県の異形の男が居るそうだ。

なんか、色々つながっていることがバレて来て、フランス革命も色あせるのも時間の問題だろう。


マスコミの煽動に乗せられず、日本民族の最大公約数的幸福を願い行えばよいのだ。
幸徳秋水の発行する新聞(工作機関紙或は総会屋紙)に感化されて、岡山の男は巻き込まれた。
(人相鑑別を新潮にしないと、何とも言えないが、周りから浮く顔つきだ。)


オウムを煽動したと噂された光の戦士の「幻魔大戦」というSFがあったが、
「機動戦士Zガンダム」も煽動していたと言われていたようだ。
幻魔大戦の影に隠れて蠢動していた本体は、どちらだったのだろう。

ポアの概念は、ガンダムの方にあるようだが。

#50 宇宙を駆ける(機動戦士Ζガンダム回顧録)
http://zgundam2nd.exblog.jp/m2005-09-01/
「オウム真理教のポアの思想とまったく変わらない(笑)。私が常々、『ゼータガンダム』は85年放映にして10年後を予見した作品」

>実際に高校生から大学生くらいでこの番組を観ていた「ガンダム世代」が10年後にサリンを撒くのだからシャレにならない。


ちなみに、幻魔大戦の著者、平井和正氏は、相当に気に病んで、執筆活動に影響が出ている。
ところが、富野や安彦は、何の痛痒も感じずに鮮やかな人生を送っている。

日本人の感覚として不思議だ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

AEIが対中国軍事戦略を (東京の郊外より・・・)
6月5日付で共和党系有力シンクタンクAEIが、米国の西太平洋軍事戦略に関する提言レポートを公表しています。中身はシンクタンクCSBAが2010年5月に発表したAir-Sea Battleレポート似ている印象ですが