株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

田母神応援が広がるのを恐れて、与野党一致でテレビ中継を見送った。

2008年11月11日 | 政治

テレビはなぜ田母神氏の参考人招致を中継しないのか、国民の
田母神応援が広がるのを恐れて、与野党一致で中継を見送った。


2008年11月11日 火曜日

田母神氏の「独演」防止、TV中継なしでネットはパンク 11月11日 朝日新聞

田母神氏の参考人招致はテレビ中継されなかった。野党は当初、NHKによるテレビ中継を求めたが、田母神氏が持論を弁じることをそのまま放映されることは好ましくないなどとの判断から与党が難色を示し、最終的には与野党一致して中継要請を見送った。NHK広報局は、中継しなかったことについて「NHKの独自の編集・編成判断に基づいて、国会中継に取り組んでいる。視聴者から中継放送の充実の要望がある一方、ニュースや生活情報等の放送を求める幅広い要望が寄せられている。そうしたことを総合的に判断した」とのコメントを出した。

 また、参考人招致は田母神氏が一方的に持論を展開する場にならないよう、河村官房長官、中曽根外相、浜田防衛相も同席する異例の形で行われた。参院外交防衛委員会の関係者によると「言いたい放題の独演会にはさせない」との考えからだという。北沢俊美委員長(民主)は質疑の冒頭、「個人的見解を表明する場ではない。簡潔に答弁するように」と田母神氏にクギを刺した。

 田母神氏が参考人招致された参院外交防衛委員会のインターネット審議中継が、11日午前10時ごろから散会するまでの約2時間半、アクセスしにくい状態になった。

 参院事務局広報課によると、500人ほどが一度にアクセスすれば容量がいっぱいになるという。「容量を超えるアクセスが集まり、システムが不安定になった。(開会中は)内部でもみられない状態。5年前から変わっていないので改善する必要がある。来年度に新システムを導入することを検討している」と話した。



田母神氏への擁護相次ぐ 11月11日 産経新聞

 自民党は11日午前、国防関係合同部会を開き、歴史認識に関し政府見解と異なる論文を公表して更迭された田母神俊雄前航空幕僚長を擁護する意見が相次いだ。

 防衛省側が歴史教育の在り方を見直す考えを示すと、衛藤晟一参院議員は「歴史認識を教育するなんてことを言ってもらったら困る」と批判。岩永浩美参院議員は「田母神氏の持論がなぜ悪いのか分からない」、土屋正忠衆院議員は「(防衛省が)歴史観を対象に懲戒処分しようとしたのは問題」と反発した。

 一方、玉沢徳一郎元防衛庁長官は「稚拙な知識で論文を書いていることが問題だ」と述べた。



田母神前空幕長:「村山談話は言論弾圧の道具だ」 11月11日 毎日新聞

政府の歴史認識に反する懸賞論文を公表し更迭された田母神俊雄前航空幕僚長(60)は11日、参院外交防衛委員会の参考人質疑終了後に報道陣の取材に応じ「村山談話の正体が、本日分かった。村山談話は言論弾圧の道具だ。自由な言論を闘わせることができないならば、日本は北朝鮮と同じだ」と憤った。退職金については「生活が苦しいので、ぜひ使わせてもらう」と返還の意志がないことを強調した。


民主党:給油延長法案めぐり不協和音 執行部へ異論顕在化 11月11日 毎日新聞

インド洋給油活動を延長する新テロ対策特別措置法改正案の早期採決を容認する方針を巡り、民主党内で不協和音が生じている。執行部は14日にも参院本会議で否決し、与党の衆院での3分の2の多数による再可決を容認する構え。しかし、西岡武夫・参院議院運営委員長(民主)が10日、北沢俊美・参院外交防衛委員長(同)と会い、「麻生太郎首相が外交防衛委に出席してシビリアンコントロールに関する集中審議を開かなければ(法案採決の)本会議を開かない」と表明。党内にくすぶる執行部への異論が顕在化した。

 執行部は「『審議引き延ばし』は解散先送りの口実に利用される」と警戒して早期採決を容認してきたが、首相が年内衆院選の先送りを決断した後も方針を変えていない。歴史認識に関する政府見解に反する論文公表で田母神俊雄・前航空幕僚長が更迭された後も、「田母神氏の参考人招致が実現すれば採決する」と与党に持ちかけてきた。

