株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

戦後の在日朝鮮人差別は、米軍がユダヤ人と朝鮮人を同一視するという愚を犯した結果

2009年03月16日 | 歴史


by CyberBuzz

戦後の在日朝鮮人差別は、米軍がナチスと日本を無理に同列に扱おう
として、ユダヤ人と朝鮮人を同一視するという愚を犯した結果なのです。


2009年3月16日 月曜日

現代史についての雑文その16 ドイツと日本2 3月12日 KNブログ

1910年に日韓が合邦して以降、朝鮮半島も日本の一部になりましたから日本には日本人と朝鮮人が住んでいるという形になりました。また、朝鮮人はよく日本列島方面にも出稼ぎに来ていたので、一部では日本人とも雑居するようになっていました。そうなると日本人と朝鮮人の間でトラブルなども起きるようになってきました。台湾人も同様に日本の領土内に住んでいましたが、台湾人は数も少なく日本列島方面にそんなに来ていませんでしたし、(日本による統治初期を除いて)日本人とトラブルもあまり起こしませんでした。

どうして朝鮮人と日本人の間のほうがトラブルが多かったのかというと、文化的摩擦が多かったということなのでしょう。まぁ要するに長年かけて育んだ文化があんまり相性が良くないのでしょう。こういうのは仕方ない話で、確かに戦前から日本人の中には朝鮮人を嫌う人は一定数いたし、朝鮮人の中にも日本人を嫌う人は同数程度いたことでしょう。しかしこれらは所詮は個人的トラブルで、人種差別や民族差別というほどのこともなく、全体としては大きな衝突も無く良好な関係にあったといえます。

しかしアメリカはこの日本人と朝鮮人の些細なトラブルを何十倍にもイメージを膨れ上がらせて、「朝鮮人が日本軍閥政府によって奴隷的境遇に置かれて苦しんでいる」という話にしてしまいました。これはアメリカの亡命していた独立運動家の李承晩らの主張が反映されているともいえます。

独立運動家といっても旧朝鮮王朝期の既得権層の系譜を引く者がテロリスト化したものや共産主義者の山賊のような者ばかりでしたが、李はキリスト教徒で、アメリカ人というのはキリスト教徒ならシナ人でも朝鮮人でも友人と思ってしまうので、彼を信頼したのでしょう。しかしやはりそれだけではなく、日本政府がナチスの同盟者らしく人種差別政策を行っているということにしたかったのでしょう。こうした見解はカイロ宣言の頃から公式に出てくるようになります。カイロ宣言では「朝鮮が奴隷的扱いを受けているので日本から独立させる」という方針が表明されています。

そして終戦となり米軍は日本に乗り込んでくると、ナチス政権下におけるユダヤ人の役回りを朝鮮人に演じさせようとします。「日本政府による酷い差別政策から米軍によって解放された可哀そうな人達」というわけです。可哀そうな人達なのですから優遇してあげないといけませんし、もう日本人によって朝鮮人が奴隷化されないように米軍が守ってあげないといけないのです。つまり日本人よりも朝鮮人(ついでに台湾人も)を優遇する方針を打ち出したのでした。そして日本軍閥政府がいかに残酷に朝鮮人を差別してきたかをしつこくプロパガンダで流して、軍閥政府の悪辣さを訴えました。

しかし実際は差別政策など存在していなかったのですから日本人から見ればこんなものは不公正なえこひいきでしかありませんでした。朝鮮人のほうでも戦勝国であるアメリカが後ろ楯についてくれたということで調子に乗って、戦勝国民と自称して無法なことをやり出す輩も出てきて、米軍はこれを取り締まろうとしなかったので日本政府も遠慮して朝鮮人の無法行為は野放しになり、ますます日本人の反感は大きくなり、米軍や政府にはなかなか逆らえないので、朝鮮人への嫌悪感情ばかりが膨れ上がっていくことになりました。これによって、むしろ戦後になってから在日朝鮮人差別が激しくなっていったのです。

また、このような状況になったことで米軍も余計に朝鮮人を守らねばならなくなり、ますます、いかに日本が朝鮮人に酷いことをしてきたのかということを強調してプロパガンダしていくようになり、これが戦後の言論界や教育界、マスコミなどの絶対的方針となってしまうことになるのです。こういう馬鹿げた騒ぎが無ければもっと日本において日本人と朝鮮人は仲良く暮らしていたと思うのですが、これも全て、米軍がナチスと日本を無理に同列に扱おうとして、ユダヤ人と朝鮮人を同一視するという愚を犯した結果なのです。

