株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

経営不安説が浮上しているソフトバンク。 ソフトバンクのCDSは「900」に達している

2008年11月08日 | 経済

経営不安説が浮上しているソフトバンク。 ソフトバンクのCDSの
参考値は、29日時点で破綻を強く意識させる「900」に達している。


2008年11月8日 土曜日

空売り規制で反発するソフトバンクの株価


金融庁:株式の空売り規制を強化 毎日新聞 2008年10月27日

金融庁は27日、政府の「緊急市場安定化策」の第1弾として、株式の空売り規制を強化すると発表した。事前に株式を借りずに空売りする「ネイキッド・ショート・セリング」を11月4日から禁止する。さらに、発行済み株式総数の原則0.25%以上の空売りをしている投資家に証券取引所への報告を義務付ける。取引所は11月中旬から、この情報を公表する。空売りにより、株価下落に拍車がかかるのを防ぐのが狙い。【永井大介】


“経営不安説”浮上ソフトバンク「5つの不安」とは? ZAKZAK  2008/10/30

 経営不安説が浮上しているソフトバンク。白い犬のCMでおなじみの携帯電話事業は、契約純増数が9月まで17カ月連続1位と好調だが、約2兆5000億円の有利子負債や、巨額損失が発生する恐れのある金融商品の保有など「5つの不安」が頭をもたげ、同社の株価は暴落している。孫正義社長(51)=写真左=は29日、急きょ9月中間決算を前倒しで発表。「10年以内に無借金経営にする」と宣言したが、異例ずくめの記者会見はかえって、同社の危機感を浮き彫りにした。

 「ソフトバンクがテレビCMなどの広告費の支払いに窮しているようだ」-。こんな未確認情報が株式市場を駆けめぐり、同社株の株価は坂道を転がるように下げていった。

 8月半ばまで2000円台で推移していた株価は、9月以降連日の下落。10月22日に1000円を割り込み、28日の取引時間中には636円と2005年の株式分割後の最安値を更新した。29日にはストップ高の750円と急反発したが、今年初めの水準から約7割も下落している。

 投資家の不安を払拭する必要に迫られたソフトバンクは、11月5日に予定していた08年9月中間決算の発表を、10月29日に1週間繰り上げた。

 「私どもの借入金が多いことが(投資家の)不安材料になっていることは認識している」-。孫社長は29日の決算会見の席上でこう語った。

マーケットでは、世界的な金融危機で銀行が融資姿勢を厳格化するとの見方が強まり、借入金の多い会社が問題視された。

 その代表格が9月末時点で2兆4949億円の有利子負債を抱えるソフトバンクだった。

 この日発表された08年9月中間連結決算は、営業利益が7%増の1800億円と過去最高だったが、売上高は前年同期比2%減の1兆3289億円、最終利益も11%減の411億円にとどまった。

 ソフトバンクの借入金のなかでとりわけ心配されているのが、06年に旧ボーダフォン日本法人の携帯電話事業を買収した際の借入金約1兆3000億円だ。融資に参加した金融団は「財務制限条項」と呼ばれる融資条件を設けており、携帯電話事業の業績が設定した目標を下回ると、経営権が融資を実行した金融機関側に移る恐れもある。

 財務制限条項に対する不安について、孫社長は「手元流動性(すぐに取り崩して使える資金など)が5000億円と潤沢にあるので資金の返済は十分に回る。余裕を持って経営を行っている」と説明。18年度までに返済する計画を繰り上げ、「4~5年で返せる」との見通しを示した。

 借金に対する不安がよほどこたえているのか、孫社長は記者会見の終盤になると突然、自らの人生哲学を語り始めた。「19歳のときのライフプランでは、20代で業界に名乗り上げ、30代で1000億~2000億円の軍資金を手にする。40代で1兆~2兆円の勝負をし50代で完成型を目指し、60代で無借金で次の経営陣にバトンを渡す。50代のうちに無借金を実現しないと僕の人生哲学に反する」

 ただ、主力の携帯電話事業は売上高、営業利益とも前年同期を下回っている。端末販売で2年契約が主流となり、買い替えが減って販売台数が減ったためだ。ソフトバンク自身が始めた手法だが、11月以降、契約者の「契約2年しばり」が順次外れるため、顧客の引き留め策も必要となる。