 一方、西岡氏は、田母神氏の問題への強いこだわりから早期採決に抵抗する。7日の会見では「この問題をあいまいにしては(第二次世界大戦で)多くの犠牲を払った上で作った体制を揺るがす」と危機感を語っており、西岡氏の説得は「一筋縄ではいかない」(参院ベテラン)との見方が党内に強い。

 西岡氏以外にも「なぜ、首相の訪米の手土産をわざわざ用意してやるのか」(若手)、「首相が解散しないのはねじれ国会の厳しさを知らないから。給油延長法案をすんなり成立させては、首相は『ねじれ』の厳しさを知らないままだ」(中堅)といった指摘がされている。こうした不満と西岡氏の抵抗が結びつけば、「14日採決」の執行部方針に影響が出る可能性もある。【田中成之】



(私のコメント)
今日は田母神前航空幕僚長の参考人招致が行われる日でしたが、テレビ中継はされないという異例の事になった。野党側は田母神論文で絶好の攻撃材料が出来たと喜んで参考人招致をしたのでしょうが、逆にテレビ中継されて田母神氏の発言によって野党に逆風が吹くような情勢になってしまったようだ。

現代のようなネット社会では、新聞やテレビで世論を誘導しようとしても、国民一人ひとりが意見を発表するからマスコミによる世論誘導はしにくくなった。「株式日記」も今や1日に17000人ものユニークアクセスがあるブログであり、マスコミとは比べものにはなりませんが、無視は出来ないブログとなった。

田母神論文への評価は分かれるが、内容は保守系の論客の論文を纏めたようなものであり、共産党の陰謀説やルーズベルトの陰謀説など歴史上の問題点を論じているだけだ。大東亜戦争の見直し論も歴史の見方によって意見が別れる問題であり、政府が村山談話を発表して「正しい歴史認識」を決めてしまったことに問題がある。その事によって村山談話に異論を挟めば言論弾圧されて幕僚長を解任される事態になっている。

歴史認識は時代によって変わるものであり、徳川300年の歴史的評価も時代によって変わる。大東亜戦争の評価も終戦後と現在とは変わってもおかしくは無い。しかし政府は歴史的評価を永久不変にしようというものであり、中国や北朝鮮でもない限り歴史観を政府が決定して固定する事は間違いだ。

最近の事としては市場原理主義や新自由主義経済などへの評価の変化ですが、小泉内閣の頃は市場原理主義や新自由主義経済こそが経済を活性化させるものとしての評価が高かった。しかしその弊害が現れてアメリカ発の金融恐慌が発生すると、市場原理主義や新自由主義に基づく政策は全面的に見直されている。

大東亜戦争にしても、終戦直後は敗戦によるショックなどで茫然自失となり、大東亜戦争を評価するような観かたは否定されて、東京裁判によって日本はアジアを侵略した犯罪国家としてA級戦犯をはじめとして多くの人が処刑された。戦争に負ければ戦勝国によって報復を受けるのは仕方がない。

しかし日本は、サンフランシスコ講和条約によって独立を回復してもアメリカ軍による駐留は続いている。本来ならば日本はアメリカ軍に基地を提供している強い立場なのですが、思いやり予算などで駐留負担をしている。本来ならば負担なるのならアメリカ本土に引き揚げればいいだけの話ですが、金丸幹事長が思いやり予算を決めてしまった。

冷戦時代ならソ連の核兵器の脅威があったから、それなりの意味があったのでしょうが、当面の日本の脅威は中国と北朝鮮ですが、アメリカは中国に対しては融和的であり、韓国からは主力部隊を撤退させて、台湾に対しては独立運動を抑え込んで中国よりの馬政権を誕生させている。さらにオバマ政権の誕生で日本は米中によって封じ込められる事を警戒しなければならない。

日本は90年代に中国や韓国への配慮から村山談話や河野談話を継承してきましたが、クリントン民主党政権によるリベラルな政策が日本に影響して二つの談話が閣議決定されたのだろう。中国や韓国からのイデオロギー攻勢で日本政府はなす術を得ず、アメリカのクリントン政権も親中国的だからイデオロギー的に日本は封じ込められてしまった。