結局、敗戦後ドイツにおいてナチスだけを悪者にする目的で行われたプロパガンダの手法を日本でそのままやろうとしても、日本の実情に合っていないので、このように現実とズレまくった滑稽なことにしかならないのです。

「軍閥」などという戦国大名のような勢力は昭和の日本には存在しませんでしたし、その軍閥が暴力で日本政府を乗っ取ったなどという歴史的事実はありませんでした。だいいち日本は専制国家ではなく民主主義国家であり、選挙で選ばれた議員がいて、国政をチェックしていましたから、軍閥程度が好き勝手など出来るわけがない(ただ軍令が政府から独立しているという制度的欠陥はあったので軍事作戦が暴走することはあった)のです。軍部の中枢を占めていたのはただの軍事官僚で、狂信的なカルトの信者などではありませんでした。

だいたい神道には世界征服の教義などありません。死を精神的に克服するのはどの宗教でも共通の目的であり、神道は殊更に復讐の聖戦を訴える血に飢えたカルトなどとは違います。天皇は絶対神と同一ではありませんし、そのような認識も存在しませんでした。国家が神道を政治的に利用しようとしたこともありません。また日本政府は朝鮮人を絶滅させようとしたり奴隷化しようなどとはしていません。

勝手に日本に出稼ぎ(ちなみに違法)に来た朝鮮人が日本人とトラブルを起こしていただけで、そもそもユダヤ人差別のような深刻な差別など存在していませんでした。当時の共産主義者は暴力革命を肯定するテロリスト集団で、その活動を取り締まるのは言論弾圧などではありませんでした。だいたい日本では言論活動のために刑事罰を受けるような制度は存在していませんでした。

こうした当時の日本人なら誰でも知っている現実を全く無視したような荒唐無稽なプロパガンダを維持していくためには、米軍はドイツの場合とは比較にならないほどのエネルギーを費やして言論統制に励むしかなかったのでした。つまり、明らかに嘘だと分かっていることでも、白を黒だと言いくるめてしまう、いやもう強権で押し通してしまう必要が生じてくるのです。

なんてことはない、戦時中に日本政府や軍部がやっていたのと同じような言論統制を米軍もやったのでした。彼らのやろうとしているプロパガンダに都合の悪い情報が出来るだけ日本人の目に触れないように大規模に検閲を行って情報を操作したのです。そのために戦前に日本政府が作り上げたマスコミ統制システムがそのまま活用され、日本のマスコミは米軍の監督下で日本国民を騙し続ける工作機関と化し、日本国民や日本政府が米軍の情報統制から外れないように監視することになりました。これが戦後日本マスコミの独特の言論スタイルや報道スタイルに繋がっていくのです。

こうして戦後、米軍の指令によって日本マスコミは嘘情報を垂れ流し続け、真実の情報を隠蔽し続けました。逆らえば潰されるし、そもそも逆らうことが出来るシステムではありませんでした。また、彼らはもともとそのように隠蔽したり騙したりするために日本政府によって作られた機関なのであり、真の意味でのジャーナリストなどではありませんでした。そういうジャーナリストは大正期の終わりに日本からはいなくなっていたのです。だから雇い主が日本政府から米軍に変わったところで、彼らのやることは同じであったのでさしてその職務に抵抗はありませんでした。

また、占領軍は、まぁ戦時中あれほど非道を行い占領後もこれほど酷いことをしていれば当然なのかもしれませんが、日本人の復讐を本当に恐れていたようで、私文書の検閲や書籍の焚書まで大規模に行っていました。それだけでもナチスやソ連と大差無い酷さなのですが、いや、だからこそなのでしょうが、これらも秘密裏にやっていました。

問題はその日本人協力者です。これはかなり教養があって秘密厳守が期待出来る人間でないと務まりません。ついでに言えば自己保身や立身のためには同胞を裏切って平気な価値観を持った人間です。つまり学者です。

そこで占領軍は、占領軍の方針にとって都合の悪い学者(つまりまともな学者)は公職追放してしまって国立大学から追い出し、後釜に若い研究者や無能な研究者を据えて教授や助教授にして取り込み、こうした検閲や焚書をやらせたのです。こうなるともう彼らは逃げられません。逆らえばせっかく手に入れた学問世界での地位を失うからです。それに、このような卑劣な行為を行っていたなどとバレたら日本国民に殺されかねません。だから彼らは秘密厳守に努め占領軍と一体化していきました。

