株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

アメリカも中国も欧州も高速鉄道を中核とした交通インフラを建設しようとしている

2009年03月28日 | 経済


by CyberBuzz

アメリカも中国も欧州も高速鉄道を中核とした交通インフラを建設
しようとしている。しかし日本の新幹線が売れないのはなぜなのか?


2009年3月28日 土曜日

2008年8月1日、CRH3「和諧号」高速列車が天津駅から出発。
北京―天津間の高速鉄道が正式に開通、時速350キロで30分


北京-上海間は独系が受注 高速車両、5600億円で 2009年03月16日 河北新報

【北京16日共同】中国の通信社、中国新聞社などによると、中国鉄道省は16日、建設中の北京-上海間の高速鉄道について、ドイツの電機最大手シーメンスが技術供与した車両メーカー「中国北車」グループの2社から高速鉄道車両100編成を購入する契約を結んだ。総額392億元(約5635億円)

 北京-上海間は中国の高速鉄道計画の中でも中核路線。日系メーカーにとって、ドイツ系による受注獲得は痛手だが、関係者によると、同路線でも川崎重工業などが技術供与した車両の受注の可能性がなお残っている。中国は景気刺激のために鉄道建設を加速させており、今回の車両の大量発注はその一環でもある。

 北京-上海間の高速鉄道は1編成当たり1等車、2等車、食堂車など16両で総定員1026人。最高速度約350キロで北京-上海間の全長1318キロを結び、最も本数の多い時間帯には3分おきに発車する計画。


日本の「ガラパゴス技術」を打開せよ  2009年2月28日 朝日新聞

「日本の鉄道技術は世界トップレベルだ」。日本の鉄道関係者に聞くと、誰もが自信をもって、そう答える。安全性、安定性、燃費効率など、どの基準をとっても日本の車両や運行技術は世界最高水準だ。

だが、どうひいき目にみても、日本の鉄道ビジネスが世界市場で強いとは言いがたい。鉄道部門の売り上げを比較すると、川崎重工業や日立製作所など日本の鉄道車両大手6社をすべて束ねても、欧州大手の半分にもならないと見られている。

島国の中だけで研ぎ澄まされた技術。世界最高なのに世界市場で売れない――。なにやら携帯電話市場で指摘される「ガラパゴス現象」と同じ構図が鉄道事業でも見えるようだ。

とはいえ、一般消費者を相手にする携帯電話と違って、鉄道は政府が強く関与するビジネスなので劣勢なのには地政学的な理由もある。

「ビッグ3」と呼ばれるカナダのボンバルディア、仏アルストム、独シーメンスの3強は欧州で圧倒的に強い。ボンバルディアも鉄道事業は欧州が主要拠点。いわば3社の「ホーム」だからだ。各国の鉄道事業は国鉄や政府が支援する企業が営むケースが多く、車両調達でも域内産業保護に傾きやすい。EUが自由化で鉄道市場のパイを広げることも、3社にとってますます追い風となる。

その欧州でも、日本の技術力の高さが評価されて受注に成功した例はある。05年、日立製作所は英国で今年末に開業予定の高速線「英国海峡線」の車両(時速225キロ)を受注した。同社が欧州で高速車両を受注するのは初めてだった。

英国は老朽化した旧国鉄路線の近代化を急ピッチで進めている。南北を縦断する「テムズリンク」という主要路線を大改修して車両を総入れ替えする大事業も控えており、日立はここでも手を挙げている。

とはいえ、車両の規格が根本的に違う日本勢が欧州市場で実績を上げられる余地は少ない。そうなると、ねらい目は「非欧州」市場とならざるを得ない。

川崎重工業の車両部門トップで常務の瀬川雅司は「今後は欧州以外の地域でも、生産が追いつかないくらいの鉄道需要が出てくる。だから、あえて3強の拠点の欧州で戦う必要はない」という。日欧メーカーの決戦の場は「めざめた巨大市場」の米国となる可能性が大きい。米国には旅客車両を造る国内メーカーが皆無だからだ。

「川上」の車両製造だけを手がける日本メーカーと異なり、ビッグ3は「川下」の保守事業や運行管理まですべて担えるのが強み。日本はこれに対抗するため、これまで手がけた海外ビッグプロジェクト同様、車両メーカー、大手商社、JRなどが「日本連合」としてスクラムを組んで新幹線を売り込むことになるだろう。