ブッシュ共和党政権はジャパンバッシングも収まり、日本も親中派の経世会は小泉内閣に主導権を奪われ主導権を失った。しかしオバマ民主党政権はスタッフにかなり左よりの人材がいるのが気がかりだ。この事が日本政府にも影響すれば日本にも民主党政権が出来るかもしれない。朝日や毎日のような左翼新聞も勢いづくのかもしれない。

そのような時に田母神論文が公になって麻生総理は即刻、田母神航空幕僚長を罷免しましたが、中山国土交通大臣も日教組発言でクビにして、麻生総理は何をそんなにビクついているのだろうか? もちろん中山大臣や田母神幕僚長を擁護すれば民主党は勢いづいて解散を要求してくるだろう。それをかわすためにトカゲの尻尾きりで生き延びるしかないのだろう。

麻生総理も小派閥出身であり国民の支持率が高くなければ長くは持たないだろう。だから小泉的なパフォーマンスや何でもする必要がありますが、定額給付金などでも異論続出で人気には逆効果のようだ。小泉的手法から言えば敵を作って攻撃的なアジテーションで人気を煽る方法もありますが、小泉総理でその方法は使い尽くされた。

ならば、民主党が打ち出してきた政策を先取りして実行してしまえば解散の口実は無くなる。高速道路の一律1000円の政策も民主党のパクリですが、国民の生活が第一という政策もパクればいい。麻生内閣では景気回復を第一としていますが、これが一番の支持率を得る手段ですが難しいだろう。

このような時に田母神論文が出てきたのですが、野党は思わぬ逆風でテレビ中継も出来ない状況になってしまった。左翼新聞は田母神論文を叩くが、世論調査では田母神論文を支持する意見が強い。マスコミはネット右翼と批判しますが、マスコミのほうが左翼的過ぎるのだ。

今回は中国や韓国の反応も控えめですが、騒げば日本のネットウヨが騒いで中国も収拾がつかなくなる。だらしないのは日本政府であり、アメリカも中国も韓国も強く出れば日本政府は折れるという癖をつけてしまったからだ。しかし日本のネットウヨはどこからも金をもらっているわけではないから政治家と違って弱みは握られていない。だから言いたい放題のことが言えるのですが、金も名誉も地位も要らないというネットウヨこそ無敵なのだ。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (58)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦後のアメリカ軍は日本人の... | トップ | アリコが潰れたらテレビ局が... »
最近の画像もっと見る

58 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2008-11-11 18:10:11
タモさんが退職金を受け取れないなら
僕はカンパしますよ
5000円くらいなら
日本の未来は安泰なのかな (左近尉)
2008-11-11 18:28:26
小生の知り合いで、25歳の、好青年がいるのだが
日本は、核武装しなければならない。
そう、言い張る。

困ったな。
此でいいのかな。

そんな、こんなで、

2時間も、話し込んでしまった。

でもネ。

田母神空将のことは

ショウもない、おっさん。

と、言い放った。

明治以降の日本史は、

しょうもない。

こんな、教育らしい。

儂は、『戦争』は、ちまちまと、遣っていないと

いざというとき、困る。

あんちゃんは、『はあッ~。』
再掲・日本の歴史 (Unknown)
2008-11-11 18:30:42
日本は朝鮮なんて欲しくなかったんだよ。ロシアと直接接触しないで済むよう「独立した中立国」でいて欲しかったんだ(下関条約を参照)
財政破綻した朝鮮をロシアに取られるとキューバ危機と同レベルの安全保障上の危機になるから仕方なく併合して、対ロシア防衛線を満州に上げる羽目になって、ものすごい経済的負担になってたんだよ
これがさらに満州の鉄道利権をひそかに狙っていたアメリカとの想定外の対立を招き…と、歴史は続いてるわけ
ちゃんと自国の歴史を勉強して下さい
Unknown (Unknown)
2008-11-11 18:32:27
大東亜戦争の捉え方/田母神氏と副島氏の相違(1/3)
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/96ecb78c40886f49a577f42c0af8b372