よって彼らの主張は占領軍の作った与太話そのものとなっていき、その与太話を学問的に補強するエセ学説を積み重ねていくことになりました。こうしてニセ学者が日本では大量生産されていき、特に検閲や焚書の協力者は文系の学者に多かったので戦後日本の文系の学者はお話にならないくらいの低レベルとなってしまったのです。その点、理系は救われて、かなりの業績を戦後も挙げることが出来ました。

この戦後日本で大量に生まれた秘密検閲官上がりのニセ学者たちがマスコミと結託して占領軍の作った与太話をもっともらしく広め、大学では弟子たちに与太話を教え、与太話を真実だと思い込む馬鹿だけを可愛がり出世させて自分の子分としていったため、全国にニセ学者が大量増殖することになり、占領軍が去った後もこれらニセ学者たちは自らの暗い経歴は隠して与太話を正統派学説の地位にまで押し上げてしまったのでした。今更、あれは占領軍に言わされていた嘘でしたなどと言えば墓穴を掘ることになるので、死ぬまで嘘を押し通すしかないのです。そうなると学会の権威が正しいと言っている内容は学会の定説となり、しまいには全国の小中学校でもその与太話が大真面目に教えられるようになり、被害は甚大なものとなっていきました。

もちろん占領期から阿呆みたいな与太話はマスコミや学校などでも垂れ流されていたのですが、戦時中の現実を知っている人達はこんなマスコミの垂れ流す与太話など、当初はあまりにリアリティが無いのであまり相手にはしていませんでした。それでもしつこく地道にマスコミや学者がこうした報道や言論活動を続けていくことによって、特にこの与太話を政府も公式見解としていたため学校教育でもこうした与太話が教えられていくようになると、戦時中を知らない世代は次第にこの与太話を信じるようになっていき、いつしかそうした戦後世代が社会の中核になっていくとこの与太話のほうが社会の支配的言説となっていき、そうして現在に至るまで、マスコミや学会が今の姿で生き永らえ続ける限り、大嘘ばかりの内容が垂れ流され続けているわけです。


(私のコメント)
戦後の7年間のアメリカ軍による占領統治で、日本の歴史は作り変えられてしまった。それでも戦後間もない頃は戦前戦中の事をよく知っている人ばかりですから、GHQがNHKなどを通じて「真相はこうだ」式の放送が行なわれても、実際はこうなんだよと言える人がいたのですが、最近では戦前戦中を知る人がいなくなり、GHQによって作り上げられたプロパガンダがそのまま通用するようになってきてしまった。

酷い例が小学校から大学にいたる歴史教育であり、目に見えないGHQの検閲に協力してきたインテリ階層が学校などの教育やマスコミに大量に採用されるようになった。戦前戦中の学者は公職追放でいなくなり、GHQの検閲に協力してきた人が入り込んできたのだから日本の歴史は大きく変わってしまったのは当然なのだ。

もともとドイツで行なってきた戦後処理を日本にもそのまま当て嵌めようとした事に無理があるのですが、ニュルンベルク裁判の日本版の裁判が東京裁判ですが、KNブログでも『ドイツ・フォーマットは「民衆と戦勝国を免責し敗戦国の統治階級を断罪するプロパガンダと言論統制を実施する」というものです。』と書かれているように、政府と国民とを分断して悪いのはナチスドイツであり国民は犠牲者だと言う刷り込みを行なった。

このような方針は戦後の占領統治をスムーズに行う為であり、ドイツも日本も戦前は民主国家ではなく、軍国主義的独裁国家であったと歴史を書き換えてしまった。確かにヒトラーのドイツは独裁主義でしたが民主的手段で選ばれた政府だ。日本においても普通選挙が行なわれて議院内閣制の政治が行なわれており、一部の軍部がクーデターを起こして権力奪取をしたわけではない。当時のドイツにしても日本にしても国民の圧倒的支持がなければ戦争など出来るわけがない。

昨日のテレビ朝日では「落日燃ゆ」のテレビドラマを放送していましたが、城山三郎の小説をドラマにしたものです。小説だからどこまで事実なのかは分かりませんが、なぜ廣田弘毅が死刑になる理由がぼかされて良く分からない。二時間半のテレビドラマだから全部を描く事は無理があるのですが、戦争回避派の政治家が軍部の強硬派を抑えきれなかった罪を問われた。