「高速鉄道は日本の卓越した技術を生かせる分野だが、巨額の資金が必要でリスクも大きい。米国やブラジルのようなビッグプロジェクトでは、大手企業が多数参加するオールジャパン体制で取り組む必要がある」と三井物産・交通プロジェクト部第3営業室長の今井泰は言う。

時速350キロ時代へ  

日本の新幹線の最大のセールスポイントは、44年間で事故死者ゼロの安全性だ。新潟県中越地震で走行車両が脱線した時でさえ、大事故にはならなかった。地震多発地帯の米カリフォルニア州でこれは強みになる。東海道新幹線のように1時間に12本が発車する高密度ダイヤも日本の誇る技術だ。

逆に新幹線の弱みは、営業運転の最高時速が山陽新幹線の時速300キロにとどまること。日本はカーブやトンネルが多いうえに騒音規制が厳しく、海外に比べて速度を上げにくい。12年に東北新幹線で時速320キロをめざしているのがせいぜいだ。

ところが米カリフォルニア州や、中国、インド、ロシア、ベトナムなどはみな「時速350キロ」を想定している。それが最高速度の世界標準となりそうな雲行きである。

川崎重工は昨秋、時速350キロの新型車両「efSET」を09年度中に開発することを決めた。日本の国内市場を意識しない、初の「世界市場仕様」の開発である。「いつまでも国内の基準だけに合わせていたら、世界の要求には応えられない」と瀬川は言う。

整備新幹線計画やJR東海の中央リニア新幹線計画はあるものの、国内での高速新線建設はそう多くは期待できない。一方で長年の新幹線の研究開発の歴史が育てた技術者たちはまだ多く残る。「技術者余剰という日本の縮図」(大手商社)を打開するためにも、ぜひとも世界市場で通用するビジネス戦略が必要になる。



(私のコメント)
昨日は東京に住んでいる限り車は必要ないと書きましたが、将来的にはアメリカも中国も欧州も車中心社会から鉄道中心社会に移行していくだろう。車や飛行機が無くなる訳ではないのですが、主要な陸上の都市間交通は高速鉄道が主体となっていく計画が立てられている。これらのモデルとなっているのが東海道新幹線であり安定した交通サービスを提供している。

アメリカでは去年の石油の高騰や、9・11テロ事件のような航空機の弱点がクローズアップされて高速鉄道への見直しが進んでいる。鉄道は電気エネルギーで走るから原子力発電や石炭火力発電など石油に依存しない交通機関であり、コスト的にも速度的にも天候に左右されにくいなどの多くの利点がある。

中国などでも以前は自動車主体の交通体系を考えていたようですが、高速鉄道主体の交通体系に切り替えた。その象徴が北京と天津とを結ぶ高速鉄道ですが去年に8月1に開通した。北京オリンピックの開催に合わせた開通ですが、日本の新幹線を上回る時速350キロの世界最速鉄道であり、北京と天津とを30分で結んでいる。

写真で見れば分かるように手前の車両はドイツのジーメンス社のものであり、後方に見えるのは新幹線の「はやて」をベースにした車両だ。しかしマスコミ発表では純国産であると言う事らしいのですが、冒頭の河北新報の記事にもあるように、北京上海間の高速鉄道にはドイツのメーカーが100両編成分の受注を獲得した。

しかし中国の高速鉄道の運用には、かなり乱暴なものであり、ドイツ製の車両が最高時速300キロであり日本製の車両は275キロを設計スピードとしており、中国が独自の技術を加えたとしても350キロで運用していたら、いつかどこかで大事故を起こすだろう。しかし朝日新聞の記事にもあるように高速鉄道の最高時速は350キロの時代を迎えようとしている。

ところが日本の新幹線は最高時速が300キロ以下であり、最新の東北新幹線でも320キロが予定されているだけだ。これは沿線の騒音問題などで制限されている為ですが、アメリカや中国に新幹線を売り込むためには運用実績で見劣りしてしまう事になる。川崎重工では350キロの高速車両を開発しているが運用実績が無ければ売込みにはマイナスだろう。

北京と上海とを結ぶ新幹線の売り込み競争にしてもドイツに負けた形になりましたが、ドイツ側がかなり中国に有利な契約で結んだのだろう。中国は技術供与を強く求めており、それを国産化して海外にも売込みを図るのだろう。このような構図は自動車生産にも見られることであり、ドイツ製の自動車そっくりの中国製自動車が海外に売られている。