 金融危機の深まりに伴って、保有する金融商品にも不安なものがある。

 同社は、買収した旧ボーダフォン日本法人の発行済み公募社債を償還するために、750億円の債務担保証券(CDO)を保有。CDOを構成する160銘柄のうち、米リーマン・ブラザーズやアイスランドの銀行など6銘柄がすでに債務不履行(デフォルト)となった。デフォルトが7銘柄になると456億円、8銘柄以上になると750億円全額が損失となる仕組みになっている。

 CDS(クレジット・デフォルト・オプション)と呼ばれる金融商品で、ソフトバンクに対して付けられている指数も大きな不安となっている。

 CDSは取引先企業の破綻や債務不履行に備えて買う一種の保険で、一般に破綻の危険性が高い企業ほど“保険料”も高くなる。その保険料は数値化されており、「500が危険水域、700を超えると破綻が意識される」(市場関係者)とされるが、東京金融取引所が公表しているソフトバンクのCDSの参考値は、29日時点で破綻を強く意識させる「900」に達している。

 これについて、孫社長は「まるで経営が破綻するかのような勘違い。市場の理解が進むのも時間の問題」と意に介さない。

 巨額の有利子負債、財務制限条項、携帯事業の先行き不透明感、CDO、CDS。孫社長の必死のアピールにもかかわらず、これら「5つの不安」が沈静化する気配はない。



ソフトバンクモバイル、Yahoo!ケータイトップページを有料化  10月31日 ITmedia

ソフトバンクモバイルは10月31日、ソフトバンクケータイ向けのポータルサイト「Yahoo!ケータイ」トップページのパケット通信料を、2009年2月1日から有料にすると発表した。料金は、1パケットあたり0.21円(契約プランにより異なる。定額サービス「パケットし放題」に加入している場合は、1パケットあたり0.084円)。Yahoo!きっずなどのトップページも有料になる。



iPhone「不通なら解約可能」申し入れ 消費者団体 11月6日 朝日新聞

消費者団体訴訟制度に基づく適格消費者団体「消費者機構日本」(東京)は6日、米アップルの携帯電話「iPhone(アイフォーン)3G」をソフトバンクモバイルが販売する際、いかなる場合もキャンセルできないとする契約を交わしているのは民法や消費者契約法に照らして無効だとして改善を求める文書をソフトバンクモバイルに送ったと発表した。18日までの回答を求めている。

 消費者機構日本によると、「自宅周辺の電波状況を確認して買ったのに、電波が弱くて使えない」などの相談が各地の消費生活センターに寄せられているという。契約時に電波状況を確認していたり、同じ場所でも同種の端末は使えたりする場合には解約できるよう改善を求めている。

 ソフトバンクモバイル広報部は「いかなる事由でもキャンセルできないという表現は改めるよう販売店に指導した。だが、電波状況が悪いという理由で契約を解約することは認められない」としている。



(私のコメント)
株をやっている人ならソフトバンクの経営不安説は有名ですが、私から見ればソフトバンクの経営不安説は何度もあった。ボーダフォンの買収はソフトバンクにとっての一世一代の大博打だったのですが、時代が悪かったようだ。ソフトバンクは時価総額経営であり高株価が経営を支えてきた。ホリエモンのライブドアが目標にしてきた会社だ。

私もかつてソフトバンクの株を売買した事があります。私が買ったのはソフトバンクが一部上場されたばかりで、その時も経営不安説が流れていた。私は勇気を出して3000円台で買って4000円台で売ってしまった。しかしその後ソフトバンクの株価はITブームに乗って19万円台にまで上がってしまった。

YAHOOの株も注目はしていたのですが1株200万円から1億円にまで上がってしまった。買っていれば私も億万長者になれたのですが、ネット株で億万長者が続出した。そのなかでのソフトバンクはネット株の総本山であり、ネットバブルの生き残りでもある。しかしネットから通信事業への実業への転換はどこも成功していない。

楽天などもネット株として登場して、ネット証券などに進出しているが、プロ野球の楽天イーグルスが唯一の例外だろうか? ネット企業というのは一種の虚業であり、夢を投資家に売って株で儲けてきた企業だ。ソフトバンクの孫正義社長もいち早くインターネットに注目してアメリカのネット企業の株を買い捲った。それが大当たりしてソフトバンクの株価は天にまで上がった。