しかし当時は国民こそが最も強硬派であり、それだけ国民が怒ったのはそれだけの訳があるのですが、マスコミは一貫してその理由を言わない。当時の新聞などを見れば分かるのですが、今でも数百名の在留日本人が中国で殺されたら日本人は怒るだろう。アメリカ軍なども日本兵や一般の市民を250万人も殺しているのだから、日本人が復讐してくるのを一番恐れていた。

そうさせないためには戦勝国による日本人を徹底的な思想改造を行なう必要があり、大嘘で塗り固めた事実をでっち上げる事で東京裁判が行なわれた。東京裁判が裁判であるかと言えば裁判とは言えないのであり、廣田弘毅が死刑になったと言う事でも分かるように、廣田弘毅は戦争犯罪を犯したのだろうか? その事を日本国民はなぜ怒らないのだろうか?

多くの日本人は戦後の歴史教育で近現代史をほとんど知らないといっていいだろう。それに対して韓国人や中国人にとっては建国60年も経っていない国だから近現代史しか知らない。彼らにとっては国の始まりは日本に植民地であったり、日本軍に軍事占領されていた歴史から始まる。もちろん中国も韓国も紀元前からの歴史があるわけですが、その地域の歴史であり、韓国の歴史でもなければ中華人民共和国の歴史ではない。

アメリカ人もアジアの事はほとんど知らないし、ブッシュ大統領にしてもパウエル国務長官にしてもアメリカ軍が日本に民主主義をもたらしたと発言しているのには驚いた。だから日本で成功したのだからイラクを民主国家として開放すれば親米国家になると言ったとんでもない発想が生まれる。アメリカ人がアジアを知らない事はハリウッド映画を見れば分かりますが、そんなレベルのアメリカに戦争裁判を裁かれたのでは廣田弘毅も浮かばれない。

だからこそ戦後の占領統治では、ドイツフォーマットをそのまま持ち込んで日本をナチスドイツと見立てて処理してしまった。ドイツであまりにも上手く行ったので占領政策としてそれを持ち込むのは当然であり、ヒトラー=東条英機であり、廣田弘毅=リッペントロップに見えたのだろう。アメリカ人はドイツの事は多少は知っているからナチスドイツ=日本として占領統治に応用した。

その為には日本にもユダヤ人大虐殺に相当する事実をでっち上げる事が必要であり、人種差別問題を持ち出す必要があり、被差別民族として朝鮮人を日本人によって奴隷的に扱われたと言う神話を作る必要があった。従軍慰安婦問題はその典型なのでしょうが、現代のアメリカにおいても下院議会で日本政府に対する非難決議が行われた。つまり現代でも日本に対するアメリカ人の認識はその程度なのです。

GHQにとっても解放軍としての制裁を整える為には、日本および日本軍は悪でなければならず、在日朝鮮人は米軍によって解放されたという歴史を作り上げた。現代でもそれと同じ事をアフガニスタンやイラクで行なっていますが、米軍によってクルド民族や北部同盟などの少数民族が開放されて米軍が後ろ盾となることで、少数民族を救った正義の味方となることが出来るのです。

米軍が正義の味方である以上は被差別民族を優遇して、様々な特権を認めて日本の占領統治に利用した。その事がかえって日本人と在日朝鮮人との摩擦を呼ぶ事になり、戦前よりも戦後の方が朝鮮人差別が激しくなった原因だ。このような当時の日本人なら誰でも知っているような現実を無視したプロパガンダは日本人の反感を招いた。だからGHQは日本人の手紙などを開封して検閲していたのであり、私にもなぜ米軍が手紙まで開封するのかピンと来なかったのですが、世論操作がどれだけ効果があったか調べたかったのだろう。

戦前もそうであったように、戦後もマスコミは嘘を流し続けてきました。米軍に逆らえば新聞社は潰されるから協力せざるを得ないのですが、それが現代までも続いている。小沢一郎がアメリカにとってマイナスだと判断されれば検察とマスコミによって小沢一郎は処分される体制派今も変わってはいない。これは彼だけではなく自民党の首脳に対しても同じだ。