欧州に日本の新幹線を売り込むにもフランスやドイツのメーカーがあるし売り込みは難しく、アメリカがオバマ政権の誕生で高速鉄道の建設を促進する法律が通った。カリフォルニアではガソリンが1Lが100円以上にもなり環境問題も重なって鉄道交通が見直されるようになったためだ。住民投票でも超高速鉄道の建設に賛成多数で可決された。

アメリカにはこれと言った鉄道車両メーカーが無く、まさに日本とドイツやフランスの三つ巴の売り込み合戦が行われているのですが、アメリカ人は中国人と同じく世界最高に拘る国民性であり、世界最高速の超新幹線を求めるのだろう。しかしアメリカのような国土が広い国では航空機と競合するようなスピードを持つ超伝導リニアが向いている。

航空機は離着陸に広大な飛行場スペースが必要だが、そのためにどうしても大都会から離れたところに飛行場が出来てそのからの足が問題になる。それに対して鉄道なら都心に直接乗り入れる事ができる。超伝導リニアなら飛行機並みのスピードと鉄道並みの都心へのアクセスが確保できる。

リニア新幹線のような建設に高額な費用がかかり採算が取れるのかが問題ですが、東京大阪間で出来なければ世界ではどこも出来そうにはない。現在の新幹線では輸送力が限界であることなどで第二新幹線が求められている。世界的には350キロの超高速新幹線も実現していないのに日本はさらに先の超伝導リニアモーターカーに進もうとしている。まさに携帯電話と同じくガラパゴス化しているのですが、本当に出来るのだろうか?

鉄道は第一次世界大戦の頃から国防もからんだ基幹産業なのですが、第二次大戦後は自動車や航空機にとって代わられた。日本だけが鉄道を主軸にした交通機関として開発し続けて鉄道大国となった。石油の大国であるアメリカやロシアが衰退して行って、電気の大国である日本の台頭は科学技術文明的に見れば当然な流れであり、原子力発電も一時は世界的に見捨てられましたが、日本だけが原子力発電所を作り続けた。

このように日本文明は世界から見ても独特なのであり、世界が日本をどんどん真似してきている。アメリカに新幹線を走ったり電気自動車が走る事が想像できただろうか? 携帯電話などのITビジネスも日本がダントツの先端を走っているのであり、超伝導リニアも日本でしか出来ないものだろう。


アメリカでさえ鉄道が復権する時代が来る--葛西敬之・JR東海会長 2008年4月22日 東洋経済

現在、東京―大阪間に日本の人口の約6割、GDPの6割が集中している。一方で面積は国土の20%強にすぎない。そういう高密度に集約された地域が出現し、機能しえたのは高速鉄道のコンセプトゆえです。

 米英独は都市内の交通を自家用車とバスに頼っている。でも東京にはJR東日本の鉄道網と、地下鉄網が整備され、それに私鉄網も加わる。鉄道網がこれほど密につくられている都市は世界中にない。それもほとんど戦後につくられた。密に建設された都市内鉄道網と、都市間鉄道である高速鉄道が結びつき、東京、名古屋、大阪の間の地域を世界で最も効率のいい都市化された地域にした。これは世界にはないモデルです。違うやり方だったら、日本の都市は違った構造になっていたでしょう。

 ――新幹線は世界を刺激した。

 高速鉄道の誕生で、鉄道の将来性に対する見方が変わった。特に欧州。フランスはTGVをつくり、ドイツがそれに追随した。さらに今、エネルギー問題、地球温暖化問題、環境に対する関心が高まり、欧州は鉄道を見直す動きが大きな流れにある。国と国の間の鉄道の相互乗り入れを頻繁にし、21世紀のEU圏内の旅客輸送は鉄道を中心にする、いわば鉄道の新しい世紀を求めている。

ジャンル:
経済
コメント (87)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ETC売り切れに見る、日本... | トップ | 200~300万円程度だという阿... »
最近の画像もっと見る

87 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドイツ気質 (ヤスジ)
2009-03-28 17:01:05
やっぱりドイツ気質っていうのがある

よくいえば 性能を追い求め あれやこれや
試行錯誤し過ぎがある
例のドイツ高速電車の二重車輪鉄の輪に
更にゴムをサンドイッチしてあったが外れて大事故

しかしあれだけ凄まじい事故がニュースで流れても平気でまた会社やってんでしょう

よっぽど面の皮厚いのか

またよっぽど日本は嫌われてるのかでしょうか?