大東亜戦争の捉え方/田母神氏と副島氏の相違(2/3)
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/52e8867cf5fde147b836cb0d93a71b77
Unknown (Unknown)
2008-11-11 18:47:34
>たとえばブッシュの英語をそのまま理解できれば、この田舎の親父の頭の程度もすぐわかるんですが。

日本人の、頭の程度も、だいだい、似たり寄ったり

ただし、日本の、爺ちゃんも、あんちゃんも

遣るときゃ、やりまっせ。

15日、前後の、株価は、見物でっせ。
Unknown (Unknown)
2008-11-11 19:00:58
米国の判断によって米国の国益を守る(属国の恒久化を保全するという意味)という意味での核武装は日本は既に完了している。ただし、その敵には日本人自身をも含まれる。日本が自国民を守るという意味での核武装は未だ実現していない。電力供給もままならない北朝鮮で規模の小さな原発を開発、推進しようとするだけで核問題として大騒ぎになるのだから、既に数割を原子力発電に充てている日本は即座に核武装できることは自明の理だ。米国主導なら許せるが日本人主導では許せない、改憲問題にしても米国共和党が実権を持ち日本の内閣を動かしていれば容認され得るが、米国民主党が許さなければ許容されない。何処まで行っても事の是非は米国対従という四文字によって決定されるのが日本の政治なのだ。
その通り! (サヨ)
2008-11-11 19:04:35
>金も名誉も地位も要らないというネットウヨこそ無敵なのだ。

頑張ってください、toraさん!
Unknown (神風特別攻撃隊)
2008-11-11 19:17:45
新聞社は売れないと、従業員に給料を払えない。ばかな従業員でない限り、其れは分かる。従がってそこにあるのは、銭だけで、田母神氏の論文が新聞、テレビを見る人々に、うけるなと思ったら、今度は其れを、報道して、売り上げをふやす。そのことがわから無いような、一流の記者はいない。
 名のある記者は其れが分かっている。分かっている上での、ジャーナリストである。立派な事である。
 之をその昔は羽織ごろと称して、まともな人間とは扱ってもらえなかった。
 之は今も、ごく普通に生きている人々の基本判断で、まともな親なら、新聞記者になるのなら、縁切りだと言ったはずである。
 もうそろそろ、アナから首を上げて、きょろきょろ、して、風向きを見ているだろう。
 近く確実に変わり、其れまでの田母神批判は嘘のようになり、あれって何だっただろうとなる。
 この現象は何時も我国にあり、まるでお祭りのみこしを担ぐように、行動するわけである。
 村山談話は当人は多分、担ぎ担がれて生きてきたから、其れと同じように、ある種の祭りの為に、担いだのが、その真相で、祭りが終われば、ゴミと一緒に棄てられるものであると、腹の底では思っているはずである。
 我国のマスコミは報道ではなく、日常的に人を担ぎ担がれるように、記事を担ぐ。その中には真実とか、事実とか、データとかはない。
 大の大人は其れを知って応対している。其れができなきゃ我国では、生きて、出世もできない。
 同じ日本人同士なら、特にグルなら、阿吽の呼吸でできる。それ以外の人はそのグルの結果を信じて行動してはならい。ああそうですかとやり過ごして、自らの生活を変更はしない。たまに担がれて酷い目を食うが、其れが我国で生きると言う事である。
然しこのやり方はどの領域でもできるわけではない。
戦争、相場、商売、医学、工業、その他ではできない。
其れらは、担ぐと言う行為をすると、一巻の終わりになる世界である。
 そのくせ、どのようなわけかは知らないが、それらの領域に入ってきて、一寸考えるとすぐ分かる事を真面目腐って書く。
 アレは一体どのような了見でしているんだろう。

 之をやりすぎると大東亜戦争のようになる。祭りのみこしの積りの、対米強硬理論だったのが、祭りで終わらず、真珠湾攻撃になったので、其れを聞いた、当時の国民は最初は腰を抜かさんばかりに愕いたが、アメリカ太平洋艦隊が全滅したと聞いて、こりゃいけると盛り上がったのが、どうもその真相である。
 この手の展開をする我国の運動(戦争)は多く、其れにかかわりあって酷い目を食う人々は多く、中には人生を棒に振った人もいるだろう。
 奇妙な訴訟はその手の裁判版である。
之もおかしな判決がでて、社会が壊れつつあし、壊れたものもある。
 いずこも同じ秋の夕暮れと言う事か。