戦後に米軍が行なった公職追放は20万人にも及ぶ大規模なものであり、その影響は今でも続いている。だから自民党と言えども左翼政党なのであり、本当の保守政党は日本に米軍が駐留している限りは政権を持つことは許されてはいない。自民党の党是は憲法改正にあるのですが今でもほったらかしのままだ。そして田母神航空幕僚長が書いた論文で罷免された事実を見ても自民党は左翼なのだ。日本はあくまでも侵略国家であり犯罪国家で無ければならないと言うことを守らなければ、自民党内閣はアメリカに潰される

米軍による在日朝鮮人優遇政策も今でも続いており、パチンコ業界も在日朝鮮人に特別に認められてきた。最近の新聞記事にもこのような記事があった。


パチンコをやめろ/高山正之(ジャーナリスト) 2月20日 高山正之

マッカーサーは戦後の日本で過去に例のない専制と独裁政治を展開した。

 彼はまず罪を犯した米兵への裁判権を日本に放棄させ、新聞が米兵の犯罪を報道することも禁止された。おかげで米兵は強姦も強盗もし放題、殺人も構わなかった。調達庁の調べでは占領期間中2500人が殺された。

 彼の占領政策の柱は、日本人の誇りを奪い堕落させ2度と白人支配の脅威にならないようにすることだった。そのために東京裁判で日本を侵略国家に仕立て、A級戦犯はわざと皇太子殿下の誕生日に死刑を執行した。横須賀港にあった戦艦三笠はいかがわしいダンスホールに改造された。

 日本では賭博は禁止だったが、マッカーサーは朝鮮人が国に帰還するまでのあいだ、パチンコ屋をやることを日本政府に認めさせた。

 賭けごとは日本人の堕落を促すと読んだためだ。さらに彼は、軍歌いっさい厳禁のなかでパチンコ屋に限って軍艦マーチを流すことを認めた。どこまでも日本を貶めた。

 パチンコで日本人を堕落させる計画は彼の期待以上にうまくいった。なぜなら朝鮮人は帰還しないでパチンコとともに日本に居座ったからだ。経営者の95%が朝鮮人という業界は、日本人の射幸心をあおっていまも年商20兆円を稼きだしている。

 対支那のODA総計6兆円をはるかに凌ぐ上がりは南北朝鮮を潤し、社民党への献金から北の核開発までを支えてきた。

 一方、日本ではパチンコ屋の駐車場で子供が蒸し殺される悲劇が続く。3年前の一斉巡回で56人の乳幼児が蒸し焼き寸前で救出された。借金漬けの主婦が売春に走り、景品交換所では強盗殺人事件が後を絶たない。

 松戸市の市営住宅で火事があり、3人の子供が焼け死んだ。23歳の母はそのときパチンコに熱中していた。マッカーサーの思うとおり日本人は堕落した。百害あって一利もない違法パチンコはまだ廃止もされず、悲劇を生みつづけ、南北朝鮮だけが笑っている。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (86)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 会談の結果クリントン長官は... | トップ | 当時ナチス支配下の地に住ん... »
最近の画像もっと見る

86 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TORA)
2009-03-16 15:46:54
■1人の王は100万人の奴隷よりもリッチなのだ(^^
http://www56.tok2.com/home/pentapenta/4.htm

まったく「在日は差別されてる可哀想な少数民族だ」なんて、トンデモねえ(笑)。
これは連中が広めた最大の嘘だ。
日本最大の産業は年間30兆円を売り上げるパチンコ産業だが、その8割を在日が握っている。
連中は税金もほとんど払っていない。
おそらく、国民のたった0.5%に過ぎない在日韓国朝鮮人たちが年間で手にする金は、
表も裏(笑)も含めて40兆円に達するだろうというのが我々の見方だ。
在日は疑いもなく「世界一リッチなマイノリティー」というのが真実だよ。
そして有り余った金を政界にばら撒いている。
自民党や社民党の大半の議員は、完全に連中の賄賂で拘束されているよ。
だから不正融資で潰れかけた朝鮮銀行に国民の税金1兆円を平気でつぎ込んじゃうんだ。
彼らは韓国や北朝鮮に対して土下座外交するしかないんだよ。
哀しいかな、今の世の中、金を持ってるやつが一番強いんだな。


ひゃーっほー!!