つまりソフトバンクの本質は投資ファンド会社なのであり、実業でのし上がってきた会社ではない。夢を売っているうちはいいが何時までも夢は売れない。ソフトバンクも豊富な資金力で携帯電話事業に乗り出しましたが、宣伝は上手ですが携帯電話事業としてはお粗末だ。

「株式日記」ではiPhoneのことをぼろくそに書きましたが、それは正しかったようだ。発売されて数ヶ月も経つのにいまだにiPhoneを街で見かけたことは無い。デザインはしゃれていてもネットや電話が通じなければ何の役にも立たない高価な携帯ゲーム機に過ぎない。しかしマスコミでは宣伝力でこのような悪評は抑え込まれている。


ネット上で語られている「iPhone 3G」のダメダメなところの情報を集めて、以下にQ&A形式でまとめてみました。

Q.iPhone本体に、メールは保存できますか?
A.iPhone本体には保存できません。30日で自動的に削除されます。

Q.iPhone は、携帯専用サイトは見れますか?
A.見れません。

Q.iPhone は、FLASH や JAVA が含まれている WEB サイトは見れますか?
A.見れません。

Q.iPhone は、着メロや着うたは使えますか?
A.使えません。

Q.iPhone での文字入力が、ものすごく遅くなる場合が多いのですが?
A.文字を3文字打つのに5分かかる場合もあります。

Q.iPhone は、WEB やメールの本文をコピー&ペーストできますか?
A.できません。文章の編集中に「元に戻す」もできません。

Q.iPhone で、ドコモや AU の友達と携帯メールのやりとりは普通にできますか?
A.普通にはできません。PC メールとなります。

Q.iPhone は、メールは手動操作しないと15分おきにしか端末に来ませんが?
A.i.softbank.jpのメールアドレスは、メールが来ても即受信をしません。(

Q.iPhone は、受信メール一覧の差出人表示が、メールアドレス表示になっていて、
  誰からのメールかわかりにくいのですが?
A.仕様です。1つずつメールを開けば、アドレス帳に登録してある名前が表示されますので我慢して下さい。

Q.iPhone は、単語登録や定型文登録できますか?
A.できません。

Q.iPhone は、公衆電話や非通知拒否等の設定はできますか?
A.できません。

Q.iPhone は、ワンセグ機能は付いてますか?
A.ついてません。

Q.iPhone は、赤外線通信機能はありますか?
A.ありません。

Q.iPhone は、モバイルスイカとかお財布機能ありますか?
A.ありません。

Q.iPhone の電池交換は自分でできますか?
A.できません。

Q.iPhone のカメラで動画撮れますか?
A.撮れません。

Q.iPhone は、メモリカードを使えますか?
A.使えません。

Q.iPhone は、ノートパソコンのモデムとして利用できますか?
A.できません。


ネット上では、このようにユーザーのクレームが殺到している状態であり、iPhoneは日本では一種の欠陥商品だ。このように携帯電話ではできる事がiPhoneではできない。以上の例はほんの一部であり、日本のユーザーはわざわざ携帯からiPhoneに乗り換えるはずが無い。しかしB層のテレビコマーシャルに引っかかる人たちは沢山いる。

日本の携帯電話はいつの間にかアメリカやヨーロッパを追い越してしまったのであり、日本の評論家たちは「ガラパゴス化」と呼んで貶している。世界は日本の技術開発のスピードについて来れないのであり、携帯電話に内蔵されているソフトは何百万ステップで書かれているから簡単に出来るものではない。ボーダフォンが日本から撤退したのも技術開発のスピードで負けたからだ。


7万円もするテレビも見れない時代遅れのiPhoneに米国民は狂喜!外国を何でも称賛して日本のものは何でもけなす自虐的日本人 2007年7月1日 株式日記


W-CDMA + Andorid というグローバルスタンダードなプラットフォームの日本のケータイが世界中で使われるようになります。 2008年7月18日 株式日記


(私のコメント)
このように日本の進歩的な文化人や評論家たちは日本の輝かしい部分も貶しまくるのはどういう精神構造なのだろうか? アメリカやヨーロッパは携帯電話のインフラの環境整備が遅れているのは何が原因なのだろうか? 情報通信分野の技術開発は21世紀の中心課題ですが、アメリカのシリコンバレーもグーグル以降の新しい産業は育っていない。