ガラパゴス徹底的に進めるしか無いですね

例のリニアを実用化しましょう。パテントで押さえて
Unknown (Unknown)
2009-03-28 17:48:07
「地球に謙虚に」運動呼びかけ人呼びかけ人      トッテン・ビル
平成19年(2007年)4月5日

国内の移動を飛行機から鉄道だけにして久しいが、最近は周りの人たちにも鉄道へのシフトを呼び掛けている。以前も書いたが「ピークオイル」という言葉を知ったためである。日本のメディアや政治家がそれについて論じているのを聞いたことはないが、世界の石油生産量がピークを迎えつつあるということで、英語のインターネットの世界でこの言葉を検索すると6万以上の記事が見つかる。それらが共通して言うことは、人類は2005年から遅くとも10年には石油生産量がピークになるというものだ。
新しい油田を見つけて石油を掘っていくと、当然ながら埋蔵量の半分、つまりピークを過ぎたあたりから生産量は減少に向かう。そのため、以前と同じ量の石油を採るためにはより多く費用がかかるようになる。アメリカの地質学者ハバート氏は、1956年にアメリカの石油生産は1970年にピークに達するだろうという予測をし、80年代にそれが正しかったことがわかっている。そしてアメリカは石油輸出国から輸入国になり、2000年の石油消費量の半分は輸入によるものだ。このハバート氏の跡を継いだ人たちが、世界全体の石油生産量は2005年から遅くとも10年の間にピークになると予測している。

日本でも経済産業省が出しているエネルギー統計などでは原油埋蔵量から予測して可採年数はあと43年といわれている。しかしこれは単純にあと40年間は大丈夫ということではない。石油は深度の浅い、採掘コストの安いものから使われるため、採りにくい石油が残ってくる。ピークを超えたということは、これからの石油生産にはより多くのコストがかかるようになるということだ。それは石油価格の高騰をもたらし、安い石油燃料の上になりたっている現代の工業社会においてあらゆるものの価格が上がることを意味する。

安い石油エネルギーを使った大量生産、大量消費、大量廃棄という経済は、多くの国民を維持するためというより、むしろ生産者を富ませるために仕組まれたシステムだといえるが、石油が今までのように使えなくなればこのシステムはうまく機能しなくなる。なぜなら代替とされる原子力、風力、水力、太陽、水素などはどれも短所があり、石油にとって代わることは不可能だからだ。

私たちにできることはエネルギーの使用量を減らすことしかない。石油が高騰し始めると生活は劇的に変わる。飛行機は手の届かない乗り物となり、自動車も同様になるだろう。しかし鉄道や自転車による交通網を築いている社会は比較的少ない影響ですむだろう。輸送費用が高額になるため世界貿易は劇的に縮小し、人々は地元で生産されたものを消費する生活にもどるようになる。そのためにも鉄道へのシフトを日本は早急に進めるべきだと思うのだ。電気で動く鉄道も石油燃料を消費するが飛行機や自動車と比べればずっと輸送効率は高いからである。

アメリカのように自動車を中心とする社会は大打撃を受けるが、アメリカもかつては鉄道中心に街づくりが行われ、電鉄会社が無数の都市を結ぶ都市間輸送を行っていた。しかし第二次大戦後、高速道路の発達にともない民間企業であった電鉄会社のほとんどは経営が維持できずに破たんしていった。先日アメリカの鉄道について調べたところ、アムトラックに関する興味深い情報を見つけた。

アムトラックは1971年に長距離旅客列車として全米で運行を開始した。ずっと赤字続きで毎年予算獲得に苦労しており、米メディアはアムトラックへ国庫補助金を出すことが財政赤字の元凶だといわんばかりの報道をする。しかし実際は、アムトラックへの補助金など微々たるもので、巨額の補助金を受けているのは高速道路や航空業界である。つまり、アメリカにおける交通基盤が自動車や飛行機になったのは自由競争の原理によるものではなく、米政府が自動車と航空業界のために長期にわたり巨額の財政支援を行ってきたからなのだ。

例えば過去30年間にアムトラックには300億ドルの国庫補助がなされたが、同時期、米政府は高速道路と航空業界に1兆8900億ドルも財政支援をしている。1946年以降、米政府は空港の建設に数10億ドルも使った。『アムトラック物語』(Frank Wilner著)によれば、アメリカで鉄道に投じられた投資額は国民一人当たりわずか1.46ドルで、最高はスイスの228.29ドル、最低はフィリピンの0.29ドルだという。また1971年から1994年にアムトラックへの国家補助が年間2億2000万ドルを超えた年はなく、この額は郊外の高速道路の1~2マイルの建設費用にすぎない。そして赤字続きのアムトラックはこの投資額でもうけをださなければ廃止だといわれ続けているのが現状なのである。