スゴイーー!!!在日朝鮮人の仲間になるってやっぱり選ばれた人間なのかも(^^

日本最大の産業ってパチンコ産業だったんだねー。自動車産業かと思ってた。

在日朝鮮人って日本の人口比で0.5%なのに40兆円(!)の金を動かせるのかー。

じゃあ、残りの99.5%の日本人(他の外国人も居るからもうちょっと少ないかな)は

まさに奴隷だね。良かった早く気づいて。もう少しでパチンコ店の行列に並ぶところだったよ(^^;


魔の計画のなかで (Unknown)
2009-03-16 15:53:38
日本人が知らない さらに恐るべき真実 財政破綻後の世界
http://www.h3.dion.ne.jp/~b-free/siranai/b-4.html?sess=ecb89895435f071a8ed19b0f9ab8f233

<アルバート・パイクは、南部連邦の将軍で、いくつかのインディアンと協定を結んだ人として知られています。また「KKK」の創始者とも言われています。1857年には、秘密結社イルミナティの最高幹部にまで登り詰め「黒い教皇」と呼ばれるようになったそうです。>

< 第三次世界大戦を生じさせるには、イルミナティ代理人が政治的シオニストとイスラム世界の指導者との対立を煽ることが必要とされる。この戦争ではイスラム世界(イスラム教を含むアラブ世界)と(イスラエル国家を含む)政治的シオニズムがお互いに滅ぼしあう一方で、この問題に関して他の国家も対立し合い、さらに分立させられて戦いを強いられ、肉体的、精神的、経済的に疲労困憊状態に陥るよう指揮されなければならない。公平で理性的な見方のできる人には、近東、中東、および極東で生じている策略が、悪魔的なこの目的を果たそうと目論まれたものであることを否定できないはずである。

 1871年8月15日、パイクはこう告げた。「第三次世界大戦が終結したのち、世界の完全支配を切望する人々は未曾有の社会変革を引き起こすはずだ」と。

 この書簡は、戦前まで大英博物館に展示されていたそうです>

<「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

  この『PAWNS IN THE GAME』が刊行されたのが1955年。現在のイスラエルによるパレスチナへの非人道的な行為や、ネオコン主導の米国によるイラクをはじめイスラム圏への理不尽な攻撃をあわせて考えてみると、背筋が寒くなります。

米国と覇権を争い始めた中国は、次世代の潜在的覇権国家候補ロシア・インドと手を組み始めています。(今年の8月に中・露は初の合同軍事演習を行ないました。年内には中・露・印の合同軍事演習も実施される予定です。)また、米国が次なる攻撃のターゲットとして非難しているイランは、中国・ロシア・インドそしてパキスタン・中央アジアと既に友好関係を結んでいます。

 そして、米国と同盟を結んでいる日本は、憲法を改正して、戦争ができる「普通の国」になろうとしています。

また、日本と中国・北朝鮮の関係も日に日に悪化している気がします。

米国の保守系有力シンクタンク「ハドソン研究所」で上級研究員を勤めた日高義樹氏は、その著書の中で、米国のミサイル原子力潜水艦が、広島に落とされた核爆弾の1000倍の威力を持つ核弾頭2000発を、中国の軍事施設に向けて、24時間、365日、いつでも発射できるよう太平洋に配備していることを明らかにしています。

 このような現実との驚くべき奇妙な一致を、いったいどのように説明したらよいのでしょう?(誰か説明できる人がいたら教えてください。)

  ちなみに、これは「 予言」ではなく、あくまで「計画」です。

第三次世界大戦のあとに何があるのか…。>

日本はいつか来た道をたどらされるってことが懸念される

黒テポドンでの変化 (Unknown)
2009-03-16 15:57:22
黒テポドンがこの先の日本の国防、政権の流れを左右すると予想されるんだ

黒船ならぬ黒テポドン
http://tanakanews.com/090303japan.htm

ーー▼「日米でやった」ではなく「日本がやった」に

 当然ながら米国では、北朝鮮との対決は日本や韓国に任せ、米国は兵器販売など後方支援に徹するという姿勢が強くなる。北朝鮮がミサイル(もしくは人工衛星)を試射し、日本が(もしくは日米合同で)迎撃ミサイルを発射した場合、米国側では「日米でやった」ではなく「日本がやった」という説明になる可能性が高い。