 
元々担ぐと言う行為は幽霊のような分野で、するものだが彼等は幽霊を知らないだろうか。
 
 現在の我国には対外的には徳川家康、国内的には豊臣秀吉が必要である。
五六年後には比叡山の焼き討ちのようなもの必要になるから、信長がひつようになるなああ。
次回大統領選挙の四年後を見つめよう。
Unknown (Unknown)
2008-11-11 19:43:27
朝鮮半島有事など周辺事態や日本有事に備えた自衛隊と米軍による「共同作戦計画」に関し、
日米両政府が抜本的な見直し作業に着手したことが分かった。

 複数の関係者が10日、明らかにした。有事に米軍が使用する民間空港の選定や、負傷米兵の搬送・受け入れ態勢整備など
十数項目が検討課題として挙がっている。両政府は北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の健康悪化説を受け、
朝鮮半島情勢を巡る不安定要因が増したと見て、見直し作業を加速させ、来年秋までの完了を目指す方針だ。

 計画の抜本見直しは2006年~07年に続き、2度目。
両政府は計画そのものの存在を公表していない。今回の検討内容には

〈1〉緊急事態で米軍が使用する民間空港・港湾の選定
〈2〉飛行制限などを含めた空域管理
〈3〉負傷米兵の搬送や受け入れなどの医療支援態勢
〈4〉米国が捕虜とみなす人物の日本政府としての取り扱い
〈5〉米軍や自衛隊による電波の優先利用に関する調整
〈6〉化学・生物・放射線物質・核兵器(CBRN)攻撃への対処
〈7〉日米間の情報共有の強化
〈8〉米軍防護優先施設の精査
〈9〉相互後方補給支援の検討
〈10〉戦没者と行方不明者の取り扱い

――など十数項目が挙がっている。

 民間空港・港湾の選定では、米軍が周辺事態のレベルに応じて計30か所前後の施設の使用を提案、
昨年春から調査が続いているが、日本側は金総書記の健康不安説などを受け、関係機関との調整を急ぐ。
医療支援、電波利用、CBRN攻撃への対処などで関係省庁の役割分担などを明確にする。

ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899562/news/20081110-OYT1T00720.htm
歴史の見かた+民主に対する苦情 (聖職者)
2008-11-11 19:44:46
あのな、近現代史をちゃんと学べば日本は、中国・朝鮮を侵略していた侵略国家であったことは分かるし、欧米列強もアフリカ・アジアを侵略していた侵略国家であったことは分かるでしょ。ちゃんと近現代史を学べよ。だいたい、当時は侵略国家でもあんまり非難されたなかったよ、侵略した国家に対しての国際社会からの非難が凄くなったのは、第二次世界大戦後からです。
歴史というのは、歴史認識もそうだけど人々の考え方・価値観も時代によって変わるであるから、その時代の人々の考え方・価値観で歴史を見ていかないと歴史の出来事の意味・真意等が分からなくなる。今の考えかたで歴史を見ようとするから歴史認識等がおかしくなるのだ。

それから、民主の西岡武夫参院議院運営委員長?この人さ、国家による軍隊にたいするシビリアンコントロール(文民統制)が行き過ぎると、どうなるか考えたことないだろう。それから、へんな格好して質問していた犬塚直史参議議員?少なくとも、こいつらには、自衛隊の皆様も、統制されたくないだろうね。
もっと、シビリアンコントロール(文民統制)とかについて勉強しろよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

恐怖!民主党内閣の政府見解 反日プロパガンダ対する無抵抗宣言 (森羅万象を揃える便利屋(大東亜戦争の名著からフィギュアまで))
もし某国立大学の入学試験「世界史」に次の問題が出されたら、どうなるのだろうか。 問い 次の武力紛争のうち、国際連盟によって「侵略」とは認定されなかったものを1つ選びなさい。 A、1931年日本の満州進攻 B、1935年イタリアのエチオピア進攻 C、1939年ソ連のフィン...