日本もアメリカと同様、交通の社会資本投資は、道路整備や空港建設が鉄道投資を大幅に上回っているはずだ。手遅れになる前に、自動車中心の、石油に大きく依存しなければ持続不可能な政策から鉄道へのシフトを日本はすべきである。

リニアをカリフォルニアへ (Unknown)
2009-03-28 18:08:26
日本のリニアをカリフォルニアやブラジルに持っていきましょう。
携帯電話の場合、先端規格を採用して国内市場を守ろうとしすぎたあまり、世界中が日本の方式に乗ってこなかった。結果、端末の品質は十分であるにもかかわらず、国内で販売しているものが海外で売れにくい「ガラパゴス状態」を作り出してしまっている。気がつくと海外で上位に入る端末メーカーはエリクソンと提携したソニーのみという、いわゆる「ガラパゴス状態」になってしまった。

しかし電話の場合そのサービスの違いが見えにくいが、スピードはわかりやすい。
世界の大部分が350kmphを目指しているところに、一気に500kmphで勝負をかけたい。
日本で開発したリニアなのだから、最初に日本で実用化したい、とこだわる人がいるだろうか? 私ならこだわらない。求められるところに持っていって、デファクトスタンダードを目指すべきだ。そうすればリニアがガラパゴス化することはない。日本でまだ着工していないのは幸いかもしれない。車体や座席の規格から米国で受け入れられるものにして、標準化しやすくしよう。それを日本でも採用すればいい。
日本で有効なリニアなら、大陸ではさらに効果を発揮するはずだ。
泰緬鉄道(たいめんてつどう)の高速化 (旧日本軍の人々)
2009-03-28 18:28:37
アメリカ以降の世界で大活躍する日本人たち。
マスコミでは流れない真実の日本人たち。
相も変わらず株式日記の目は節穴だな。

http://ahoudori0.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-9852.html
ミャンマー・カンペレ村その2
これが歯科。視察台は日本から寄付された最新式。


http://iondoorsdad.blog47.fc2.com/blog-entry-47.html
パンとサーカスで引き篭もる日本人


日本に引きこもってないで世界をその目で見て交渉する事だよ。
Unknown (Unknown)
2009-03-28 18:35:12
キャンベルの石油資源の埋蔵量に関する研究

・発掘された油田の石油産出量について、縦軸に産出量、横軸に時間軸をとりグラフを描くと、ある時点でかならず産出量が減少傾向に転じる。

・一度減少傾向に転じた油田はその後、その産油量が増加することは無い

・石油生産量のピークは、埋蔵量を半分消費したときに訪れると分析

・世界の産油国44カ国中33カ国の油田ですでに産油量の減少傾向がみられる

・現在新たに発見されている油田は、既存の大型の油田に比べ、規模が小さく質も悪い

・小規模油田がいくら発見されたとしても、今後増え続ける石油需要をまかなうことはできない

・小規模油田は採掘するのに技術的なハードルが高い(=コストが高い)。以前は海底から300メートル掘ればみつかったが、最近あらたに油田を掘り起こそうとすると、3000メートル以上採掘しなければならない。

・(キャンベル博士のエクスキューズとして?)全世界の4分の1の埋蔵量を誇るサウジアラビアは世界の使用石油の10%を生産しているが、政策上油田についての情報が一切他外国に公開されていない(ので把握していない)

・タールサンド(非採掘型石油)、バイオ燃料など従来型の石油資源に依存しない技術が模索されているが、これらをすべて併せてもピークオイルは解消できないと指摘。

まずは、国内再構築 (左近尉)
2009-03-28 18:55:22
世界へ、出ていって、どうのトカ言うのは

馬鹿げてます。

先ずは、日本人が、本当に、幸せになるべきです。

世界を、リードする。

これは、眉唾でしょう。

諸兄諸氏が、啓示されているように

日本が、半島や、支那に関わって、何か、良いことがありましたか。

日本の、最先端技術を、与えても、それは、十全な、成果は、発揮できないでしょう。

世界の、「民度」はそのようなものです。

先ずは、橋本・小泉政治によって、破壊された

日本の、「下部構造」の再構築から始めましょう。

上部構造は、昨日の、ブログで、解明され始めましたが

殆どが、アホです、

政治は、それほど、期待出来ません。

ならば、実体経済の、ほころび、繕いででも、

遣りましょうか。
Unknown (Unknown)
2009-03-28 19:33:56
 朝日の記事は「もっと出来の良い最新の新幹線をお隣に売り渡せ」って事でしょ。
 ガラパゴス化が進んでもほとんどの日本人は誰も困りません。
夢の交通機関 (こってり)
2009-03-28 19:39:18
真空チューブ内で磁気浮上式リニアモーターカーを走らせれば航空機よりも速度が出ます。