 北朝鮮は試射したのがミサイルだったとしても「平和利用の人工衛星の打ち上げ」と言い張るだろう。ミサイル迎撃は「自衛」の範疇だが、平和利用の人工衛星への攻撃は「戦争行為」にあたる。日本のマスコミは政府の意を受けて「北はミサイルを試射し、自衛のために日米で迎撃した」と報じ、日本国内ではそれが「事実」となるだろうが、この「事実」は張子の虎で、世界的に通るとは限らない。

 北が発射したのが人工衛星なのかミサイルなのかわかりにくい以上、北の肩を持つ国があらわれても不思議ではない。たとえばベネズエラのチャベス政権は、欧米に頼らない北朝鮮の「主体思想」は自国の「ボリバル主義」と同じく貴重だと、前から北を賞賛している。国連では、チャベスの盟友であるニカラグアのデスコソ元外相が、国連総会議長をつとめており、中南米やイスラム世界の反米勢力が強い発言力を持つようになっている。

 日本は不戦憲法を持つだけに、生まれて初めて発射した迎撃ミサイルが人工衛星を撃墜したとなれば、日本は少なくとも説明に窮する事態に追い込まれる。米国は、表向き日本の肩を持つだろうが、裏では「米軍をアジアから撤退させ、中東に注力させたい」と思っている国防総省のイスラエル右派あたりが、またぞろ「北が打ち上げたのは人工衛星だった」とマスコミにリークするかもしれない。

 北が打ち上げたのがどちらなのか、おそらく最後まで確実な証拠は出てこないだろうから、右派のリークはあながち虚偽ではない。問題がこじれる中で、北は日米分断を意図してこの件で日本だけを敵視するかもしれない。米国は、日本に対してそろそろとはしごを外していく事態になりうる。 ーー

北、今度はミサイル発射前に公表「サラミ戦術」か
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=111781&servcode=500§code=500

ということで小沢失脚、民主党分裂はこの先の日本の再軍備強化政権の予定通りの序章にすぎないとも言える
Unknown (TORA)
2009-03-16 15:58:22
■朝鮮人は日本人よりもカッコイイのだ(^^
http://www56.tok2.com/home/pentapenta/5.htm


連中が今、目をつけてるのが、映画産業だね。
パチンコ漬けにした日本人から巻き上げた金で、映画のスポンサーをやる。
最近、やたら韓国ものの題材が多いだろう。
これは日本人の潜在意識に訴えかけるためさ。
例えば、『親分はイエス様』とかいうゴミ以下のクソ映画。
あれはさしずめ「韓国人は善良な人々だ」とでも言いたいんだろう。
それから『GO』とかいう青春映画。
あれは大方「韓国人はカッコイイ」というメッセージだろう。
だいたい原作の小説はどう読んでも3流作品だが、
裏で直木賞選考の文藝春秋社と在日社会との間で密約があったのかもしれんという噂がある。
なにしろ今まで両者は対立していたからな。
それから高倉健主演の、朝鮮人が特攻で戦死したとかしなかったとかいう映画。
題名は忘れた(笑)。
あれはお馴染み「韓国人は日帝の被害者」とでも主張して、
日本人に贖罪意識を植え付けようとしてるんだろう。
ま、いつもの手口だ。
要するに、かつて在米のユダヤ人が映画産業を通してある種の心理操作をしたように、
在日の組織も同じことを日本人に対してやっているというわけだ。
テレビ・映画・マスコミ報道・・・こういったものは、
もはや韓国と韓国人がいかに素晴らしいか、ということしか伝えないだろう
パチンコ (西郷隆盛)
2009-03-16 16:07:03
まず日本人がパチンコを排撃することだろう。
それをお互いの身近ですることで、出だまの返還率を警察に下げさせることである。
 西松建設の献金どころでない。パチンコ業界からの献金は。検察が一人前になりたければそれをせよ。
 朝鮮人の馬脚は戦後の悪逆非道で現れたに過ぎず、別に仲良くしていたわけではない。
 小沢氏よりまずパチンコを排撃することだろう。
 いつまでもパチンコにすがっている朝鮮人には用はない。
書き忘れた (西郷隆盛)
2009-03-16 16:13:15
>問題はその日本人協力者です。これはかなり教養があって秘密厳守が期待出来る人間でないと務まりません。ついでに言えば自己保身や立身のためには同胞を裏切って平気な価値観を持った人間です。つまり学者です。