すべて優秀な人材は金融にシフトしてしまったから製造業の技術開発は日本に追いつけない。GMも倒産の危機に瀕していますが、自動車も単に走る機械というよりもコンピューターの塊となっている。ハイブリットカーも作るのは簡単だがコンピューター制御は企業機密であり、数百万ステップの制御ソフトを作る事は世界の自動車メーカーでも数年はかかる。

ソフトバンクも日本の携帯電話事業における主な目的は、携帯がインターネットの主役になるという点だろう。パソコンでインターネットを使うには一般の人にはハードルが高すぎる。ブロードバンドを普及させたソフトバンクの功績は評価するが、 iPhoneの失敗がソフトバンクの致命傷になりかねない。iPhoneは発売当初から時代遅れの携帯パソコンに過ぎない。

ジャンル:
経済
コメント (41)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二十世紀で一番大きな事件は... | トップ | 米国が反撃しないなら日本は... »
最近の画像もっと見る

41 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TORAさんのおかげでi-phone買いませんでした。サンクス (もわい)
2008-11-08 16:24:53
ここは2-phone(ニッポン)だからi-phone(イッポン)は売れません。およびでない?およびでない?こらまたしっつれいいたしやした!
Unknown (Unknown)
2008-11-08 16:41:56
皆さん知らないようだけど、あの孫さんの発売してる携帯電話は、盗聴機能がついてて、会話してないときでもソフトの自動検査をしていると本社で認めてますよ。

盗聴付き携帯電話を売るとは、さすがユダヤ繋がりの孫だな。
OS (Unknown)
2008-11-08 16:57:02
日本人の使っているパソコンの9割はアメリカ製のOSです。

もう少し、立場を見よう。シスコのルーターが業界を支えている。

マイクロソフトやMacintosh、DELLのような会社がある?失われた20年の日本で生き残ったのはソフトバンクと楽天。それも長くは続かない。。
Unknown (Unknown)
2008-11-08 17:02:42
一般家電で使われているシステムはすべて日本製なんだが・・。
Unknown (Unknown)
2008-11-08 17:33:44
ここからは、家電の情報の掲載は禁止にお願いします。特許関連なので。
Unknown (Unknown)
2008-11-08 17:36:32
ソフバンなど使う奴の心理は、安いからか?アホか
チョンぐらいだろうさ!所詮、日本には敵わないのに・・・
"犬"は日本人の父親にダブらせた朝鮮CMだし、
こんなCM流す企業の本質は売国奴と変わらない!
OS (半分専門家)
2008-11-08 17:47:06
アメリカ製(マイクロソフト)のOSは、パソコン端末だけですね
インフラや通信関係は ITRONがシェア100%近いですし、業務用のサーバはUNIX優勢ですから

Unknown (Cipher)
2008-11-08 18:24:14
インドの技術者がTRONでパソコン作ったら価格が激安なのに・・・と怒っていたのを覚えています。
でもマイクロソフトもこのままパソコンのOSとして使われ続けますかね?
Vistaあれだけ宣伝してたのに初日、購入に動いたのは一部のマニアだけだったような
OS (Unknown)
2008-11-08 19:05:40
現実を見ろ。

ここ20年で残った会社はソフトバンクと楽天だ。

それが日本の力なんだよ。。。
Unknown (Unknown)
2008-11-08 19:38:43
ソフトバンクは常識で考えたら潰れますよね。
紹介するブログの解説を参考にしてみて下さい。
ちなみに私も同意見です。

予備知識として解説しておきます。

フリーキャッシュフロー:最終的に企業が保有する現金、どの程度、借金や金利の返済に耐えられるかの目安になる。

http://blog.goo.ne.jp/dancing-ufo/e/6cf1d3ad284e6a803dec9d8497a1c795

ブログ主も紹介している通り、今話題沸騰のCDSのCDOを保有しています。こんなヤバイ商品に手を出すほど追い詰められていると感じるのは私だけでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ソフトバンクが危ない・・・ (わし的世界見聞記♪)
ソフトバンクを言えば、日本のIT企業の中では優良企業で、リーダーたる企業です。少なくても一般的なイメージではそうでしょう?ワシはそう思っていました。しかし、どうもボーダフォンを買収した辺りから雲行きが怪しくなってきましたね。ワシはADSLが日本が世界最...