しかも、航空機より安全で、環境汚染もありません。

さらに、航空機のように空気抵抗を受けないので、エネルギーロスが少なくて済みます。

ただ、現在の技術で何百km~何千kmの真空チューブを敷設するのは難しく、莫大な経費がかかると思いますが、真空ではなく減圧チューブでも航空機並みの速度が出ますから、減圧チューブの方が実用的かも知れません。

アメリカのB29爆撃機には気密室がありましたが、密閉が不完全なので、始終ポンプで空気を機内に送り込んでいて機内は暑く、搭乗員はTシャツにサンダル履きで爆撃をしていました。

そのことを知らない日本兵は、撃墜されたB29搭乗員の死体をみて「アメリカ軍は飛行服もないのか」と笑ったそうです。

従って、ある程度密閉したチューブの所々で排気ポンプを稼動させて減圧し、駅の両端に機密扉を設ければ乗客は常圧で昇降できます。

ともかく、石油が枯渇する前に日本国内だけでもリニアが航空機にとって代わるような交通政策を行いましょう。
Unknown (Unknown)
2009-03-28 19:41:45
日本の新幹線は、運行システム、それに関連する人間の能力まで
要求されるかなり要求の高いしろものなのだよ。
あと、自然環境もかなりたいへん。いろいろ考えると
後進国には輸出しないほうがいい。

だいぶよくなったとはいえ、日本人なみのきめ細かさを
後進国の人間に要求しないほうがいい。逆な意味で
非常に危険。

中国、韓国の新幹線と騒ぐが、いちど現地いってみるとよい
備品はガタガタ、座席も通路もゴミの山。とても、日本の新幹線とは
くらべものならない。インドなんかは、新幹線通したらもっとひどくなるだろうね。

なにしろ、現在運行中の列車でも、トイレに水が出ないので、そのまま
紙がわりに車両の壁に塗りたくる。新幹線でこれをやられたら
大変だよ。

一度、現地の飛行機に乗ってみるとよい。トイレは荒れ放題、
座席は、ガタガタで汚いまま。とにかく、後進国の連中は
のほうずで整理・整頓ということを知らない。客もそうだし、
スタッフも同じ。とにかくだらしがない。

シンガポール航空で、インドに飛んだとき、スタッフがこぼしていた(笑えることに中国人の)。
紙、ボールペン、トイレの備品、すべてもちさられて往生すると…

こういうわけだから、張り合って、中国やインドに新幹線を輸出しない
ほうがいい。スピードは上だが、ヨーロッパの急行列車は、日本でいうと
ローカル幹線の通常列車の延長にあるもの(標準軌道か広軌だからね)。
新幹線と構造が違う。ぶっこわれにくいわな。ただ、速いだけ。
快適さなど二の次。

いずれにせよ、日本のような精密な運行なんかできないよ。
実際、ヨーロッパなんかいくと分かるが、ドイツを除くと
あいもかわらず時刻なんて守ってないしね。
中印、その他後進諸国では、もっとひどくなるんじゃない。
「今日の新幹線は、いつくるか分かりません。明日になるかななんてね」

日本の新幹線なみの正確さなんか望むべくもない。
かりに、中印・その他後進国の連中が日本なみの運行をやったら、
まあ、一時間もしないうちに大事故続発じゅないかな。

やつらは速ければいいだけで、あとのことはまったく考えてないから、
この種のむなしい競争に加わらないほうがいい。

携帯電話についてガラパゴスというが、貧乏国じゃ、今のところ
需要がないだけ、あと十年もして市場が成熟すれば、見直される
かもしれないよ。最近見てると、あまりに目先のことをいいすぎるのではないか。

雇用200万人、需要60兆円創出 政府の成長戦略原案で食物工場に言及 (愛信)
2009-03-28 20:00:36

この技術が普及すると屋内の家庭菜園で安全安心な食料の自給自足
が可能になるので、食料自給率が飛躍的に向上する。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事