そこで占領軍は、占領軍の方針にとって都合の悪い学者(つまりまともな学者)は公職追放してしまって国立大学から追い出し、後釜に若い研究者や無能な研究者を据えて教授や助教授にして取り込み、こうした検閲や焚書をやらせたのです。こうなるともう彼らは逃げられません。逆らえばせっかく手に入れた学問世界での地位を失うからです。それに、このような卑劣な行為を行っていたなどとバレたら日本国民に殺されかねません。だから彼らは秘密厳守に努め占領軍と一体化していきました。

これこそ最大のがんである。
市川房江の戦前の行動をみよ。そして戦後の行動を身よ。
 それに尽きる。
戦前の文系の学者の文章を読んでみよ。
戦後の学者とは比べ物にならないことがすぐに分かる。
 今もうようよいる。卑怯そのものの人々である。
Unknown (Unknown)
2009-03-16 16:23:16
韓国では2006年前後に法律でパチンコを全面禁止にしたみたいですね
何故か日本では報道されていないようですが

日本でもパチンコを禁止にするべきでしょう
「パチンコ店における出玉の換金行為を取り締まり、完全に違法化することに関する請願」が西村真悟によって提出されていますね
映画 (半分専門家)
2009-03-16 16:29:56
朝鮮人(総連幹部)からお金もらってるので有名なのは井筒監督ですよね。

テレビでやたらと北朝鮮を擁護してるので皆さんも気づいてるんでしょうが、
彼は以前撮影中の事故で俳優を死亡させ、その賠償金やら何やらで破産状態に
なって映画界からも事実上追放されていました。
しかし、そこに悪魔の囁き。
金は用意するしまた映画も撮らせてやる、という総連幹部が社長やってる
総連の舎弟企業からのオファーがありました。

で、出来上がったのが総連のプロパガンダ映画「パッチギ」ですー(^^;

パッチギを誉めてる国会議員が妙に多いので気になって
調べたらこんな裏があったので呆れましたよ。
パッチギを誉めてる議員は朝鮮人の傀儡だと判断していいです。
わかりやすいリトマス紙になります。

朝鮮人にお金をもらってるのか脅されてるのかわかりませんが、
パッチギを誉めていたかどうかはネットで簡単に検索
できます(好きな映画、などの欄に必ず書いてある)から、
皆さんもそういう売国政治家に投票しちゃ駄目ですよ。
学問 (半分専門家)
2009-03-16 16:44:17
>公職追放してしまって国立大学から追い出し

うむ。
各学会も一時期ひどかったんだよね。
私が入った頃には、防衛大学校の人が校費で学会に参加できないとか
狂った決まりがまだ残っていて一体これは何なの?と調べたら、
今日のエントリに書いてあるような占領政策の残滓だったわけで。

まあ、さすがに理学系の学会は今は正常化してますけどね。
御用学者だと、実力社会の理学系では能力不足で実績が作れず出世できませんので。

そういえば、全然関係無さそうな数学のカリキュラムにも検閲入ってますよ。
日本の高校で立体角とか球面幾何を教えなくなったのは、戦闘機の
航路計算に使われる知識だからだそうで(笑)
まあ、アメリカの左巻き軍人の発想なんてその程度なんですけどね。
数学 (西郷隆盛)
2009-03-16 17:01:22
>そういえば、全然関係無さそうな数学のカリキュラムにも検閲入ってますよ。
日本の高校で立体角とか球面幾何を教えなくなったのは、

その昔、メリケンが戦後我が国の数学のレベルが自国より三年進んでいることに驚愕して、そのレベルを落とそうと死力を尽くした。ところが学制の改革で逆に中学レベルが上がってしまった。そこでそのレベルを落とそうと考えて、考える教育とかゆとり教育とかをしたと物本で読んだ。一番高い時は昭和38年ごろから42年ごろだときく。
 学校の教師の退廃は目に余るの野がある。
知る人ぞ知る。私立へ行くわけだ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

田母神俊雄氏が本物の政治家になる日 本当の敗戦責任者は近衛文麿 痛快憲法学を批判する (森羅万象の歴史家(大東亜戦争の名著から萌えるフィギュアまで))
かねてより小室直樹氏は、ポツダム宣言の受諾が日本国の有条件降伏であったことを指摘し、日本国は無条件降伏したというデマを飛ばすマスコミを批判してきた。だから小室氏には、ポツダム宣言および戦時国際法を基準に占領憲法制定=帝国憲法改正の効力を論じてほしかっ...